« March 2019 | Main | May 2019 »

April 24, 2019

トランスフォーマー・ハチの大冒険 トラヴィス・ナイト 『バンブルビー』

Bbb 「火薬のメガ盛り」と言われた劇場版『トランスフォーマー』シリーズ。しかし爆発量にも限界が見えたのか、ここにきて急にスイーツ路線に転換。果たしてこのバクチうまくいくのか…?? 『バンブルビー』紹介します。

遠い宇宙のセイバートロン星では、機械生命体がふたつの勢力に分かれて争っていた。正義の集団オートボットは劣勢になり、体制を立て直すべく銀河の各地に散る。場所は変わって80年代の地球。実の父を失い、家族の中で孤独を感じている少女チャーリーはいきつけのスクラップ屋でぼろいビートルを見つける。強引にそれをゆずりうけたチャーリーは修理しようと張り切るが、それはオートボットの戦士バンブルビーが擬態した姿だった。

今回「違うな」と思った点のひとつはまずストーリー。これまでのTFは予告ではすごくシリアスさをあおって実際はおちゃらけムード…というパターンでしたが、『バンブルビー』はちゃんと予告通りでした。孤独な少女と宿無しの動物のハートフルなお話になっておりました。この辺はやはり家族を恋しがる少年の物語であった『KUBO』の監督(トラビス・ナイト)だなあと思いました。

もうひとつ違ってたのはアクションのスタイル。マイケル・ベイの作品では大体終盤までダラダラと戦い続け、終盤で急にオプティマスが本気出して勝つという流れがほとんどでした。この度はバンブルビーの元が乗用車ということを生かして頭を使ったバトルを色々見せてくれました。まあ常識的に考えて自動車が戦闘機や軍用ヘリにパワー勝負でかなうわきゃないんですよね。そこで機転を利かしてピンチをすり抜けていく描写が大変見事でありました。

デザインも少々変わってましたかね。ベイ版では画素がやたら多く細部がガチャガチャしていたロボットたちが、今回はぐっとシンプルにおもちゃをそのまま巨大化させたようなビジュアルになっておりました。これがビー君のかわいさをさらに際立たせておりました。敵ロボットは容赦なくズタズタのバラバラにするくせに、キュートな少女の前では子犬のように甘えるビー君。はっきり言ってあざとい。でもまあかわいいんで許します。

個人的にテンションが上がったのは冒頭のセイバートロン星での乱戦シーン。情報参謀サウンドウェーブの胸からばびょーんとカセットが飛び出して動物に変形するあのギミック、子供のころ大好きだったんですよ。戦術的に何か利点があるのかというと全くわからないのですが、面白いからいいんです。たぶんこの映画が80年代を舞台にしてるのはまだカセットテープが幅を利かせてる時代だったからでは。サウンドウェーブの出番、ちょびっとだけでしたけどね… 彼も現代ではCDプレイヤー型に進化したりしてるのでしょうか。

冗談はさておき、この映画なんで80年代が背景となってるのでしょう。旧TFの前日談という位置づけにするためでしょうか。それにしては1作目と矛盾する部分も少々あるような。実際この映画、これまでのプリクゥエルなのか、リブートなのかということでファンの間では意見が別れているようです。ただアニメ・コミックのトランスフォーマーはどっからどこまでがつながっててどこまでがパラレルなのかさっぱりわからない状態なので、映画の方も「どっちでもいい」という解釈でいいんじゃないですかね。煮え切らない性分の自分はそんな風に思うのでした。

ちなみに『バンブルビー』は映画TFシリーズでいまのところ最低の売上だったりします。丁寧でいい作品なんだが… が予算もこれまでの6割くらいなため、辛うじてプチ黒字にはなってはいるようですが。果たしてTFシリーズはこの先どこにいくのでしょう。できれば現在のスイーツ路線でがんばっていってほしいものです。

| | Comments (6)

