« 第16回SGA屋漫画文化賞 | Main | もしもビートルズが弾けたなら 『イエスタデイ』 »

December 31, 2019

2019年、この映画がアレだ!!

予定より1日ずれましたが、それでは年間ベスト映画についてまとめます。

 

まずワーストはあることはあるのですが、なんかつるし上げるのがつらい作品なので公表は差し控えます…

 

ついで「リバイバル賞」は4DX版の『ルパン3世 カリオストロの城』。TVで何度も観た作品ですがやっぱり映画館で観ると城がでかくて興奮しました。

 

さらについではっきり良かったものの個人的好みの差で上位26作品に並ばなかった16本。ここいら辺は大体同じくらいの評価です。

『クリード 炎の宿敵』   ☆『キャプテン・マーベル』   ☆『運び屋』   ☆『バンブルビー』   ☆『海獣の子供』  ☆『ハンターキラー 潜行せよ!』   ☆『神と共に』第1章第2賞  ☆『ザ・ファブル』  ☆『アラジン』   ☆『HiGH&LOW THE WORST』  ☆『ロボット2.0』  ☆『スペシャルアクターズ』  ☆『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。 』  ☆『イエスタデイ』(近日レビュー予定)  ☆『ヒックとドラゴン聖地への冒険』(近日レビュー予定)

 

ではここからは順位を付けてキリ悪く26位から発表していきます。

☆26位 『ゴールデン・リバー』  お金は地道に稼ぎましょう!

☆25位 『ホテル・ムンバイ』  ホテルでは他のお客の迷惑も考えましょう!

☆24位 『翔んで埼玉』  所沢市は我が青春の地!

☆23位 『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』  MCU離脱が覆って本当に良かった!!

☆22位 『コードギアス 復活のルルーシュ』   復活したと思ったらもう終わりかい!

☆21位 『グリーンブック』  ケンタッキーが食べたくなる映画!

☆20位 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』  一家に一台火炎放射器!

☆19位 『シャザム!』  時には母のない子のように!

☆18位 『スパイダーマン/スパイダーバース』  一回目IMAXなのに30分遅刻した悲劇!!

☆17位 『ロングウェイ・ノース 地球のてっぺん』  漂流船はジジイの形見!

☆16位 『ミスター・ガラス』  シャマランユニバース完結編!(早いよ!)

☆15位 『ジョーカー』  同じアホなら踊らにゃ損損!

☆14位 『名探偵ピカチュウ』  ミュウツーの復讐!

☆13位 『パピヨン』  実話と初めて知りました…

☆12位 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』  ラドンはつらいよ!

☆11位 『アクアマン』  母よあなたは強すぎだ!

 

ではいよいよベスト10に移りまする…

Sw9_teaser2_1sht_v5_lg1024x1516 ☆10位 『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(近日レビュー予定)

一大叙事詩ここに完結! …のはずがネット上では非難轟々。でも俺は好きだぜ… 同情も手伝って(おい)なんとか10位にランクイン

Red1024x1448 ☆9位 『ドクタースリープ』(近日レビュー予定)

最近良くある後付的続編の中では、かなり出来のいい方かと。『T2 トレインスポッティング』『プーと大人になった僕』に続くユアン・マクレガーの「中年の危機」シリーズ最新作

Farmageddon ☆8位 『ひつじのショーン UFOパニック!』(近日レビュー予定)

またしても「フガフガ」「フゴフゴ」だけで約1時間半押し通した大傑作。一介のひつじなのにおおよそ不可能は無いショーン君。今回は宇宙規模ということでさすがに荷が重いかと思われましたが、普通に解決してました。

30000000006095 ☆7位 『トイストーリー4』

これまた公開されるやネット上で賛否両論大激突を巻き起こした問題作。まあわたしゃ映画館で子供たちがケラケラ笑ってただけで十分成功作だと思います。さよならは言わないぜ、ウッディ!

