« ニンジン義なき戦い 英国田園編 ビアトリクス・ポター ウィル・グラック 『ピーターラビット』 | Main | さらばキカン坊トーマス ジェームズ・ダシュナー ウェス・ボール 『メイズランナー 最期の迷宮』 »

July 10, 2018

俺チャンVSターミネーターもどき デヴィッド・リーチ 『デッドプール2』

Cabl001やっと公開中の映画に追いついた… 本日は映画『X-MEN』シリーズにおいて異彩を放ちまくってるあいつの第二作『デッドプール2』を紹介します。1作目の記事はこちら

冒頭から大きな悲劇に直面してしまい、深く落ち込む我らがデッドプール。安らかに死ぬためには神様の覚えがめでたくなければダメだと考えた彼は、長年加入を断り続けていたX-MENに参加することを決める。ケーブルという強力なミュータントに狙われているぽっちゃり系の少年と出会ったデップーは、正義のためとばかりにケーブルと死闘を繰り広げる。

「前作と同じ低予算でいく!」と聞いていた『デッドプール2』。しかし実際は倍近く上がっています(5千8百万$→1億1千万$)。それでも最近の大作に比べるとだいぶ少ない方なので、膨れ上がりそうになる予算をそれでもがんばって抑えたというところでしょうか。その甲斐あってか?前作に負けるとも劣らないメタネタや下ネタが相変わらずさえまくっておりました。

今回デッドプールさんと戦うことになるのはX-MENの中でもかなりの実力と人気を誇るケーブルというおじさん。歴史改変のために未来から来たターミネーターみたいなキャラです。外見もいかにもそれっぽい。ただ彼は一応人間です。ケーブルさんはマーベルユニバースでも1,2を争うほど出自のややこしい人で、その辺について語るとまるまる本が1冊かけそうなほど。そんな謎の多いシリアス満開な男だったのに、どういうわけかデップーさんと組むことが多くなってからは、お笑いコンビの相方的な存在になってしまいマーベルひどくね!?と思いました。
で、問題はそのケーブルさんをちょっと前に『インフィニティ・ウォー』で我々を絶望のどん底に叩き落としたサノスことジョシュ・ブローリンが演じていることです。もちろん劇中でもしっかりネタにされていました。普通引きうけませんよね… しかしそんなサノスさんがデップーさんとほのぼのかけあっているのを観ているうちに、『インフィニティ・ウォー』での傷がだいぶ癒されてきたから不思議です。そしてなんだかアベンジャーズもなんとかなるんじゃないかな?という気になってきました。ジョシュさん、オファー受けてくださり本当にありがとうございました。

そして今回はデップーさんがコミックにおいて何度かやりあったX-FOCEの召集役として活躍します。このX-FORCEも時期によってかなり立ち位置が変わる面倒くさいチームであります。最初はX-MENの二軍的存在「ニューミュータンツ」の後進だったのですが、何年か続いた後てこ入れのためかメンバーがそう入れ替えになり、ミュータントのアイドルグループのような集団にシフト(殉職率の高い『タイガー&バニー』みたいな)。現在ではX-MENを影から守る秘密暗殺組織になってるんだったかな? 今回の映画で感心したのはX-FORCEの各時代からそれぞれマイナーな連中をかき集めてきたこと。コミックファンとしては忘れかけていたあいつやあいつとまさかスクリーンで再会できるとは夢にも思わず、非常に胸がほんわかいたしました。まあちょっと扱いがあんまりではありましたが… ちなみにデップーが守るとになるラッセルという少年も一時期X-FORCEに所属していたどマイナーなキャラであります。

以下結末までやんわりバレで。

ここ最近「前作で好きだったキャラをさくっと殺す」という続編が何本か続いたハリウッド映画。『デッドプール2』も
「お前もか!!」というところがありました。しかしエンドロールの後まで見たら印象がガラリと変わり「それだよ! 我々視聴者が求めているものは!!」という感じで大喝采でありました。正直「面白いけど1作目とどっこいどっこいかな?」と思いながら観ていた「2」ですけど、最後の最後で前作をぽーーーんと越えてった感じです。恐るべしライアン・レイノルズです。やはりネタにされていたヒュー・ジャックマンも「天才の仕事」と激賞されていました。

