« February 2019 | Main | April 2019 »

March 27, 2019

ハードバイオレンスプリキュア 木城ゆきと/ロバート・ロドリゲス 『アリータ:バトル・エンジェル』

A12 世界で最ももうけた監督・ジェームズ・キャメロンがプロデュースした日本漫画原作映画。権利取得から実に20年近くの月日を経てようやく実現した『アリータ:バトル・エンジェル』(原作タイトルは『銃夢』)ご紹介します。

はるか未来、大きな戦乱を経て天上の聖域と地上のスラムに分かたれた世界。下界の医師イドはある日スクラップの集積所で破損したサイボーグの少女を見つける。イドは少女をアリータと名付けて修復し、娘のようにかわいがる。だがアリータの中には戦闘兵器としてのプログラムが内蔵されていたため、彼女はいつしかスラムの無法者たちや支配階級の手先との激しい戦いに巻き込まれていく。

原作未読。宣伝でしきりに「キャメロンキャメロン」と連呼されていますが、監督は『プレデターズ』『シン・シティ』のロバート・ロドリゲスでございます。勇ましい少女がメカメカしい怪物たちとバトルするあたりは確かにキャメロンっぽいですが、コミックの絵を忠実に再現しようとするあたりや、人体がバラバラに四散する(サイボーグなので血は出ません)ヴィジュアルは確かにロドリゲスさんのカラーでありました。

そんな風に悪い奴らは容赦なくみじん切りにしちゃうアリータちゃんですが、そこは年頃の女の子。好きな男の前では恋にキュンキュンときめいちゃったり、切ない思いに涙をにじませることもしばしば。こういうのをギャップ萌えというんでしょうか。まあわたくしもそういうの嫌いではありません。

で、映像はさすがはキャメロンの肝いりと言うべきか、広大な奥行きを感じさせる背景が多く、実に3D映えする作品となっておりました。体のあちこちが武器と化してるサイボーグの皆さんもロボ好きの目を楽しませてくれました。

ただお話の方はなんというかあまりに矢継ぎ早にバトルとアイテム取得が繰り返されるので、テレビシリーズの総集編を観ているような気分でした。見せ場の連続で飽きさせない作り…と言えないこともないですけど。で、この総集編は思いっきり「第一部完」というか「俺たちの戦いはこれからだ!」的なところで終わっています。果たして第二部が作られる日は来るのか。企画に時間がかかることで定評のあるキャメロンのこと、次はまた20年後だったりして(笑) そこまで待てなかったら原作を読めばいいのかもしれませんね。若いころはそういう尻切れトンボ的なラストを観ると「なんじゃあこりゃあ!」と青筋立てたりしたものですが、年のせいか最近はそういうのにも「未完の美」みたいなものを感じるようになってきました。例を挙げると『ガメラ3』とか劇場版『仮面ライダー龍騎』とかそういうやつです。

『アリータ:バトル・エンジェル』は主に中国で大ヒットを飛ばし、今日世界興行収入が4億$を越えたというニュースが入って来ました。ちょうど製作費の3倍弱くらいです。トントンかプチ黒字くらいといったとこでしょうか。そして御大キャメロンの『アバター2』は来年12月公開予定。もう少しペース上げていきましょう。

 

| | Comments (2)

March 26, 2019

なぜか下野 魔夜峰央・武内英樹 『翔んで埼玉』

気がつけば2週間更新放置… その間にココログもリニューアルされて微妙に使いづらい感じになりました。再開第1回は魔夜峰央氏の問題コミックを映画化して思わぬヒットとなっている『翔んで埼玉』をご紹介します。


かつて関東では東京がいたずらに高められ、神奈川を除く地域…ことに埼玉が異常に蔑まれた時代があった。埼玉の民は通行手形無しでは東京へ入ることすら禁止されていた。そんな時代を終わらせるべく、抵抗組織「埼玉解放戦線」の一員麻実麗は支配階級の子女が通う都内の名門校・白鵬堂学院に正体を偽って入学する。容姿端麗で何をやらせても優秀な麗に学園のリーダー壇ノ浦百美は反発するが、やがて男同士でありながら互いに惹かれあうようになる。そんな二人をよそに東京と埼玉の対立は次第に激化していくのであった…


