« ミッション・サムギョプサル パク・クァンヒョン 『操作された都市』 | Main | 放蕩と朗読とホドロフスキー アレハンドロ・ホドロフスキー 『エンドレス・ポエトリー』 »

February 18, 2018

リロード・オブ・ザ・キング スティーブン・キング ニコライ・アーセル 『ダーク・タワー』

Dt1_2昨年秋の『IT』のHITが記憶に新しいスティーブン・キング作品。間を置かずしてやはり代表作と言えるこちらも映画化となりました。『ダークタワー』、ご紹介します。

ジェイク少年は日ごとに黒衣の男と暗黒の塔の恐ろしい夢を見ていた。その塔が崩壊した時、世界も滅びを迎える。そしてその消滅に自分も関わっているという夢… 黒衣の男の手下が現実に現れた時、悪夢は将来の予言であることが明らかとなった。ジェイクは黒衣の男を倒すことのできる戦士「ガンスリンガー」を探して決死の旅に出る。

原作は全7部からなる大長編。だいぶむかし1部だけ読んだことがありましたが、よくわかりませんでした。今回「映画は原作を全部読んでないと楽しめない」みたいな噂を聞いてぞっとしたのですが、普通に面白かったのでよかったです。ただ多少頭を柔らかくする必要はあります。「なんで塔が倒れたら世界が滅びるの?」とか「なんでジェイク君だけにそんな強大なパワーがあるの?」とか考えたら負けです。昔話とか神話とかには突飛な設定がよくありますが、そういうもんだと思ってください。そこに理由はないのです。

キング作品はわたしたちの身近な現実社会をベースにホラー的超自然要素が混ざり込むものが多いです。だいたい現実7:非現実3くらいの割合でしょうか。しかし『ダークタワー』はこの辺が完全に逆転しており、キングの中では珍しいかなりファンタジー寄りの作品になっています。それでいてキングの他作品…『シャ○ニング』とか『○T』の「ペ○ーワイズ」などと関連した要素がチラホラ出てくるあたりがファンとしては嬉しかったりします。
あと『I○』とはかなりかけはなれたようなストーリーのようでいて、共通するところも幾つかあります。どこにでもいるような少年が正体不明の怪物(一応人間体)に立ち向かわねばならないストーリーとか。そして親があんまりあてにならないところとか。『イ○ト』と違うのはジェイクには力強い守り手である「ガンスリンガー」がついている点です。このガンスリンガーもどこで生まれてどうしてそうなったのか色々わからないところがあるんですが、考えたら(略)。まあいわゆる「正義の味方」なんですよ! 多少情緒不安定なのがご愛嬌ではありますが。
ガンスリンガーと言うだけあって武器はリボルバー式の拳銃であります。しかし彼は肉眼にたよらず、あさっての方を向いて「心の目」で的にあてることができます。この無茶なガンアクションがとてもかっこいい。あとその際となえる誓いの文句がまたかっこいい。「われは手で撃たず。心で撃つ。手で撃つ者、父の顔を忘却せり」だったかな?(うろおぼえ) 別にお父さんの顔を忘れても戦闘には支障ない気もしますが、そういう野暮なことを言ってはいけません。
少年とおっさんがバディを組んで励ましあうところも自分の好みでありました。また現代社会の子供が異世界で大冒険を繰り広げるあたりは『劇場版ドラえもん』にも少し似ております。

Dt2Dt3そんな『ダークタワー』ですが、やっぱり世界観がぶっ飛び過ぎてるせいか、日本でも本国でも売り上げは『IT』と好対照をなす形になってしまいました。おそらく続編はないでしょう。たぶんあと一週くらいで公開も終わりかと思いますが、もしあなたの胸にまだ中二魂が息づいてるなら頑張って観に行ってください。

|

« ミッション・サムギョプサル パク・クァンヒョン 『操作された都市』 | Main | 放蕩と朗読とホドロフスキー アレハンドロ・ホドロフスキー 『エンドレス・ポエトリー』 »

Comments

伍一くん☆
お久しぶりです。なかなか被る映画がないよね…

これは中2どころか小5の気持ちで見るのが丁度いい感じかも?
本当になんで?と思ったら負け・・な映画です(笑)
かなりお金かかってそうなのに大丈夫なのかしら??

Posted by: ノルウェーまだ~む | February 20, 2018 at 12:22 AM

>ノルウェーまだ~むさん

ご無沙汰しててすみませんです~
そういえば劇場版ドラえもんの主なターゲットは小5くらいですかね。毎年今年こそは観に行こうかな…と思いつつ足が遠のいております。中二病ならぬ小5病卒業でしょうか

>かなりお金かかってそうなのに大丈夫なのかしら??

たしか製作費の二倍弱くらいの儲けだったかな。大作は三倍くらい稼がないと黒字にならないそうですが…

Posted by: SGA屋伍一 | February 20, 2018 at 10:32 PM

塔を倒すと世界が崩壊するのなら、コジラを呼んだら話が早いのに。

Posted by: ふじき78 | March 13, 2018 at 11:13 PM

>ふじき78さん

初代ゴジラがまっさきに思い浮かぶとはなかなかの年齢とお見受けいたしました

Posted by: SGA屋伍一 | March 14, 2018 at 09:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/66408640

Listed below are links to weblogs that reference リロード・オブ・ザ・キング スティーブン・キング ニコライ・アーセル 『ダーク・タワー』:

» 「ダークタワー」☆思ったよりB級でなかったのに拭えないB級感 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
パパンが何より大好きなスティーブンキング原作の「ダークタワー」が映画化されると知った春ごろから期待していたこともあって、ポスターが発表されてそのB級テイストに落胆していたのだった。 私は春からパパンの愛読書「ダークタワー」を読み始めたものの、そんなに読み進まないうちから眠くて眠くて… ついに5巻あるうちの最初の1巻目の数十ページまでで公開日を迎えてしまったのだった。... [Read More]

Tracked on February 20, 2018 at 12:15 AM

» 『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』『操作された都市』『新妹魔王の契約者』『殺人者の記憶法』『ダークタワー』 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
2018年1月27日から30日に見た5本まとめてレビュー。 ◆『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』ユナイテッドシネマ豊洲6 ▲ラス10分。 五つ星評価で【★★ツギハギだらけな感じ】 孫悟空がやっと復活するラス10分くらいはかなり好き。 でも、逆に言えばそこまでは耐えて耐えて耐え抜く話だからしんどい。しかも、あんまり理屈が通っていない。 悟空になつく子供はなつく必然性がな...... [Read More]

Tracked on March 13, 2018 at 11:12 PM

» ダークタワー [銀幕大帝αTB受付]
TBはここにお願い致します。 [Read More]

Tracked on June 09, 2018 at 01:58 PM

« ミッション・サムギョプサル パク・クァンヒョン 『操作された都市』 | Main | 放蕩と朗読とホドロフスキー アレハンドロ・ホドロフスキー 『エンドレス・ポエトリー』 »