« セトの花嫁 アレックス・カーツマン 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』 | Main | バンガボンの名前 トム・ムーア 『ブレンダンとケルズの秘密』 »

August 30, 2017

恐怖のバナナ軍団VS80年代から来た男 カイル・バルダ&ピエール・コフィン 『怪盗グルーのミニオン大脱走』

Photoまだまだ続く夏休み映画特集。本日は今夏最大のヒット作となるであろうイルミネーション・エンターテイメント最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』をご紹介します。

子どもたちのため犯罪者を引退し、反悪党同盟のエージェントとして活躍していた元怪盗グルー。だが手ごわい泥棒のバルタザール・ブラットに後れをとったために、妻のルーシー共々組織を首になってしまう。失意を味わうグルーの前に、一人の老紳士が現れる。彼はグルーの生き別れの兄弟・ドルーの執事だった。

1作目で親となり、2作目で妻を得、どんどん人間的成長を遂げていってるグルーさん。3作目ではもしかして子供たちの巣立ちが描かれるのでは…と思いましたが、さすがにまだはやかったようです。今回スポットがあてられるのはあとから加わったルーシーがどのようにして本当の母親になっていくかということと、初めてあうグルーとドルーが兄弟としてうまくやっていけるかということ。こうやって書くとなんか普通にさわやかなファミリードラマみたいですなあ。

ただ前作の時点で既に問題となっていたことですが、グルーさんってやっぱり悪党の時の方が輝いてたし生き生きとしてるんですよね… 悪の誘惑にかられながらも「俺には家族が」とこらえるグルーさん。えらい! でもキャラとしては微妙! スタッフもその辺に限界を感じてるのでかつてのグルー的なドルー(ややこしい)というキャラを用意したのかもしれません。
新ライバルのバルタザールが主人公より断然個性的なのも問題です。彼はもともと世界的に有名な子役スターだったのですが、大きくなったらすっかり人気がなくなってしまい、世間を恨んでヴィランになってしまったという設定です。黄金時代であった80年代が忘れられず、その時代の音楽とファッションで華麗に悪事を働くバルタザール。なんて面白いやつなんだ… そういえば先の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でもふんだんに80年代オマージュがささげられていましたが、いまちょうどそのころ子供だった世代が映画産業の中心になってるということでしょうかね。

グルーさんの分の悪いところはまだあります。このシリーズいまやすっかり日本でも大人気になってしまいましたが、注目を集めているのは彼ではなく子分のミニオンたちだということです。グルー不在の『ミニオンズ』が大大ヒットをおさめてしまったことが、皮肉にもそれを証明してしまいました。『アナと雪の女王』を「アナ雪」と言うがごとく、本作品を「ミニオン」としか言わない一般の皆さん。とうとうTVCMまでタイトルコールのところで「怪盗グルーの」を省くようになってしまいました。なんてかわいそうなんだグルーさん…! ま、実際ミニオンたちの方が見ていて楽しいのだから仕方ないやね(あっ)

本作品にはミニオンの他にもいろいろかわいいものが出てきて癒されます。ドルーの島のブタさんたち、バルタザールの子分のロボット(声:宮野真守)、ユニコーンっぽいある動物など。三姉妹たち…特に末っ子のアグネスも相変わらずいい子でかわいいですね。声をあてていた芦田愛菜女史も7年の間に成長してしまい、さすがにかつてよりは大人っぽい声になってしまいました。バルタザールと違って立派な大人になってくれることを祈るばかりです。

Photo_2これで完結となるかと思った『怪盗グルー』シリーズですが、ちょいバレするとまだまだ続きが作れそうなENDでした。とりあえず次はスピンオフ第二弾である『ミニオンズ2』が3年後の2020年に予定されています。ますます薄くなるグルーさんの影… がんばれ!

|

« セトの花嫁 アレックス・カーツマン 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』 | Main | バンガボンの名前 トム・ムーア 『ブレンダンとケルズの秘密』 »

Comments

こんにちは。
これだけ個性的、魅力的なキャラに溢れると、シネマティック・ユニバースを作れそうですね。ミニオンシリーズ、グルーシリーズ、ドルーシリーズ、バルタザールシリーズ、そしてクロスオーバー……。今のご時世なら、まんざらでもないかも。

Posted by: ナドレック | August 31, 2017 at 06:48 PM

そういえば、グルーの中の人も某家族に出逢う番組で子供たちに出会った際「ミニオン!ミニオン!」と呼ばれていたよな。
だって頭が(おい。
師匠は「グルーや!!」と言ってましたがな(笑)

グルーシリーズと言うよりミニオンシリーズとしてのほうが長続きしそうだ。

最近はくまモン以外で珍しく気になってる生モノだったりします。

Posted by: まさとし | September 02, 2017 at 12:52 PM

>ナドレックさん

恐るべし(笑) 個人的には『ミニオンズ』に出てきたスカーレット・オーバーキルがまた観たい。あと今回割を食ったネファリア博士の復活も観たいですね

Posted by: SGA屋伍一 | September 05, 2017 at 09:33 PM

>まさとしさん

鶴瓶さんの吹替えが苦手というひともいますが、自分はすっかりなじんじゃってます。もう7年つきあってますしね…
『ミニオンズ2』が3年後というのがちょっともどかしいですね。その間イルミネーションの他のアニメで飢えを満たすか

Posted by: SGA屋伍一 | September 05, 2017 at 09:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/65730370

Listed below are links to weblogs that reference 恐怖のバナナ軍団VS80年代から来た男 カイル・バルダ&ピエール・コフィン 『怪盗グルーのミニオン大脱走』:

» 『怪盗グルーのミニオン大脱走』 楽しく暮らそう [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  前二作、いや番外編の『ミニオンズ』も入れれば過去三作を通して、このシリーズには一貫したものがあった。それが、こうも大きく変えられるとは思わなかった。  過去の怪盗グルーシリーズに共通していたのは、1960年代の文化への愛とこだわりだ。第一作『怪盗グルーの月泥棒 3D』は、ハゲの怪盗が登場する時点でアンドレ・ユヌベル監督の60年代の快作、怪盗ファントマシリーズ...... [Read More]

Tracked on August 31, 2017 at 06:42 PM

« セトの花嫁 アレックス・カーツマン 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』 | Main | バンガボンの名前 トム・ムーア 『ブレンダンとケルズの秘密』 »