« August 2017 | Main | October 2017 »

September 26, 2017

女神はアイスを愛す パディ・ジェンキンス 『ワンダーウーマン』

N1新作が公開される度になぜか賛否両論が巻き起こってしまうDCエクステンデッド・ユニバース。しかしこの度はじめて圧倒的な支持を得て世界に大旋風を巻き起こした作品が登場しました。『ワンダーウーマン』、ご紹介します。

ゼウス神により命と怪力を授けられた不思議な女の子ダイアナは、茶目っ気を振りまきながら女だけの島「セミッシラ」で平和な生活を楽しんでいた。そんな折ゼウスにより設けられた障壁をつきやぶり、外界から一人の男がやってくる。彼の名はスティーブ。独軍の攻撃から逃れてきた英国の軍人だった。彼の口からいま世界が戦火に包まれていることを知ったダイアナは好奇心と正義感から、混乱を治めようと故郷から旅立つ決心をする。

ワンダーウーマンが世に出たのは1941年。おそらくアメコミ史上初のスーパーヒロインであるかと思われます。DCコミックスではスーパーマンやバットマンと肩を並べるほどの重要なキャラクターであり、3人まとめて「トリニティ」と呼ばれることもあります。ライバルであるマーベルコミックスにはこれほどの存在感とキャリアを持つヒロインはおりません。
しかしながらスーパーマンのちゃんとした映画が70年代、同じくバットマンの映画が80年代に作られたことを考えると、ワンダー姉さんの映画化は実に時間がかかりました。それほどに果たして売れるのかわからないキャラだったのでしょう。わたしもアメコミファンながらずっと疑問だったのです。コミックのワンダーウーマンっていったいどんな層が読んでいるんだろうと。米国の一般の女児はまずコミックなど読まないだろうし、男児からもそんなに支持があるようには思えない。ただいつの時代にも一定の少数のファンがいて、そういう人たちに支えられて70年以上継続してきたのかな…と考えてました。

ですから今回の映画が米国ほかで一大センセーションを巻き起こしたのはびっくりでした。それだけ意外とワンダーウーマンの潜在的ファンがいた…ということではないようです。アメリカでも多くの人は映画は観てもコミックまでは読まないようなので。ヒットの原因は正直よくわかりませんw ガル・ガドットがあまりにもはまっていたこと、映画史上初のスピンオフでない本格的なスーパーヒロインものであること。男たちを従え凛々しく戦うダイアナの姿が多くの女性たちの喝采を浴びたこと… 自分に思いつくのはそんなもんです。
あと「これはアメコミ版『ローマの休日』である」と評してた方が何名かおられましたが、自分がとりわけ連想したのはあの『タイタニック』でした。以下ネタバレくさいので未見の方はご注意ください

1枚の画から20世紀初頭の若かった自分を思い出すおばあちゃん(失礼)。狭い箱庭しか知らなかった自分は、一人の陽気な男の手で広い世界を知る。だが楽しかった時はつかの間。男は身を挺して女を救い、笑顔を浮かべたまま散ってしまう…

まあジェームズ・キャメロンの黄金パターンですね。キャメロンは『ワンダーウーマン』のヒットに際しあれやこれや文句を垂れたそうですが、自分に近いセンスを感じるがゆえにどうしても気になってしまうのでしょう。そして自分はこのキャメロン・パターンに大変弱いのです。

監督のパティ・ジェンキンスさんは『モンスター』でオスカーを取ったほどの人なので、てっきり作りたい文芸作品の資金稼ぎのためにこのオファーを受けたのかと思ってましたが、本気でずっと『ワンダーウーマン』が作りたかったというので驚きました。その愛情があったればこそ、ここまで気合の入ったエンターテインメントがこさえられたのでしょう。続編もひきつづきメガホンを撮られるということなので楽しみでございます。

しかしどうもMCUに比べて勢いの定まらないDCEUが、ハーレクインやダイアナといった「ヒロイン」たちの力でここまで猛追を見せるとは予想だにしませんでした。毎年そろそろピークを過ぎるかと思ってるアメコミ映画ですけど、ここにきて女性ファンもぐっと増えたようなのでもう少し快進撃が続きそうです。

