« 無情なる潮干狩り マルティン・サンフィリート 『ヒトラーの忘れもの』 | Main | Pratt安心! 宇宙旅行 モルテン・ティルドゥム 『パッセンジャー』 »

April 24, 2017

イルミネーション系のど自慢 ガース・ジェニングス 『SING』

20170415_162223今年の春休みシーズンを征したのは、驚くべきことにドラえもんでもなくディズニーでもなくイルミネーション・エンターテインメントのこの作品でした。『SING』、紹介いたします。

動物たちが暮らす街で劇場のオーナーをしているコアラのムーンは、人格にやや問題はあるもののショービジネスに対して並々ならぬ夢と情熱を抱いていた。いよいよ劇場がピンチになった時、ムーンは起死回生の案として町の住民たちによる歌唱コンテストを企画する。しかし秘書のカメレオンがうっかり賞金の額を一桁多く書いてしまったため、コンテストは早くも波乱含みに…

予告を見た時にはそれほどそそられなかったこの作品。だって動物たちののど自慢大会って、いまひとつ花がないというか地味というか。去年派手に楽しませてくれた『ズートピア』があっただけにね。
それがなぜ観に行ったかといえば、ひとつには単に評判がいいから。もうひとつには『銀河ヒッチハイクガイド』『リトル・ランボーズ』のガース・ジェニングスが監督を務めていると聞いたので。日本で作品が公開されるのはかれこれ7年ぶり。最近どうしてるのかな~って時々思ってたんですよ。ただ『銀河ヒッチハイクガイド』との共通点を一生懸命探してはみたんんですが、皮肉っぽくてカラッとしたギャグセンス以外あんまり見当たりませんでした。『リトル・ランボーズ』の方とは「障害にあっても夢を諦めない」ストーリーが多少似てはおりましたが。

それはともかく実際に鑑賞してみたら予想以上の出来に感心してしまいました。確かに地味には地味なのです。我々と変わらぬ様々な悩みを抱えた等身大の人物…じゃなくて動物たちが織り成す物語なのでね。しかしそれだけに個々のキャラがきわめて身近に感じられるし、彼らが目標の実現のためにがんばる姿には理屈抜きで応援したくなります。ところがこの映画、中盤過ぎまではかなりサド的というか、キャラクターたちへの追い込みっぷりが半端じゃありません。そのあまりの非情な展開に「こりゃどう考えてもライブ開催は無理だろ」と、あきらめのいい人生に疲れたおじさんは思ってしまいました。

あと目立っていたのはムーンさんとネズミの歌手・マイクの問題児っぷり。まあなんというかイルミネーションの主人公たちは反社会的な輩が多いですね。それこそがディズニーとちょっと違うところであり、アカデミー長編アニメ部門から敬遠される所以なのかもしれません。ただムーンさんは欠点と同じくらい良い特質ももっていますし、劇中にある体を張った洗車シーンを見てしまったら、もう愛さずにはいられません。マイクの方は「愛すべき」とまではいきませんが、主人公サイドなのに最後まで成長せずに嫌味を垂れまくるそのキャラは異彩を放っていました。

そしてなんといっても見事なのは『SING』 という題だけあって歌唱シーンが大変楽しい。ずっと地味臭かった話がクライマックスのステージで一気に花開いていいきます。どの歌も大変聞いていて心地よかったですが、自分がとりわけ気に入ったのはなぜかヤマアラシのアッシュちゃんがトゲを飛ばしながら歌う「Set It All Free 」だったりして。劇中で好きなナンバーであるクイーンの「Under Pressure」が流れたのも嬉しゅうございました。

Kanbanそれにしてもイルミネーションのアニメが公開されるたびなんでこんなに日本でうけているのか、いまひとつ謎であります。この社名、まだそんなにこちらでは浸透してないと思うんですが。それとも「ミニオンのスタッフが贈る!」と言われると、一般のファミリー層はぐっとひきつけられるんでしょうかね。とりあえず『SING』はまだ大ヒット公開中。夏には『怪盗グルー』の第3作もスタンバイしております。

|

« 無情なる潮干狩り マルティン・サンフィリート 『ヒトラーの忘れもの』 | Main | Pratt安心! 宇宙旅行 モルテン・ティルドゥム 『パッセンジャー』 »

Comments

スカヨハが歌うのでは見ざるを得まい。

Posted by: ボー | April 25, 2017 at 07:11 AM

そうなんですよね。予告編の印象では、単に動物が歌をうたうだけのようで、そんなの観なくていいかと思ってしまいました。危ない、危ない、映画は観てみないと判りません。

Posted by: ナドレック | April 27, 2017 at 08:38 PM

>ボーさん

すいません。吹替えで観ました… 長澤まちゃみもよかったですよ!