April 23, 2019

二段ソファの逆襲 マイク・ミッチェル 『レゴRムービー2』

Lgm1thumb1 すべては最高~ みんないいかんじ~♪ あのC調の曲とともにさえないミニフィグのエメット君が帰ってまいりました。つぶつぶの世界の冒険を描くシリーズ最新作『レゴRムービー2』、紹介します。第1作の感想はこちら

冒険の末にお仕事社長と感動的な和解を果たしたエメットたち。だが直後にデュプロ星人の猛攻を受け、レゴシティは壊滅。完全にマッドマックス状態になってしまう。それから数年後ひと段落した街に再び宇宙から奇妙な客がやってくる。わがまま女王の使者と名乗るその来訪者は、女王の結婚式に招くためと言って強引にエメットの仲間たちを連れ去ってしまう。大事な友達を救うためエメットも後を追って宇宙へ飛び出すのだが…

えーー、今回は最初からネタバレ全開で…

第1作から実に5年後。もっとはやく作れなかったのか?と思いましたが、おそらく間を空けた理由はスピンオフの企画があったのと、お子様の成長に合わせて…ということもあったのかもしれません。エメットの魅力とはなんぞや。それは純真で誰にでも優しくてアホなことばっかり考えているということです。実在の人物でいうと林家木久扇師匠がかなり近いと思われます。前作の実写パートの坊やフィン君もまさしくそんなエメットのようなお子様でした。しかし子供の成長は早いもので、5年の間に坊やは自分が男子であることを意識するようになり、かつて自分を叱ったお仕事大王のようなポジションにおさまってしまっています。そんなフィン君の心の変化がレゴ世界に深刻な影響を及ぼしていきます。とはいえかつての無邪気な部分も彼の中にはちゃんと残っていて、それが世界崩壊を防ぐ希望にもなっているわけです。

この度エメット君の敵?になるのは正体不明の「わがまま女王」(まあ大体想像つくけれど)。ご本人は不定形で素っ頓狂でありますが、仕える者たちやご住まいはいちいちキュートだったりキラキラしていて主人公たちを翻弄します。なにより恐ろしいのはそのルビドコ療法のような音楽テロ攻撃。無限に繰り返される「この歌あたまにこびりつくよ♪」というメロディと歌詞が客の脳をあっという間に侵食していきます。最初に観てからほぼひと月たってようやくわたしの耳からもあの曲が消滅した気がします。この歌頭にこびりつくよ、この歌頭にこびりつくよ… ハッ!! youtubeにはこの曲が10時間ぶっ続けで流れる動画もあるとのことなので、我こそはという方はぜひチャレンジされてください。この辺のラリリ具合はやはりフィル・ロード&クリス・ミラー製作であります。キッズ映画と言えどもトリップ描写には手を抜かない。まったく恐ろしいやつらです。

もう一人新顔で印象深いのはエメットの助っ人として現れるレックス・デンジャーベスト。カウボーイであり、宇宙海賊であり、恐竜の調教師でもあり… まあ中の人クリス・プラットの人気キャラを無理やり一つに詰め合わせたようなやつです。で、ここでまた容易に正体に想像がついてしまいます(笑) わたしが『2』で特に笑ったシーンが彼のタイムスリップのシーンで、とりわけ泣かされたのが同じくタイムパラドックスのくだりでした。後者は最近『仮面ライダービルド』で良く似たエピソードがありまして。ああいう風にひねてたやつが微笑みながらさわやかに退場していく話に弱いんです。

「今度こそ終わり」と言われてしまった『レゴムービー2』。果たしてさらなる展開はあるのでしょうか(『レゴバットマン』の続編企画が進行中という噂は聞きましたが)。もし仮に3が出来たとしても『トイストーリー3』ように「いい年してレゴで遊ぶのはやめよう」…という話にはならないでしょうね。あのうちはお父さんですらレゴに熱中してたわけですから。これからも幾つになってもレゴ・おもちゃで遊び続ける「いい大人」でありたいです。 

1作に十分ひけをとらなかった本作品。しかし日本では大幅にスクリーンを減らされ、多くの劇場では明日終了だそうです。未見の人、まだ間に合います! 『アベンジャーズ/エンドゲーム』にすべてが呑み込まれる前にこちらもぜひご覧ください!

