« 哀しき野菜生活 クロード・バラス 『ぼくの名前はズッキーニ』 | Main | ニール・ゲイマンについてちょっと語ってみたい ジョン・キャメロン・ミッチェル 『パーティーで女の子に話しかけるには』 »

March 07, 2018

ショウほどあこぎな商売はない? マイケル・グレイシー 『グレイテスト・ショーマン』

Gtsm2昨年正式にウルヴァリンを引退したヒュー・ジャックマンの最新作はサーカスを世に生み出した希代の興行師の一代記。『グレイテスト・ショーマン』、ご紹介します。

19世紀アメリカ。使用人の息子として生まれたP.T.バーナムは、苦労の末駆け落ちのようにして主人の令嬢と結ばれる(この辺創作かと思われますが)。妻にいい暮らしをさせたいと願う彼は、ある時変わった体型の人々を集めてショーを開くことを思いつく。周囲の住民や批評家からひんしゅくをかったものの、ショーは連日大盛況。バーナムは一躍社交界の名士となるが…

予告を見た段階で「なんだか『SING』に似てるなあ…」と思ったのですが、やはり7割くらい『SING』 でした。ただこういうサクセスストーリーというものは前半は我慢タイムに徹して、クライマックスでの爽快感を高めるものですが、バーナムさんはわりかし早めに成功を収めてしまいます。でもそのままずっとハッピーだったらお話は盛り上がらないわけで。きっと落とし穴が来るぞ~来るぞ~とびくびくしながら鑑賞してましたが、実際どうだったかというと(略)

最近なにかと差別問題に配慮してるなあ…とうかがえる米映画界。それくらいこの手の題材は炎上しやすいということなんでしょう。、そんな風潮の中、こんな微妙なお話を正面からやるとはヒヤヒヤしました。劇中と同じく批評家からのウケがよくないのはその辺に理由があるのかもしれません。
でも映画を観ていてそういえば「サーカス」には二通りのイメージがあるよな…なんてことを思い出しました。一つはボリショイサーカスや木下大サーカスのような広大な会場で華やかに繰り広げられる、ショーの王道としてのイメージです。
もうひとつは見世物小屋的な少しアングラっぽいイメージ。江戸川乱歩や寺山修司、ホドロフスキーが描くところのサーカスはこっちの方ですね。『グレイテスト・ショーマン』はこの対照的なサーカスの両面を無理やり融合させて描いてるところが圧巻でした。ちょっとひっかかるものがないでもないのですが、力強い歌と踊りで進行させられるとついなしくずしにのせられてしまうというか(流されやすい人間なので)

とりわけ印象に残った箇所はまず冒頭のバーナム少年が辛酸をなめるところ。ディケンズよろしくああいう子供がその日暮らしで苦労する話におじさんは弱いのです。
もうひとつは中盤欧州の歌姫(レベッカ・ファガーソン)にバーナムさんがよろめきそうになるあたり。物語の構造上仕方ないのですが、彼女とはもう少しさわやかに別れてほしかったなあ。全般的に曲はみな心地よかったですが、特に彼女が劇場で絶唱するシーンには圧倒されました。レベッカさんってこんなに歌唱力あるのか!?と感心しましたが、あとで調べたら歌部分はプロ(ローレン・アレッド)の吹替えであることが判明しました。まあ細かいことです。

2017best1日本ではそんなに知名度の高い人が出ているわけでもないのに、『グレイテスト・ショーマン』は現在なかなかのヒットをかっ飛ばしております。ヒューさまも『レ・ミゼラブル』があったし、やっぱりわが国でもだいぶ人気があがってきたのかな? ともかく派手なショーや歌・ダンスが好きな方におすすめいたします。

|

« 哀しき野菜生活 クロード・バラス 『ぼくの名前はズッキーニ』 | Main | ニール・ゲイマンについてちょっと語ってみたい ジョン・キャメロン・ミッチェル 『パーティーで女の子に話しかけるには』 »

Comments

サーカスの怪人・ウルヴァリン団長! ふさわしい!

Posted by: ボー | March 10, 2018 at 01:18 PM

伍一くん☆
日本では結構人気みたいですよね。
みんなこの手の映画が好きなんだな~と感心しています。
歌は最高に良いよね!賞が取れなかったのが残念です。
ウルヴァリン他みんなでショーをやったら、なかなかの迫力でしょう☆

Posted by: ノルウェーまだ~む | March 11, 2018 at 03:17 PM

年老いたプロフェッサーXにいい思いをさせる為に変わったX-MENを集めてショーをって、前のウルヴァリンとも繋がってる感じじゃん。

Posted by: ふじき78 | March 11, 2018 at 10:38 PM

>ボーさん

ここだけの話サーカスのメンバーってX-MENと境遇が重なってるような…

Posted by: SGA屋伍一 | March 12, 2018 at 10:34 PM

>ノルウェーまだ~むさん

今週も『ブラックパンサー』を抜き返して3位をマークしております。好きなんですね、日本人は…
先週のアカデミー賞でも歌われたみたいですね。取ったのはこちらの「ディス・イズ・ミー」ではなく「リメンバー・ミー」でしたが。ツイッターでどなたかが「そっちのミーかよ!」と嘆いておられました

Posted by: SGA屋伍一 | March 12, 2018 at 10:39 PM

>ふじき78さん

なにそのちょっといい話… テレビ版ミスター味っ子の最終回みたい

Posted by: SGA屋伍一 | March 12, 2018 at 10:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/66471315

Listed below are links to weblogs that reference ショウほどあこぎな商売はない? マイケル・グレイシー 『グレイテスト・ショーマン』:

» 「グレイテスト・ショーマン」 [或る日の出来事]
実在の人物のお話らしく、そういえば聞いたことがある名前だなと思った。 [Read More]

Tracked on March 10, 2018 at 01:16 PM

» 「グレイテスト・ショーマン」☆誠実と偽物の境界線 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
アカデミー賞歌曲賞にノミネートされた「This Is Me」だけでなく、心の底から歌い上げるコーラスに胸が打ち震える☆ 感動で映画の半分以上ずっと目がウルウルしていたのに加えて、3Dに特化した映像は焦点が1点に絞られているせいか2Dで観ると何故かぼやけてしまう。 ただ、ぼやけているのは画像の焦点だけでなく、ふと気付くとどこかピントのずれた方向性に、せっかくの歌の感動的爽快感が昇華しきれずモヤモヤと・・・・... [Read More]

Tracked on March 11, 2018 at 03:18 PM

» 『グレイテスト・ショーマン』『霊的ボリシェヴィキ』『羊の木』『君の膵臓をたべたい』『ゴッホ 最期の手紙』 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
5本まとめてレビュー。 ◆『グレイテスト・ショーマン』109シネマズ木場3 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★娯楽映画的にはいいのだが、フリークスの扱いが80年古い】 ミュージカルとしてはとっても気持ちいい。 それでいいだろ、と言う気持ちはあるのだが、 映画内のフリークス達の扱いがあまりに古かったので いや、やっぱこれを「好き」とか「超好き」と言うのは 自分に嘘つ...... [Read More]

Tracked on March 12, 2018 at 12:30 AM

« 哀しき野菜生活 クロード・バラス 『ぼくの名前はズッキーニ』 | Main | ニール・ゲイマンについてちょっと語ってみたい ジョン・キャメロン・ミッチェル 『パーティーで女の子に話しかけるには』 »