« のこぎり崖は命ガケ メル・ギブソン 『ハクソー・リッジ』 | Main | ビックリヒーローズ高校白書 ディーン・イズラライト 『パワーレンジャー』 »

August 09, 2017

明るい海賊計画 完結編(?) ヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ 『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』 

Pocs1夏休みも本番。ここぞとばかりに娯楽大作も次々と公開されております。本日はその先陣を切った名物シリーズの最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』をご紹介します。

相変わらず無茶な悪巧みに精を出している海賊ジャック・スパロウ。だがそのいい加減さが祟って部下に見放された上に、海軍に捕まって死刑を宣告されてしまう。それでものんきにふるまうジャックの前に、かつて共に冒険した船乗りウィルの息子が現れる。彼は父にかけられた呪いを解くため、ジャックに力を貸してほしいと頼むのだが…

まず冒頭からこれまでもちょくちょくあったバスター・キートンへのオマージュ的アクションがドカンとあり、その時点でけっこう満足してしまった自分がいます。そういえば前作『生命の泉』ではあからさまにチャップリンの某作品を再現したシーンがあったなあ。
また「お宝の場所のヒントが星座に隠されている」というのも面白いアイデアでした。古来船乗りは星を頼りに航海をしたと言いますが、ようやくその辺が生かされたストーリーとなっております。

監督はノルウェー出身の監督コンビ、ヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリ。この二人、『コン・ティキ』という「本当にあった」渋い航海記の映画で知られております。そちらでは必要以上に頻繁なサメ描写が特に印象に残ったのですが、この「最後の海賊」でも変わった形でサメを暴れさせておりました。おそらく最近のサメ映画ブームを強く意識してるものと思われます。

さらにバミューダ・トライアングルの秘密や幽霊船のヘンテコギミック、おなじみの大砲ドッカンドッカンやお宝のびっくりパワーなどもいちいち楽しませてもらいました。まあもともとこのシリーズにはそういうおかしなギミックとか、海賊ならではのアクションを期待してるのであって、ストーリーはよっぽど破綻さえしてなければどうでもいいよ、というスタンス。ですが今回二組の親子の「ちょっといい話」が軸になっていたりして、ついホロリと来てしまいました。年食って涙腺が弱くなってるのを差し引いても、パイカリに泣かされるとは不覚でございます。

こっから先はエンドロール後までネタバレで…

そう、この映画3作目『ワールズ・エンド』のオマケシーンからちょうど10年後の設定になってるのですね。あれからもう10年も経ったんかい…と時間の流れの早さに軽く絶望しますが、10年越しに果たされたハッピーエンドにはシリーズを追ってきた身としては感動せざるを得ません。だのに… だのにです。せっかくめでたしめでたしで終わった話が最後のオマケで少々水を差されてしまったのが残念です。あれは映画史上「もっともいらなかったエンドロール後のオマケ」と言っても過言ではないでしょう。例えるならすばらしい演技をしてびしっと着地を決めた体操選手が、マットを降りたところでずるっとズッコケたような印象でした。

Pocs2これまでずっと爆ヒットを続けて来たパイカリも、今回は北米成績が思わしくなかったようで、プロデューサーも「これが最後」とおっしゃってるようです。だったらあんなわけわかんねーヒキを入れんじゃねーよ!! ハアハア、ハアハア、ハアハア… すいません、ちょっと熱くなりました。たぶんまたいずれパイカリは作られると思いますが、ジョニデさんもいいお年ですし、次はそろそろリブートになりそうな気がします。

オマケに今まで書いたシリーズの感想リンクを貼っておきます。
『呪われた海賊たち』&『デッドマンズ・チェスト』
『ワールズ・エンド』
『生命の泉

本当にどうでもいことしか書いてないな…


|

« のこぎり崖は命ガケ メル・ギブソン 『ハクソー・リッジ』 | Main | ビックリヒーローズ高校白書 ディーン・イズラライト 『パワーレンジャー』 »

Comments

あのオマケの方、YOUは何しに寝室へ?
「パイレーツ! だっちゅーの!」

Posted by: ボー | August 16, 2017 at 08:56 AM

SGAさんこんばんわ♪

ドタバタながらもどこかリズミカルでテンポの良い、アトラクションさながらのようなアクションの数々が今回も秀逸でしたね。ギロチンのシーンとかも危ない危ないとか思いながらも笑いながら観てましたし、毎度おなじみのビンタにも吹いたりで楽しいエンタメ♪

あとちょっといい話のの方もバルボッサが良い仕事をしてましたね。・・でも最近ヨンドゥといい、ローガンといい、父親系のキャラが死に過ぎなような気もするんですが・・^^;

Posted by: メビウス | August 16, 2017 at 08:08 PM

>ボーさん

ネタ画像をわかっていただけて嬉しい。この二人現在の境遇に格差があるらしいとかなんとか

Posted by: SGA屋伍一 | August 17, 2017 at 10:05 PM

>メビウスさん

冒頭の小屋をずるずるひきずってくシーンはシリーズでも有数のアクションだったと思います。いくらなんでも馬の力が強すぎやせんか…とも思いましたが

>父親系のキャラが死に過ぎなような気もするんですが…

う… そうすると次はトニー・スタークとかオーディンあたりがあぶない?

Posted by: SGA屋伍一 | August 17, 2017 at 10:09 PM

伍一くん☆
勢いよく最後まで楽しませてくれて、着地の後にずるっとコケるって笑った~~
まだまだ先を続けるつもりと思ったけれど、これが最後なの??
他が振るわないからジョニデもまだ頑張ると思うけど…

Posted by: ノルウェーまだ~む | August 18, 2017 at 11:10 AM

>ノルウェーまだ~むさん

本当にあれはなんだったのでしょう…
ジョニデさんは『ファンタスティック・ビースト』の悪役とかユニバーサルの妖怪映画などもひかえてますが、やっぱりジャックが一番の当たり役ですよね。いろいろ変なメイクしてたけどどれもジャックほど目立たなかったし

Posted by: SGA屋伍一 | August 21, 2017 at 10:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/65644206

Listed below are links to weblogs that reference 明るい海賊計画 完結編(?) ヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ 『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』 :

» 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」 [或る日の出来事]
やあ、ぼく、ジャックだよ! [Read More]

Tracked on August 16, 2017 at 08:47 AM

» パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ 【出演】ジョニー・デップ/ハビエル・バルデム/ブレントン・スウェイツ/カヤ・スコデラーリオ/ケビン・R・マクナリー/ジェフリー・ラッシュ/オーランド・ブルーム/キーラ・ナイトレイ 【公開日】2017年7月1日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 かつてジャックと冒険を共にしたウィル・ターナーは、今や幽霊船フライング・ダッ...... [Read More]

Tracked on August 16, 2017 at 08:08 PM

» 「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」☆やっぱり最高! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
楽しみすぎて楽しみすぎて待ち望んでいたのに、今頃の鑑賞とUPになってしまったyo(涙) それでもやっぱりジャックスパロウは最高! [Read More]

Tracked on August 18, 2017 at 11:02 AM

« のこぎり崖は命ガケ メル・ギブソン 『ハクソー・リッジ』 | Main | ビックリヒーローズ高校白書 ディーン・イズラライト 『パワーレンジャー』 »