« 光あるところに亀がある デイヴ・グリーン 、『ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影』 | Main | DC悪党列伝 デイビッド・エアー 『スーサイド・スクワッド』 »

September 22, 2016

超合体神セトバトラー アレックス・プロヤス 『キング・オブ・エジプト』

Koe1独特な映像センスが異彩を放つ豪州の映画監督アレックス・プロヤス。これまでSFっぽい作品を主に手掛けてきましたが、今回はファンタジーの世界に挑戦を試みています。『キング・オブ・エジプト』、ご紹介します。

その昔、エジプトでは神と人が共に交わって暮らしていた。神は人よりも大きな体と様々な超能力を有し、支配者として民衆の上に君臨していた。長く王座についていたオシリス神はある折、息子のホルスにその地位を譲ることを決める。だがオシリスの弟セトはそれを快く思わず、王位を簒奪。兄を殺し、甥を辺境へと追放する。セトの圧政は人々を苦しめ、それがもとで盗賊ベックと妻ザヤの絆は引き裂かれてしまう。ベックは妻を取り戻すために、失墜したホルスの力を借りようとするが…

まず注目すべきはたぶん映画で初めてエジプト神話を映像化したというとこですね。これまでファラオとかミイラとかを題材にした作品はそれなりにありましたが、ホルスやセトの物語を大々的に映画でやった例はなかったと思います。
ただこのエジプト神話、オシリスがバラバラ死体になるもののあの世でくっついて復活したとか、そのまんまやると娯楽作品としてはお客さんがついていけなくなる可能性があります。そこで多くの人が親しめるエンターテイメントにするべく、様々なアレンジがされていました。
ひとつにはオリジナルの人間キャラ・ベックを用意することによって。神様だけだと話に入りづらい感じがしますけど、わたしたちと同じ人間のキャラが主人公をつとめるならばぐっと感情移入もしやすくなるというもの。このベックがホルスとコンビを組むことでバディものとしても楽しめるようになっています。

で、神話のホルス神はまんま鳥の頭をしている変わった神様なのですが、この映画ではいざという時全身金ぴかの鳥人間に変身できるという思い切った設定になっています。古代の神話や英雄譚は現代のヒーローものの原型とよく言われますが、この『キング・オブ・エジプト』も一種のヒーロー映画として観られなくもありません。ただお話の序盤でホルスは早々と変身能力を失ってしまいます(笑) 変身できなくなった高慢な英雄が色々学んで、その力をいかにして取り戻すか。この映画はそんなヒーローの成長物語でもあります。

プロヤス監督のこれまでの作品は『アイ・ロボット』とか『ノウィング』とか暗い雰囲気のものが多かったように思えます。『キング・オブ・エジプト』にも少し物悲しい要素はあるんですが、それ以上に「楽しさ」を追求するカラーが目立っていました。冒険・超人・怪人・怪獣・合体・変身・バトル・おっぱい・魔法・謎解き・超アイテムとよくもこんだけ中二さんたちが好きなものをかき集めたな、という感じです。
なかなか一からオリジナルものを作るのはむずかしい。この『キング・オブ・エジプト』も一応「エジプト神話」という原作があります。金ぴかの神様やその他の演出もどこかで見た気がしないでもありません。しかしプロヤス監督はいろんなところからモチーフをかき集めて、なんとかオリジナル色の強いものをこしらえようと腐心しております。リメイクや続編ものがひしめいている映画業界にあって、そういった努力はもっと評価されていいんじゃないかな…と思いました。ちなみにわたしがこの映画で特にオリジナルを感じたのは巨大フンコロガシの馬車とかですね(笑) あと毎晩太陽の船で魔物を退治しにいくラーじいさん。センスがぶっ飛び過ぎててちょっと吹き出しちゃいましたが、なかなか強烈なインパクトでした。

Koe2『キング・オブ・エジプト』は現在全国の映画館で上映中ですが、客入りは微妙な様子。エジプト好きにはたまらんと思うのですが。それとも日本にはエジプト好きってそんなにいないものなのでしょうか。
ちなみに「世界20か国で初登場1位!」をうたってますが、製作費がかかりすぎたためかそれでも大赤字なようです(^_^; 映画ってむずかしいですねえ~


|

« 光あるところに亀がある デイヴ・グリーン 、『ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影』 | Main | DC悪党列伝 デイビッド・エアー 『スーサイド・スクワッド』 »

Comments

本作の脚本家コンビが来年公開の『パワーレンジャー』も手掛けているのは、やっぱり変身ヒーロー志向なんでしょうね。

Posted by: ナドレック | September 23, 2016 at 07:40 PM

>ナドレックさん

調べてみたらこの二人『ドラキュラZERO』とかも手掛けてるんですね。いまのところヒットにめぐまれてないようですががんばってほしいものです

Posted by: SGA屋伍一 | September 25, 2016 at 09:40 PM

アレックス・プロヤス監督、次の作品も「おっぱい」アイテムを忘れずに取り込んでくれるといいなあ。

Posted by: ふじき78 | October 09, 2016 at 09:59 PM

>ふじき78さん

アイ・ロボットやノウィングはそんなにおっぱい出てなかったんですがね。プロヤス監督になにがあったのでしょう

Posted by: SGA屋伍一 | October 10, 2016 at 09:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/64234544

Listed below are links to weblogs that reference 超合体神セトバトラー アレックス・プロヤス 『キング・オブ・エジプト』:

» 『キング・オブ・エジプト』の見たこともない世界 [映画のブログ]
 なんてもったいない!  極めて特徴的な原題があるのに、『キング・オブ・エジプト』という平凡な邦題になってしまったのは残念だ。  しかも本作の惹句は、次のようなものだ。   <神の眼>を盗んで   エジプトの王座を奪え!  これではまるで、<神の眼>を盗んでエジプトの王座を奪う話みたいではないか!  公式サイトのストーリー紹介には、「鍵を握るのは、奪われた恋人を救うため立...... [Read More]

Tracked on September 23, 2016 at 07:40 PM

» 『キング・オブ・エジプト』を109シネマズ木場5で観て、おおおふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
▲スフィンクス、ジェシー・アイゼンバーグに似てません? 五つ星評価で【★★★★嘘エジプトが最高】 何かもう単純にアレックス・プロヤスの脳内エジプトが面白くてたまらな ... [Read More]

Tracked on October 09, 2016 at 10:00 PM

» キング・オブ・エジプト [銀幕大帝α]
GODS OF EGYPT 2016年 アメリカ 127分 アドベンチャー/アクション/ファンタジー 劇場公開(2016/09/09) 監督: アレックス・プロヤス 『ノウイング』 製作: アレックス・プロヤス 出演: ニコライ・コスター=ワルドー:ホルス ブレントン・スウェイツ:ベック チャドウィック・ボーズマン:トト エロディ・ユン:ハトホル コートニー・イートン:ザヤ ルーファス・シーウェル:ウルシュ ジェラルド・バトラー:セト ジェフリー・ラッシュ:ラー レイチェル・ブレイク:イシス... [Read More]

Tracked on February 06, 2017 at 08:59 PM

« 光あるところに亀がある デイヴ・グリーン 、『ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影』 | Main | DC悪党列伝 デイビッド・エアー 『スーサイド・スクワッド』 »