177922_02 ☆6位 『天気の子』

この映画に触発された竜神様のせいで、その後実際に異常気象が頻発したとかなんとか。…そんな「ムー」的なことをつい書きたくなります。ある酒席で新海誠作品について熱く語ったら同席してた女子に「でもやっぱり気持ち悪いですよね」と言われたのにはグハッ!!と来ました。

Kvteaser3_20191231155501 ☆5位 『プロメア』

先日の漫画ベストでも語りましたが、十ウン年ぶりに帰ってきた『グレンラガン』の別ヴァージョンと考えてもよいのではなかろうかと。別に巨大ロボとか出さなくてもいいのにゴリゴリ出しちゃう中島先生大好きですが、今度はまずロボが前提にある作品を作っていただきたく。

Yjimagecbuhzoid ☆4位『羅小黒戦記』(近日レビュー予定)

年末になって現れたダークホース、いやブラックキャット。わかっているようでよく知らない中国の現状を黒猫の妖精の目を通してわたしたちに教えてくれます。気になった人はまずこの予告編を見てほしい 。弱い人は冒頭3秒でノックアウトされます。

176224_01  ☆3位 『レゴRムービー2』

♪この歌頭にこびりつくよこの歌頭にこびりつくよこの歌頭にこびりつくよこの歌頭にこびりつくよこの歌頭にこびりつくよこの歌頭にこびりつくよ…
まだこびりついてんだよ! どうしてくれんだよ!! 全て傑作ぞろいなのに日本ではイマイチな成績なレゴ映画シリーズ。本国でもこれをもって一区切りつきそうな気配ですがさらなる発展を望む次第です。
Kingdom_poster_0222 ☆2位 『キングダム』
これは予告を観た時「これまでの日本映画を越える伝説的作品になるかも…」と期待したのですが、観てみたら普通に日本映画の悪いところがバンバン入ってました。でも大好きです!! いいところもいっぱいありますし… 予想を覆して実写邦画では今年最大級のヒットとなったのはうれしゅうございました。

では第1位の発表です。

Ob_4f4bdb_avengersendgame2 『アベンジャーズ/エンドゲーム』

でした。まあ少し前に書いたテン年代映画ベストテン の1位がこれなわけですから、当然今年の1位もこれになります。自分にとっては1本の映画というより、2008年から追いかけて来たマーベル・シネマティック・ユニバース二十数作品の総決算なのでちょっと他とは比較できない、別格的な作品でもあります。このシリーズをずっとわくわくしながら映画館で観て来られたのは本当に幸運なことでした。引き続き可能な限りこの宇宙の行く末を見守って行こうと思います。

本年もお世話になりました。このブログもいつの間にやら丸15年。先のことはどうなるかさっぱりわかりませんが来年もよろしくお願いします。

 

 

|

« 第16回SGA屋漫画文化賞 | Main | もしもビートルズが弾けたなら 『イエスタデイ』 »

Comments

お疲れ~。
>EP9
なんじゃとて~!
非難轟々のほうが多い・・・・・・・ようだな。
・・・個人的には34年前倒した
奴の存在(「生きてた」んでしょ?・・・ひどい)が
・・・・・・・納得できん。
EP7や8での燻ぶってた「不満」がとうとう爆発・・・・・
俺たちが望む「SW」の気分ちゃうわ。

なお、「このセカ」は前売り買って
予定通り明後日夜からの広島行で観る
ことにしましたが、上映時間とかの関係で
呉へ移動して観ることになりそうだ。
広島市内・・・まだ2館しか見れないんですよね。
前述のせいでムビチケ計3回分買ったからな
・・・・・・・・欝憤晴らしに(笑)

実は「ガンダムGのレコンギスタ」劇場版1がやっと
奈良県内でもやるようなので年明けでも
観てきましょう。見たくなくても見る!
よいお年を~。

Posted by: まさとし | December 31, 2019 06:31 PM

毎年細かく順位付けしててえらいです。
今年はやはりアベンジャーズの年でした!
SWの完結編よりもロスがひどかった...とはいえSWは10位より上でしたけど 笑

今年も...特にTwitterでは大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: yukarin | December 31, 2019 10:59 PM

アニメの凄さとか、実写映画を超える演出とか発想力は凄いと思います。「プロメア」とか、予告編を見ただけですが、アンダーグラウンドの感覚をメジャーな映画の枠に持って来たら、センスの良いのが分かってしまったという。

映画って、映像が大切だと思いますが、脚本とか言葉で物語を捉え、論じる事も同等か、それ以上に重要なんだと思います。思えば、監督というのも、人生を変える一本的な力作に出逢った事で、多くの映像を観る機会があっても、映像を作り出すハードには触れられないのですから、下積みは言葉による評論をして、経験を積むだけだと思います。

新海監督の「天気の子」も好きですが、アニメの表現世界が自由で広いからこそ、愛とか絆、正義とかプリンシパルが重要で、それが、作品の説得力になっているのだと思います。

Posted by: | January 01, 2020 11:28 AM

伍一くん☆
明けましておめでとうございます。
昨年同様、今年もどうぞよろしくお願いいたします~

伍一くんらしいベストでホッコリしますね☆
パピヨンが高順位で嬉しいです。私もベストの5本に入れようか迷ったくらいですyo
今年も楽しい映画にいっぱい出会えますように!

