« 素晴らしきかな、犬生 ラッセ・ハルストレム 『僕のワンダフル・ライフ』 | Main | アダムはバス・ドライバー ジム・ジャームッシュ 『パターソン』 »

October 18, 2017

烈轟忍法帖 チャーリー・ビーン 『レゴ・ニンジャゴー・ザ・ムービー』

Lng11『レゴRムービー』『レゴバットマン・ザ・ムービー』と連続して傑作を世に送り出したレゴ映画シリーズ。しかし第3弾のこれはどうなんだ…?と心配しながら観に行ったのですが、全くの杞憂でありました。今回もめちゃくちゃ面白い! そんな『レゴ・ニンジャゴー・ザ・ムービー』ご紹介します。

そこは香港と西海岸を足して割ったような街、ニンジャゴーシティ。豊かな自然に囲まれたにぎやかな都市だが、ひとつ難点があるとすると、それは定期的に悪の魔王ガ―マドンが侵攻してきてなんでもかんでもぶっ壊していくこと。幸い街には守り手たる正義のニンジャたちがおり、ガ―マドンは毎回彼らに敗北しては去っていく。ニンジャたちを人々は称賛するが、実はリーダーのグリーンニンジャはガ―マドンの息子であり、父親が悪者であることに人知れず悩んでいた。

ちなみに同名のTVシリーズがすでに数シーズン放映されていますが、そちらとは設定の異なるパラレルワールドの関係だということ。それでは面白い点を片っ端からあげていきましょう。

①最初に目を引くのはやっぱり主人公のロイドが駆るドラゴン型ビーグル(上画像参照)。ダイレンジャーの龍星王とか好きだったんでこいつはたまりませんわ… 他のメンバーのビーグルも正統派からヘンテコなものまで個性派ぞろいです。

②主人公のロイドことグリーンニンジャ。お父さんが悪の帝王であるがゆえに学校ではハブにされてるという泣けるけど笑える設定。ただ現実にも親父が町内きっての問題児で家族が肩身の狭い思いをしてる…という例はあると思います。他のメンバーがきらびやかな属性を持ってるのに彼には特にそういうのがない、というのも泣けます

③悪の帝王ガ-マドン。CVが山寺宏一さんのため闇落ちしたレゴバットマンに見えて仕方ない。4本ある腕で色々変わった芸を見せてくれます。あと最近の流行に合わせてかサメ型のメカがお好きみたい

④ガ-マドンの持つ「最終兵器」。その威力はこちらの予想の遥か斜め上を行く。レゴ風の核弾頭のようにも見えるが…(下画像参照)

⑤メンバーの中でとりわけ異彩を放つのがホワイトニンジャ。R・田中一郎のような天然っぽい発言が目立つが、実はその正体はロボ。機械らしい薄情な一面もあり。

⑥ジャッキー・チェン。どこまでもいつも通りのジャッキー・チェン。

⑦ガ-マドン配下のなぜか魚介系で統一されてる将軍たち。いらんことを言っては豪快に粛清されていく様子が哀れであり、おかしくもあり。

⑧キラキラこまごましてて抒情性あふれるニンジャゴーシティの風景。前二作とはまた違った味わいがあります。

…とまあざっとあげただけでこんだけ魅力あふれる要素があります。すごいでしょう。
そしてどこまで作り手が意識してるかわかりませんが、レゴムービー、レゴバットマンと共通するテーマも幾つかあります。

ひとつめは孤独や疎外感。主人公は一見楽しくやっているようで、心に満たされない空洞を抱えていたりします。

ふたつめは親子の絆の話であるということ。『レゴ・ニンジャゴー』は特にそれが強調された作品でありました。

みっつめは悪者への深い愛情と理解。どうしてこのシリーズは悪者にこんなに優しいのか。嫌われ者を排除するのではなく、温かく迎えてあげよう!という点でこの上ない教育映画だと思います。

あと山寺宏一。もうミスターレゴムービーといっても過言ではないと思います。

Lng4これほどまでに面白くて感動する『レゴ・ニンジャゴー・ザ・ムービー』ですが、日本ではやっぱり大爆死してますcryingcryingcrying 一般の方々が「なぜレゴをわざわざ映画館で見ねばならんのだ?」という気持ちもわかります。でもどうか、だまされたと思って観てほしい… こんな調子だといよいよ次の『レゴRムービー2』は日本ではDVDスルーになってしまうかも。そうならないために、焼け石に水とわかっていても自分はこの映画を必死に応援し続けます。
『レゴ・ニンジャゴー・ザ・ムービー』は一応まだ全国の映画館で上映中。タイムリミットはあと10日か… 少しでも興味を持たれた方、猫・レゴ・ジャッキー・チェン、いずれかが好きな人はぜひごらんください!


|

« 素晴らしきかな、犬生 ラッセ・ハルストレム 『僕のワンダフル・ライフ』 | Main | アダムはバス・ドライバー ジム・ジャームッシュ 『パターソン』 »

Comments

SGAさんこんばんわ♪

ホント、こんなに面白いシリーズなのに、国内では閑古鳥が鳴いてるのがちょっと悲しいですよね。分かる人には分かるマニア作品・・・でもまあ良いかなとは思いますが、それでも面白い作品を埋もれさせるのはやはり惜しいもの。単館とかではなくちゃんとシネコンで上映してるのは唯一の救いかもしれませんね^^;

今回は戦隊モノみたいなヒーロー作品でもありましたし、ニンジャ達が乗りこなすメカも超カッコイイし(しかし高いw)、それでいてシリーズお馴染みの親子ドラマも盤石だったりと結構隙が無かったように思えます。レゴバットマンとニンジャ、どっちを今年のベストに選出するか悩んでしまいます・・・・いや、両方?

Posted by: メビウス | October 23, 2017 at 11:53 PM

>メビウスさん

結局今回も浮上することなく明後日で終了ですね。つか、むしろこんな不入りの映画をがんばって一か月もよくかけてくれました。
ただ怪盗グルーもかつては不振でしたし、あのシリーズのようにいつかメジャーになるといいな~とはかない夢を抱いております
それにしてもニンジャたちのビーグルはかっこよかったですね。置き場所のこともわきまえずレゴに手を出してしまいそう。
バットマンと本当に甲乙つけがたいですが、自分はより注目を浴びてない分ニンジャをひいきします!

Posted by: SGA屋伍一 | October 25, 2017 at 10:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/65933244

Listed below are links to weblogs that reference 烈轟忍法帖 チャーリー・ビーン 『レゴ・ニンジャゴー・ザ・ムービー』:

» レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】チャーリー・ビーン 【声の出演】ジャッキー・チェン/デイブ・フランコ/ジャスティン・セロー/フレッド・アーミセン/アビ・ジェイコブソン/オリビア・マン/クメイル・ナンジアニ/マイケル・ペーニャ/ザック・ウッズ 【公開日】2017年9月30日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 ニンジャゴーシティに巨大な闇の力が近づいていた・・。世界征服の野望を持つ悪の帝王ブラック...... [Read More]

Tracked on October 23, 2017 at 11:52 PM

« 素晴らしきかな、犬生 ラッセ・ハルストレム 『僕のワンダフル・ライフ』 | Main | アダムはバス・ドライバー ジム・ジャームッシュ 『パターソン』 »