 

| | Comments (2)

April 17, 2019

国民の暴走性 スパイク・リー 『ブラック・クランズマン』

今年のアカデミー賞関連の話題もこれが最後かな。本日は黒人系の映画で『ブラックパンサー』『グリーンブック』と火花を散らした『ブラック・クランズマン』をご紹介いたします。

1970年、アメリカ中南部のコロラドスプリング市では差別問題に抗議する黒人の党派「ブラックパンサー」が熱心に活動していた。それに対し、白人至上主義を掲げる結社KKKも彼らの台頭を良しとせずなんらかのアクションを起こそうと計画を練っていた。市で初の黒人警官となったロン・ストールワースは手柄を立てるため、白人警官のフリップと組んでKKK内部に潜入しようと試みるのだが…

監督は熱い人柄で知られるスパイク・リー。自分実は彼の作品は『セントアンナの奇跡』くらいしか観てないのですけど、『マルコムX』を撮ってたり、先のオスカー授賞式で『グリーンブック』が受賞してたことを怒ってたと聞いたので、こちらも人種差別に対する煮えたぎるような憤怒がほとばしった映画かと予想してました。が、実際に鑑賞してみますと本編の8割くらいはなかなかにユーモラスというかお笑いムードに包まれていたりして。実際にあった事件を元にしているにもかかわらずです。

まず黒人の刑事が電話対応だけ担当して、白人刑事をKKKに潜入させるという作戦が人を食っております。どこまで事実に即しているかは謎ですが、白人と黒人の発音の違いをていねいに指摘するシーンなどはコントの台本そのまんまでした。またあえて滑稽に描いてるんでしょうけどKKKの構成員や活動がいちいち幼稚だったり珍妙だったりするのには度々苦笑させられました。

主人公二人のロン(デンゼル・ワシントンの息子)とフリップ(アダム・ドライバー)もそれなりに差別を経験してて、真剣にやってるとは思うのですがなんでかぼーっとした空気を常にまとっております。

さらに作品にゆるい雰囲気をもたらしてるのが画面をゆきかうアフロヘア―の数々。正直こんなにアフロ大行進の映画は初めて観ました。当時は政治的立場を主張した攻撃的なヘアスタイルだったんでしょうけど、やはり他では喜劇くらいでしか見ないので、どうしても笑いがこみあげてきてしまったのでした。

ただですね… 以下ラストまで大体ばらしているのでご了承ください。

わたくし鑑賞する前にツイッターなどで「衝撃の結末」「最後に観客をぶんなぐってくる」という評判を聞いてまして、さんざん笑わせてくれた後にショッキングな展開が待ってるのかな…と身構えておりました。一番予想できるのはやっぱり主人公に残酷な死が訪れるというものです。実際予備知識なしで観るとそれを匂わせてエピローグへ…という風に取れなくもない。ですが後で調べてみたらこれロンさんが最近になって出版した体験談が原作のですね。とりあえず彼が死んでなくてようございました。代わりにスパイクさんが突きつけてくるのは今なお米国で激しさを増している人種間の憎悪。ここで突然昔々のお話がわたしたちの時代とそう変わりないことを思い知らされます。なるほど、こういうメッセージを抱えながらこの映画を作っていたとしたら、やはり『グリーンブック』にはぬるさを感じたとしても仕方ないでしょう。でも『グリーンブック』だってそれなりに現実の厳しさを訴えていましたし、ああいう人種問題に希望をもたらしてくれる映画もまた必要ではないでしょうか。

ですから『グリーンブック』と『ブラック・クランズマン』両方観ることがバランス的にちょうどいいんじゃないかな…と思いました。日本では『グリーンブック』ばかりが売れてますがね…

ちなみにわたしがこの映画を観ようと思った動機のひとつは「アダム・ドライバーが出ているから」というものでした。先ほども少し書きましたけど、彼、見てくれは悪くないのになんかそこにいるだけで名状しがたいおかしみのようなものを感じさせてくれるんですよね。引き続きスターウォーズやジム・ジャームッシュ監督のゾンビ・コメディでも活躍するようなのでそちらも楽しみです。