N一躍トップの人気を得たダイアナさんは年末のDCヒーロー集合映画『ジャスティス・リーグ』にも当然出演。バットマンやフラッシュをオカンのようにしばきながら駆り立てる姿が今から目に浮かびます。あとその前にオマケ的に?公開される『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』にも登場するはず。これ上映館少ないので、もう少し増えてくれるとよいのですが…


| | Comments (4) | TrackBack (3)

September 25, 2017

トラック大将 血煙のエクスカリバー マイケル・ベイ 『トランスフォーマー 最後の騎士王』

Tfsgk1最近の気温差に体がついていけずダラダラブログをさぼっていたらこの映画の公開が終わってしまいました。というわけで今更ではありますが(何度目だ?)、マイケル・ベイの名物ロボット映画シリーズ最新作『トランスフォーマー 最後の騎士王』、ご紹介します。

前作のドタバタで宇宙へとび立ったコンボイ…じゃなくてオプティマス。彼を助けたマーク・ウォルバーグ(役名忘れた)と残りのオートボットたちは、政府からは相変わらずお尋ね者扱いで田舎の廃車置き場にひっそりと身をひそめていた。そんな折トランスフォーマーの故郷であるセイバートロン星が地球に大接近。地球壊滅の危機を逃れるにはアーサー王の残した秘宝がキーアイテムと知ったマークの人は、彼の王の治めた地であるイギリスへと向かう…というストーリーだったと思う!

この一週間ぼんやりと頭の中で感想をまとめていたのですが、『ロストエイジ』の時と似たようなことしか思い浮かばずに途方に暮れていました。でもがんばって色々違うことを書いていこうと思います。

まず『最後の騎士王』の特色としては中世が導入部の舞台であるということ。レゴでもRPGでも中世は子供たちには大人気ですし、その辺の目の付け所はさすがだと思いました。ドラゴンもいますし。やっぱ恐竜の次は怪獣ですよね。
ただ序章をすぎると普通にいつものムードになってしまうので、今回はずっと中世ですすんでいく話でもよかったんじゃないかなあ…とも思いました。自動車が出しにくいのはわかるんですが。あとクライマックスで再登場するドラゴンロボットの変形が雑だったのも残念です。

さて、『トランスフォーマー』シリーズは前から「ムー」というか『MMR』的なところがありました。「ピラミッドは実はトランスフォーマーの兵器だったんだよ!」とか「月の裏側にはロボットの宇宙船が不時着してたんだよ!」とか。今回はその集大成という感じです。アーサー王を勝たせたのも第二次大戦で連合軍を有利にさせたのもトランスフォ-マーということになってました。さらに戦国時代のお侍さんとも共闘してたようだし、テンプル騎士団の創設にも関わってたみたいだし… 歴史の影にTFあり。まるでどこかの聖闘士のようです。1作目の時は「初めて地球に来ました」みたいな感じだったのに、続ければ続けるほど無茶な後付設定が増えていきます。

なんかけなし気味になってしまったのでもう少し良い点を。インディ・ジョーンズかタンタンのような歴史の秘密を探るアドベンチャーもののような流れは面白かったですね。シリーズ初の海中でのアクションもなかなか楽しかったです。しかし何と言ってもインパクト大だったのは今回初登場となるロボット執事コグマン。劇中でも揶揄されてたようにC-3POとちょっと似てるんですが、そのいかれっぷりというか天然ぶりは本家?を越えています。水中にいきなり飛び出していったかと思ったら寿司を握って戻ってくるという。その突拍子のなさは3POというよりR・田中一郎に近いかもしれません。残念ながら変形はしないのですが、おもちゃではちゃんとトランスフォームするんですよね… だからそういうのがわかってないぞ! と、またdisってしまって反省。

ここまで順調にヒットを続けて来たTFシリーズですが、5作目ということもあってか辛うじて黒字くらいの売れ行き。マイケル・ベイも「今度こそ降りる」と言ってるのでそろそろ終了か…という話もあれば「スピンオフ含めてあと10作以上つくる」という噂もあり予断を許しません。とりあえずバンブルビーを主人公にした前日談が来年末に早くも公開されるとのこと。

Photo今回はおもちゃはまだ買ってないのですが、代わりにトランスフォーマの前身である「ダイアクロン」が最近リニューアルいたしまして、そのメイン商品である「ダイアバトルスV2」をつい購入してしまいました。これが本当によくできた玩具でして、酒のつまみによくいじっております。これさえあれば秋の夜長のさびしさにも耐えられそう… ふうう…

| | Comments (4) | TrackBack (1)

