« ボンクラのニャンダフル・ライフ ジェームズ・ボーエン&ロジャー・ポスティスウッド 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』 | Main

November 13, 2017

アンドロイドは電影少女の夢を見るかもしれない リドリー・スコット&ドゥニ・ヴルヌーヴ 『ブレードランナー2049』

Br20491カルト映画の大傑作としてその手のベストには必ず名を連ねる『ブレードランナー』が、『ボーダーライン』『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴの手で復活。『ブレードランナー2049』、紹介します…と言いたいところですが、今日はもう紹介は諦めました。観た人か全く興味ない人のみお読みください。でも一応いつものようにあらすじから。

西暦2049年。人間と寸分たがわぬアンドロイド「レプリカント」が発明され、社会に溶け込んで様々な仕事に従事したり、時々反乱を起こしたりしていた。自身レプリカントである「K」は反抗的な同族を取り締まる捜査官「ブレードランナー」。黙々と任務をこなす日々を送っていたが、ある標的との闘いののち、謎に包まれた女性の白骨死体を発見する。調査をすすめるうちにその女性はレプリカントでありながら子供を宿していたことが判明。その子供は果たしてどうなったのか。真相を追ううちにKはアイデンティティを深く揺るがす事態に直面する。

『ブレードランナー』1作目は1982年の公開。同じ時期『E.T.』がかかっていたのはよく覚えていますが、こちらの方はまったく記憶にございません。その伝説を知って十代になってからTVで2回ほど観ましたが、正直あまりピンと来ませんでした。その映像の構築力には確かに目を見張るものがありましたが、各方面に色々影響を与えてしまったために、フォロワー的作品になじんだ身にはかえって新鮮味が乏しく思えてしまうという。日本アニメでもぱっと思いつくだけで『ボトムズ』『イノセンス』『カウボーイビバップ』などいろいろあります。正直公開時スクリーンで観た人の感動がすこしうらやましかったりもします。
あとうけやすいエンターテインメントとは一線を画してるところがあるというか。反乱したレプリカントのリーダーと壮絶な死闘を演じたのち、なんと主人公のデッカードはその宿敵に命を救われてしまう。そしてやんわりとした謎を残して物語はEND。なんともモヤモヤいたしますが、この一筋縄ではいかないストーリーがある種の人々の心をとらえ、「ふたつで十分ですよ」の名ゼリフとともに時代を越えて愛されることになりました。何度も編集しなおされ幾つものバージョンが作られたことがそれを証明しています。

で、ようやく今回の続編のお話。同じ世界を舞台とする物語ですが、30年経ち監督も違うので当然いろいろと違うところがあります。
まず街の空気ですが猥雑でありながら活気に満ちていた1作目に比べ、『2049』の街はどこか寒々しいというか社会の衰えを感じさせます。核の滅亡の恐怖があった80年代前半より、一応それが去った現代に作られた映画の方が未来像が暗いというのは、なんとも皮肉なものであります。
この空気の違いは監督の資質の違いもあるかと思います。エロ描写ひとつとっても肉食系でギラギラしたリドスコに比べると、ヴィルヌーヴのそれはいちいちオシャレで綺麗。ドゥニさんも作品によっては残酷描写を多用することがありますが、彼の場合リドスコのように暴力を楽しんではおらず、普通に「痛々しいもの・悲しいもの」として描いております。

そしてなにより大きな違いは、デッカードが「実はレプリカントなのか?」という謎を残したまま前作が終わってしまったのに対し、今回はしょっぱなからKがレプリカントであることを明かしている点です。しかしその明々自白だった出自がきわめて不確かなものであったことを知り、Kは深く思い悩みます。自分がレプリカントにより生まれた「運命の子」だと思った時、それはまちがいで彼はおとりにすぎなかったことを知らされた時、Kは二度とも深く嘆きます。やっとのことで受け入れた運命もまた偽物にすぎなかった…とはまことに残酷な話ですよね。世に「自分が実は伝説の救世主だった」という物語はたくさんありますが、「救世主かと思っていたら実は違った」という話はほとんど知りません(『侍戦隊シンケンジャー』が少し近いかも)。ですがそんな物悲しいストーリーが、うすら寒いけど心地よい背景とあいまってわたしの心を強くとらえたのでした。

