« October 2018 | Main | December 2018 »

November 28, 2018

シン・キングギドラ 静野孔文 瀬下寛之 『GODZILLA 星を喰う者』

はやいもので1年前始まったアニメゴジラ3部作も、先ごろめでたく完結編が公開されました。これがまたなんとも扱いに困る代物でして… ともかくその『GODZILLA 星を喰う者』をご紹介します。第1部『怪獣惑星』の記事はコチラ。第2部『決戦機動増殖都市』の記事はコチラ

あと一歩でゴジラを殲滅するところまでいったものの、部下のユウコを見捨てられずその機を逃してしまったハルオ。もはや万策尽きたかと思えた人類軍だったが、ハルオの盟友である異星人メトフィエスは、異次元から恐るべき存在を召喚して悲願を成就しようと企んでいた。

今回は大体ネタバレの観た人向けで…
前作は意外な形で(笑)メカゴジラをフィーチャーしたアニメ版ゴジラですが、完結編では満を持して最大のライバル「キングギドラ」を持ってきました(劇中では単に「ギドラ」)。普通の怪獣としては出てこないだろうな…とは予想しておりましたが、特異点(ブラックホール)から時空を超えてやってくるエネルギー体のような形での登場。時空の層が違うゆえか向こうは自由に攻撃できても、ゴジラの方は接触することさえかなわない恐るべき存在。「恐るべき」といえばその飽くなき食欲のゆえについには地球すら破壊してしまうという超弩級の破壊神でもあります。そんなゴジラ・アースをも上回るモンスターをどうやって撃退すればいいのか。退けられたとしてじゃあ残ったゴジラはどうすればいいのか… 頭の中を「無理ゲー」という言葉が縦横無尽に飛び交います。

それはともかく、なぜメトフィエスが自分たちまで滅ぼしてしまうようなそんな怪物を呼び寄せたのか、というのが本作品の重要なポイントのひとつです。早い話が人間も文明もいつかは終焉を迎えるのだから、どうせなら宇宙で最強の存在の犠牲になった方が華々しいじゃないか、ということでありました。キムタクならずとも「ちょ、まてよ」と言いたくなる思想ですが、人間なら誰でも一度は「どうせいつかは消滅してしまうんだから、自分の存在に意味なんてないのでは」と考えたことがあるのでは。当たり前すぎてそれこそ「中二」と言われてしまう論題かもしれませんが、これってやはり生涯かけて考え続けなきゃいけないことだと思うんですよね…

自分はこのシリーズを「3作かけてゴジラを倒す話」だと思い込んでいたのですが、そうじゃありませんでした。「3作かけてゴジラに対する敗北を受け入れる話」だったのです。家族を殺されて復讐にいきりたつハルオでしたが、文明を破壊することが地球の意思だとしたら? その「怒り」こそが種族や自然環境を滅ぼす原因だとしたら? 地球の意思を受け入れてゴジラと共存していくことこそが道理ではなかろうか…と問いかけられてるような結末でありました。

ただハルオはすんなりゴジラと和解…という風にはいきませんでした。怒りを捨て、子孫を残したところで彼の物語は完結したということなのでしょうか。機械と一体化することを拒み、宿敵を倒すことよりも地球を守ることを選んだ彼には、どこまでもしぶとく生きつつづけてほしかったのですが。この点に関しては果たしてあれで正しかったのか、観てから10日以上経った今もぐるぐると考え続けております。

真面目すぎたがゆえの欠点もありましたが、アニメ版ゴジラ三部作はかつてない怪獣映画であり、意欲作・実験作だったと思います。スタッフの皆さん、どうもお疲れ様でした。

アニゴジは終わりましたがゴジラ映画は来年5年ぶりのハリウッド作品が公開。さらに翌年にはキングコングとの対決も控えております。平成が終わってもまだまだその咆哮がやむことはないでしょう。ガオッ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2018

俺たちはガンダムじゃない ルーベン・フライシャー 『ヴェノム』

「マーベル史上最凶の悪」という触れ込みだったものの蓋をあけてみれば…? そんなわけで本日は現在ヒット中のアメコミ映画最新作『ヴェノム』を紹介します。

野心家のジャーナリスト、エディ・ブロックは大富豪にして科学者である(トニー・スタークみたい)カールトン・ドレイクのスキャンダルをつかもうとして失敗。職も恋人も失ってしまう。それからしばらく後。すっかり落ちぶれたエディはドレイクの下で働く研究者から、彼が非道な人体実験を繰り返しているという情報を得る。エディは迷った末にリベンジしようと研究所に忍びむが、そこには宇宙より飛来した寄生生命体「シンビオート」が保管されていて、アクシデントの末に彼はその内の一体に取りつかれてしまう。

