« 女には向かないとはかぎらない職業 『エージェント・カーター』シーズン1なんちゃって総解説 | Main | ナニワ陰陽道 奥浩哉・さとうけいいち 『GANTZ:0』 »

October 31, 2016

舞浜の空、再び 下田正美 『ゼーガペインADP』

20161017_134546皆さんは『ゼーガペイン』というアニメをご存知でしょうか。『ガンダム』で知られるサンライズが10年ほど前に作った硬派なSF作品で、一部のファンには大変高い評価を得たものの、世間一般に大ブレイクというほどにはいかず、以後ひっそりと「よかったよね…」と語られ続けておりました。わたしも放映時こんな記事を書いたりしてました。その『ゼーガペイン』が放映10周年を記念して、限定ながら特別編が劇場公開されることになりました(もう終了しましたが…)。『ゼーガペインADP』、ご紹介します。

舞浜南高校に通うソゴル・キョウは快活な男子生徒。自分以外部員がいない水泳部をなんとか存続させようと日々奮闘していた。そんな風に学校生活を謳歌しながらも、キョウは知っていた。その世界が巨大なコンピューターの中の仮想世界だということを。人類はすでにほろび、自分たちはサーバーに蓄えられた電子情報にすぎないということを。そしてこの世界は4か月に一度リセットされ、無限に同じ時間をループしなければならないということを…

企画のニュースを聞いたとき、てっきり旧作の映像を再編集した特別編になるのかと思いましたが、嬉しいことに流用もあるもののほぼ新作映画と言っていい内容になっていました。TVシリーズではオリジナルの「ソゴル・キョウ」が大破し、復元体が目覚めてからが物語のスタートとなっていました。対して『ADP』ではオリジナルのキョウがどんな日々を、戦いを続けていたのかが描かれます。早い話が前日談ですね。

先の記事でも書きましたが、『ゼーガペイン』は要するに『マトリックス』です。ただあちらでは辛うじて肉体が存在していましたが、『ゼーガペイン』ではそれすらなく、人間はプログラムとホログラムの融合体と化しています(それを「人間」と呼べるならばの話ですが)。キョウたちは肉体を取り戻すべく、人類を滅ぼした元凶に対して絶望的な戦いを挑むことになります。
この度再びその世界に触れて一層強く感じたのは、その「喪失感」。容量に限界があるため、舞浜サーバーは定期的に4か月前に時間が巻き戻されることになります。まるで短いスパンのRPGを何度も何度も繰り返しプレイするように。せっかくがんばって成し遂げた友達との仲直りも、大切な思い出もすべて「なかったこと」になってしまう。さらに状況が切迫するにつれ、周りにいた大切な人も少しずつ消滅していく。持ち前の明るさでれらを偲んでいたキョウの精神も、だんだんと疲労と虚無感にむしばまれていきます。それでも誰にもその悲しみをぶつけずに、黙々と戦い続けるソゴル君。劇中のセリフにもありましたが、「なんでもかんでも自分一人で抱え込んでしまう」ところが彼のいいところであり、悲しいところでもあり。十年経ってそんな変わることないソゴル君に再び会えて、おじさんは暗闇の中ハラハラと涙を流しておりました。

気になった点も幾つかあります。まず場面転換が非常にチャカチャカしていてめまぐるしい(もう1時間あれば…)。TVシリーズよりも前の時系列にも関わらず、世界観の説明がわかりにくく一見さんにはちょっときついかと思われます。あとこの作品のテーマが際立てば際立つほど、人型ロボット「ゼーガペイン」の存在意義がどんどん薄くなっていきます。別に人型でなくても、巨大なマニピュレーターでも戦闘機でも十分成立する話なんですよね(まあそれは大半のリアルロボットアニメに言えることですが)。
それでもやっぱりわたしはこの儚げな世界でつづられる喪失の物語が好きで好きで好きでたまりません。しつこいようですが今回またキョウやシズノやカミナギ、シマやルーシェンやクラゲやオミズやトミガイ君や水泳部の面々や「舞浜」の懐かしい風景に出会えて本当にうれしかったです。

Zgp1『ゼーガペインADP』は11月にDVDが発売予定。大概ネタバレしといてなんですが、やっぱりこの特別編はTVシリーズの後に観た方がより感慨深いかも。そんなわけで少しでも興味を持たれた方はバンダイチャンネルやfuluなどで全26話鑑賞されてください。だまされたと思って…


|

« 女には向かないとはかぎらない職業 『エージェント・カーター』シーズン1なんちゃって総解説 | Main | ナニワ陰陽道 奥浩哉・さとうけいいち 『GANTZ:0』 »

Comments

難しかったよ。

Posted by: ふじき78 | October 31, 2016 at 10:34 PM

>ふじき78さん

だからテレビ版を観て勉強してください!

Posted by: SGA屋伍一 | November 01, 2016 at 09:00 PM

>ふじき78さん

そちらにコメントお返しにいったらなぜかはじかれてしまいました。過激なワードも入れてないのですが…

Posted by: SGA屋伍一 | November 01, 2016 at 09:06 PM

こんちは、ふじきです。
コメントについては過去、違法宣伝に使われたTBやコメントのIPを拒否してる事を除けば、文言が卑猥だろうが何だろうが、ユーザーとしては禁止にしていません。
もしかしたら、ライブドアで11/1からガラケーからのコメント付与が出来ないという予定になっていたので(それは中止になった)コメント機能そのものが不安定になってるのかもしれません。何かの折に遊びに来た時にまた、試してみてください。

Posted by: ふじき78 | November 01, 2016 at 09:24 PM

え、これ映画やってたんだ・・・・・・・・・。

いつもながら見て無いくせに
何故かストーリは把握してるんだよな(おい。

個人的にはカミナギリョーコに始まり
守凪了子に至り、かみなぎりょーこで終わる・・・・。
そのこころは・・・・・・・・

なんか、こんな感じの美少女に弱かった
・・・・・・・・・んで
なんかホビー店でこの娘のフィギュア見つけて
つい買っちゃった思い出を・・・・・・・・・・。

Posted by: まさとし | November 19, 2016 at 10:12 AM

>まさとしさん

おお、ゼーガペインご存知でしたか。映画というかDVD発売記念上映みたいな感じでした
カミナギに関しては『トライガン』の内藤先生が「美少女フィギュアはほとんど買ったことないのについ手が出た」とおっしゃってましたので、ある種のファンを強く吸引するようですね
中の人がこの時まだデビュー間もないころで、ちょっと演技が平坦だったのがまた味になってました

Posted by: SGA屋伍一 | November 20, 2016 at 09:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/64410420

Listed below are links to weblogs that reference 舞浜の空、再び 下田正美 『ゼーガペインADP』:

» 『ゼーガペインADP』を新宿ピカデリー7で観て、すんげーの観た感ずっしりふじき★★★ @pad299 [ふじき78の死屍累々映画日記]
▲とりあえず、こいつが男子水泳部員なんだが、  男子の水着を見て興奮したりはしないからな。  というか、あの設定はどこまで大事なのかが  総集編である今回だけ見てると ... [Read More]

Tracked on October 31, 2016 at 10:34 PM

« 女には向かないとはかぎらない職業 『エージェント・カーター』シーズン1なんちゃって総解説 | Main | ナニワ陰陽道 奥浩哉・さとうけいいち 『GANTZ:0』 »