September 18, 2017

あるいは、バードマン・リターンズ ジョン・ワッツ 『スパイダーマン ホーム・カミング』

Spmhc1ようやっとわたしが今夏もっとも楽しみにしてた映画について書きます… マーベルコミックスで人気ナンバーワンのあのキャラが、ようやく彼が本来いるべきヒーローだらけの世界で再々スタート。『スパイダーマン ホームカミング』、ご紹介します。

未知の脅威がいくつも存在し、多くのヒーローたちが活躍する世界で。蜘蛛の能力を持つスパイダーマンことピーター・パーカーは、アベンジャーズの中心メンバー、トニー・スタークの指導のもとヒーロー活動にいそしんでいた。だが意外と仕事は地道なものばかり。物足りなさを感じていたところへ、異星人の技術を駆使する犯罪者グループの情報を手に入れる。名をあげるチャンスとばかりに彼らを追うピーターだったが、若さゆえに翻弄されることに…

日本人にも極めて知名度の高いスパイダーマン。今回で6度目の映画化、2回目のリブートです。「またか」という方もおられましょうが、この度の『ホームカミング』にはこれまでなかった大きな要素があります。それは9年前から続いている1大プロジェクト「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」に本格的にスパイディを組み込むこと。これまでのシリーズではヴィランたちを相手にするヒーローはスパイダーマンただ一人でしたが、この世界にはすでに多くの先輩たちが活動しています。この作品に登場する主なゲストキャラはアイアンマンだけですけど、セリフのはしばしにこれでもかというくらいMCUの設定やこれまでの出来事が言及されます。こういうの一見さんはかえって面喰ってしまうかもしれませんが、コミックファンやMCUファンにはいちいちたまらないものがあります。そしてそういう世界だからこそスパイダーマンの能力の限界や未熟さが浮き彫りになります。正直序盤はこれまでで最も頼りないスパイディでしたが、一層応援しようという気持ちになりました。

もうひとつ過去シリーズと比べて際立っているのはその明るさ。有名なベンおじさんの悲劇は語られず、いじめっ子はいるもののヒーロー業と並行して学園生活を大いに楽しむピーターの姿も描かれます。その明るさを増しているものがオタクの親友ネッド。最初は見るからにうざったそうなやつに見えますが、要所要所でけっこう大事なアドバイスをピーターに与えたりしてますし、クライマックスでは思わず拍手したくなるほどの大活躍を見せます。悩み事ばかり増やさせていたハリー・オズボーンとはなんという違いでしょう。どうせ友達を持つならネッド君のような友を持ちたいものです。
思えば映画のスパイダーマンというのは大抵「喪失」の物語でした。『ホームカミング』でも失うものがないわけではないですが、それ以上に彼の未来が明るく、成長していく様が微笑ましい。

対するヴィランの「バルチャー」は得たものを何が何でも失うまいとして悪事を重ねるキャラクター。彼のようにお上から仕事を取り上げられてしまう中小企業がいま米国にはたくさんいるそうです。「家族を養うためには仕方がない」というバルチャーの持論には「だからといって犯罪に手を出すのは…」と思う反面、ついつい納得させられそうになります。そんな「大人の理屈」に対してピーターがどう応えるか…というのもこの映画の見どころのひとつです。
ヴァルチャーを演じるのは何の因果かバットマン、バードマンと三度目の鳥系怪人役となるマイケル・キートン。彼もまたアメコミ映画の中で多くのものを失ってきた男です。そしてトリ系をやるたびにどんどん社会的に落ちぶれて言ってるような…(役の話です)。生え際のさびしいヘアスタイルとあいまってこちらもなんか幸せになってほしいと思わずにはいられません。