もうみなさんご存知でしょうけど、圧倒されるのは序盤から連発される絶え間ない埼玉dis。その虐げられぷりはまるで江戸時代武士から容赦なく年貢を取り立てられていた農民のようです。ほかにも「海を恋しがるあまりトンネルを掘って海水を引こうとした」とか「病気でもその辺の草でも食わせておけばなおる」なんてせりふもあり… 冒頭で魔夜先生自ら登場され「実在の地名とは関係ありません」と一応フォローされてましたが、どうにも無理があります。ちょっとしたことですぐSNSで炎上する今のご時世。この映画も確実に各方面…特に埼玉県民から激しいバッシングを受けるだろうと予想しておりました。ところが公開されてみると非難の声はほとんど見当たらず。日本全国で大ヒットとなり、特に売上を伸ばしているのが埼玉だというからわかりません。埼玉県民はMが多いのか…???炎上が回避された理由としては罵倒しつつもご当地への詳しいリサーチがあったり、さんざんバカにしああとに「でも本当は好き♪」みたいなツンデレアピールがあったからと考えますが、実のところよくわかりません。


そんな快進撃を続けていた本作品ですが、つい先日ヘイト的な発言で知られる某クリニックの院長とコラボしてしまったことでようやく?あちこちから顰蹙をかっております。この辺の一連の経緯、ネット上で何が大丈夫で、何がまずいのか、ひとつの参考例になってるのではないでしょうか。


話題を変えまして。自分も実は学生時代所沢市に2年ほど通っておりました。その実態を観察した身から言わせてもらいますと、伊豆の田舎から比べれば埼玉は十分開けていると思います。名産は少なくてもプロの野球チームもサッカーチームもありますし。近年訪れた大宮市も駅周辺はずいぶんパリッとおしゃれになっておりましたし。映画でも触れられてましたが最近の埼玉はだいぶ住みよい地域になっているらしく、ロケの際もそれらしいひなびた風景が見当たらなかったため主に栃木や茨城で撮影されたそうです。何事も先入観に囚われてはいけませんね。というか埼玉が突然きらびやかなスポットを浴びているのがうらやましい。関東でないから仕方ないのでしょうけど、地元静岡は今回完全にスルーされましたし。まあここは昔から何事にも影が薄いというか、通り過ぎられる土地柄ではあります。高速・鉄道で距離が長すぎるとイヤミを言われることはありますが。


この映画の予想外のフィーバーのせいか、お蔵入り仕掛けてたやはり魔夜先生原作の『パタリロ!』もようやく公開が決まりました。わたしは近くでかかったら観ようかな~くらいのスタンスです。


 

| | Comments (2)

March 12, 2019

ムエタイ地獄変 ビリー・ムーア ジャン=ステファーヌ・ソヴェール 『暁に祈れ』

あまり予算がかかってなさそうだけど、個性的で力強い作品を多く世に送り出しているA24スタジオ。本日はそのA24が英米仏中の4カ国共同で製作したタイのお話『暁に祈れ』をご紹介します。

イギリス人のムエタイ選手ビリーは戦績が振るわないことから麻薬に溺れ、ついには刑務所送りとなってしまう。そこでも薬から抜け出せないビリーは自分に嫌気がさし、なんとか立ち直ろうと所内のムエタイジムで自分を鍛えようとする。

刑務所内で格闘技に励む話というと『あしたのジョー』とか『軍鶏』などを思い出しますが、こちらは漫画と違い「実話に基づく作品」。実際にビリー・ムーア氏がタイ刑務所で過ごした経験を本にしたものが原作となっております。
麻薬で身を持ち崩したという罪状からわかるように、ビリーさんという方はアスリートだったわりに根性のない方であります。ただまあわたしも薬には手を出してませんけどその点ではどっこいどっこいなので、かえっていやなところで共感できてしまいました。
予告編では「地獄のタイ刑務所」とうたっております。入所早々リンチされたり・・・されたりしてしまうのでは…とドキドキしてましたが、幸いビリーさんは大丈夫でした。ただ別の囚人はそんな目にあったり、ひそかに殺されてしまうこともあったりで、予告編のコピーはあながちウソではありませんでした。
他に印象に残ったのは刑務所映画ということでやけに男の尻やブリーフ姿が多かったり。その辺は少し胸焼けがいたしました。あとタイならではだなあと思ったのが、ヒロインが所内で割と優遇されてるレディボーイであったこと。ちなみにその語で検索したら「タイのレディボーイが美人すぎる」という記事が一番にヒットしました。この映画のヒロインも確かに言われないとわからないくらいのレベルでありました。さすがはタイ…と言うべきでしょうか。