「ヴェノム」が正式にアメリカン・コミックスに登場したのは1988年。元々はスパイダーマンに寄生していたコスチューム型エイリアンが、宿主から一方的に別れを告げられ、ピーター・パーカーに恨みを持つ新聞記者エディと合体して「ヴェノム」となったのでした。このキャラクターが面白いのは筋違いの復讐心に燃えるヴィランである一方、赤ん坊やホームレスといった弱者には滅法やさしいヒーローでもあるということ。凶悪でシンプルなデザインも手伝ってヴェノムは90年代のマーベルを牽引するほどの大大人気キャラになるのですが、その後徐々に失速。宿主をエディから何回か乗り換えてマーベル世界の片隅で細々と命を永らえておりました。

そんなヴェノムの映画を単体で、しかもMCUと関係なくスパイダーマン不在で作るという話を聞いた時にはいくらなんでも無理があるだろ…と思いました。言ってみれば鶏肉抜きの親子丼(子丼というべきか)のようなものです。アメコミ映画隆盛のこのご時世でも確実にこけると予想しておりました。実際公開前の批評は惨憺たるものでありましたし。

ところがどすこい、『ヴェノム』は公開されると北米で10月公開映画のオープニング記録を作り、それだけでなく中国・日本でも大ヒットを飛ばしております。本当に世の中何が売れるかわからないものですね… 予想を外した身でなんですが、自分なりに成功の要因を考えてみました。

アメコミ映画が乱立しているこの頃ですが、意外とこういうタイプのヒーローはスクリーンにいなかったような。どういうタイプかというとほとんどモンスターのようなやつということです。強いて言うならハルクが近いかもしれません。ただお世辞にもキュートとは言えないハル君に対してヴェノムはツルツルウネウネしててかわいげがありますし(そうか?)、軟体の性質を利用して色々器用な芸を披露してくれます。
あと日本にはこういう設定の伝奇もの多いですよね。人間とモンスターがバディを組んで怪物と戦うお話。『うしおととら』『寄生獣』『キルラキル』『仮面ライダー電王』『仮面ライダーオ―ズ』『ど根性ガエル』… そんなジャパニーズ・オタクの性癖にストライクだったのだと思います。
あと(トマトが)腐っても一応は「スパイダーマン関連映画だった」というのも大きいかと。

批評家ウケがよくないのもなんとなくわかります。特に深いテーマがあるわけでもないですし。ただオタクとしては観ていて本当に楽しい。自分がミギー…じゃなくてヴェノムに取りつかれちゃったらあんなことやこんなこともできちゃう!というのを十二分に体感させてくれます。MCUももちろん大好きですが、ややこしい設定もユニバースの関連も気にせず単純にはしゃげるこういうアメコミものは実に久しぶりです。
しかしいい加減アメコミ映画が飽和に達してる現状で、またしてもスクリーンで人気キャラを生み出してしまったマーベルの勢いにはほとほと恐ろしいものを感じます。

映画版のエディのキャラ造形もよかったです。自分のミスが元で落ちぶれてしまった記者…というところは原作も同じです.ただ逆ギレしてるコミック版と違い、トム・ハーディ演じるエディはそれなりに反省してるようですし、ピンチの時でもいちいち滑稽でどうにも憎めない男になっていました。これに決まったと聞いた時は「ハーディ、地雷に手を出してしまったか!」と心配になりましたが、結果的には世界規模の大当たりになったわけで、胸をなでおろしました。そういえばトムハさんは熱烈な愛犬家だそうですが、凶暴なヴェノムを苦労しながらも手なずけていく様子は猛犬をならしていくブリーダーのようでもありました(笑)

スパイダーマンをディズニーに取られてしまったソニー・ピクチャーズは、引き続き脇役のヴィランたちで映画を作っていくようで、とりあえずの次回作は吸血鬼の「モービウス」を主人公にしたものとなる模様。さすがに本当に今度の今度こそはずすんじゃないか…と思いますが、わたしの予想もよくはずれるからなあ~
あと来年3月には並行世界のスパイダーマンたちが一堂に会すアニメ映画『スパイダーバース』も公開。相乗効果でヒットするとよいですね。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