以下、ちょいバレで。

わたくし毎週のように映画を観ておりますけど、「そうだ! それだよ!」と拳を握ってしまう作品というのは月に1本もあればいい方です。しかし『スパイダーマン ホームカミング』にはそんなシーンが5回はありました。とりわけ燃えたのは巨大な瓦礫に埋もれそうになって悲鳴をあげていたピーターが、トニーの言葉を思い出して死力をフル絞るシーン。実はこれ原作スパイダーマンの初期に何度かあったパターンで、ピーターはよく巨大な物体に押しつぶされそうになったり、圧倒的な力に引き裂かれそうになります。しかしその度に安西先生よろしく諦めずに気合で逆境をはねのけるピーター。『ホームカミング』では彼がまだいたいけな少年であるがゆえに一層手に汗握り、「よくがんばった!」と喝采したくなりました。この少年の頑張りが暗黒時代にあったアベンジャーズの夜明けを予感させて、おじさんはずるずると鼻水を垂れたのでした。

Spmhc2『スパイダーマン ホームカミング』はまだ辛うじて公開中。日本では前作とどっこいどっこいくらいの売上に落ち着きそうですが、世界ではシリーズ最高に届きそうな勢いです。これからのMCUでの活躍にますます期待が高まります。「スパイダーマン」の映画やコミックについてはツイキャスで少し語ったりもしましたので気の向いた方は聴いてやってください。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

September 12, 2017

おいでよ杜王町 荒木飛呂彦・三池崇史  『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』

Jjkb1約30年の歴史を誇る人気漫画が、鬼才三池崇史の手によりとうとう実写映画化。吉と出るか凶と出るか、鬼が出るか蛇が出るか… そんな『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』ご紹介します。

風光明媚な日本の一都市杜王町。しかしその町にはサイコキラーが潜んでいるらしく、行方不明者や殺人の被害者が近年増加し続けていた。そこへ引っ越してきた平凡な高校生・広瀬康一は、奇妙なヘアスタイルの東方仗助という少年と知り合う。たまたま彼と居合わせた際、宏一は仗助が「スタンド」と呼ばれる操り人形にも似た超能力の持ち主であることを知る。

自分もいい年なので恥ずかしながら『ジョジョ』の連載が始まったころのことが記憶にあります。『ドラゴンボール』や『北斗の拳』が人気絶頂だった「少年ジャンプ」において、突如現れた「世界名作劇場」のような漫画。はやいうちに打ち切られるだろう…という予想を裏切り、現在もまだ掲載誌を変えて続いているから驚きです。
自分が本格的にはまったのは主に中東を舞台とした第3部のあたりから。単行本も最初から買い揃えたのですが、現代日本が背景のこの第4部の途中で脱落しちゃいました。ははは(第5部は最近廉価版で全部読みました)。そんな中途半端なファンですが、それだけにあまりこだわりなく実写版を鑑賞することが出来ました。

いろいろ危ぶまれた三池監督の『ジョジョ』ですが、けっこうがんばっていたのではないでしょうか。つか、三池さんも宇宙や未来が舞台でなければそれなりにちゃんとやる方だと思います。春の『無限の住人』も力作でしたし。
わたしがこの映画で気に入ったのは仗助がきちっと主人公をこなしていたということ。原作の第4部は康一君や岸辺露伴、吉良吉影という立ちまくりのキャラに押されてしまってどうも仗助の影が薄かった印象があります。しかし劇場版では露伴も吉良も登場せず、仗助が最もかっこよかったエピソードをメインにしてるのでかなり輝いておりました。いまひとつ朴訥な演技の山崎賢人君も、それがかえってぼーっとした仗助のキャラにあっておりました。
自分の敵を助けた際、第3部の主人公である承太郎は「俺にもよくわからねえ」と答えるのですが、仗助は「別に。何も死ぬこたあねえと思っただけだよ」と言います。この自然で力の入ってない「人助けの理由」、第4部でとりわけ気に入ってたとこなので、映画でも取り入れてくれたのは嬉しゅうございました。

そんな山崎君とある意味対照的だったのが虹村億泰役の最近改名した新田真剣佑君。これまで割と少女マンガ系の出演が目立ってましたが、今作ではガラッと雰囲気を変えて少年漫画の三下的なキャラをガラ悪く熱演しておりました。まあガラはともかくとして、彼はお父さんがサニー千葉だけに武術の心得もある俳優さんなんですよね。優男役が多くてもったいないなーと思っていたのですが『ジョジョ』ではようやくその辺が生かされて「待ってました」という感じでした。

