« イルミネーション系のど自慢 ガース・ジェニングス 『SING』 | Main | ゴ・リ・ランド ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 『キングコング 髑髏島の巨神』 »

April 27, 2017

Pratt安心! 宇宙旅行 モルテン・ティルドゥム 『パッセンジャー』

Pssj1あ、これは明日で大体公開おわっちゃうな… … 本日はクリス・プラットとジェニファー・ローレンスという全米二大スターを主演に据えながら、微妙に話題にならなかったSF映画『パッセンジャー』を紹介します。

無限に広がる大宇宙。アヴァロン号は地球より120年かけてはるか彼方の植民性に向かって航海を続けていた。乗客はその間ずっとコールドスリープに入ってるはずだったが、到着までまだ90年もあるのに、どういうわけかエンジニアのジムは突如として冷凍睡眠のポッドから放り出されてしまう。それは広大な宇宙船の中で死ぬまで一人で生きることを意味していた。無限の孤独にさいなまれながら他の乗客のポッドを眺めていたジムは、いつしか眠り続ける同乗者の1人・オーロラに強くひかれるようになっていく。

もう今回は真ん中くらいまでネタバレ、おおむね観た人向けに書きます。公開後1日だしね…
わたくし予告の時これは宇宙版『タイタニック』か…と思ったくらいベタベタなロマンス映画なんだろうな~と考えておりました。ところがどすこい、これなかなか変わったというか、ややドロッとしたラブストーリーでした。というか一歩展開が変われば十分サイコサスペンスにもなりえたんではなかろうかという。それくらい主人公のジムがちょっと不気味というかキモい系の男なんですね。わたしなみに。

ただオンオフ問わずいつも陽気でテンション高いクリス・プラットがそういう役を演じているのが、なかなか似合わなかったりします。この映画観終わった直後に別のスクリーンにいったらいきなり『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の予告が始まって、いつものクリプラがめっちゃ楽しそうにしてたので盛大にこけました。こういう役はむしろベン・アフレックが例の死んだ目で演じていたらもっとはまったんじゃないかと思います。あとクリプラやっぱりは動物と絡んでた方が生き生きしてるし興収もいいですね。この『パッセンジャー』でもマスコットキャラとして、ウサギなりネズミなりかわいい動物キャラをを共演させてくれたらもっとよかったかもしれません。代わりに彼に付き合うことになるのが、ちょっと不気味なバーテンのロボット。このロボがなかなかこの映画のキーマン的な存在だったりして、いい味出しておりました。

さて、ここからいよいよネタバレ部分に入っていきます…


てっきり偶然か、宇宙船の作為で目覚めさせられたと思っていた二人の男女。しかし本当のところはさびしさに耐えかねたジムが強制的にオーロラを起こしてしまった…という流れでした。これはやってはいかんだろう…と思いつつも、一年もひとりっきりだったらやっても致し方ないか…という気もするし、自分が同じ立場に置かれたらどうするだろう?と頭の中でぐるぐる考えてしまいます。
当然ジムは「故障だったんだね」とオーロラにウソをつくわけですが、そんな嘘が途中でばれないはずはない。だもんで、わたしにとってこの映画の最大のクライマックスはそのウソがばれてしまうあたりでした。不思議なもんで、ウソというのは一旦ばれてしまうと、あとはなんだか楽になるんですよね。ですからそのあとの宇宙船の危機とかすったもんだとかは、わりかし落ち着いて観られました。

監督は一昨年の『イミテーション・ゲーム』などが記憶に新しいモルテン・ティルドゥム。あの映画も主人公がもの言わぬ存在にひたすら愛情を注ぐ話でありましたが、こちらはまあ無理やり起こせば会話できる存在であったので、あちらよりは救いがあったような。
実はこの『パッセンジャー』、準備段階でもうひとつ別の結末が考えられていたそうです。その結末についてはこちらをご覧ください。うーん… こちらはこちらで悪くないけど、自分はリリース版の方が好みですかね…