 

 

| | Comments (2)

April 10, 2019

マイルドスピード/ゆる~いミッション クリント・イーストウッド 『運び屋』

イーストウッド、実に10年ぶりの監督&主演作。御年88歳にしてまたもや剛腕ぶりを見せつけてくれました。『運び屋』、ご紹介します。

園芸課の老人アールは商売に行き詰っていたところ、孫娘の知人から運び屋の仕事を紹介される。単純な仕事の割に高額な報酬が払われることをいぶかしんだアールは、やがて自分が運んでいるものが麻薬であったことを知る。しかし金に困っている家族や友人のため、彼は危険なブツを安全運転で運び続けるのであった。

ここのところを「本当にあった話」ばかり撮り続けていたイーストウッド。今回もまた実際にあった出来事を題材としております。wikiによりますと80代でマフィアの運び屋として名を馳せた退役軍人の園芸家レオ・シャープという人がモデルとのこと。育てていた花がデイリリーというとこまで一緒ですが、「実話を元にした」ではなく「実話に着想を得た」となってましたので、家族とのあれこれやマフィアとのやりとりなんかはかなり創作してるのではと思います。

そんな風にフィクションの割合が高かったり同じ年代の人物を演じていたりするせいか、今回はいつもよりさらに主役に自分を重ねているように感じられました。『ハドソン川の奇跡』にせよ『アメリカン・スナイパー』にせよ『15時17分、パリ行き』にせよ登場人物に対して距離をとった俯瞰的な視点でお話が語られていましたが、『運び屋』では本当に主人公に入り込んだ目線でストーリーが進んで行きます。最近の作品もどれも非常にひきこまれましたが、やっぱりイーストウッドの映画はイーストウッドが主演してる方が面白いように感じられます。そういう作り手と登場人物が同化してる映画の方が主人公に感情移入しやすいですからね。

そう、もしアールと同じ立場に立たされたらどうしよう?と考えずにはいられません。自分は相当要領の悪い人間なので犯罪に手を染めたら速攻で逮捕されるのは容易に想像がつきます。でもどうしにもお金が必要な時に「ちょいと車で運んでもらうだけだから」と言われたら心がぐらぐら揺れてしまいそう。いや、小心者なんで結局はやらないとは思いますけどね… 

あとこの作品、意外だったのが、近年のイーストウッド作品の中ではかなりユーモラスであったということ。普通車で犯罪をする映画と聞けば激しいカーチェイスが繰り広げられるんだろうな~とか思います(『ベイビードライバー』とか『ワイルドスピード』とかね)が、アールさんはご老体だけあって大変安全運転でした。だからこそ警察の目をかいくぐれるわけですけど、急がなきゃいけない時でものんびりしてるので、お目付け役のマフィアなんかは相当キリキリ来るわけです。「このジジイぶっころそうかなー」とまで考えてたりする。ですがじいちゃんと一緒に行動をしているうちにいつのまにかのんびりペースに巻き込まれてしまい、親しい間柄になってしまったり(笑)。この辺は先の『グリーンブック』や漫画『一日外出録ハンチョウ』の大槻&宮本にも通じるものがありました。マフィアのボスもそれなりに悪人なはずなのにやけにアールに親切だったりします。

しかしやってることはやっぱり犯罪ですし、雇い主は凶悪な麻薬カルテルなので、いつかは破局が訪れるわけなのです。

老いてからのイーストウッド主演作は「反省」をテーマとしていることが多いですが、今回もそうでした。もう米寿なんだから「若いころのことはええやん」と水に流しても良さそうなもんですが、年を経ても変わらず反省し続ける。ちょっと前のトランプ支持発言には「???」でしたが、そういうところは見習いたいものです。とりあえず闊達な姿が久しぶりにスクリーンで拝めてよかったです。いつまでもお元気で~

 

 

| | Comments (2)

