« January 2022 | Main | March 2022 »

February 28, 2022

2022年1月に観た映画

というわけで『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』以外の1月に観た映画の感想です。今年も一ヶ月遅れがデフォルトになりそうな感じです。

 

☆『レイジング・ファイア』

原題『怒火』。かつて警察組織に裏切られた男は復讐を果たし、同時に大金を得るため大胆かつ非道な犯行を繰り返す。その前に立ちはだかったのはかつて男が慕っていた先輩刑事だった。

この復讐と強盗の両方を一緒にやっちゃおうというのが少々無理があると思いました。案の定序盤こそジョーカーよろしく警察を翻弄していた男(ンゴウ)ですが、欲をかいたせいでどんどん追い詰められていきます。つか、アクション映画監督の皆さん、本当に『ヒート』お好きですよね。自分はたまたま地上波でやってた時片付けものしながら観てたので未だにその魅力があまりわかってないのですが。

ラストの対決場面、二人がえんえんとドつき合ってるのになかなか警官隊が到着しません。「思う存分戦わせてあげてから逮捕しよう」と物陰で待ってた疑いがあります。その優しさに涙しました。

 

☆『マークスマン』

☆『クライ・マッチョ』

2本まとめて。たまたま色々似通ってしまった映画です。メキシコ国境に住む老人があることから少年と共に旅をすることになり、自分の人生を見つめなおしたり、暴力沙汰に巻き込まれたり…というストーリー。

一応アクションもありますが、それぞれの主演(イーストウッドとリーアム・ニーソン)がお年を召されてるせいか、だいぶ控えめ。イーストウッドなんてもう90代ですから出来ることに限界があります。それに比べるとリーアムさんはもう少し動いてましたが、昨年暮れの『アイス・ロード』よりもいたわられてる感じでした。

でもまあお年寄りがよろよろしながら無頼漢を相手にがんばっているのを観てると、俄然応援したくなります。また「ジジイになったらもう家やカネに執着せず、断捨離して若い世代の助けになれや」みたいなメッセージがこめられています。自分はなかなかなモノが捨てられないタイプの人間なのでそんな風になれる自信は全くありませんが、そうできるよう努力はしてみたいです。

『マークスマン』はリーアムさんの去り際にホロホロと泣き、『クライ・マッチョ』は一昔前のメキシコの観光旅行を楽しませてもらいました。あと2作品見比べると今はものものしいメキシコ国境も、かつてはずいぶんのんびりしてたんだな…と感傷にふけってしまうのでした。

 

☆『サンダーバード55/GOGO』

60年大人気を博したSF人形劇『サンダーバード』。今回は残された朗読劇のレコードを元に、新たに3本の新エピソードをこしらえたというから驚きです。ビーグルよりもヒロインのペネロープの活躍が目立ってた気もしますが、まあよいでしょう。第1話の基地の超システムを社会科見学のように案内してくれるくだりなどは、自分の中の小学生がキュピーン!と目ざめて大興奮しちゃいましたし。そして何より「人形劇の映画」というのがワン・アンド・オンリーというかめちゃくちゃ貴重なのであります。

 

☆『ハウス・オブ・グッチ』

『フォックスキャッチャー』や『アメリカンスナイパー』のような「欧米の人々はみんな顛末を知ってるんだろうけど、我々は知らない」実録ものの1本。ブランドの帝王グッチ家の内部で、どんなドロドロしたスキャンダルが繰り広げられてたのだろう…と週刊文春のえぐい記事を読むようにワクワクして臨みました。で、大変面白かったのですが、そのあまりの無情さにどっと疲れました。やっぱ文春なんて読むもんじゃありません。

レディ・ガガ演じる嫁も、最初から富が欲しかったわけじゃないと思うのです。普通のアパートでのんびり暮らしてた時代はそれはそれでとても幸せそうでしたし。地位と莫大な財産が彼女を変えてしまったのか。やっぱお金は人を狂わせるな… でもお金欲しいな… でもお金は人を(繰り返し)

 

☆『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イブニング・サン別冊』

タイトルなげええええええよ!! 熱心なファンを持つウェス・アンダーソン監督の最新作。「フレンチ・ディスパッチ」という架空の雑誌の1号分をまるごと映画化するという、これまたキテレツな作品。雑誌と言っても文〇みたいな下世話なものではなく、『BURUTUS』みたいな趣味の世界に没頭しているような本…かな?