Posted by: ノルウェーまだ~む | January 01, 2020 02:58 PM

>まさとしさん

こちらにもありがとうございます~
皇帝が生きていたのはだいぶ昔コミックのネタでもあったので驚きませんでしたw ドラマの『マンダロリアン』はなかなか好評なんですが…
『この世界』長尺版はこちらでは今月末に公開なので楽しみにしてます
あとわたしは7月公開の『閃光のハサウェイ』がけっこう楽しみです。シン・エヴァもありますね

Posted by: SGA屋伍一 | January 03, 2020 10:51 PM

>yukarinさん

こちらこそ昨年はお世話になりました! 
アベンジャーズとスターウォーズに限らず、色々完結した年でしたねえ。完結といっても一区切りでまだまだこのあとも続くようですが
いまだかつてなくアメコミ映画が量産された年でもありました。今年はちょっと落ち着きそうですね。
本年もどうぞよろしく

Posted by: SGA屋伍一 | January 03, 2020 10:54 PM

>隆さん

昨年はお世話になりました。
振り返り見ればアニメ作品が10本中6本という… 今年も数多くの国産アニメ映画が公開されましたが、『天気の子』『プロメア』はその中でも発想・表現力で一歩ぬきんでていたと思います
『海獣の子供』なども美術はすごかったんですが
本年もよろしくお願いいたします

Posted by: SGA屋伍一 | January 03, 2020 10:57 PM

>ノルウェーまだ~むさん

こちらこそ昨年もたくさんお世話になりありがたい限りです
わたしらしいオタクチックな上位10本になりました。
『パピヨン』も良かったですよね。正直観にいく時ちょっとかったるかったのですが、スルーしなくて本当によかったです。地味なあたりでは『イエスタデイ』『ホテル・ムンバイ』『ゴールデン・リバー』なども忘れがたいですね
本年もどうぞよろしくお願いします

Posted by: SGA屋伍一 | January 03, 2020 11:01 PM

SGAさんこんばんわ♪コメント有難うございました♪そして明けましておめでとうございます^^

SGAさんとはアメコミをはじめアニメ作品にも共通の『好き』があるので被る事が多いですけど、今回の被り具合は過去最高かもしれませんね(笑)・・・まあでもそんな好き作品もエンドゲームでロスな気持ちになれば、プロメアで再び熱く燃え上がり、と思ったらレゴムービーでは洗脳一歩手前にされたりとテンションが変な状態になってたよーな気がしないでもないのですが、まあでもそんな色々な『好き』が沢山あった2019年♪個人的には豊作の年にも思えましたね。2020年もこうであって欲しいですね^^


それでは、今年も宜しくお願い致します♪

Posted by: メビウス | January 04, 2020 09:44 PM

まだ松の内ですので…。明けましておめでとうございます。
ベスト拝見しました。アニメ作品をほとんど観ない私ですが、楽しませていただきました。そして私も「KINGDOM」は推しです。日本のアクション映画もどんどん良くなってきていますよねぇ。迫力ありました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Posted by: ここなつ | January 06, 2020 03:22 PM

>メビウスさん

毎度返事が遅くてすいません。
おつきあいも12年くらいになると思いますが、過去最高の被り具合とはうれしい
アメコミ映画もスターウォーズもひと段落ついちゃいましたが、今年もきっとワンダフルな映画にいっぱい出会えると信じて邁進していきたいものです
今年もよろしくお願いします!!

Posted by: SGA屋伍一 | January 09, 2020 11:02 PM

>ここなつさん

おいでくださりありがとうございます。そしてオタク的なベスト見てくださりこちらも感謝です。
日本のアクション映画、確かに進化してますよね。今年は『燃えよ剣』など楽しみです。こちらこそ今年もよろしくお願いします!

Posted by: SGA屋伍一 | January 09, 2020 11:04 PM

あけましすぎて、おめでとうございます。
アニメ系は私も近頃深夜アニメをけっこう見るのでOKです(何がだ)。
中国のは知らなかった…。深夜アニメの製作スタッフに、中国か韓国の人の名前、多いですよね。
ということで今年も、おばかなコメをお渡しすると思いますが申し訳ありません。

Posted by: ボー | January 18, 2020 08:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第16回SGA屋漫画文化賞 | Main | もしもビートルズが弾けたなら 『イエスタデイ』 »