November 21, 2018

パパはなんでも知っているわけではない アニーシュ・チャガンティ  『search/サーチ』

本日はほぼ100分の間、ずっとパソコンの画面の中でお話が進行していくという奇抜な映画『search/サーチ』をご紹介します。

サラリーマンのデイビッドは妻に先立たれ、残された娘と二人支えあって暮らしていた。だがある日娘は学校に出かけたまま、突然連絡が取れなくなってしまう。失踪か誘拐か。警察に頼るだけでは安心できないデイビッドは、娘のPCやネットの中から手がかりを得ようと必死になるが…

最初この映画のアイデアを聞いたとき、「二時間ずっとPCのモニターを観てるなんて、仕事してるみたいでヤだ」と思いました。が、公開されてから数多くの絶賛評を目にして心変わり。最悪ただでオフィスワークしてきてもいいや、くらいの気持ちで観に行ってきました。幸いテンポがよかったのとエクセルもワードも出てこなかったので、仕事疲れを覚えることはありませんでした。というか、さすが褒められるだけあって、ミステリーとしてよくできてる。

ネットサーフィンをしてると本当に膨大な情報が視界に流れ込んできます。この作品はネットのそういう特性をいかして、我々を情報の渦で翻弄します。そして時にはわざとらしく、時にはさりげなく手がかりらしきものを画面に映し出します。そういうミスリードの仕方とか、憎たしいヒントの出し方がミステリーとして非常に上手でした。あと事態が目まぐるしく展開していくので客に考える時間をあまり与えてくれないところもうまい…というか、小ずるいと思いました。

そんな脳容量がオーバーしてしまいそうな状況において、デイビッドお父さんは時々パニックになりながらも、鋭く重要な情報を見つけ出しては少しずつ真相に近付いていきます。そこにいたるまでは何度か見当ちがいもあったり、娘のためだから必死にやってるということもありますけれど、その玄人はだしの推理力にはうならされます。まじめな話、リーマンなんかやめて探偵になった方がいいのでは…と思いました。

あとこの映画目をひくのは、アメリカ映画なのにメインキャストのほとんどが韓国系ということですね。予告時点では韓国映画かと思ったくらいです。非ハリウッドのインデペンデント系だからできたことかもしれませんが、先日アジア中心キャストの『クレイジー・リッチ』もヒットしてましたし、だんだんむこうの映画界ももっとアジアに目を向けようという風になってきているのかもしれません。
主人公のデイビッドパパを演じるのは『スタートレック』のヒカル役などでよく知られるジョン・チョー氏。映画では鬼気迫る怒りっぷり・嘆きっぷりでしたが、コメディにもよく出られてるそうです。

しかしあれですね。最近は単にPCいじってるだけで家から出なくてもいろんなことができちゃったり、わかっちゃったりするもんですね。そんな安楽椅子探偵というか、「座ってる人」気分も味わえる傑作でした。推理小説が好きな方につよくおすすめいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 20, 2018

風の川で泣くしか テイラー・シェリダン 『ウィンド・リバー』

秋も深まり、ようやく近隣のシ○プラザサ○トムーンにも小規模公開作品がラインナップに戻ってきました。今日はそのうちの一本。社会派作品であり地味アクション映画でもある『ウィンド・リバー』をご紹介します。

ワイオミング州ウィンド・リバー居留地。コリー・ランバートは哀しい過去を抱えながら家畜を襲う野獣のハンターとして暮らしていた。ある日雪原でヤマネコを追っている途中、コリーはネイティブ・アメリカンの娘の亡骸を発見する。遺体の様子はその少女が何者かにより傷つけられ、走ってそこまで逃げてきたことを示していた。知人の娘だったこともあり、コリーはFBIの若き捜査官バナーに協力して犯人を捜す。

アメリカにおける黒人の差別問題はよくとりあげられますが、それに対してあまり日の当たらないのがかつて「インディアン」と呼ばれていたネイティブ・アメリカンの人たちの現状。本作品は冒頭で「事実に基づいている」と出てくるのですが、事実率は30%くらいだと思われます。ただここに描かれてる彼らの窮状はまぎれもない「現実」なのでしょう。
で、普通のアクション映画ならどこまでも悪い強大な権力者とかが登場するものですが、この映画では犯人の正体がかなりしょぼくさかったりします。同情の余地はまったくないのですが、その卑小さがさらに切なさを増幅してくれます。

