« はみだし画家情熱系 ドロタ・コビエラ ヒュー・ウェルチマン 『ゴッホ 最期の手紙』 | Main | こぐまの刑期と予算 マイケル・ボンド ポール・キング 『パディントン2』 »

February 05, 2018

鉄の城、再浮上 永井豪 志水淳児 『マジンガ―Z INFINITY』

Mgz1永井豪先生の画業50周年ということでいろいろ盛り上がっておりますが、これもそのうちの1本。スーパーロボットの代名詞がスクリーンによみがえった『マジンガ―Z INFINITY』、ご紹介します。

Wマジンガ―がミケーネ帝国を退けてから十年。光子力研究所のある富士のふもとでいまだかつてないほどの巨大なロボットが発掘される。それと呼応するように復活する悪の天才科学者Dr.ヘル。彼の率いる機械獣軍団を迎え撃つため、かつての英雄・兜甲児は再び戦場に復帰する。

マジンガ―Zといえば鉄人28号、ガンダム、エヴァンゲリオンと並ぶロボットアニメのトップスター。そういうのに疎い人でも名前くらいは聞いたことがあるはず。放映当時の人気はすさまじく、以後しばらく同種の作品が雨後の竹の子のように量産されました。
わたしは残念ながらリアルタイムで観た記憶があるのがこの続々編の『UFOロボ グレンダイザ―』からなのですが、繰り返し放映されてた映画『マジンガ―Z対デビルマン』『マジンガ―Z対暗黒大将軍』などで親しんでおりました。

その後アニメ、漫画などで何度かリメイクされたりしてましたが、今回はTVアニメ第二作『グレートマジンガ―』からの直結の続編という形を取っております。先に述べた海外でも人気の高い『グレンダイザ―』は存在を抹消された形になってしまいましたが、あれも含めると話が大宇宙にまで広がってしまい、収めきれなくなってしまうのでやむなき処置だったのでしょう。

かつての『マジンガ―Z』は大変わかりやすく子供たちの快感を充足させるためにのみ作られたアニメでした。すなわちヒーローであるマジンガ―はとても強く、どこまでも正しく、人々はマジンガ―を両手をあげて応援します。一話一話のストーリーも単純明快なものでした。
しかし今回のマジンガ―は、やはりガンダム、エヴァ以降の言ってみれば面倒くさいテイストが色々含まれています。ややこしい専門用語や科学的考証、人間は果たして守るべき価値があるのか…という倫理的なテーマなどなど。まあそれはそれで楽しませていただきました。
あといい年になった兜甲児が長年の恋人である弓さやかと、いまひとつ結婚に踏み切れてないという、『レゴバットマン』でもあったような問題に直面したりしてます。まるでスタッフから「君たちもいい加減アニメにうつつを抜かしてないでちゃんとした家庭を持ちなさい」と諭されているかのようでした。まあかつてマジンガ―に熱狂した子供たちのほとんどはもうちゃんとそうなってると思うのですが、一人でロボアニメを身に来てるような大人はやはり… いや、この話はやめましょう(笑)

そういったテーマもありますが、ロボアニメとしては一番大事な豪快なアクションにも大変力がこめられていました。すべての戦力が失われたかに思えた時、満を持して登場するあたりや、たった一機で無数の敵を吹っ飛ばすカタルシス、ズタズタのボロボロになりながらもそれでもなお立ち上がるマジンガ―、そしてクライマックスにおけるまさかの隠し技とおなじみの必殺技… こういうものを見せられてはやはり童心に帰るしかありません。しごいんだ! 大きいんだ!! ぼくらのロボットマンだ!!!

