« ル・アーヴルのワンツーパンチ サミュエル・ジュイ 『負け犬の美学』 | Main | スパイダーマン×スーパーマリオ デビッド・ロバート・ミッチェル 『アンダー・ザ・シルバーレイク』 »

December 18, 2018

続・ムツゴロウVSジョニー・デップ J・K・ローリング デビッド・イェ―ツ 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

『ハリー・ポッター』と地続きとなる「魔法ワールド」の第二シリーズ。不思議動物を探して世界を旅するスキャマンダ―先生が2年ぶりに帰ってこられました。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、ご紹介します。1作目の感想はこちら

アメリカでの活躍からしばらく後、有名人になってしまったニュート・スキャマンダ―は苦労してとらえた悪の魔法使いグリンデルバルドが脱走したことを知る。無関係を決め込もうとしていた彼だったが、恩師の大魔法使いアルバス・ダンブルドアに頼まれて渋々グリンデルバルド追跡の旅へ赴く。一方かつての友ジェイコブは実らぬ恋に悩んだ相愛の人クイニ―に魔法をかけられて、自我を失った状態になってしまっていた…

好きな研究にだけ打ち込んでいたいのに、才能を買われて表舞台に引っ張り出されてしまうニュートさん。まるで『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリーのようです。
それはさておき、前作の『魔法使いの旅』は1作だけで十分の完成度をもった作品でした。こう言ってはなんだけど、あのまま終わってしまってもそれはそれで後のことは十分想像つきそうだったし。
ところが今回の『黒い魔法使い~』は思いっきり「シリーズ」を念頭に置いた作りになっています。登場人物はさらに増えて入り乱れ、それぞれの関係も錯綜したりこじれたりして、いきなりネタバレですが様々な不安を残して「この後は続編で!」って形で終わってしまいます。特に気になったのはジェイコブとクイニ―の悲劇…になるのかな。二人そろって1作目でフェードアウトしてくれればそれなりに希望を抱けたのに… 2018年は前の暮れから続いてた『最後のジェダイ』に『キングスマン:ゴールデン・サークル』、さらに『パシフィック・リム/アップライジング』や『アベンジャーズ:インフィニティーウォー』など、「シリーズ化するということはキャラの不幸が増すこと」という現実をまざまざとつきつけられた年でした(デッドプールやパディントンのような例外もありましたが)。残りのあと3作でなんとかハッピーエンドにこぎつけてほしいものですが、ハリー・ポッターでどんどん話を暗い方向へ持っていったローリング先生なのでその点どれほど期待できるか。

愚痴はこれくらいにして、今回あらためて気づいた点をふたつほど。
ローリング先生はファンタジー作家でありながらミステリーも大変お好きなようで、全作に必ずといっていいほど「隠された真実」「意外な展開・犯人」「周到な伏線」というものが見られます。この映画で言うなれば「クリーデンスの本当の親は誰か?」というもの。クリーデンスは前作で爆死したように見えたんですけど普通に生きてました。
あとミステリーといえば邦題も意味深です。「黒い魔法使い」とは一体誰のことなのか。グリンデルバルドはとっくに誕生してるし、ヴォルデモードはまだ生まれてない。となると大体予想がついてしまいます。

もう一点はこの「魔法ワールド」の中心にはダンブルドア先生がどーんといらっしゃるということですね。ハリポタとファンタビを最も強くつなげているのは彼以外にいませんし。スターウォーズというところのダース・ベイダ―のような、ちょっと違うような。もう「魔法ワールド」というより「ダンブルドア・サーガ」とでも言った方がしっくりきます。ファンタビ五部作が完結したら(気が早いよ)、今度は少年ダンブルドアの冒険でも始まりそうな気がしてなりません。

三作目はこのまま欧州でさらに激しいバトルが始まりそうな感じでありましたが、ローリング先生によると次の舞台は南米なんだそうです。ミイラとかケツァルコアトルとかチュパカブラとか登場しそうで楽しみですね! 一応また再来年公開予定だそうです。

|

« ル・アーヴルのワンツーパンチ サミュエル・ジュイ 『負け犬の美学』 | Main | スパイダーマン×スーパーマリオ デビッド・ロバート・ミッチェル 『アンダー・ザ・シルバーレイク』 »

Comments

伍一くん☆
えー?!次は南米なの?そりゃチュパカブラだね…
ジョニデの貫禄凄かったけど、逆に大人の事情で彼をメインにしないといけなくて、ニュートが脇に追いやられちゃったのかな?
登場人物多すぎてお話が渋滞しちゃっていたね。
クリーデンスの髪型がすっかり変わり、ぐっと印象が違っててビックリしました。

Posted by: ノルウェーまだ~む | December 28, 2018 03:33 PM

>ノルウェーまだ~むさん

やっぱ南米と言えばチュパカブラですよね!
ジョニデさんは最近いろいろスキャンダルが多いのでそれが原因で降板にならないか心配です。
クリーデンスのエズラ・ミラー君は先日東京コミコンでおおはしゃぎしてたのが微笑ましく。この役と全然違いましたw

Posted by: SGA屋伍一 | December 29, 2018 11:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 続・ムツゴロウVSジョニー・デップ J・K・ローリング デビッド・イェ―ツ 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』:

» ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 [象のロケット]
ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーは、捕らえられていた“黒い魔法使い”グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。 グリンデルバルドは魔法界と人間界の支配を企んでいた。 パリに向かったニュートだったが、悪の力が彼の仲間たちにまで及んでいく…。 冒険ファンタジー第2弾。... [Read More]

Tracked on December 19, 2018 01:55 AM

» 「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」☆人物が渋滞 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
普通シリーズの1作目が人物紹介で、2作目から物語が動くものだけど、今回は更に人が多くてやや渋滞気味。 1作目の方が楽しめるとか眠くなったとか色々聞いていて承知の上で観に行ったけど、なるほどちょっぴり意識が遠のいたりしちゃった…ハリポタも大好き、ジョニデもエディ・レッドメインも大好き、ファンタビも大好きなのに~... [Read More]

Tracked on December 28, 2018 02:59 PM

« ル・アーヴルのワンツーパンチ サミュエル・ジュイ 『負け犬の美学』 | Main | スパイダーマン×スーパーマリオ デビッド・ロバート・ミッチェル 『アンダー・ザ・シルバーレイク』 »