そんなどうしようもなさの中、救いとなるのが美しい雪景色と、ジェレミー・レナー演じる主人公の人物造形。一見ぶっきらぼうですが、ひたむきな者にはどこまでも優しく、弱者を虐げる者は絶対に許さない。なぜ彼がネイティブの人たちに家族として迎え入れられてるのかはほとんど語られないんですが、たぶんその人柄・人徳でもって信用を得たのでしょう。彼とエリザベス・オルセン演じる女性捜査官とのほのかな交流もよかったですね。オルセンさんの方は恋だったと思いますが、コリーの方は女性というより自分の娘と重ね合わせてたんでは…と感じました。監督は『ボーダーライン』脚本のテイラー・シェリダン氏。そういやなんか雰囲気似てますわ…

この映画マーベル映画・ドラマの俳優が3人も出ているのですが、現実の悲劇はアメコミヒーローが解決してくれるわけではないということを痛感させてくれました。それは十分わかっているのですが、やっぱりアメコミ映画も大変に楽しみです。ジェレミーさんもオルセンさんも来年の『アベンジャーズ』期待しております。バーンサルさんも『パニッシャー』がんばってー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2018

時計じかけの俺んち ジョン・ベレアーズ イーライ・ロス 『ルイスと不思議の時計』

21世紀も18年がたちましたけど、映画の中ではいまだに魔法使いが大活躍です。本日はそんな魔法使いムービーの最新作『ルイスと不思議の時計』をご紹介します。ずっと「不思議な時計」かと思ってましたが、「不思議の」が正解ですのでご了承ください。

第二次大戦後まもなくの時代。両親を失った少年ルイスは風変わりなおじさんに引き取られてともに暮らすことになる。夜な夜な歩き回り暴れるおじさんの姿を見ておびえるルイスだったが、ある時彼が本物の魔法使いであることを知り、弟子入りを志願する。

冒頭の流れが先日紹介した『若おかみは小学生!』とほぼ同じでびっくりしました。児童文学が原作で妙にオカルティックなところも似ています。それはさておき。

2001年、『ハリー・ポッターと賢者の石』公開をきっかけに映画界ではファンタジーブームが起きました。後に続けとばかりに向こうの児童文学・幻想文学が次々と映画化されましたが、大成功をおさめたのは元祖ハリポタと超名作ロード・オブ・ザ・リングくらいで、あとはスタジオが思ったほどの利益を上げられず、三部作を匂わせて1作でおしまい、という作品もチラホラありました。
その後ファンタジーブームは収束しアメコミブームとヤングアダルト原作ブームにとって代わられたわけですが、完全に途絶えたわけではなくたまーにポツポツと作られ続けております。最近だと『PAN』とか『ミス・ペレグリン』とか。
ジュラシックワールドやイルミネーション、ワイルドスピードといった人気シリーズを多数所有しているユニバーサル・ピクチャーズさんもここらでディズニー、ハリポタ、LotRに対抗するファンタジーものが欲しいと考えたのでしょうか。白羽の矢が立てられたのがこの少年ルイスを主人公とした一連の作品。調べましたら第1作は1973年に書かれ、その後作者の死、二代目作者への継承を経て2008年の11作をもって完結したというから感動的です。ニューヨークタイムズが選ぶ「優良図書」にも選ばれ、なぜハリポタブームのころに映画化されなかったのか不思議であります。

どうしてもハリポタと比較してしまいますが、この作品の特色はまず「戦後間もなく」が舞台というところでしょうか。街並みや人々のいでたち、調度品なのにレトロな雰囲気が漂っております。あとかなり家族的でユーモラスなところが魔法使いものとしては珍しい方かと。このジャンル、意外と深刻で暗い話が多いのでね… 「家族的」と書きましたが別に親子でないおっさん・おばさん・ガキンチョがトリオを組んで難敵に挑むという話、ありそうでなかなか思い出せなかったり。

監督は一部でカルト的な人気を誇るイーライ・ロス。これまで生皮はがしたり人肉食ったりするような映画ばかり撮ってきた彼が子供向け作品を手がけると聞いたときにはユニバーサルさんの正気を疑いました。が、さすがはプロというべきかエログロを盛り込んだりせず、彼とわからないような立派なキッズ・ムービーとして仕上げてまいりました。この辺日本でいうと三池崇史さんとちょっと似ております。
あともちろん魔法や小道具がちゃんと魅力的に描けているか…というところも魔法使い映画としては大変大事です。時折趣味の悪いシーンもありましたがこの点も及第点だったのでは。わたしは意思をもって勝手に動く椅子が妙にかわいくて気に入りました。