大きな力に翻弄されつづけた「ブレードランナー」が、最後に自分の望む決断をし、個人としての矜持を見せる… そういうところは新作も旧作も変わりないかと思います。

あとこの映画『ブレードランナー』の正統的な続編でありながら、大変ヴィルヌーヴらしい映画でもありました。まずとてもミステリーっぽい作りな点。ある「謎」を中心に物語が展開し、意外な真相が用意されていたりする。ドゥニさんはアート指向も強い方ですが謎を放置したりはしませんね。一応はっきりした答えを残して終わってくれます。
もう一点は「引き裂かれた親子の物語」であるということ。『灼熱の魂』『プリズナーズ』『ボーダーライン』『メッセージ』… これらにはいずれも子を深く思ったり、その愛ゆえにくるってしまう親の情が描かれております。『ブレードランナー2049』にもそういう要素が後半出てきますが、今回はむしろ「子供」の側の視点が主になっていたのが変わっておりました。

Br20492「伝説の名作ふたたび」ということで作られた本作。しかし現時点で日米ともに初登場売上一位を記録したにも関わらず、製作費に遠く及ばないため大赤字が確定しております。まさにこの点でも本家を踏襲してしまいました。
スタッフがこの事態をどれほど予想していたかは謎ですが、自分は素晴らしい映画を作ってくれてありがとうと言いたいです。『ブレードランナー2049』はそんな状態ながらも一応プチヒットしながら公開中。また伝説となり30年後に第3作が作られることを願います(わし死んでるかも)。


|

« ボンクラのニャンダフル・ライフ ジェームズ・ボーエン&ロジャー・ポスティスウッド 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』 | Main

Comments

伍一くん☆こちらにも
このうすら寒いけど心地よい映像と物語、とっても好きです。
前回のリドスコが雨の多いイギリス出身だったのに対して、ドゥニ監督が雪のカナダ出身だということが映画の色濃く出てましたね。

でも世界的にもあんまりヒットしてないのかな?凄くいいのに~~
もし前作をスクリーンで見たことが無い人たちがもういない30年後に、再度作られたらこれは本物ですね~

Posted by: ノルウェーまだ~む | November 16, 2017 at 10:38 AM

リドスコというとドドスコの親戚でしょうか。または、リドス子?
ドゥニというのが英語読みでデニスなんだというがごとし?
前半、寝心地よかったです。

Posted by: ボー | November 18, 2017 at 09:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/66038064

Listed below are links to weblogs that reference アンドロイドは電影少女の夢を見るかもしれない リドリー・スコット&ドゥニ・ヴルヌーヴ 『ブレードランナー2049』:

» 「ブレードランナー 2049」☆超えた! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
オリジナル1作目の「ブレードランナー」が多くのSF作品に多大な影響を及ぼして、以後1作品たりとも「ブレードランナー」を超えるものが現れない・・・と思っていたら、『ヒット作の続編またはリブート作品は決してオリジナルを超えられない』というジンクスまで破って、なんとオリジナルを超えてきたyo! 1作目をこよなく愛するパパンでさえ、「超えたとは言わないけれど、同じくらいに素晴らしかった!」と大絶賛☆... [Read More]

Tracked on November 16, 2017 at 10:39 AM

» 「ブレードランナー 2049」 [或る日の出来事]
映像、雰囲気(ムード)は、よく創ったと思う。 [Read More]

Tracked on November 18, 2017 at 09:16 AM

« ボンクラのニャンダフル・ライフ ジェームズ・ボーエン&ロジャー・ポスティスウッド 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』 | Main