April 08, 2019

ゴッドファーザーの島の少女 ファビア・グラッサドニア アントニオ・ピアッツァ 『シシリアン・ゴースト・ストーリー』

1990年代のイタリア・シチリア島。まだ中学生のジュゼッペとルナはお互いにほのかな恋心を抱いていた。だがある日ジュゼッペは忽然と姿を消してしまう。彼の父がマフィアの情報を警察に密告したために拉致されたらしい…と知ったルナは、ジュゼッペを救おうと手を尽くすが十代の少女に出来ることはあまりにも少なく…

都心のシネマカリテなどで上映されてた作品が数ヶ月遅れでこちらでも公開されたので先日鑑賞してきました。シチリアといえば少し前『アクアマン』でも出てきましたが風光明媚な観光地である一方で、マフィアを多く輩出してるというダークな土地柄でもあります。わたしが観ようと思った動機は主に予告にあった「ギレルモ・デル・トロを彷彿とさせる」という文句。確かにどこまでが現実でどこまでが夢かわからないストーリー運びや、薄暗い幻想的な映像、センチメンタリズムと残酷さが入り混じったカラーはギレルモさんと通ずるものがありました。ただ映像に酔いしれるには、あまりにお話が重すぎてつらかったです。ルナに関するあれこれは完全に創作だと思うのですが、これ、一応現実にあった事件に着想を得て製作された映画なのですね。最後の最後に事件の顛末を短く言い表した一文が出てくるのですが、これがまたズシーンと来ます。おそらく監督さんもこの事件を知った時、同じように深いショックに打ちのめされたのでしょう。この作品はマフィアにさらわれた哀れな少年に魂だけでもなんとか救われてほしい…そんな悲痛な願いから作られた気がしてなりません。

特に印象に残った映像がふたつありました。ひとつはジュゼッペが残したおもちゃのフィギュアを抱きしめてルナがむせび泣く場面。そのフィギュアが『ドラゴンボール』の悟空だった(あちらで人気があるのでしょう)のでなんだか日本人としては妙にシュールに感じてしまいました。

もうひとつはルナと親友の女の子が谷を隔てて夜にモールス信号を送りあってるところ。ひたすら陰惨なお話の中で、山間の少女たちの素朴な友情が微笑ましく、ほっこりさせてくれる大変貴重なシーンでございました。

それにしても先の『ア・ゴースト・ストーリー』といい、昔の『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』『ゴースト NYの幻』といい、「ゴースト」と着くとおどろおどろしいはずの心霊話が切なげなラブストーリーになってしまうのはなぜなんでしょう。一応『ゴースト・エージェント』も(ただし『ゴーストバスターズ』は例外です)。不思議だわ…とそんなことを考えているとついオネエ言葉になってしまうのでした。おっさんなのに…

| | Comments (0)

April 03, 2019

モヒカン姉さんとモフモフ猫さん アンナ・ボーデン&ライアン・フレック 『キャプテン・マーベル』

Photo_1いよいよ今月末マーベル・シネマティック・ユニバース11年の総決算たる『アベンジャーズ/エンドゲーム』が封切られます。はあ、もうどうなっちゃうんでしょう… すーはーすーはーぜーはーぜーはー と、その前にもう一本重要なファクターとなるであろう作品が公開されています。90年代を舞台としたMCU初の女性単独主演作品『キャプテン・マーベル』ご紹介します。

勇猛な戦闘種族として宇宙に名を轟かせている軍事国家クリー。その兵士であるヴァースは記憶がないことに悩みつつも宿敵のスクラル人との戦いに身を投じていた。ある任務の途中スクラルに捕まった彼女は、なんとか脱出し銀河の辺境にある星に逃げ延びる。そこで彼女はその星…地球の風景に見覚えがあることにきづく。果たしてヴァースと地球にはいかなる関わりがあるのか。

