« サラリーマン×プー太郎 A・A・ミルン マーク・フォースター 『プーと大人になった僕』 | Main | 必殺剣トンボ斬り 歯室麟・木村大作 『散り椿』 »

October 24, 2018

最も危険な将棋 瀬川昌司・豊田利晃 『泣き虫しょったんの奇跡』

♪ふう~けえ~ば とぶよ~な しょおぎのこまにィ~~と。本日はもう公開が終了してしまった将棋映画の傑作『泣き虫しょったんの奇跡』を紹介いたします。

時は80年代。特に主体性のなかった瀬川昌司少年(しょったん)は明るい担任の先生に励まされてから、将棋にどんどんのめり込んでいく。隣家に住む鈴木悠野というライバルに恵まれたしょったんはめきめき実力をあげ、ついにはプロ棋士を養成する「奨励会」に入会。だが奨励会で生き残ることは想像を絶するすさまじさで、しょったんは次第に追いつめられていく…

洋画の「実話に基づいた話」というは向こうではよく知られていても、日本人にはそうではないことが多いですよね。最近だと『アメリカン・スナイパー』とか『フォックス・キャッチャー』とか。この『泣き虫しょったん』もいわゆる「衝撃の実話」なんですけど、わたくし恥ずかしながらちい~とも知りませんでした。これ、当時は相当話題になったと思うんですけど、その時よほどボーっと生きてたのか。ともかくそのころの奨励会には「26歳までに4段に昇格できなければ退会→プロにはなれない」という鉄の掟がありました。一度退会したしょったんがどうしてプロになれたのか… そのプロセスはまさしく「奇跡」以外の何物でもありません。

ストーリーはおおむね3部にわけることができます。将棋を知り、友とひたすら打ち込んでいくワクワクする第一部。奨励会に入るものの次第にプレッシャーに蝕まれていく第二部。この第二部が本当に胃がキリキリするようなつらいパートで、自身奨励会に所属していたという豊田利晃監督の経験が存分に生かされております。そしていったんゼロにリセットされてから、静かに再起をはかっていく第三部…と。それこそ本当に映画みたいな話であります。
主演の松田龍平さんはお父さんゆずりのオーラを漂わせている方ですが、今回はそのオーラを封印。ひたすらおとなしげでぼそぼそしゃべるしょったんをある意味熱演しておられました。
そのしょったんを温かく支えるのが3人のオヤジたち。将棋倶楽部のおじさんのイッセー尾形、実父の國村隼、再起を手助けする小林薫、三者三様の人間力でもってそれぞれの時代のしょったんを導いていきます。決して安易に感動をあおるような作りではないのですが、出てくる人々の静かな情熱が鼻水を誘ういい映画でございました。

…にもかかわらず興行はだいぶ苦しかったようで。『聖の青春』もいい映画でしたが、あまり芳しくない成績でした。この度はつい最近藤井聡太君の快進撃もあったので、その影響でもう少し売れるのでは…と期待しましたがやっぱりダメでございました。なんというか「将棋」という題材そのものが映画興行にむいてないのかもしれません。個人的には本年度の実写邦画では1,2を争う出来だと思っているのですが… 無念。わたくし好きな映画はあんまり人に勧められない場合が多いですけど(劇場版『仮面ライダーアマゾンズ』とか)、『泣き虫しょったんの奇跡』は自信をもってたくさんの人に推せる作品です。

ちなみにこの映画、出番1分もありませんが『聖の青春』『3月のライオン』にも出てた染谷将太氏もキャストに名を連ねています。染谷将棋三部作とでも呼べばいいのか。また将棋映画が作られることがあったら、引き続き登板していただきたいですね!


|

« サラリーマン×プー太郎 A・A・ミルン マーク・フォースター 『プーと大人になった僕』 | Main | 必殺剣トンボ斬り 歯室麟・木村大作 『散り椿』 »

Comments

「ともかくそのころの奨励会には26歳までに4段に昇格できなければ退会」今でもそうです。
ただし三段リーグで勝ち越せば残留できるけどそれも29歳まで。
オレも奨励会に入りたいと母親に言ったことがある。
そしたら「名人になれるのか?」
それはムリなので夢に終わった。
最近そのことを母に言ったら全然覚えていませんでした(笑)
なんて話したことありましたっけ?

Posted by: まっつぁんこ | October 25, 2018 at 07:26 AM

やはりここは起死回生、永井豪の「真夜中の戦士」を映画化して、将棋映画の再興をはかるしかないか。

Posted by: ふじき78 | October 28, 2018 at 11:14 PM

>まっつぁんこさん

26歳を越えても辛うじて残れる例が幾つかあるみたいですね。これも前からそうだったのかな
奨励会に関しての話は初めて聞きました。名人のまっつぁんこさんを見てみたかった気もしますが、そしたら知り合いになってなかったかも

Posted by: SGA屋伍一 | October 30, 2018 at 09:40 PM

>ふじき78さん

え、『真夜中の戦士』って将棋漫画だったの… 『月下の棋士』はさすがにもう映像化されないかな

Posted by: SGA屋伍一 | October 30, 2018 at 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/67308876

Listed below are links to weblogs that reference 最も危険な将棋 瀬川昌司・豊田利晃 『泣き虫しょったんの奇跡』:

» 泣き虫しょったんの奇跡 [あーうぃ だにぇっと]
泣き虫しょったんの奇跡@一ツ橋ホール [Read More]

Tracked on October 25, 2018 at 07:18 AM

» 『泣き虫しょったんの奇跡』ユナイテッドシネマ豊洲2 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
▲「俺だって喫茶店でこんなウェイトレスさんに話しかけられたかったやい」 五つ星評価で【★★★極めて演歌的な一本】   ずっと待ってたのに最後までショコタンが出て来なかったよ。 将棋と言うのは極限の論理ゲームと思うのだが、将棋その物の狂気には触れず、役者の芝居の積み重ねで世界を構築した。すげえ演歌っぽい映画。出ずっぱりの人から、ちょっとだけ出演の人まで、何とも役者が魅力的に映...... [Read More]

Tracked on October 28, 2018 at 11:12 PM

» 泣き虫しょったんの奇跡 [象のロケット]
横浜の小学生・瀬川晶司(しょったん)は、中学3年生の時、東京の奨励会(日本将棋連盟のプロ棋士養成機関)に入会した。 だが奨励会には年齢制限があり、26歳までに四段になれなかった晶司は退会を余儀なくされる。 人生の方向転換をすることになった晶司は、27歳で大学生となるが…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。... [Read More]

Tracked on November 07, 2018 at 01:13 AM

« サラリーマン×プー太郎 A・A・ミルン マーク・フォースター 『プーと大人になった僕』 | Main | 必殺剣トンボ斬り 歯室麟・木村大作 『散り椿』 »