« ぼくの伯父さんの痛切 ケネス・ロナーガン 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 | Main | 明るい海賊計画 完結編(?) ヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ 『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』  »

August 08, 2017

のこぎり崖は命ガケ メル・ギブソン 『ハクソー・リッジ』

Photoというわけでまーだアカデミー関連の話を続けます。本日はメル・ギブソンが約10年ぶりに監督に復帰した待望の映画『ハクソー・リッジ』をご紹介します。

第二次大戦たけなわのころ、一人の風変わりな青年が陸軍に入隊する。その青年デズモンド・ドスは信仰ゆえに人は殺せない、銃は持てないと主張し、あくまで衛生兵としての任務に専念させてほしいと上官に懇願する。だが軍隊がそんな「異物」を認めるはずもなく、テズは彼を除隊させようとする圧力と戦うことになる。

太平洋戦争の激戦地・沖縄で銃弾が飛び交う中、多くの兵士の命を救った実在の人物の物語。このドスさんの思考がちょっと常人にはわかりかねるところで、「人を殺したくないならそもそも戦争に行かなきゃいいんじゃない?」「人の命が大切なら戦争をやめさせる方向でがんばらなきゃいけないんじゃない?」とわたしなんかは思います。あとドスさんは何かにつけて「神様が」と口にするのですが、その辺が無信心な人間からしたらちょっと狂信的にすら感じられたりします。

ですが我々からみたら「?」と思える行動も、本人にしてみれば矛盾するものではなく、ちゃんと筋道だって導きだされた結論なのでしょうね。信仰というものは多かれ少なかれそんなところがあります。あと動機がどうあれ彼の尽力で死人の数が少しでも減ったならば、それはそれで称賛されるべきことなのではなかろうかと。

「衛生兵」で思い出すのは『プライベート・ライアン』の冒頭のシーン。銃弾の雨の中無数の兵士たちがバタバタ倒れていく中、あちらこちらから「衛生兵!」という呼び声が起きるのですが、この圧倒的な死の量産の前にはあまりにも無意味だよな… と思ったものでした。そんな状況にあっても、あきらめずに「あと一人、あと一人」と自らも傷つきながら救援に奔走するドスさん。その恐るべき信念にしょっちゅうフラフラ迷ってる身としては、頭を垂れずにはいられません。

そしていろいろ問題を起こしながらも信仰心が篤く、監督としてもすぐれた才能を有しているメル・ギブソンもまた矛盾だらけの存在です。本当にもっと人格がまともならこの10年の間にもう2、3本撮れただろうに…と、そのことが残念でなりません。そして本人もそのことを反省したのでしょうか。『アポカリプト』や『ブレイブ・ハート』では戦闘シーンや残酷描写をウヒウヒ楽しんで作ってるな~と感じられたのですが、こちらではゴアシーンが普通に痛々しく、戦争への悲しみが素直に伝わってくるような作りになってしまいました。立派になられたのね…と感慨にふける反面、「ちょっと無理してない?」と思わないでもありません。

主演は元スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールド。彼は先日『沈黙』でも、信仰ゆえに苦しい立場に立たされる役でした。あと自分の信念ゆえに日本くんだりまで来ることになるところも一緒でした。なんか面白い偶然であります。ともあれその熱演が認められて、本作でアカデミー主演男優賞にノミネートされたのだから大したものです。『アメイジング・スパイダーマン』シリーズが中途半端に終わってしまったのは残念ですが、代わりにこういう路線で引き続き活躍していければよいですね。

Photo_2『ハクソー・リッジ』はもう完全に公開終了したかと思ってましたが、終戦記念日の時期だからかそこそこ上映館残ってますね。くわしくは公式HPをご覧ください。メルさんの次回作はなんとあの『パッション』の続編…つまりキリストの復活の話という噂もあります。なんにせよ問題おこさずに無事映画が作れますように…

|

« ぼくの伯父さんの痛切 ケネス・ロナーガン 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 | Main | 明るい海賊計画 完結編(?) ヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ 『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』  »

Comments

伍一くん☆
「あの」メルギブ監督だからこそ、狂信的な信仰心で突き進むかんじなのかな。?
信仰心が熱いと一見正義感からの行動に思えるけど、ドスは実はそうじゃないところが面白いと思いました。
あくまでも信仰心。
そのどこかアンバランスなところが絶妙なスパイスになっていたと思います。

Posted by: ノルウェーまだ~む | August 12, 2017 at 12:33 AM

「ハクソー」って、そのままなのがねえ。歯のゴミなのか、クシャミなのかと想像してしまうのであった。

Posted by: ボー | August 16, 2017 at 08:46 AM

>ノルウェーまだ~むさん

お返事遅れてすいません。お盆休みでバタッバタしてました。
メルさんはまあマッドマックスでもふさがるものをぶっとばしてガンガン突き進んでましたからね… あのころはまさかそんな信心深い人だとは夢にも思わず
ドスさん、エンドロールのところで出てきましたけど、見かけは本当にごく普通の人でしたね。彼がそんな信仰を抱くようになった理由も上手に説明されてたと思います。