『キャプテン・マーベル』が最初に書かれたのは1960年代(DCにも同名のヒーローがおりますがそれについて説明するとややこしくなるのでカット)。地球人に扮したクリーの戦士マー・ベルが正義のヒーローとしてそう名乗っていたのでした。が、彼はわりかし早々と死亡。恋人のキャロル・ダンバースがその能力を受け継ぎ、「ミズ・マーベルという名で活躍するようになります。その後本当にいろいろあって現在ではキャロルが「キャプテン・マーベル」の称号を継承しております。

わたしがアメコミを読み始めたころ、彼女はX-MENのローグに力を吸い取られてずっと寝たきりでありました。さらに魔界の王子様に洗脳されて地獄に嫁がされたり、自分の名がタイトルになってる冊子がながいこと途絶えたまんまだったり… そんな風に「不幸」「不遇」というイメージが強いキャラでありました。どうもマーベルはこういうスーパーマン的な万能ヒーローをひねくったりもてあましたりする傾向があります。しかし2000年代に入り髪型や服装がガラッとボーイッシュになると人気が急上昇。主役タイトルが復活し、さらには単独映画まで製作されることになりました。

スーパーヒロイン映画としては一昨年『ワンダーウーマン』がありましたが、あちらを「姐さん」とするならば今回のキャロルは「兄貴」という感じでありました。もちろん容姿やハンデを背負わされてるところは紛れもなく女性なのですが、何度逆境にあっても立ち上がりどんな強敵にもひるまないあたりはまさに王道的なアメコミヒーローであります。というか最近のヒーローはむしろウダウダと悩んでることの方が多いか…? 周りの男たちも彼女を対等の人間として扱い、友情はあっても恋愛感情は全然ないあたりも多くのヒロインと一線を画しております。

アメコミファンとして嬉しかったのは今回はじめて「スクラル」が登場したこと。マーベルコミックスではクリー、スクラル、シャイアの3帝国が宇宙における3大勢力とされております(ただしシャイアはX-MENと関わりが深いためこの度はオミット)。このスクラル、自在に容姿を変えられるという能力があるせいかコミックでは極めつけの悪役としてよく登場しております。そんな色物的宇宙人を『ローグワン』『レディプレイヤー1』で悪役としてならしたベン・メンデルソーンさんがほぼメイクしっぱなしで演じられていたのですが、これが大変すばらしかったです。

あとなんといってもこの映画のもうひとつの魅力は猫のグースちゃん。これまでアメコミ映画では猫系のキャラとしてキャットウーマンやブラックパンサーなどがおりましたが、彼らはやっぱり人間ですし。しかしグースちゃんはどっからどう見ても猫。地球の存亡がかかっているその時に猫がいったいどうやってお話にからむのか??? その辺はぜひご自分で確かめていただきとうございます。いやあ、しかし本当にかわいかったな~~~ そういえばキャロル役のブリ―・ラーソンさんは幼少時『セーラームーン』が好きだったとのこと。月野うさぎの傍らにもマスコット的な猫がいましたが、こういう偶然面白いですね。

そして当然のごとくキャロルさんはすぐ次の『アベンジャーズ/エンドゲーム』にも登場なさいます。彼女の力を得てアベンジャーズたちは絶対神となったサノスに立ち向かうことが可能となるのか。ああ~もう~ すっはすっはすっは あと23日こんな風に過呼吸を繰り返しながら待たねばならないのでしょうか。あたしもう我慢できない!!

| | Comments (4)

April 02, 2019

大いなるキャラには多くの分身が伴う ボブ・ペルシケッティほか 『スパイダーマン/スパイダーバース』

Photo Photo 本年度アカデミー作品部門受賞作品の次は長編アニメ部門をゲットした映画について語ります。長年のディズニー独占にくさびを打ったそのタイトルは『スパイダ―マン/スパイダーバース』。例によってあらすじから。

蜘蛛の力を持つ超人「スパイダーマン」が活躍する世界。彼にあこがれている少年マイルズ・モラレスは遺伝子操作された蜘蛛に噛まれたことにより、その世界における二番目のスパイダーマンになってしまう。さらにある悪漢が自分の願望をかなえるため次元を操作する実験を行ったことから、様々な時空のスパイダーマンがマイルズの世界に転送されてしまう。