相変わらずおもちゃ箱のような凝った絵作りに感心させられます。ただ彼のおもちゃ箱というのはとっちらかってなくて、配置とか構図とか綿密に計算されてるんですよね。そういうところはアートでもあるのですが、自分はやはり遊び心の方を強く感じます。

そんなわけで今回も十分に楽しませてもらいましたが、オムニバス形式ゆえかシャッキリしてる時に観ないと猛烈な眠気に襲われるやもしれません。

ちなみに自分のアンダーソンベスト3は『グランド・ブダペスト・ホテル』『ダージリン急行』『ファンタスティックMr.フォックス』。『フレンチ~』はその次くらいに気に入りました。

 

次回は『鎌倉殿』レビュー2回目。そのまた次に『ゴーストバスターズ/アフターライフ』『大怪獣のあとしまつ』『鹿の王』『さがす』『アンチャーテッド』『シラノ』『ナイル殺人事件』の感想を一気に書けたらよいのですが。

 

| | Comments (0)

February 15, 2022

僕の前に道はできる ジョン・ワッツ 『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』

Dsc_0130 一本の映画でひとつの記事を書くのもこれまた本当に久しぶり。本日ははやくも2022年の映画ベストワンになってしまいそうなMCU最新作にしてジョン・ワッツ版スパイダーマン完結編『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』を紹介いたします。

前作ラストでヴィランのミステリオにより正体を暴かれ、殺人の濡れぎぬまで着せられたスパイダーマン=ピーター・パーカーはメディアの猛バッシングを受けることに。そのせいで恋人MJや親友ネッドの大学進学まで絶望的になってしまい、責任を感じたピーターは戦友の魔術師ドクター・ストレンジに、魔法の力で人々の記憶から「スパイダーマンの正体」を除き去るよう頼み込む。願いを聞き入れたストレンジだったが、ピーターの注文が細かかったために魔法は失敗。それどころか平行世界からスパイダーマンを憎む者たちを呼び寄せることになってしまう。

以後、さらにどんどんネタバレしていくのでご了承ください。

今回の元ネタのひとつは2007年に発表されたコミック『スパイダーマン/ワン・モア・デイ』。「シビルウォー」事件において世界に正体を明かしたピーターですが、そのことがきっかけで彼に恨みを持つヴィランがメイおばさんを殺害するという悲劇が起きます。己の行為を悔やんだピーターは悪魔メフィストと取引をし、自分の正体を忘れさせることとメイおばさんを生き返らせることの代償として、MJとの結婚をなかったものにしてしまう…というストーリー。この作品は発表当時賛否両論…というか圧倒的不評を持って迎えられました。そんな黒歴史を巧みにアレンジして全米歴代3位はほぼ確定なほどにヒットさせてしまうMCUスタッフには恐れ入ります。

それはともかく、今回の『ノー・ウェイ・ホーム』はスパイダーマンというヒーローの特質をよく表していたと思います。そのひとつはスパイダーマンが「いつも犠牲を払っている」ヒーローだということ。軽口叩いて陽気なイメージのあるスパイディですが、映画作品ではどれも何かしらの悲劇に見舞われています。それは親しい人を辛い目に合わせたり、死なせてしまったり、あるいは私生活が忙殺されたり…ということです。それでいて彼がいい目を見ることはほんのちょびっとしかありません。ヒーローなんてやってても正当な報いを得ることなんてほとんどない。それでもピーターは自分の信念を曲げませんし、生き生きと活動を続けます。

もうひとつの特質はスパイダーマンはレスキューマンであること。アメコミヒーローも数多くいますし、その目的や動機も実に様々。で、スパイダーマンが活動するのは悪を倒すことや組織の命令ではなく、困っている人・死の危険に見舞われてる人を助けること。それがたとえヴィランであってもです。今回の事件なんてパニッシャーが当事者だったら秒速で箱のスイッチが押されてあっという間に解決する話です。ストレンジ先生も冷たく「それが運命だ」と言います。それでも断固として彼らの命をあきらめないピーター。簡単に人命が諦められてしまう今のご時世ならばこそ、そんな少年の純真な姿は胸を打ちます。

さて、これからがいよいよこの作品のキモとも言えるネタバレ部分ですが…

 

 

マルチバースの扉が開いてやってきたのは旧作品の悪役だけではなく、2002年から始まった元祖スパイダーマン(トビー・マグワイア)と、2012年から2014年にかけて作られたアメイジング・スパイダーマン(アンドリュー・ガーフィールド)までもが集結します。これ、公開前から噂にはなってましたが、本当に実現するとは思いませんでした。ガーフィールド君なんて「僕はその映画に出る予定ない」なんて公言してたし… だましやがったな!! いや、だましてくれて本当にありがとうw