そんなロスさんが血しぶきを我慢して作られた『ルイスと不思議の時計』、いったいいかほどの成績だったかというと、概ね製作費の倍くらいのところに落ち着きそうです。映画が利益を得られのは「製作費の3倍以上」と一般に言われております。そう考えると続編へGOとなるかはいささか微妙なラインであります。ユニバーサルがまた他を探すのか、強引につづきを作るか生暖かい目で見守っていこうと思います。

偶然か知りませんけど今秋はもう2本魔法使いムービーが待機しております。一本はハリポタワールドの前日談である『ファンタスティック・ビースト』の2作目。もう一本は名作動画を原作としたディズニーの『くるみ割り人形』。それぞれの健闘を祈りますです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2018

松岡よりも熱く ヤヌス・メッツ 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』

大阪なおみ選手や錦織圭選手の快進撃が話題になっているこの頃。映画でもテニスの名選手を題材にした作品が公開されておりました。今日はそのうちの一本『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』、ご紹介します。

1980年。大会5連覇を控えたスウェーデンのチャンピオン、ビョルン・ボルグは苛立っていた。アメリカの新星マッケンローが彼の王座を奪うのではとしきりに噂されていたからだ。内ではともかく、外では優等生的な仮面を外さないボルグ。審判や観客に悪態をつき、「悪童」の名をほしいままにするマッケンロー。両雄はこれまでの歩みを振り返りながら、やがて激突の日を迎える。

コテコテのオタク人であるわたくしにとってテニスは縁遠いスポーツ。興味もありませんし、やったこともほとんどありません。だのにこの映画に惹かれたのは、予告などからF1の実話を描いた『ラッシュ プライドと友情』を思わせるものがあったから。対照的な二人のライバルが王座を巡って火花を散らす… そういう話、スポーツ漫画好きとしてはやっぱり燃えるものがあるので。

観てみて特に印象に残ったのは、ボルグさんのハングリー精神というか危うさみたいなものでしょうか。もう4回も優勝してるんだからもっとどっしり構えてても良さそうなものなのに、「負けたら俺はみんなから忘れ去られる」と異常までにビクビクしておられます。そういえばヒットメーカー浦沢直樹氏もある漫画で「どうせ俺なんかすぐに売れなくなるから、そうなったらロック喫茶でも開いて何曜日はトースト半額にして」とか不可解なほどに謙虚な発言をしておられました。常人にはわかりにくい思考回路ですが、第一人者というのはそういう風に抱えなくてもいい不安をがっつり抱え込んでいるがゆえに、勝利や練習に貪欲になのかもしれません。
実はわたしもマッケンローの名前は知ってましたがボルグのことは知りませんでしたw でもこうやって三十数年経って映画が作られるわけですから、偉業というのものはそれなりに語り継がれていくものですよね。

一方のマッケンローは若さゆえの怖いもの知らずなところが目を惹きます。判定を巡って審判とガンガンやりあっている様はこないだのウィリアムズさんのよう。そんな自分を抑えきれない爆弾のようなプレーヤーとして描かれています。ところが友達の忠告が効いたのか、理想のライバルに巡り合えたからか、ボルグとの決勝においては別人のようなストイックさで勝負に集中します。やっぱり優れた好敵手というのは相手を技術的にも人間的にも成長させるものなのか。もしそうだとしたらとても美しい話であります。ちなみに彼を演じてる俳優さんがシャイア・ラブーフに似てるなあ、と思いながら観てたら本当にシャイアでした。彼ももう30越えてるはずですけど初々しい青年の役をやるとはなかなかに図々しい。まあ好演でしたので許します。

スポーツ漫画では大抵の場合試合前にライバルが偶然鉢合わせしたりしてあわや一触即発…なんてエピソードがあるものですが、この2人は試合までほとんど接触がなかった模様。そういうところが現実的というか逆に面白かったりしました。

2人の激闘を見て、スポーツの秋ですし、わたしもテニスクラブに通ってみようかしら…なんて思いが1秒だけ頭をかすめました。本当はテニスでもなんでも運動して、この腹をひっこめなきゃいけないんですけんど。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

November 09, 2018

人生はロックらしい 三木聡 『音量を上げろタコ! なに歌ってんだか全然わかんねぇよ!!』

今日から『ボヘミアン・ラプソディ』が公開で非常に盛り上がっているところですが、その陰でひっそりと終わろうとしているもう一本の音楽映画があります。鬼才・三木聡が阿部サダヲと吉岡里帆を主役に迎えて送るロックンロール・ムービー『音量を上げろタコ! なに歌ってんだか全然わかんねぇよ!!』(タイトル長えよ!!!)ご紹介します。