映画ファンにとってスパイダーマンといえばまず思い出すのはピーター・パーカーでしょう。しかし誕生して58年、このキャラにはたくさんのバリエーションが作られ続けてきたのでございました。わたしも最初に触れたのは東映が作った特撮版だったし。アメコミヒーロー数あれど、ここまで幅広くアレンジされまくったのは他にバットマンくらいしかいないのでは。

マイルズ・モラレス君もそうした傍流のスパイダーマンの1人。2000年代マーベルは一見さんが入りやすくするため、それまでのユニバースとは別の、一から設定を刷新した「アルティメット・バース」という世界を立ち上げました。このアルテイメット・バース、従来のマーベルとの差別化のためか、ヒーローのエゴが強烈だったり重要な人物が突然無残に死んだりなどきついストーリー運びで話題を呼びました。小学館プロダクションから出てる『アルティメッツ』という作品を実際に読んでいただけるかと思います。

スパイダーマンも例外ではなく、アルテイメット世界ではピーターがある事件で命を落とすというショッキングな展開を迎えます。普通ならすぐ生き返りそうなものなのに、本当に完全に死んでしまいました。その後を継いだのが『スパイダーバース』主人公のマイルズ・モラレス君だったというわけ。スパイダーマンの映画も幾つも作られ、ファンもそろそろ飽きが来そうなところへなかなかうまいところへ目を付けたと思いました。

この映画ではそれだけにとどまらず、さらにスパイディの歴史から様々なヘンテコキャラを呼び寄せております。正史では悲劇の死を迎えたヒロインが蜘蛛のスーツをまとっているスパイダーグウェン。戦前ハードボイルド風の世界からやってきたスパイダーマン・ノワール。美少女とロボットのコンビであるペニー・パーカー&SP//dr 。動物アニメの中から抜け出たブタ風のスパイダーハムなどなど。正直ペニーやノワールはアメコミファンを自称するわたしも存在を知りませんでした… ノワールは白黒のグラフィックノベル調、ペニーは日本のアニメ風、ハムはバッグズバニーのようなカートゥーンタッチと様々な画風のキャラを無理やり同画面に収めてるあたり大したカオスであります。でもめちゃくちゃ楽しい。

そして忘れちゃいけないのがこの映画オリジナルかと思われる中年スパイダーマン、ピーター・B・パーカー。ヒーロー稼業の孤独に耐えかねて堕落し(といっても不摂生を重ねているだけ)、おなかがボヨンと膨らんでしまった情けないキャラ。それだからこそ体型も含めてものすごく共感できてしまいえろうつろうございました。

そんな挫折ばかりだったおっさんヒーローが不安と戦いながら前に進もうとするマイルズ君と出会い、お互い励ましあいながら共に成長していくという。映像的実験を果敢に繰り返すだけでなく、こんなしっかりした人間ドラマをつむいでるところもオスカー審査員の琴線に触れたのではないしょうか。いつもラリッてるような作品ばかり世に送り出してるフィル・ロード&クリス・ミラーにしてはずいぶん健康的で生真面目でありました。やればできるのね… ラリッた映画も好きですけど。

ちなみにフィル&クリスさんは今回製作と脚本(フィルのみ)でありまして監督は別に三人おられます。『リトル・プリンス』脚本のボブ・ペルシケッティ、『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』監督のピーター・ラムジー、『22ジャンプストリート』脚本のロドニー・ロスマンさんです。いったいどういう風に役割分担してたのか謎ですが、個性が強烈そうな彼らを上手に組み合わせて采配してたのはやっぱりフィルさんクリスさんだったのでは…と思わずにはいられません。

世界最高峰と言っても過言ではないこのアニメ、残念ながら日本ではそれほどぱっとしない売れ行きのようです。『レゴバットマン』もそうでしたが、実写アメコミ映画は観るけれど、アニメにしちゃったら見ない…という層がけっこういるようで。仕方ない…と思う一方で大変くやしい。なんとかして興味をもってもらうにはどうしたらよいのか、足りない頭でぐるぐると考え続けております。フィル&クリス製作のアニメは現在ではもう一本『レゴRムービー2』も公開中。これまたべらぼうに面白いのに苦戦中のようで… があッ!! 及ばずながらこれからも心から応援していこうと誓うのでした。つか、製作だけじゃなくそろそろ監督もやろうな!?