第1作からリアルタイムでこのシリーズを追いかけてきた自分にとって、このコラボは本当に心躍るものでした。そしてこれ、今のスパイダーマンだからこそ成しえた企画かもしれません。トビーもアンドリューもまだ健在で、さらにヴィランの面々も含め、ファンが狂喜するであろうことを望んで出演を快諾してくれました。これがスーパーマンやバットマンだったら演者に故人もいますし、「大人の事情」で出てくれなそうな方もいます。

また、この映画が素晴らしいのは、好きだったのに中途半端に終わってしまった映画、続編のキャラたちも、私たちが知らない・見られないだけでどこかの時空で変わらず元気にやってるんだな、と実感させてくれたところです。スパイダーマンも元祖・アメイジング共に「この後大丈夫かな?」と不安が残る状態でシリーズ終了となっていました。それが久しぶりに「本人」がスクリーンに登場し、「なんとか元気でやってるよ」と安心させてくれたのですからこれが泣かずにおられましょうか。

泣かずにおれない、といえばトム・ホランド演じるピーターの最後の決断も胸を締め付けられました。またしても大きな犠牲を払わされるスパイダーマン。しかしその顔は意外にも晴れやかです。この世界の誰からも忘れられようと、平行世界で同じようにがんばってる兄弟がいることを知って励まされたのでしょうか。

アメコミ映画によくあるエピソードのひとつに「ヒーローが恋人にだけ正体を明かす」というものがあります。まあ東西を問わず中二少年の妄想がたぎるシチュエーションです。しかし前作でそれをやらかしたピーターは、今回MJのためを思いもう一度それを繰り返したりはしません。相手の平穏を願い自分の望みを捨てた時、人は大人になるのでしょう。スパイダーマン「ホーム3部作」は少年が幾つかの出会いと別れを繰り返し、大人に成長していく物語だったのだと思います。

このシリーズに欠かせないポッチャリ二人組、ネッドとハッピーにも大いに泣かされました。特に今までお笑いしか提供しかしてこなかったネッドに泣かされるとは思わなかった… そしてMCU1作目から登場しヒーローを支え続けてるハッピー。これでお別れみたいなムードが漂ってましたが、これからもこのユニバースの顔であってほしいものです。ただ中の人ジョン・ファブローも映画に出演する傍ら、監督作も待機しててスターウォーズのドラマのプロデューサーもやって料理番組も司会して、過労で死なないか本気で心配です。人のことは言えませんがなかなか不健康な体型してるし… もう少し健康に気を使って末永く活躍していただきたいものです。

果たしてこれから映画スパイダーマンはどこに向かっていくのか。トムホ君もソニー・マーベルの首脳陣もまだ具体的なことは言及してませんが、自分としては3作くらいソニーのヒーロー世界に出張させて、ヴェノムやマイルズ・モラレスとの共演作でも作れば盛り上がると思います。ソニーさん、この企画5千円くらいで買いません?

さしあたって再来月にはソニーのユニバースで『モーヴィウス』が、5月には今回やらかしてくれた『ドクター・ストレンジ』の新作が公開予定。秋にはアニメ作品『スパイダーバース』の続編が二部作で待機しています。スパイダーマンの世界はクモの巣のようにまだまだ広がっていくようです。

Dsc_0131

| | Comments (2)

February 06, 2022

『鎌倉殿の13人』を雑に振り返る①1月編

今年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』があまりに楽しいので、実に『天地人』以来13年ぶりとなる大河レビューを書いてみます。途中で挫折する可能性大ですが… 

 

第1回「大いなる小競り合い」

時は西暦1175年。伊豆の豪族・北条時政が都での勤めを追え、数年ぶりに領地に戻ってくるところから話は始まります。その祝賀会の最中、伊東祐親の屋敷で養われていた流人・源頼朝が北条の屋敷を来訪。伊東の娘・八重に手を出して祐親の逆鱗に触れた頼朝は、北条にかくまってほしいと頼みこむのだが…

冒頭で義時が馬に誰かを乗せて走っている場面、妙に作り物っぽかったので頼朝に似せたダミー人形なのでは?と思っていましたが普通に本物でした。一話で一番印象に残ったシーンと言えばやはりこの大泉洋氏演じる頼朝が「姫」に扮して逃亡しようとするところ。コメディ作家三谷幸喜氏の本領とも言えるくだりであります。一方頼朝と八重の子どもである千鶴丸はあっさり…となってしまい、時代性とはいえその無情さに戦慄いたしました。題材が題材なのでこれからいくらでもえぐいエピソードが出てくると思うのですが、それにいかに調和よくユーモアをまぶしていくかがこのドラマの課題のひとつでしょう。北条氏・伊東氏・三浦氏の関係は全然わかっていなかったので勉強になりました。あとラストで各地の群雄が順々に紹介されてくところはテンションあがりました。