ビリー氏が囚人となってからムエタイにいそしむのは別にチャンピオンになりたいからではないのですよね。ダメダメな自分とさよならしたいという動機からです。しかし薬と酒のダメージに苛酷なトレーニングが加わったため、ビリー氏は命の危機に瀕するところまで行ってしまいます。それでもどん底から這い上がろうとリングにむかう彼の姿には痛々しいながらも胸を打たれるものがありました。そこまでして再起して本も売れたのに、昨年末の時点でまた窃盗でム所暮らしをしているというのが悲しい。「出所したらまた真面目にがんばる」とか言ってたと記事には書いてありましたが…

そういえばやっぱり英国の青年が薬に溺れたものの立ち直ってベストセラーを書いたという実話、『ボブという名の猫』も同じでした。あちらの著者さまはいまもしっかり更生されてるようなので、ムエタイより猫の方が人を立ち直らせる力が強いということか… いや、一概には言えないか。ただまあ、猫中毒はドラッグよりかははるかに健全です。

遠い日本からビリーさんが今度こそ更生されることを祈っております。そしてどんだけダメダメも薬だけは手を出すまいと誓う自分でございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2019

コミュニストのコミュニケーション エルネスト・ダラナス・セラーノ 『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』

はやぶさ2号が活躍したり『ファースト・マン』が公開されたり、ちょっとだけ盛り上がっている気がする宇宙開発の話題。昨年末にはこんな映画も公開されておりました。2か月遅れでこちらにもやってきた『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』ご紹介します。

1991年、ソ連崩壊の年。おなじ共産圏であるキューバもまた混乱の最中にあった。そんな中でも大学でひたむきにマルキシズムを教えていた教師セルジオは、ある日アマチュア無線でソ連の宇宙飛行士セルゲイと交信することに成功。二人は国境を越えて友情を深めていくが、その行動を怪しんだ当局によりセルジオは危険人物としてマークされてしまう。

「実話に基づいた映画」はよくあります。しかし一口にそういっても、かなり真実に迫ったものからほとんど創作みたいなものまで作品によって本当に様々です。ちなみにこの『セルジオ&セルゲイ』は冒頭で「真実を元にしたフィクション」と自ら告白しております。確かに一部物理法則を越えた現実では絶対ありえないような描写もあったし… セルゲイが時折命の危機にも直面する場面もありますが、基本的にはそんなゆる~~~いところがこの映画の特色です。とりあえずセルゲイという宇宙飛行士が政治混乱によりかなりの間宇宙ステーションに滞在を余儀なくされた…というのは事実のようです。というかかすかながらそんな話を聞いた記憶がありました。

おっさん同士の『君の名は。』みたいな着想や冷戦末期の宇宙開発描写も面白いのですが、自分が最も印象に残ったのは約30年前のキューバののどかな雰囲気です。国中こぞって貧乏だったようで、二言目には「金がない」とぐちってる感じなんですが、ぬけるように明るい風土のゆえかあまり「暗い」というムードがありません。セルジオの家族も将来の不安や貧しさを抱えてはいますが、よく笑うし日々の楽しみをきちんと見つけている。いまは昔の物語ということもあって、ちょっと『ALWAYS』シリーズと共通しているところもあります。

そんなほっこりした奇妙なこの映画をなぜか『ヘルボーイ」で有名なコワモテ俳優ロン・パールマンが製作しております。重要な役で自ら出演してたりもして。自分がこれまで観た中では一番普通というか穏やかな役でありました。誰も殴ってなかったし…たしか。