Posted by: SGA屋伍一 | August 17, 2017 at 10:03 PM

>ボーさん

ゴアシーンが多いので「吐きそう」なんてことはちょこちょこ言われてましたがw まあがんばって耐え抜きました

Posted by: SGA屋伍一 | August 17, 2017 at 10:04 PM

こんばんは

教会で推奨上映されそうな作品ですが
グロイ描写も多いので、手放しでおすすめできないところが・・・。

>この圧倒的な死の量産の前にはあまりにも無意味だよな…
わたしもそう思いました。でも人間の生命力ってすごいですよね。

実は私の祖父は大戦中は陸軍大佐だったそうで
退役してから牧師になりました。
軍人の時からクリスチャンで
戦地でも安息日(日曜です。)には現地の教会に行っていましたが
それでも「武器を持って戦う」信者でしたね。
ドスの信念を支えるために武器を持って敵を倒した仲間たちも
無くてはならない存在ではあると思いますね。

でもやっぱりドスは凄いですが・・・
75人にとって彼は命の恩人ですから。 

Posted by: | November 09, 2017 at 08:41 PM

>名無し様

トラックバックが飛んできた先から判定するにななさまでしょうか(笑) ようこそおいでやす。今年のアカデミーノミネートの中では群を抜いて凄惨なシーンの多い作品でした。しかしそれを我慢してでも見る価値はあったなあと

ななさんのおじいさんもすごい経歴の方ですね… 日本の方でれば戦時中クリスチャンであるのは大変だったのではないでしょうか。『少年H』にそんな話があったような

最初彼をさげすんでいた同じ隊の面々が次第にドスを尊敬していくあたり、信念の力は周りを変えていくのだな…と改めて思いました

Posted by: SGA屋伍一 | November 09, 2017 at 09:50 PM

失礼しました。
ご推察の通り↑の名無しはわたくしです。

>日本の方でれば戦時中クリスチャンであるのは大変だったのではないでしょうか。
そうですね。でもそれまで上官に反抗ばかりしていた嫌われ者の祖父が
街頭伝道に惹かれて入信してからは人が変わったように博愛の人になったそうです。
(でも戦場では敵を殺してましたが)
私が小2の時に60過ぎで亡くなってしまいましたが
ものすごく優しく同時に厳しさもある祖父でした。

Posted by: なな | November 09, 2017 at 10:13 PM

>ななさん

やはりわたしの推理はまちがっていなかった… というか返事が遅れてすいませんm(_ _)m

わたしは物心つくまえに祖父が二人とも亡くなっていたので、戦争のころの話を聞いておきたかったな…と時々思います。きっと楽しいものではないとは思いますが
うちの祖父たちも50代、60代でなくなってますね。やはり戦場での過酷な経験で体を痛めていたのかなあ

Posted by: SGA屋伍一 | November 13, 2017 at 10:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/65640308

Listed below are links to weblogs that reference のこぎり崖は命ガケ メル・ギブソン 『ハクソー・リッジ』:

» 「ハクソー・リッジ」☆度胆を抜かれるかつてない臨場感 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
見事である。 今までの戦争映画が足元にも及ばないと思ってしまうくらいのリアルな臨場感。 「野火」のグロさに匹敵する血肉飛ぶ戦場の惨状が、目の前にまざまざと見せつけられながら、そこには一筋の希望と癒しがあるという素晴らしさ。 メル・ギブソン監督に惜しみない拍手を!!... [Read More]

Tracked on August 12, 2017 at 12:22 AM

» 『ハクソー・リッジ』のウソとマコト [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  デズモンド・ドス上等兵が、日本軍との戦争のさなかに日本兵を助けたのは本当なのだろうか?  戦争映画は幾つも観たが、戦闘シーンで涙が止まらない映画ははじめてだった。  『ハクソー・リッジ』は、米国バージニア州の職人デズモンド・ドスが、モーセの十戒の一つ「汝、殺すなかれ」を胸に刻みながら戦争に臨む話だ。  1919年に生まれ、2006年に87歳で没したド...... [Read More]

Tracked on August 12, 2017 at 03:33 PM

» 「ハクソー・リッジ」 [或る日の出来事]
銃を持たずに、人を助けることで、彼は戦った。 [Read More]

Tracked on August 16, 2017 at 08:43 AM

» ハクソー・リッジ [虎猫の気まぐれシネマ日記]
第二次世界大戦の激戦地ハクソー・リッジで、武器を持たずにたった一人で75人の命を救った兵士の実話から生まれた感動作。 主人公は、良心的兵役拒否者としてはアメリカ史上初めて名誉勲章(メダル・オブ・オナー)を授けられたデズモンド・トーマス・ドス。ドスを演じるのは、沈黙ーサイレンスーといい、この作品といい、信心深い役がここのところ続いているアンドリュー・ガーフィールド。監督は、パッションでイエス・キリストの壮絶な十字架刑を描いたメル・ギブソン。 再臨派の敬虔なクリスチャンのドスは、「殺人は罪である。」とい... [Read More]

Tracked on November 09, 2017 at 08:42 PM

« ぼくの伯父さんの痛切 ケネス・ロナーガン 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 | Main | 明るい海賊計画 完結編(?) ヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ 『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』  »