あと先日世界での好評を受けて続編の企画が立ち上がっているというニュースも入って来ました。今度こそ巨大ロボット・レオパルドンがスクリーンでおがめるか?

| | Comments (4)

April 01, 2019

シャーリーに首っ引き ピーター・ファレリー 『グリーンブック』

かつて『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』などのおバカ下ネタ映画で好評を博したものの、近年すっかり話題を聞かなくなってしまったファレリー兄弟。久しぶりにその兄貴の方のニュースが入ってきたと思ったらなんとアカデミー作品賞にノミネートされ、見事受賞したというからぶったまげです。そんな『グリーン・ブック』、ご紹介いたします。

1962年、ナイトクラブで用心棒をしていたトニーは金が必要になり、あるつてから高額の仕事を引き受ける。それは著名な黒人ピアニスト、ドン・シャーリーを差別問題の激しい南部のツアーに運転手として連れて行くことだった。元々黒人に偏見もあった上にシャーリーが友好的ではなかったため、トニーは渋々仕事をこなしていたが、それでも旅を続けていくうちに二人の間には奇妙な絆が芽生えていく。

ロードムービーでバディムービー。それをベテラン監督と実力派俳優が扱うわけですから、これはもうつまらなくする方がむずかしい。それでもダメになってしまう時はダメになってしまうのが映画の怖いところですが、この作品はさすがオスカーをもってっただけあっておかしくて、ほっこりして、でもホロリとさせる憎らしいくらいうまい作品になっていました。

ただ違和感を感じないでもありませんでした。かつてあれほど下ネタを巻き散らかしたファレリー兄と、何かとオール・ヌードが多いヴィゴ・モーテンセンが組むとなったらこれはもう確実にチンコ丸出しシーンがあるだろうと。ところがお笑いはお笑いでも、かつての監督に比べるとずいぶん上品な感じに仕上がってたりして。音信が途絶えている間自身公の場でモロだしして怒られたり、弟の家族に不幸があったりでファレリー兄さんも色々心境の変化があったようです。

あと物議を醸してるのが白人監督の作品ゆえに黒人側から多少なりとも反発があるということ。どちらとも縁遠いわたしたちからすれば「人種を越えた微笑ましい友情物語」と感じられるわけですが、被害者側の黒人さんたちからすれば色々納得がいかんところがあるようで。ことにやはり作品賞に『ブラック・クランズマン』でノミネートされてたスパイク・リーは結局『グリーンブック』がオスカーを受賞した時、憤っていたという話もあります。後ほど『ブラック・クランズマン』も観たのでいずれ感想を書きますけど、確かに毛色が違うところもあるものの、どちらにも一人二役というかシラノ・ド・ベルジュラック的な要素があったりしていろいろ共通する部分もあったような。

以下は結末までネタバレしてるのでご了承ください。

わたしがとりわけ嬉しかったのはラストシーン。クリスマスを一緒に過ごそうと言うトニーの誘いをドンは一度断ります。しかし寂しさに耐えかねて思い直し、彼の家を訪ねると温かく迎えられます。多少違うところもありますけどこのくだりが大好きな『メリーに首ったけ』のオチを彷彿とさせて、どばっと鼻水が吹き出てしまいました。チンコこそ出さなくなりましたが、「人はみなさびしい」ことを温かく描いてる点でファレリー兄はかつてと変わってないんだな…と。

近年アカデミー作品賞受賞作は日本ではあまり客が入らないことが多いですが、『グリーンブック』はそこそこ好評をもって迎えられ、ゴールデンウィークには追加で作られた字幕版も公開されるということです。これを機にまたファレリー兄弟の作品が普通にこちらでもかかるようになるとよいですね。

| | Comments (6)

« March 2019 | Main | May 2019 »