ふうかはバンド仲間とプロを目指すストリートミュージシャン。だが、その声量のあまりの小ささからバンドから外されてしまう。失意のうちに夜の街を歩いていた彼女は、工事現場で大量の血を吐く奇妙な男に出くわす。男は実はドーピングのせいで喉に限界が来ているロックスター・シンだった。彼を病院に運んだことがきっかけで、ふうかはいつの間にやらシンから歌の手ほどきを受けることになるのだが

監督三木さんの作品は他にはわが郷土を舞台にしたドラマ『熱海の捜査官』くらいしか観てないのですが、なんとなくギャグセンスが宮藤官九郎氏や堤幸彦氏、少し前の中島哲也氏に近いものを感じました。クドカンとは使う役者さんもちょっとかぶってますよね。理詰めで笑わせるというよりかは、珍妙でシュールな会話や間で攻めてくる、乾いた静かなお笑いというか。人によっては「わけわからん」で済まされてしまうかもしれません。実際これらの監督さんたちの映画はたまーに面白い時もあるものの、センスが暴走するとどんどん置いてけぼりになってしまい、ギャグが苦痛に感じられることもしばしばです。

ちなみに監督さん、この映画は何に対してもやる気のないお子さんに「夢をもってがんばってほしい」というメッセージをこめて作ったそうです。いや、でも、これで伝わるかな??? ストレートに言葉で伝えた方がいいんじゃないかな??? よそさまの教育方針に口を出すつもりはありませんけど。

じゃあこの映画もつまらなかったのかといえば、それが意外とそこそこ面白かったんですね… ちょっと人には勧めづらいですが。ぽかんとするシーンもありましたが、三回に一回くらいは独特のギャグに「ぶふっ」とか吹き出したりしてました。あまり入ってない映画館でみんな無言で鑑賞してる中、一人だけうっかり声が出てしまうのは少々恥ずかしかったです。

ストーリーも素っ頓狂な演出を引きはがすとなかなかシンプルで心温まるものだったり。お互い心に欠けたところのある二人が、喧嘩したり騒いだりしてるうちに、少しずついい方に変わっていくという。こっぱずかしいけど、これ、そういう意味では恋愛映画でもあるのですよ。映画初出演なのにボーイフレンド役が阿部さんというのが吉岡さんには気の毒なことでしたが。

そもそも酷評も多いこの映画をなぜ観に行ったかといえば、予告か何かで見た主題曲「体の芯からまだ燃えているんだ」が大変いい曲だったので。阿部さんはさすがバンドを組んでいただけあって歌にパンチがありますね。ぶっちゃけこの歌を気持ちよく聞ければあとはメタメタでもOK、くらいの気持ちだったんですが、他も(自分にとっては)色々よかったのでめっけもん、という感じでした。しっとりした物語の幕引きも好みでございました。
その主題曲はこちら。じーんせいがー もえつきるまでえええーえー 来週には『ボヘミアン』の方も観てこようと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

November 08, 2018

オッコちゃん 令状ヒロ子・高坂希太郎 劇場版『若女将は小学生!』

当初はまーーーーったく興味なかったんですが、ネットのあまりの評判の良さが気になって、先日見てきた(またかよ…)アニメ映画。児童小説を原作とした湯けむり人情アニメ『若おかみは小学生!』、ご紹介いたします。

小学六年生の関織子(おっこ)は交通事故で両親を失い、温泉街で旅館を営む祖母峰子のもとに引き取られる。だがその旅館には生前峰子の幼馴染だった少年の幽霊も住み着いていた。旅館「春の屋」に後継者がいないことを心配していたその幽霊・ウリ坊は、おっこに峰子のあとをつぐために若おかみになってくれと懇願する。

まず最初食指が動かなかった理由はアニメなのに舞台が温泉旅館でなんとも地味そう…と思ったからでした。しかしあらすじからもわかるようにいきなりショッキングなエピソードから始まり、次から次へと事件が起きたり珍妙なキャラが登場したりするので退屈するということはまったくありませんでした。

親が死んで孤児になってしまった女の子が老人に引き取られ、新しい環境で一生懸命がんばっていく… こういうの世界の名作児童文学によくあるパターンのような気がします。カルピス(ハウス)名作劇場を日本を舞台にしてやるとしたら、なるほどこういう風になるのかもしれません。

