« ディズニー世界の片隅に ショーン・ベイカー 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』 | Main | 恐竜屋敷の恐怖 J・A・バヨナ 『ジュラシック・ワールド 炎の王国』 »

August 28, 2018

デ・ニーロ・イン・コリア チャン・フン 『タクシー運転手 約束は海を越えて』

S0175f41bもう大体公開が終わってしまった紹介シリーズ第3弾。本日は2017年韓国においてNo.1ヒットとなった『タクシー運転手 約束は海を越えて』、参ります。

1980年。ソウルで娘と貧しく暮らしていたタクシー運転手のキム・マンソプは、光州まで連れて行ってくれれば大金を払うという外国人客の話を聞き、なんとかその仕事を取り付ける。だがマンソプは知らなかった。その時光州は軍部に掌握されていて、これからまさに大きな惨劇が始まろうとしていることに。

当時わたくしは3歳。光州事件のことはおろか韓国という国があることもよくわかってませんでした。というか、40過ぎてようやくそんな悲劇があったことを知りました。そんなわけでいろいろ勉強させていただいたこの映画には感謝しています。

光州を抑えていた軍閥は地域一帯を封鎖し、反抗する住民たちを容赦なく虐げていたのですが、外部には「テロが起きていてこちらが襲われている」なんて報道しておりました。そしてそれをすんなり信じてしまう韓国国民。ネットが発達し簡単に動画を配信できる現代では不可能なことだと思いますけど、それともやはり世界のインフラが発達してないところでは今もこういうことがあるのでしょうか。マンソプが乗せる記者ユルゲン・ヒンツペーター氏はその欺瞞を暴くため光州に潜入します。災難なのはそれに付き合わされることになったマンソプさん。

興味深いのはこれが光州だけの事件で、ちょっと走ったソウルでは普通にのどかな暮らしが営まれていたということです。わが国でいうなら地方のどっかの県に突如として独裁政府が誕生し、周囲と交流が断絶してしまうようなものでしょうか。果たしてどうしてそんなことになってしまったのかは、調べが足りないためによくわかりません。

ともあれ、序盤はのんびりまったりしている昔のソウルから始まるので、山崎監督の『ALWAYS』みたいな雰囲気が漂っております。マンソプを演じるソン・ガンホ氏のキャラがまたユーモラスでのんびりムードに拍車を駆けます。しかしそのムードは光州に入ると徐々に緊張感を増し、ついには血みどろの銃撃シーンへと突入してしまったので顔色を失いました。マンソプさんとユルゲンさんは生きるか死ぬかの脱出行をせまられることになります。本当に前半と後半でこんなに空気が一転してしまう映画は『ライフ・イズ・ビューティフル』以来です。また、そんな凄惨な事態に陥っても、二人を懸命に助けようとする人々の姿には胸を打たれました。

で、頭から実在の事件をモチーフにしたフィクションだと思って観ていたのですが、最後にユルゲンさんはおろか彼を助けたタクシー運転手も本当にいたということを知ってたまげました。さすがにマンソプさんのキャラやクライマックスのあれこれは盛ってると思う(というか、実在した運転手さんの名前はサボクさん)のですが、それにしてもすごい話です。
あと『タクシードライバー』『TAXI』『フィフス・エレメント』などタクシー運転手はちょくちょく映画の題材になるのに、バスや電車の運転手はあんまり主人公になりませんよね。タクシーの方が自由度が高いからなんでしょうけど、ちょっと気の毒です。

『タクシー運転手』のDVDは11月発売。まだもうちょっと先ですか。名画座などでも細々とかかってるので気になった方はチェックされてください。

|

« ディズニー世界の片隅に ショーン・ベイカー 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』 | Main | 恐竜屋敷の恐怖 J・A・バヨナ 『ジュラシック・ワールド 炎の王国』 »

Comments

> 映画の題材になるのに、バスや電車の運転手はあんまり主人公になりませんよね。

バスで思い出すのが「ダーティー・ハリー」「ガントレット」「スピード」とか。でかくて攻撃力があって人質がいっぱい詰まってる交通機関。主人公がバス運転手というのは確か「パターソン」がそうだった。「パターソン」のバス、銃で蜂の巣にされたり、速度が遅くなると爆発する爆弾を仕掛けられたりしないんだよね。残念。

Posted by: ふじき78 | September 04, 2018 at 04:06 PM

>ふじき78さん

あー、『パターソン』ありましたね。なるほど。バスもそれなりに映画で活躍しておりますね。『バス男』というのもあったし。『ガントレット』のあれはかなり好きです

Posted by: SGA屋伍一 | September 05, 2018 at 09:57 PM

こんにちは。
「サボクさん」は実在したタクシー運転手のほうですね。ソン・ガンホが演じた劇中の人物は「キム・マンソプ」です。

日本だったらあのような悲惨な出来事をこんな風に娯楽色たっぷりに描いたりしないのではないかと思います。こういう描き方をするところが韓国映画の面白さでしょうか。

Posted by: ナドレック | September 09, 2018 at 09:11 AM

>ナドレックさん

解説補足ありがとうございます。あとで修正しておきます。

江戸時代、明治維新くらいまでは多少ぶっとんだお話でも許されそうですが、戦中・戦後くらいの実話ベースの話でこれだけ思い切った脚色をしたら「不謹慎だ」と怒られそうな気がします。日本では。韓国の思い切った実話ベースの映画といえば『シルミド』も忘れがたいです

Posted by: SGA屋伍一 | September 11, 2018 at 09:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/67106523

Listed below are links to weblogs that reference デ・ニーロ・イン・コリア チャン・フン 『タクシー運転手 約束は海を越えて』:

» 『タクシー運転手』早稲田松竹 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
企画「1980年5月、映画が描くふたつの光州事件」。 できれば併映の『ペパーミント・キャンディー』の方を見直したかったのだけど、時間が合わずに断念。『殺人者の記憶法』の若き日のソル・ギョング見たかったなあ。で、最終日の最終回1本だけ。レイトショー時間帯と言うのに満席近かった。 五つ星評価で【★★★あちこちゆるい】 公開時、ツイッターなどで割と評判のいい映画だったけど評判ほどでは...... [Read More]

Tracked on September 04, 2018 at 04:49 PM

» 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』と『サニー 永遠の仲間たち』、少し『タクシー運転手 約束は海を越えて』 [映画のブログ]
 2018年公開の日本映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、韓国映画の傑作『サニー 永遠の仲間たち』を、『モテキ』『バクマン。』の大根仁監督がリメイクしたのだから鉄板だ。歌あり、ダンスあり、恋と喧嘩と友情あり。懐かしい1990年代のヒット曲に乗せて、ついホロリとさせられる、とても素敵な作品だ。  ストーリーは原作映画とほぼ同じである。主人公たち六人組の暮らす現代と、彼女らが回想する...... [Read More]

Tracked on September 09, 2018 at 09:11 AM

« ディズニー世界の片隅に ショーン・ベイカー 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』 | Main | 恐竜屋敷の恐怖 J・A・バヨナ 『ジュラシック・ワールド 炎の王国』 »