Photoさて、次のデップーさんの出演作は『3』ではなく『X-FORCE』になるとのうわさ。え… だってメンバーほとんど… ゴホンゴホン。まあまだ脚本もできてない段階なので気長に待ちましょう。『デッドプール2』は公開から1ヶ月以上経ちましたがいまだにトップ10に残る大健闘ぶりを見せています。でもさすがにあと1週くらいかなー


|

« ニンジン義なき戦い 英国田園編 ビアトリクス・ポター ウィル・グラック 『ピーターラビット』 | Main | さらばキカン坊トーマス ジェームズ・ダシュナー ウェス・ボール 『メイズランナー 最期の迷宮』 »

Comments

ちなみに、色盲の人は赤と緑の判別が難しいそうです。

Posted by: ふじき78 | July 16, 2018 at 10:53 AM

>ふじき78さん

それじゃピーマンとパプリカ見分けるのとか大変そうですね…

Posted by: SGA屋伍一 | July 16, 2018 at 10:16 PM

デップー2を観て、デップが出ました。(あ、げっぷか)(ジョニデじゃない)

Posted by: ボー | July 17, 2018 at 11:00 PM

>ボーさん

デップーはヒップも見事でした!

Posted by: SGA屋伍一 | July 24, 2018 at 08:58 PM

伍一くん☆
メッセージ書いたつもりが消えてたのかしら??

改めて。
X-フォースは影の立役者として面白かったよね☆
過去に戻れるようになって、メンバーを何人かは助けられたから、物語としてはイケるのかも…

Posted by: ノルウェーまだ~む | August 04, 2018 at 01:10 AM

>ノルウェーまだ~むさん

なんか不具合のせいか二度手間になってしまってすいません~
とりあえずX-MENの比較対象としてXフォースの暴れっぷりが観られれば面白そう。本家X-MENの面々は「関わりたくない」とか言いそうですが

Posted by: SGA屋伍一 | August 06, 2018 at 09:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/66927084

Listed below are links to weblogs that reference 俺チャンVSターミネーターもどき デヴィッド・リーチ 『デッドプール2』:

» 『恋は雨上がりのように』『デッドプール2』『GODZILLA決戦機動増殖都市』『SHOOT X 霊撮ゲーム』『のみとり侍』 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
摘まんで5本まとめてレビュー。 ◆『恋は雨上がりのように』トーホーシネマズ新宿3 ▲こういう行動してくれると硬いキャラのハードルが下がってよい。 五つ星評価で【★★★★ちゃんとした話、ちゃんとした出演者】 これは原作マンガ出だしの部分を読んだ事がある。だから、なかなか上手く劇場用映画として翻案されてるじゃんと感心した。小松菜奈はJOJOでもそうだったけど、ヒロインその物。...... [Read More]

Tracked on July 16, 2018 at 10:52 AM

» 「デッドプール2」 [或る日の出来事]
おす、おらデップー。 [Read More]

Tracked on July 17, 2018 at 10:57 PM

» 「デットプール 2」☆劇場大爆笑!自虐ネタ満載 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
前作の「デットプール」から続編をずっと楽しみにしていた。 ただぶっ飛んだキャラ設定が斬新過ぎて大ヒットとなった前作を、今後どう料理していくのかと内心不安でもあった。 ところがメンバーを増やしてチームを組んだと思ったらすぐに壊滅したり、映画パロディをどんどんブッ混んでくる楽しさで、劇場を笑いの渦に巻き込んでくれたYO☆... [Read More]

Tracked on August 01, 2018 at 12:20 AM

» デッドプール2 [銀幕大帝αTB受付]
TBはここにお願い致します。 [Read More]

Tracked on September 21, 2018 at 02:20 PM

« ニンジン義なき戦い 英国田園編 ビアトリクス・ポター ウィル・グラック 『ピーターラビット』 | Main | さらばキカン坊トーマス ジェームズ・ダシュナー ウェス・ボール 『メイズランナー 最期の迷宮』 »