Posted by: SGA屋伍一 | April 27, 2017 at 10:54 PM

>ナドレックさん

時々予告で損してる映画ってありますよね。ともあれこの映画は大ヒットしてるので、結果的にあの予告でよかったってことなのか…?

Posted by: SGA屋伍一 | April 27, 2017 at 10:55 PM

現在、すずさんの実家あたりに出没中
3日あたりまでいてるZE

カイテキシングって・・・・・・・wwwww

実はイオンシネマのポイントカードの策略で
ローグワンと「この世界の〜」後何見ようか考えていて
これとナマイキなアライグマが出てくるSFあたりを意識してたな。


Posted by: まさとし | May 02, 2017 at 09:36 AM

>まさとしさん

返事がめちゃくちゃ遅れてすいません…
広島に行っておられたのですか。カープはちょうど快進撃がひと段落ついてきたころですね。「この世界~」はまだ上映してるところがあるみたいで大したものです
とりあえずヤクザなコアラのアニメおすすめですよ。アライグマも今週土曜みてきます

Posted by: SGA屋伍一 | May 11, 2017 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/65192719

Listed below are links to weblogs that reference イルミネーション系のど自慢 ガース・ジェニングス 『SING』:

» 「SING/シング」 [或る日の出来事]
スカーレット・ヨハンソンさんの声で観たいがために、字幕版上映館を探した。 [Read More]

Tracked on April 25, 2017 at 07:05 AM

» 『SING/シング』の素敵な仕掛け [映画のブログ]
 『SING/シング』は抜群に楽しい映画だった!  それはキャラクターたちが個性的だから?  オリジナルを含む62曲もの歌が素晴らしいから?  いずれもそのとおりだが、それだけではない。  シンプルでツボを押さえたこの映画には、とても素敵な仕掛けがある。  長編アニメーション映画にあまり制作費をかけないイルミネーション・エンターテインメントの作品だから、本作も比較的低予算の75...... [Read More]

Tracked on April 27, 2017 at 02:29 AM

» 映画:シング SING 「怪盗グルー」「ミニオンズ」制作 Illumination のシリーズ中、最高に楽しめるゴキゲンな音楽映画! [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
「怪盗グルー」「ミニオンズ」が大ヒットになった、Illumination の新作。 今回も前作「ペット Pets 」と同様に、動物もの。 だがただのペットと違い、こちらは「ズートピア」同様の動物キャラたちの現代社会。 そしてメインプロットは、動物キャラたちの歌! 主人公のコアラは劇場の支配人で、経営の起死回生に、アポロシアターじゃないが アマチュアの歌唱コンペティションを思いつく。 写真のように豪華(笑)な顔ぶれ。 そしてこのオーディションを通して集められたコンテ... [Read More]

Tracked on May 02, 2017 at 01:22 AM

» SING/シング [銀幕大帝α]
SING 2016年 アメリカ 108分 ドラマ/コメディ/ミュージカル 劇場公開(2017/03/17) 監督: ガース・ジェニングス 『リトル・ランボーズ』 脚本: ガース・ジェニングス 声の出演: マシュー・マコノヒー:バスター・ムーン リース・ウィザースプーン:ロジータ セス・マクファーレン:マイク スカーレット・ヨハンソン:アッシュ ジョン・C・ライリー:エディ タロン・エジャトン:ジョニー トリー・ケリー:ミーナ ニック・クロール:グンター ガース・ジェニングス:ミス・クローリー ... [Read More]

Tracked on August 04, 2017 at 03:21 PM

« 無情なる潮干狩り マルティン・サンフィリート 『ヒトラーの忘れもの』 | Main | Pratt安心! 宇宙旅行 モルテン・ティルドゥム 『パッセンジャー』 »