« あるいは、バードマン・リターンズ ジョン・ワッツ 『スパイダーマン ホーム・カミング』 | Main | 女神はアイスを愛す パディ・ジェンキンス 『ワンダーウーマン』 »

September 25, 2017

トラック大将 血煙のエクスカリバー マイケル・ベイ 『トランスフォーマー 最後の騎士王』

Tfsgk1最近の気温差に体がついていけずダラダラブログをさぼっていたらこの映画の公開が終わってしまいました。というわけで今更ではありますが(何度目だ?)、マイケル・ベイの名物ロボット映画シリーズ最新作『トランスフォーマー 最後の騎士王』、ご紹介します。

前作のドタバタで宇宙へとび立ったコンボイ…じゃなくてオプティマス。彼を助けたマーク・ウォルバーグ(役名忘れた)と残りのオートボットたちは、政府からは相変わらずお尋ね者扱いで田舎の廃車置き場にひっそりと身をひそめていた。そんな折トランスフォーマーの故郷であるセイバートロン星が地球に大接近。地球壊滅の危機を逃れるにはアーサー王の残した秘宝がキーアイテムと知ったマークの人は、彼の王の治めた地であるイギリスへと向かう…というストーリーだったと思う!

この一週間ぼんやりと頭の中で感想をまとめていたのですが、『ロストエイジ』の時と似たようなことしか思い浮かばずに途方に暮れていました。でもがんばって色々違うことを書いていこうと思います。

まず『最後の騎士王』の特色としては中世が導入部の舞台であるということ。レゴでもRPGでも中世は子供たちには大人気ですし、その辺の目の付け所はさすがだと思いました。ドラゴンもいますし。やっぱ恐竜の次は怪獣ですよね。
ただ序章をすぎると普通にいつものムードになってしまうので、今回はずっと中世ですすんでいく話でもよかったんじゃないかなあ…とも思いました。自動車が出しにくいのはわかるんですが。あとクライマックスで再登場するドラゴンロボットの変形が雑だったのも残念です。

さて、『トランスフォーマー』シリーズは前から「ムー」というか『MMR』的なところがありました。「ピラミッドは実はトランスフォーマーの兵器だったんだよ!」とか「月の裏側にはロボットの宇宙船が不時着してたんだよ!」とか。今回はその集大成という感じです。アーサー王を勝たせたのも第二次大戦で連合軍を有利にさせたのもトランスフォ-マーということになってました。さらに戦国時代のお侍さんとも共闘してたようだし、テンプル騎士団の創設にも関わってたみたいだし… 歴史の影にTFあり。まるでどこかの聖闘士のようです。1作目の時は「初めて地球に来ました」みたいな感じだったのに、続ければ続けるほど無茶な後付設定が増えていきます。

なんかけなし気味になってしまったのでもう少し良い点を。インディ・ジョーンズかタンタンのような歴史の秘密を探るアドベンチャーもののような流れは面白かったですね。シリーズ初の海中でのアクションもなかなか楽しかったです。しかし何と言ってもインパクト大だったのは今回初登場となるロボット執事コグマン。劇中でも揶揄されてたようにC-3POとちょっと似てるんですが、そのいかれっぷりというか天然ぶりは本家?を越えています。水中にいきなり飛び出していったかと思ったら寿司を握って戻ってくるという。その突拍子のなさは3POというよりR・田中一郎に近いかもしれません。残念ながら変形はしないのですが、おもちゃではちゃんとトランスフォームするんですよね… だからそういうのがわかってないぞ! と、またdisってしまって反省。

ここまで順調にヒットを続けて来たTFシリーズですが、5作目ということもあってか辛うじて黒字くらいの売れ行き。マイケル・ベイも「今度こそ降りる」と言ってるのでそろそろ終了か…という話もあれば「スピンオフ含めてあと10作以上つくる」という噂もあり予断を許しません。とりあえずバンブルビーを主人公にした前日談が来年末に早くも公開されるとのこと。

Photo今回はおもちゃはまだ買ってないのですが、代わりにトランスフォーマの前身である「ダイアクロン」が最近リニューアルいたしまして、そのメイン商品である「ダイアバトルスV2」をつい購入してしまいました。これが本当によくできた玩具でして、酒のつまみによくいじっております。これさえあれば秋の夜長のさびしさにも耐えられそう… ふうう…

|

« あるいは、バードマン・リターンズ ジョン・ワッツ 『スパイダーマン ホーム・カミング』 | Main | 女神はアイスを愛す パディ・ジェンキンス 『ワンダーウーマン』 »

Comments

こんにちは。
>。マイケル・ベイも「今度こそ降りる」と言ってるのでそろそろ終了か…という話もあれば「スピンオフ含めてあと10作以上つくる」という噂もあり予断を許しません。
ええっっそうなんですか?!
確かマイケル・ベイは前作でも「卒業だぁ!」と言っていたような気が…。まあ、もうどうせなら、とことんいって欲しいような気もしますが。

>とりあえずバンブルビーを主人公にした前日談が来年末に早くも公開されるとのこと。
とりあえず、コレは楽しみです(笑)。

Posted by: ここなつ | September 26, 2017 at 03:16 PM

>ここなつさん

まあベイのTF卒業発言も某宮崎監督のあれと近いものがありますよね。やめるやめる詐欺(笑)
本当に卒業してしまったらさびしいですが、ここらで違う監督の新しいトランスフォーマーが観たいのも事実。今度のバンブルビー映画にはそんな新風を期待してます

Posted by: SGA屋伍一 | September 26, 2017 at 10:26 PM

こんにちは。
私はこのシリーズに、実写版のユニクロンを見せてほしかったのです。ところが、ようやくユニクロンが現れるかと思ったら、地球がユニクロンという設定。
それじゃあユニクロンに変形できないじゃないか!
ユニクロンの雄姿が見られるなら、地球ごとき壊滅しても構わないのですが、それではシリーズが打ち止めになってしまいますね。惑星大のロボットの登場は、もう望めないのでしょうか。

Posted by: ナドレック | September 28, 2017 at 01:06 AM

>ナドレックさん

いやあ、みたいですね地球ごとのユニクロン変形
そしたら我々地球人は確実に滅亡ですが…
どんな無茶でもこなしてきたマイケル・ベイならきっとやってくれる!って彼はもう引退だったー

Posted by: SGA屋伍一 | October 02, 2017 at 09:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/65836808

Listed below are links to weblogs that reference トラック大将 血煙のエクスカリバー マイケル・ベイ 『トランスフォーマー 最後の騎士王』:

» 「トランスフォーマー/最後の騎士王」 [或る日の出来事]
なんだかわからんけど、なんだかすごい。 [Read More]

Tracked on October 12, 2017 at 08:50 AM

« あるいは、バードマン・リターンズ ジョン・ワッツ 『スパイダーマン ホーム・カミング』 | Main | 女神はアイスを愛す パディ・ジェンキンス 『ワンダーウーマン』 »