« すけすぎちゃって困るの~ ハリー・クレフェン 『エンジェル、見えない恋人』 | Main |  硝子の執念 ナイト・M・シャマラン 『ミスター・ガラス』 »

January 29, 2019

センシ、シカリオしなさい! ステファノ・ソッリマ(テイラー・シェリダン) 『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』

『メッセージ』や『ブレードランナー2049』のドゥニ・ビルヌーブ監督がベニチオ・デル・トロを主演に据え、凄惨なメキシコ麻薬戦争を描いた『ボーダーライン』。しかし1作ではやりたりないことでもあったのか、脚本家テイラー・シェリダンが再びあの暗殺人をカムバックさせて来ました。『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』、ご紹介します。

メキシコから密入国してきたテロリストによる連続自爆テロ。業を煮やした米国政府は麻薬組織にくわしい暗殺者アレハンドロを再び雇い、メキシコで組織同士の戦争を起こさせることでテロリストのルートを断とうとする。その引き金としてアレハンドロは麻薬王の娘イザベルを誘拐するが、計画は思わぬ方へ転がっていく。

前作の感想はこちら。ひさしぶりに読んでみたらヴィルヌーブ作品としてうんたらかんたらと書いてましたが、続編を観て少々考え直しました。これ、どっちかというと脚本家テイラー・シェリダンがメインの作品ですね。今回監督変わっちゃいましたし…
で、テイラー・シェリダンとは何者か。自分も最近名前覚えたんですけど、脇役俳優からネットフリックス映画『最後の追跡』や『ボーダーライン』で脚本家として注目を浴び、『ウィンド・リバー』では監督デビューも果たしております。テキサスの牧場で育ったという背景ゆえか、3作通じてアメリカの辺境・国境で貧しいながらも必死で生きる人々にスポットをあてています。残酷な現実を直視しながらも、その中にほんの少し優しい視線を織り交ぜるのが上手な作家ですね。あと理不尽なことに対し毅然と立ち向かう女性が好きみたいです。

原題は前作に引き続き『Sicario: Day of the Soldado』となっております。シカリオというのは先の記事でも書いたようにユダヤ人の暗殺者のことです。ただ今回は『ボーダーライン』という邦題が非常によく作品の本質を表していると思いました。このラインとは米国とメキシコの間にひかれた国境のことであり、人でなしと人でありの境目のこともさしております。その二つの線を越える越えないで多くの命が奪われたりします。

そしてとっくに人でなしのエリアに踏み込んでいるアレハンドロさんですが、1作目の時と比べてやや変化が生じているような。以前は復讐のためならどんな手段も択ばない悪鬼のような印象さえありました。今回も政府の命令とはいえけっこうひどいこと色々やらかしてるんですが、巻き込まれたイザベラに対しては優しい態度を崩しませんし、命がけで守ろうとします。彼女は間接的にアレハンドロの家族を殺した顔役の娘であるにもかかわらず、です。ひとまず復讐を果たしたことでそのむなしさに気付いたのか。エミリー・ブラント演じる捜査官との出会いが何か影響を及ぼしたのか。

以下はラストまでネタバレしてますのでご了承ください。

この映画、ピンチを脱したのかどうかもわからないところで突然話が飛び、「どうなってるの?」と観客を当惑させたところで突然の幕となってしまいます。どうもこれまた続編へとつなぐ流れのようなのですが、あーーーーー 本当にもうやめてくださいよそうゆうのーーーーーーーーshock そういえば『最後の追跡』『ボーダーライン』『ウィンド・リバー』で監督は「フロンティア3部作」と称しているとか。トリロジーが錯綜していてややこしいですね。シェリダン先生は現在テレビシリーズ『イエローストーン』でお忙しいようですが、『ボーダーライン』の続きもお待ちしております…

|

« すけすぎちゃって困るの~ ハリー・クレフェン 『エンジェル、見えない恋人』 | Main |  硝子の執念 ナイト・M・シャマラン 『ミスター・ガラス』 »

Comments

伍一くん☆
えー?まだ続くんだ?
ウィンドリバーもこのシリーズも結構好きなので楽しみだわ。

Posted by: ノルウェーまだ~む | January 29, 2019 at 11:56 PM

こんにちは。
そういう点では昨年は、テイラー・シェリダン大活躍の年でしたね。
このままいい作品をガンガン出していって欲しいものです。

Posted by: ここなつ | February 05, 2019 at 02:10 PM

>ノルウェーまだ~むさん

レスが遅れてすいません
「ボーダーライン 3作目」で検索するといろいろ出てきますね。あれで終わりじゃ謎が放置されたままですし…

Posted by: SGA屋伍一 | February 05, 2019 at 10:29 PM

>ここなつさん

アメリカの田舎の現実をハラハラさせながら教えてくれる人ですよね。次回作にも期待です。とりあえずドラマが終わってからかな

Posted by: SGA屋伍一 | February 05, 2019 at 10:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/67641859

Listed below are links to weblogs that reference センシ、シカリオしなさい! ステファノ・ソッリマ(テイラー・シェリダン) 『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』:

» ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ [象のロケット]
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。 政府はメキシコとの国境地帯を仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れる任務を、CIA特別捜査官マットに命じる。 マットは、一匹狼のコロンビア人暗殺者アレハンドロに協力を要請し、麻薬王の娘イサベルを誘拐してカルテル同士の戦争を誘発しようと企てるが…。 クライム・アクション。... [Read More]

Tracked on January 29, 2019 at 11:52 PM

» 「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」☆主人公の悲劇再び [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
本当に久しぶりの映画。繁忙期を迎えて殺人的に忙しいバイトの合間を縫って行ってきたyo 周りのみんなは精神的にも肉邸的にも疲れている時はハッピーエンドの映画を観たいものだ、と口をそろえて言うけれど、私はこういうガッツリした作品の方を観たくなる。... [Read More]

Tracked on January 29, 2019 at 11:57 PM

« すけすぎちゃって困るの~ ハリー・クレフェン 『エンジェル、見えない恋人』 | Main |  硝子の執念 ナイト・M・シャマラン 『ミスター・ガラス』 »