ハイジや赤毛のアンと違うところがあるとすれば、普通に妖怪やお化けが出てくるところでしょうか。しかしこの幽霊、デザインがかわいらしい上に真昼間にも普通に出てくるのでまったく怖くありません。お化けというより妖精に近い存在。ですからおっこも早々となじんでしまいます。

ただおっこがこういう人外と縁があるのは、事故に遭った彼女があの世に近い領域に片足つっこんでるからなのですね。両親が死んだことはわかってるはずなのに、どうしても実感がわかない。まだどこかで生きてるとしか思えない。気丈とはいえまだ不安定な年相応の子供の心情がそんな風に表現されていました。わたしゃ観てないのですが『ボネット』ってそんなお話だったのでしょうか。
またおっこちゃんは「いい子」ではあるのですが、少々抜けてたり時々すねたりもするあたり身近で親しみやすいキャラになっておりました。

以下ほぼ結末までネタバレで。

終盤とうとう両親の死を認めざるをえなくなるおっこちゃん。泣きながら「一人にしないで」と叫ぶシーンにもホロリと来ましたが、それ以上に鼻水を搾り取られたのはいってみれば加害者にあたる男に恨み言ひとつ笑顔で受け入れるくだり。まさに「小僧の神様」とでもいうべきでしょうか。わたくし、誰かが自分のことでわあわあ号泣してる場面より、辛さも悲しみも押し隠して笑顔を見せる話の方が弱いんで…
またラストシーンはしめっぽくなりそうなところを、少しのさびしさとともにさくっと爽やかに切り上げたあたりが好感が持てました。こういうのは先の『ペンギン・ハイウェイ』とも共通しています。

初週は不入りでコケ作品認定されそうだったのに、評判が評判を呼んで上映延長・再上映が続いている『若おかみは小学生!』。温泉がわりにふらっといやされてくるのもよいかもしれません。

ちなみに現在大ヒットを飛ばしている映画『ヴェノム』のツイッター公式アカウントが立った二つだけフォローしてるのが『スパイダーマン』と、なぜかこの『若おかみは小学生!』の公式だったりします。なつっこいお化けが出てくるつながりということなのでしょうか…

| | Comments (4) | TrackBack (2)

November 07, 2018

エンペラーのご帰宅 リュック・ジャケ 『皇帝ペンギン ただいま』

わたしのベスト・フランス映画と言うとリュック・ジャケ監督の『皇帝ペンギン』なんですが、少し前ジャケ監督が再び南極の珍鳥に挑んだと聞き、一時間以上かけて平塚まで観に行ってまいりました。『皇帝ペンギン ただいま』ご紹介します。

まず前作では時系列にそって皇帝ペンギンの結婚→妊娠→出産→育児→解散と描かれていました。しかし今回はもういきなり雛がそれなりによちよち歩いてるところから始まります。そしてその時点を中心として時系列が行きつ戻りつするので、ちょっとややこしいといえばややこしい構成。あくまでもテーマは「育児」ということでこういう仕様になったのでしょうか。

有名な話ですが、皇帝ペンギンは卵を産むと父親がその番をしてメスが餌を獲りに旅立ちます。そののち雛が生まれ、メスが帰ってくると今度はバトンタッチしてオスが猟に出かけます(この時点でオスの絶食は数ヶ月にもおよび、途中で野たれ死ぬこともあるとか)。で、正編ではそれぞれ一往復したら巣立ちの時期…みたいな感じだったのですが、こちらではさらにその後食欲旺盛な雛のために夫婦そろって何回か餌取りに行く様子も描かれてました。残った雛はどうなるかというと、当番制にでもなっているのかわずかに残った大人ペンギンが保育士のように多くの子供の面倒を見ます。ただ鳥ですし雛は落ち着きがないので危ない場面もしょっちゅう。このあたりは見ていてスリルがありました。

さらに前作からの進歩というと技術の発達によりドローン撮影や、より深い水中も撮ることが可能になりました。…が、この辺観終わってから公式HPで知ったのでもっとその辺に注目すればよかったと後悔いたしました。それこそチコちゃんじゃないですけどぼーっと見てたので… あと種類的には近縁になるアデリーペンギンの登場も嬉しかったです。

