« 三大怪獣とロック様 地球最大の決戦 ブラッド・ペイトン 『ランペイジ 巨獣大乱闘』 | Main | ニンジン義なき戦い 英国田園編 ビアトリクス・ポター ウィル・グラック 『ピーターラビット』 »

July 04, 2018

犬神家の獄門島 略して ウェス・アンダーソン 『犬ヶ島』

Igs1「すでに公開終了している映画」の紹介第二弾は、異才ウェス・アンダーソンが二度目のコマ撮り映画に挑んだ『犬ヶ島』でございます。

架空の日本。犬を憎むメガ崎市の市長コバヤシは、伝染病を媒介する原因として市内のすべての犬を離れ小島の「犬ヶ島」に隔離してしまう。だが自分に尽くしてくれた愛犬を諦めきれない市長の養子アタリは、単身犬ヶ島に潜入し、その犬「スポッツ」を救出しようと試みる。たまたまアタリと出会った4匹の犬たちはその心意気に打たれ、スポッツを探す旅に同行する。

最初に設定を聞いたとき首をひねりました。なぜ日本なのか。なぜ犬なのか。そこに理由はあまりないと思いますがたりない頭で考えてみました。

ウェスさんはアニメのオールタイム・ベストの1位か2位に『AKIRA』をあげておられました。ジブリ作品などもけっこうお好きなようです。つまり自分の手で好きな「日本のアニメ」を作ってみたかったのではないでしょうか。それがどうしてこうなったのかは謎ですが。正直AKIRAよりもジブリよりも、70年代的な風景やドタバタしてる時の表現などから『ド根性ガエル』や『天才バカボン』に近いセンスを感じました。

そしてなぜ犬なのか。外国の人が抱く日本のイメージのひとつに「侍」があります。しかし現代日本にサムライはいません。そこでどうしてもサムライ的なものを出したいウェスさんは、「忠義に熱い」「かっこいい」「戦闘力が高い」ということで代わるものとして「犬」を選んだものと思われます。劇中には『七人の侍』へのオマージュらしきシーンもありますし、島に捨てられた犬たちは主君を失った浪人と非常によく似てます。

ウェス作品ではよく犬猫などの小動物がひどい目にあいますが、『犬ヶ島』はその集大成的な映画でもありました。人形(犬形?)の映画ということで愛護団体からの抗議もないので、その点やりたい放題でした。動物が嫌いなわけではないと思うんですよね。好きなゆえにちょっかい出したり、小突きたくなってしまうようなそんなゆがんだ愛情かと。アニメとはいえ犬たちはいい迷惑です。

あとやっぱり「犬が喋る」ということや彼らが徒党を組んで冒険に挑むところは、高橋よしひろ氏の『銀牙』を思い出さずにはいられませんでした。この漫画はフィンランドではガラパゴス的な人気があるそうですが、ウェス氏もどこかで読んでいたのでしょうか? それとも単なる偶然か。
ちなみに今『銀牙』のシリーズは3作に渡る続編を経て最終章に突入。長年の敵である熊と戦うか和解すべきかという面倒くさそうな展開になっています。

話がそれました。少し前まで「毒にも薬にもならない」という作風だったウェスさんですが、前作『グランド・ブダペスト・ホテル』に引き続き『犬ヶ島』でもちらっと社会風刺的なメッセージが込められておりました。大人になっちゃったんですかねえ、ウェスさん。でも正直今回は素っ頓狂な日本描写やエキセントリックなキャラ達のせいでその辺はだいぶかすんでました(笑) 訴えたいことがあるなら、もう少しシリアスな映画でやった方がよいかと思われます。

Igs2『犬ヶ島』は現在ほぼ公開が終了。こんだけ日本愛を注いでくださったにも関わらず、興行の方はぱっとしなかったようで申し訳ない限りです。
まあ近々DVDが出るでしょう。この映画はぶっちゃけテレビ画面で観てもあんまり醍醐味とかは変わらないと思います。ワンちゃんの好きな人はぜひ。

|

« 三大怪獣とロック様 地球最大の決戦 ブラッド・ペイトン 『ランペイジ 巨獣大乱闘』 | Main | ニンジン義なき戦い 英国田園編 ビアトリクス・ポター ウィル・グラック 『ピーターラビット』 »

Comments

> ワンちゃんの好きな人はぜひ。

王貞治さんは好きだから見たよ。

Posted by: ふじき78 | July 08, 2018 at 09:44 PM

>ふじき78さん

ぼくはチョーさん派

Posted by: SGA屋伍一 | July 10, 2018 at 10:23 PM

猫ヶ島は行きたい。

Posted by: ボー | July 25, 2018 at 06:22 AM

>ボーさん

ぼくは女ヶ島に… いえ、なんでもありません

Posted by: SGA屋伍一 | July 31, 2018 at 09:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/66901420

Listed below are links to weblogs that reference 犬神家の獄門島 略して ウェス・アンダーソン 『犬ヶ島』:

» 『犬ヶ島』の七人の侍 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  もともと犬の映画を作りたかったのだ、とウェス・アンダーソン監督は云う。  「ジェイソン・シュワルツマンとロマン・コッポラと僕は、当初ゴミ捨て場に捨てられた犬達を主人公に映画を作りたいと思っていた。だけど同時に日本を舞台にした映画を作りたいとも思っていたんだ。日本に関すること、日本映画への愛を示すような映画を作りたいとね。とりわけ、黒澤への愛を。この物語の舞台は、...... [Read More]

Tracked on July 06, 2018 at 02:17 AM

» 『ピーターラビット』『犬ヶ島』ユナイテッドシネマ豊洲12,6 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
豊洲で同日に見た2本をまとめてレビュー。 ◆『ピーターラビット』ユナイテッドシネマ豊洲12 ▲控えめに言って、カラーギャング。 五つ星評価で【★★★恐るべき害獣】 映画内で老マグレガー氏は「兎を害獣」と断言する。 それはとても強い説得力を持っている。 ヒトは自分の統制下に収められない自然に対しては明確に敵意を持つ。 隣人のビア嬢は兎を可愛がっているが、 彼女が彼等...... [Read More]

Tracked on July 08, 2018 at 09:48 PM

» 「犬ヶ島」 [或る日の出来事]
日本を舞台にして、有名な監督がアニメを。 [Read More]

Tracked on July 25, 2018 at 06:27 AM

» 犬ヶ島 [銀幕大帝αTB受付]
TBはここにお願い致します。 [Read More]

Tracked on August 25, 2018 at 11:59 AM

« 三大怪獣とロック様 地球最大の決戦 ブラッド・ペイトン 『ランペイジ 巨獣大乱闘』 | Main | ニンジン義なき戦い 英国田園編 ビアトリクス・ポター ウィル・グラック 『ピーターラビット』 »