ひとつ文句をいわせてもらえるなら、序盤からずっと当時を懐かしむセルジオの娘さんのモノローグが入るのですね。これがなんだかもう「今はもうお父さんはいない」という感じで、悲劇をバリバリに予感させるものでした。で、実際にどうだったかというと… もちろん内緒です。

それにしても少し前の『怪盗グルー』3作目もそうでしたし、これから公開される『キャプテン・マーベル』『X-MEN ダークフェニックス』などだんだん90年代にスポットをあてた映画が増えてまいりました。それくらいもうノスタルジーの領域に入りつつあるということなのでしょう。90年代なんてついこないだのことなんて思ってたおっさんは、己の年を痛感し、静かに首をうなだれるのでした。ははははは…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2019

死んだはずだよ王子様 谷口悟朗 『コードギアス 復活のルルーシュ』

一昨年からひっぱり続けて来た『コードギアス』リファインプロジェクトもいよいよ大詰め。待望の完全新作の公開とあいなりました。『コードギアス 復活のルルーシュ』ご紹介します。ついでにこれまで書いた総集編の感想を貼っておきます。
☆第一部 興道
☆第二部 叛道
☆第三部 皇道

悪虐皇帝ルルーシュの死により世界に平和がもたらされてから2年。復興の立役者である仮面の男・ゼロとブリタニア皇女のナナリーが、中東の小国ジルクスタンで何者かにより拉致されるという事件が起きる。かつてゼロの下で活躍した凄腕の戦士カレンは、事件解決のためジルクスタンに潜入。彼女はそこで思いもよらない人物と再会する。

…とぼやかして書きましたが、タイトルで既にばれちゃってますね。TVシリーズ終了時必死になってルルーシュが生きているヒントを探してみましたが、どっかで谷口監督の「確実に死なせた」という発言を読んでがっくりきたものでした。監督のうそつき!
それはともかく今回の映画、一言でいうと「よく出来た同窓会」という感じでした。あのキャラ、このキャラ、生き残った連中はみなそれぞれに成長し今の生活を楽しんでいる。その辺の様子を眺められてだいぶほっこりいたしました。激しく憎しみ合って命のやり取りをしてた者同士がテーブルを囲んで談笑してるあたりは「おや?」と思わんでもなかったですが、現実には難しい話ことに虚構の中ならばこういう和解があってもいいじゃないか…と考え直しました。

そしてまさかのルルーシュ復活に狂喜する面々の姿は、ずっとこのシリーズを追っかけてきたファンの心情そのまんまだなあと。こいつ、けっこうとんでもないこといっぱいやらかしてる少年ではあるんですけどね~

作者が若気の至りでやりすぎてしまった悲惨な結末を、年を重ねてから懺悔のように改変する例って時々ありますよね。永井豪先生の『デビルマン』、富野由悠季氏の『Zガンダム』、庵野秀明氏の『エヴァンゲリオン』… あ、こんなもんか。ネットで数年後に付けたしのような動画がUPされた『エウレカセブンAO』のような例もあります。それらはショッキングだったから歴史に残ったということもありますし、穏やかに作り直すことはかつてのテーマを否定することにもなりかねないのですが、自分のようにぬるい人間は昔のトラウマがいやされるようでこういうのけっこう好きです。あと谷口監督は若気の至りというより一応計算ずくであのラストに持っていったと思うのでけど、それでもいくばくかの迷いがあったのでしょうね。なんにせよこういう風にオリジナルに沿った形で結末を作り直せるというのは人気作だけに許される特権だなあと。

で、ここからまた再び長い物語が始まるのかと思いきや見事に収束してしまった『コードギアス』。まあまたえんえんと追いかけるのも大変なのでそれもいいかという気もしますが、やっぱりせっかく再度ここまで盛り上げたのにもったいないんじゃないでしょうか。ラストシーンから察するに今度はルルーシュに代わる次世代の主人公が登場する…という展開も予想できますが。続きを作るならできるだけキャラを不幸にしない方向でよろしくお願いしますね!(無理)

| | Comments (2) | TrackBack (2)

« February 2019 | Main | April 2019 »