そして海に出てから4年間、故郷に戻ってくるまで子ペンギンたちがどうやって過ごし、成長するのか。その辺も明かされるかと期待してたのですが、ぶっちゃけまだそこまではわからないし、カメラも追っていけないようです。その解明もあと一歩のところまで来てるようなので、第三作で(いつだ?)でぜひ観てみたいものです。そのためには温暖化を抑制して皇帝さんたちが安心して子育て出来る環境を守り続けなければいよね。

『皇帝ペンギン ただいま』はディズニー・ネイチャーも製作にかかわっているようですが、これとは別に来年『ペンギン』というそのまんまのドキュメンタリーを公開予定。こちらには皇帝だけでなくアデリーやキングペンギンの出番もかなり多い模様。お願いですから日本でもやってください。予告編はこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2018

デンゼル・パディントン アントワン・フークア 『イコライザー』『イコライザー2』

デンゼル・ワシントンといえばかつてはトニー・スコットのお気に入り、というイメージでしたが、最近はすっかりアントワン・フークアのミューズという印象です。そんなフークア監督の初のシリーズ作品となった『イコライザー』『イコライザー2』をご紹介します。

ホームセンターで働く初老の男マッコールは気さくな人柄で周囲から慕われていた。深夜のダイナーで読書をしていた彼は、アリーナという少女と出会う(演:クロエ・モレッツ)。明るく振舞うアリーナだったが、彼女はマフィアに脅されて売春を強要されている身の上だった。アリーナを救うためマッコールは単身マフィアの顔役の元に乗り込み、あっというまにその場にいたギャングたちをうちのめしてしまう。果たしてマッコールの正体は…

…というのが1作目のあらすじ。USA人の好きなものちうとサメやゴリラなどがありますが、それらと同じくらい高い人気を誇るのが「なめてたおっさん・あんちゃんが実は凄腕の殺し屋だった」というパターン。昨年も『ザ・コンサルタント』や『ジョン・ウィック チャプター2』などが大ヒットを飛ばしました。
実はこのマッコールさんもゆえあって引退した殺人マシン。先のキアヌ・リーブスやベン・アフレックとの違いは、とにかくべらぼうに強いこと。1対多数でも決してピンチに陥ることなく、人質をとられた時だけ「まいったなー」という顔をするくらいです。おまけにCIAの実力者にコネがあって多少のことならお願いを聞いてもらえる。まさに完全無欠の「なめてた(略)殺し屋」です。
マッコールさんのもう一つの特色は自分なりの倫理観をきっちり持ってることですね。虐げられてる弱い人たちは力の限り守る。そして彼らを虐げている悪者たちは容赦なく殺す。この優しさと苛烈さが違和感なく同居しているあたりがマッコールという男の怖さでもあり、魅力でもあります。

さて、第二作では職場の商品で悪党どもを殺りまくったのがまずかったのか、マッコールさんはタクシードライバーの転職しております。生き馬の目を抜く大都会。そこでは当然困ってる人や悲惨な境遇の人もいっぱいいるわけで。前作ではクロエちゃん一人に掛りきりだったマッコールさんですが、今回は出会ったかわいそうな人々を片っ端から助けていきます。時には…というか大体暴力で。たまーに非暴力で。そんな風に街の人々とぽっかぽかにふれあっていくマッコールさんがまるでパディントンみたいでほっこりいたしました。まあ実は2作目の巨悪は街の事件とは全然関係ないところにいるんですけど。

実は自分フークア監督そんなに好きでもなくて1作目はDVDで観たのですね。でもそっからなんとなく親しみがわいてきたというか。この二作と間に挟まれた『マグニフィセント・セブン』では力を持たない人々に対する優しい視線が感じられます。以前のフークア監督にはあまり見られなかった要素ですね。そして悪に対しては一片の同情も見せない。たとえば2作目の悪役は普段はどこにでもいる家族思いの父親だったりします。そしてマッコールさんもその妻子にはとても優しい。でも悪い奴は悪い奴なのでその家族のためを思って手心を加えたりはしません。殺ると決めたら一瞬の迷いも見せずやっぱりびしっと殺ります。善良な親の前でも凶悪な殺人犯をためらいもなく殺したブラック・エンジェルズの雪藤さんを思い出したりしました。

いつも以上に「殺」の字が多い感想となってしまいましたが、心温まる描写もたくさんある殺し屋映画なので、ハートウォーミングな作品が好きな人にはおすすめです。
マッコールさん、おそらく次作があるとすればまた転職してると予想されますが、次は何がいいですかねえ。自分は小料理屋の板前さんとか似合うと思うんですが

| | Comments (2) | TrackBack (2)

« October 2018 | Main | December 2018 »