« もしもビートルズが弾けたなら 『イエスタデイ』 | Main | 冗談のないジョーダン・ピール 『アス』 »

January 14, 2020

死者の国VS遊戯の世界 『ゾンビランド/ダブルタップ』『ジュマンジ/ネクスト・レベル』

前回も書きましたが、色々たまってるので今年はさくさく飛ばして行きます。

今回は『ゾンビランド/ダブルタップ』と『ジュマンジ/ネクスト・レベル』について紹介します。2作品とも昨年末のクソ忙しい時上映されてたSF?コメディの続編ものですね。

前者はゾンビが跋扈する世界で、自分なりのルールを支えに生きる青年と仲間たちのお話。正編の感想はこちら 。特にとりえもなさそうななよなよしたボンクラが、非現実的な状況の中で三角関係に悩んでいる様子はちょっと前の少年サンデーによくあるパターンでした。

後者は名作エンターテインメントを新生させた『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のさらなる続編。前作の感想はこちら 。魔法にかけられたTVゲームの世界に迷い込んだ若者たちが、喧嘩しながらも団結力でピンチを脱して行くストーリー。こちらは色恋よりも友情がメインだったり、世界設定がゲームだけにやけに法則的だったりするあたりは少年ジャンプっぽかったです。

で、この2本新要素もちょこちょこ加えてはあるんですが、全体的には「前とやってること大体一緒だよな…」という印象を残します。『ゾンビランド~』の方は9年くらい経ってるのでそれがすごく懐かしく、心地よい感情に包まれるのですが、『ジュマンジ~』は1年しか経ってないので「こないだ観たばっかだなあ」とやや冷めた思いをぬぐえませんでした。1年だって決して短いスパンではないはずなのですが、映画的にはなんか「ついこの前」と感じられるのはなぜなんでしょう。最近よく言われる「スターウォーズ疲れ」もその辺から来てる気がします。

両者とも前作と全くキャストをほぼそろえてきてるのは偉いところ。ただそれもやっぱり9年経ってみんな演技派として大成してる『ゾンビ~』の方が、「そろいもそろってよくこんなくだらない映画にまた出たなあ」という感動があります。

うーん… 『ゾンビ~』ばかり持ち上げてしまったのでなんか不公平な気がしてきたな… 『ジュマンジ~』の方にもなんかいいところがなかったかな… そうそう、動物好きとしてはダチョウとマンドリルがいっぱい出てきたのがよかったです! あと馬もよかった! そんなもんか… あと久しぶりにダニー・デビートとダニー・グローバーにスクリーンで会えたのもプラスポイント。デビートさんはしばらく見ぬうちにすっかり老けましたね…

2020年の注目続編としてはやはり昔懐かしの『トップガン』でしょうか。共演者がすっかりじいちゃんばあちゃんになったのに一人だけ変わらず主演も続投するトム・クルーズ。恐るべし、です。

|

« もしもビートルズが弾けたなら 『イエスタデイ』 | Main | 冗談のないジョーダン・ピール 『アス』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« もしもビートルズが弾けたなら 『イエスタデイ』 | Main | 冗談のないジョーダン・ピール 『アス』 »