あと他に原作ファンとして(ぬるめですが)よかった点はいかにもCGでしたが、「現実に動くスタンド」が見られたことです。これはやっぱり漫画でもアニメでも味わえない、実写版ならではの強みです。特に億泰の持つ「ザ・ハンド」などはデザインも忘れてたのですが、そのなんにも考えてなさそうなフェイスがとてもかわいく、この度魅力を再発見いたしました。
Photoというわけで意外とよかった実写版『ジョジョ』ですが、ワーナーその他の思惑が大幅にはずれ、興行的にはこけちゃっているようです。同時期に公開してる『銀魂』は大ヒットだったのに… まあ考えてみればこのジョジョ4部も二十年以上前の漫画ですからね。一般の若い子たちにはなじみが薄かったかなあ。
そうなると心配なのはこの後の展開。最低あと2作は必要と考えてましたが、なんとかあと1作で〆る方向でがんばらねばならないかも。せっかく「第1章」と銘打ったんだから、これっきりで終わりということだけはやめてください。
幸い成績不振にも関わらず公開から一か月経ったいまもまだ公開してます。というか今週が山場だと思うので少しでも興味を持っている方はぜひごらんください。


| | Comments (4) | TrackBack (1)

September 05, 2017

バンガボンの名前 トム・ムーア 『ブレンダンとケルズの秘密』

Bdkz1昨年の『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』が好評を博したのか、2009年に製作されやはりアカデミー長編アニメ部門にノミネートされたトム・ムーア監督の前作が、この度ようやっと日本でも公開されることになりました。まあもう始まって一か月くらい経ってるんですけど… そんなわけで今回はその『ブレンダンとケルズの秘密』をご紹介します。

9世紀のアイルランド。ある僧院に暮らす少年ブレンダンは、院長である叔父のもと、バイキングを防ぐための城壁作りに日々励んでいた。そんなある日僧院に高名な修道士エイダンがやってくる。彼が作る美麗な書物「ケルズの書」にすっかり魅せられたブレンダンは、エイダンとともに書物を完成させることにのめりこんでいく。だがその間にもバイキングの脅威は僧院に刻一刻と迫っていたのだった。

まず子供向けアニメなのに舞台が主に「僧院」というところが渋いですよね。寺院系の建物とそこで暮らす人々が中心のアニメというと、他には『一休さん』くらいしか思い当りません。しかしまあ、中世のころの僧院とか修道院ってなにやらロマンをかきたてるものがあります。

あとこのアニメを際立たせているのは、ケルズの書が開かれたり、森の木々がざわめいたりするときにぱっと画面を覆う万華鏡のようなきめ細かい装飾表現。『ソング・オブ・ザ・シー』と共通してるようで、また少し違うタッチを楽しむことができます。独特のキャラクターデザインも面白いですね。特に要所要所で活躍する猫「バンガボン」は口元のXが変わってて印象に残ります(下のイラスト参照)。

僧院に隣接する森のあれこれにもわくわくさせられます。。この時代、森というのは人間にとって最も身近な異界だったわけで。人知を超えた存在がそこには息をひそめております。わたしがこの映画で特に心惹かれたのは、ブレンダンと森にすむ謎の少女のつかの間の交流。子供のころだったからこそ通じ合えた儚い絆が中年男の胸をうつのでした。

で、ここからは八割方ネタバレですが

clover
clover
clover
clover

これ、ディズニーのアニメであれば、ケルズの書のスーパーパワーか何かで悪者たちがズドーン!とやっつけられてめでたしめでたしとなると思うのです。しかしこの作品はその点ファンタジー系のアニメでありながら大変現実的でシビアです。生きていく上で、苦難や悲劇はどうしても避けられない。ではどうやってそれを乗り越えられるのか? そんな問いかけがなされてるような気がしました。そしてそんなごまかしのないストーリーだからこそ心に深く残るものがあります。
Bdkz2『ブレンダンとケルズの秘密』はそろそろメイン館の恵比寿ガーデンシネマなど第一陣が終了の模様。そのあと全国各地の劇場でポツポツとかかっていくようです。くわしくは公式サイトをどうぞ。
トム・ムーア関連作品としては製作を務めている『The Breadwinner』(イスラム系少女の脱出劇?)や、監督作『WOLFWALKERS』(狼少女と人間少女の友情物語?)などがスタンバイしてるようです。この勢いなら日本でもそんなに間を置かず公開されるかなー


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2017 | Main | October 2017 »