Pssj2この記事を読んで興味を持たれた奇特な方がいらっしゃったら、明日仕事帰りにでもご覧になっていってください。一応本年度アカデミー賞の音楽・美術部門にノミネートされてます。

|

« イルミネーション系のど自慢 ガース・ジェニングス 『SING』 | Main | ゴ・リ・ランド ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 『キングコング 髑髏島の巨神』 »

Comments

私だったら一年も耐えずに、乗客を片っ端から起こしてしまいます。皆で知恵を絞ってこの状態を解決しよう、って。
袋叩きに遭うかもしけませんが……。

長年映画化されなかった本作ですが、オリジナル脚本の内容では、そりゃあ映画化できませんね。
映画化に当たって、いろいろ巧くまとめたなと思います。

Posted by: ナドレック | April 28, 2017 at 01:39 AM

>ナドレックさん

意外と豪快なことおっしゃいますね(笑) そんなコントのようなバージョンも観てみたい。
監督としてはオリジナルでいきたかったでしょうけど、なかなか型にはまらない結末をスタジオに変更されずにもっていくのは至難の業なのでしょうね

Posted by: SGA屋伍一 | April 29, 2017 at 10:29 PM

伍一くん☆お久しぶり~
随分前の記事にごめんね。ちっともTBないから気付かなかったわ…

私もウソがばれた衝撃が激しくて宇宙船の危機のシーンは気もそぞろなかんじになっちゃってました(笑)

Posted by: ノルウェーまだ~む | May 24, 2017 at 12:57 AM

>ノルウェーまだ~むさん

ご無沙汰してる上に返事もおくれてすみませぬ…
ちょっと色々ありまして
やっぱり世の中ウソとか悪事は上手にばれるようにできてますよね。だから早めに自分からばらしちゃったほうがいい…のかな?

Posted by: SGA屋伍一 | May 29, 2017 at 09:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/65201252

Listed below are links to weblogs that reference Pratt安心! 宇宙旅行 モルテン・ティルドゥム 『パッセンジャー』:

» 『パッセンジャー』 宇宙の白熱教室 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  哲学をテーマにしてこれほど面白い作品に昇華できるとは、まったくもって脱帽だ。  哲学を語るにはSFがもってこいであることも、観客の興味を惹くにはロマンスが極めて有効であることも、改めて実感した。  『パッセンジャー』は、実に見事な映画である。  この物語は、マイケル・サンデルが『これからの「正義」の話をしよう』で提示した問いに似ている。政治哲学者サンデル...... [Read More]

Tracked on April 28, 2017 at 01:21 AM

» 「パッセンジャー」 [或る日の出来事]
いいところに目をつけたなあと思いました! [Read More]

Tracked on April 29, 2017 at 06:12 AM

» 映画:パッセンジャー Passengers 「スタートレック」はOKだが「スターウォーズ」はイマイチ、な訳を、今作をきっかけに議論(汗) [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
最初に、当ブログが「SF」に求める重要な基準、を説明したい。 それは、「将来あるかもしれない未来」を垣間見れるか、どうか、という点。この点って、とても重要!(この後、問題発言に移る) で、「スタートレック」はOKだが、比較では「スターウォーズ」はイマ...... [Read More]

Tracked on May 02, 2017 at 01:23 AM

» 「パッセンジャー」☆宇宙の真ん中で愛を叫ぶ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
宇宙船の船内の描き方、近未来のロボットとどれも見事。 来るべき未来に、本当に火星移住計画が現実になるかも・・・と思えてくる、細かいところまで行き届いたディテールの確かさに酔いしれる。 だとしても・・・・・私は絶対宇宙船には乗らない!!... [Read More]

Tracked on May 24, 2017 at 12:50 AM

» パッセンジャー [銀幕大帝α]
PASSENGERS 2016年 アメリカ 116分 SF/ロマンス/アドベンチャー 劇場公開(2017/03/24) 監督: モルテン・ティルドゥム 『ヘッドハンター』 出演: ジェニファー・ローレンス:オーロラ・レーン クリス・プラット:ジム・プレストン マイケル・シーン:ア...... [Read More]

Tracked on August 03, 2017 at 12:54 PM

« イルミネーション系のど自慢 ガース・ジェニングス 『SING』 | Main | ゴ・リ・ランド ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 『キングコング 髑髏島の巨神』 »