この回の重要でもないアイテム:時政が都から持ってきた定員割れのお土産

 

第2回「佐殿の腹」

北条と伊東の衝突は突如として現れた相模の豪族・大庭景親の仲裁により回避される。これにより頼朝は正式に北条の客人となることが決定。時政の娘・政子は雅な頼朝にすっかりぞっこんになってしまい、波乱を予感した弟の義時は頭を悩ませる。

このドラマでまず上手いな~と感じたのが、どこまで本気でどこまでノリで言ってんだかわからない、頼朝の実に適当な人物造形。これまで頼朝といえばくそ真面目で陰気そうに描かれるのが定番でしたが、斬新なうえにやけに説得力があります。で、風貌も性格もすっとぼけた感じなのになぜかよくもてる。こんな大泉さんかつてあったかしら?と思いましたが大河『真田丸』でも三角関係の一点にありました。

さんざんぶーたれてたのに「お前が頼りだ」と力強く言われるところっと心酔しちゃう義時君。この時まだ15歳なので純真なんでしょうね。近所の湯河原での入浴シーン(男のみ)、薄衣羽織って温泉につかるところが面白かったです。「13人」の一人である比企能員が初登場。この名前読めね~

この回の重要でもないアイテム:政子さんが丁寧に小骨をのぞいて作ったアジ料理。伊豆のアジの干物はおすすめです。

 

 

第3回「挙兵は慎重に」

あっというまに5年の月日が経ち(飛ばされた部分はアニメ『平家物語』でどうぞ)、頼朝は政子との間に一子をもうけ、すっかりマイホームパパとして落ち着いてしまっていた。ところが平清盛を苦々しく思う後白河法皇の息子・以仁王が打倒平家を掲げて挙兵。全国の反平家勢力にむけて参戦するよう文を送る。頼朝と北条は戦いに加わるべきか判断を迫られる。

この回も珍エピソードが色々ありました。まず『ステキな金縛り』よろしく頼朝の夢枕に立つ法皇様。このドラマは法皇様を超能力者か陰陽師とでも思っているのでしょうか。次いでうさんくさい山師丸出しの文覚上人。演じるは大河『風林火山』で武田信玄だった市川猿之助氏。だいぶ雰囲気が違います。この文覚さんも良く知らなかったんですが、調べたらかなり波乱の人生だったようですね。

そして頼朝に決起を促した一通の文。「慌て者の早とちりが歴史を動かすこともある」ということで。以仁王を演じたのは現ジャイアン木村昴君。「大河に出るのが夢だった」とのことですがその出番はあまりにも…

この回の重要でもないアイテム:文覚さんがもってた限りなく信頼性の薄い義朝公のしゃれこうべ。「他にもある」そうなので。あと堤さんが踏みにじった北条家自慢の夏野菜

 

 

第4回「矢のゆくえ」

ついに挙兵を決意した頼朝。だが集まるはずの兵は予想より大幅に少なく、不安は増すばかり。とりあえず初戦に勝てばおいおい人も増えるだろうということで、第1戦のターゲットを代官・山木兼隆に定める。討ち漏らさないよう山木が確実に屋敷にいる日を義時はなんとか探ろうとする。

最初はごねてたくせに、やってきた坂東武者たちに「あなただけが頼りなの」とハグしまくる佐殿。某所で「キャバクラ幕府」と揶揄されておりましたが、これ『吾妻鏡』にも記されてるれっきとした史実なんだそうです。それはともかく続々と味方に加わる陽気なヘンテコキャラたちがなかなか楽しい。三谷さんはこういうの得意ですよね。ただ数も質も頼りないことこの上なく、こんなんで天下の平家に勝てるとはとても思えず。わたしらは歴史知ってるからいいけれど、佐殿や義時の心細さが痛いほどに察せられました。

男たちが戦の準備の盛り上がっている裏で、頼朝のことを忘れられずなんとか助け出そうと苦慮する八重さん。地元紙では彼女を主人公にした小説が連載されてたこともありますが、ドラマでスポットがあたることは大変珍しいのでは。ガッキーこと新垣結衣さんがキツめの性格の役をふられるのもちょっと珍しいですね。

戦の前にびびる義時に声をかける父さん・兄さんのシーンが微笑ましくてようございました。これから首チョンパしにいくわけですけど。

この回の重要なアイテム:源平の戦の端緒となった二本の矢

 

…こんな感じで。根性が続けばまた来月。

| | Comments (2)

« January 2022 | Main | March 2022 »