バトルだけでなく新海誠ばりにキラキラした背景や、ボスの作るラーメンの作画にも無駄に精緻に描かれてたりして。そうそう、懐かしい面々にたくさん再会できましたが、一番いい年の重ね方をしていたのはこの「ボス」だったように思います。

091009_132119『マジンガ―Z INFINITY』はそのあまりのターゲットを絞った作風に広く一般には勧めづらいですが、もしあなたがロボアニメが好きなら、心の中に小学生男児が住んでるなら、迷わず観に行ってください。
あと現在ネットフリックスにてやはり永井先生の名作の現代版『デビルマンcrybaby』が配信中。まるで『マジンガ―Z INFINTY』の合わせ鏡のようなストーリーになってますのでこちらもぜひ興味ある方はご覧ください、


|

« はみだし画家情熱系 ドロタ・コビエラ ヒュー・ウェルチマン 『ゴッホ 最期の手紙』 | Main | こぐまの刑期と予算 マイケル・ボンド ポール・キング 『パディントン2』 »

Comments

SGAさんこんばんわ♪

自分もテレビアニメのリアルタイム視聴者ではありませんが、代わりにゲーム作品やらコミカライズやら別メディアでの知識でマジンガーの色々を補完してたので、実質続編の本作も割とすんなり入ることが出来ましたね^^
ストーリーこそオリジナルに見られたであろう純粋な勧善懲悪モノとは言い難かったですが、それでも満を持して登場するマジンガーZや悪の親玉・暗黒大将軍との一騎打ちなど演出はかなり熱いものがあったので、オジサンは自然と握り拳を作っておりました。

あと個人的にはマジンガールズをもっと見たかったですねw

Posted by: メビウス | February 07, 2018 at 08:30 PM

>メビウスさん

まあ『スーパーロボット大戦』では定番中の定番的なキャラですよね、マジンガ―。あれのおかげでわたしより年下でもスパロボに詳しいファンがいっぱい増えた気がします。

TLでもつっこまれてましたけど、ドクターヘルがなぜ復活したかとかなんの説明もないんですよね(笑) でもまあヘルの侵略の動機に関する新解釈は、なかなか面白かったです。たぶん続編があればまた普通に復活してきそう

Posted by: SGA屋伍一 | February 12, 2018 at 09:36 PM

この映画の近くでよくされてると思う会話

「コラーゴン」
「女子が好きな奴だな」
「それはコラーゲン」

Posted by: ふじき78 | March 21, 2018 at 04:59 PM

>ふじき78さん

ボスのラーメンにたっぷり含まれてそうでしたね、コラーゲン。おいしそうでした

Posted by: SGA屋伍一 | March 26, 2018 at 09:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/66341556

Listed below are links to weblogs that reference 鉄の城、再浮上 永井豪 志水淳児 『マジンガ―Z INFINITY』:

» 劇場版 マジンガーZ INFINITY [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】志水淳児 【声の出演】森久保祥太郎/茅野愛衣/上坂すみれ/関俊彦/小清水亜美/花江夏樹/高木渉/山口勝平/菊池正美/宮迫博之/朴ろ美/藤原啓治/石塚運昇/他 【公開日】2018年1月13日 【製作】日本 【ストーリー】 かつて世界征服を目論む悪の天才科学者Dr.ヘルによって滅亡の危機に瀕した人類。しかし“鉄(くろがね)の城”と呼ばれたスーパーロボット“マジンガー...... [Read More]

Tracked on February 07, 2018 at 08:30 PM

» 『マジンガーZ インフィニティ』『進撃の巨人 Season2 覚醒の咆哮』『嘘八百』 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
2018年1月19日に見た2本、20日に見た1本をまとめてレビュー。 ◆『マジンガーZ インフィニティ』新宿バルト9-8 ▲この目力。 五つ星評価で【★★評価してあげたいがビジュアルに比例して話はつまらん】 ビジュアルとか、キャラクターとかは中々かっこ良い。 で、ダメなのはコラーゴンとマジンガー・インフィニティ。これがどちらもつまらん。 コラーゴンなんてテレビの切替チ...... [Read More]

Tracked on March 21, 2018 at 05:00 PM

« はみだし画家情熱系 ドロタ・コビエラ ヒュー・ウェルチマン 『ゴッホ 最期の手紙』 | Main | こぐまの刑期と予算 マイケル・ボンド ポール・キング 『パディントン2』 »