« チェコアニメ泥酔編 ヤロスラフ・ハシェク イジー・トルンカ 「兵士シュヴェイク」シリーズ | Main | タイムハザードⅡ(?) ジェームズ・ボビン 『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』 »

July 04, 2016

古谷実に関してはちょっと偉そうに語らせてもらいたい 古谷実・吉田恵輔 『ヒメアノ~ル』

Tokatyan1『稲中卓球部』で人気を博し『ヒミズ』でセンセーションを巻き起こした異能の漫画家・古谷実。その古谷氏の1作品がこの度映画化されて多くの人から絶賛を浴びています。『ヒメアノ~ル』、ご紹介しましょう。

清掃員として平凡な日々を送る青年・岡田は、ある日先輩の安藤から「自分の運命の人(だと思い込んでる)」カフェ店員・阿部ユカとの間を取り持ってほしいと頼まれる。半ば無理やり付き合わされる形になった岡田は、ユカにストーカーらしき男がいることを知る。その男は偶然にも岡田の高校時代の同級生・森田だった。

わたくし古谷先生の漫画にはそれなりにずっとつきあっております。『稲中』『僕といっしょ』『グリーンヒル』とギャグ路線を歩んでいた古谷先生が、またギャグか…と思わせて恐ろしいほどの毒気を吐き出したのがやはり映画化されている『ヒミズ』。さすがにきつかったのか、つづく『シガテラ』『わにとかげぎす』はシリアスムードとギャグを半々に織り交ぜたスタイルとなります。そしてそのあと発表されたのが『ヒメアノ~ル』です。
これも冒頭こそお笑いムードで始まり、ギャグパートもそれなりにあるのですが、サイコパス森田の凶行の描写があまりにも鬼気迫りすぎて笑える場面も笑えなくなるような漫画でした。
当初岡田・安藤が主軸で進んでいたストーリーは途中から完全に森田中心となり、最後の方に至っては「あれ? 岡田君どこいったの?」ってくらい影が薄くなってしまいます。個人的にはその結末は煮え切らない、唐突なもののように思え、「古谷先生も行き詰っちゃったのかなあ」なんて思ったものでした。

だもんで『ヒメアノ~ル』が映画化されると聞いたときには、「なぜこれを?」と大変びっくりいたしました。しかもその評判がけっこういいというから二度びっくりです。最初は完全スルー予定でしたが思い切って観てみることにしました。なるほど、たしかにいろいろ面白かったです。
漫画版よりもよかったのはそれほど密接でもなかった岡田と森田の関係が、こちらではぐっと強い因縁で結ばれていて最後まできっちり絡んでいたこと。同じ学校に通うごく普通の高校生だった二人がなぜこれほどに隔たってしまったのか、際立った対比として描かれています。時折ニュースで見る血も凍るような凶悪犯やテロリスト。そういう凶悪犯もかつてはもしかしたら私たちと穏やかで平凡な人間だったのかもしれない。想像もしたくないような残酷な経験が彼らを悪魔のような人間に変えてしまったのでは…なんてことを考えさせられます。いくらひどい目にあっても変わらない人だっているとは思いますが。
最初は明らかに安藤の方が森田君よりおかしくて危ない人間に見えるのも面白かったですね。そしてストーリーが深刻になっていくにつれ、このムロツヨシ演じる安藤がいやしとなり天使のように見えてくるから不思議でなりません。
ずっとギャグとシリアスがないまぜになっていた原作と違って、映画では突然ギャグからシリアスに転調するのも斬新で印象的でした。それこそごく普通の日常が、突然悪夢のような状態に見舞われることもあるんだな…と背筋が寒くなりましたですよ。

Hmanというわけで胃袋にズシリと来る意欲作でありました。あまりに重くてわたしはちょっと疲れちゃったりもしたんですけど(^_^;
ちなみにこのあと古谷先生は『サルチネス』で『稲中』とはまた違った完全ギャグの作品を手掛けられます。やっぱ自分はこういう方が好きだなあ。そしていま『イブニング』誌で連載中の『ゲレクシス』が、完全にいっちゃってる感じのギャグ漫画でこれまた面白い! 気になった方はそちらも手に取って読まれてみてください…ってまだ単行本化されてなかったか。 


|

« チェコアニメ泥酔編 ヤロスラフ・ハシェク イジー・トルンカ 「兵士シュヴェイク」シリーズ | Main | タイムハザードⅡ(?) ジェームズ・ボビン 『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』 »

Comments

伍一くん☆こちらにも
へー!?もとはギャグマンガだったのね?
この映画をみるかぎりでは、ほのぼのはしていても全ギャグのイメージなかったけど・・・
胃にずしりときたわーみんないい味出してました。

Posted by: ノルウェーまだ~む | July 16, 2016 at 05:36 PM

>ノルウェーまだ~むさん

実は原作では岡田君の凶行と並行して、安藤さんの別の恋バナがえんえんと続いたりします
それはそれでゆるくて面白かったんですが、お話が空中分解している感は否めませんでした(^_^;

Posted by: SGA屋伍一 | July 16, 2016 at 10:59 PM

『ゲレクシス』はもう人間の話に戻らないんですかね? 何か行き当たりばったりで描いてるようにしか見えない(古谷先生のマンガ通して読んだことない)。

Posted by: ふじき78 | August 05, 2016 at 08:39 AM

>ふじき78さん

また主人公がかわいこちゃんに勝手に好かれる展開になるかと思いきや、完全にラリッちゃってますね。ゲレクシス。たぶんいきあたりばったりですよ

Posted by: SGA屋伍一 | August 08, 2016 at 08:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/63867558

Listed below are links to weblogs that reference 古谷実に関してはちょっと偉そうに語らせてもらいたい 古谷実・吉田恵輔 『ヒメアノ~ル』:

» 「ヒメアノ~ル」☆最後に大粒の涙一つ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ざわざわしてみぞおちの辺りがぎゅーっとなって、不穏なドキドキが見終ってからも止まらない。 映画としての完成度がこの上もなく高い映画。 予告編の期待度をはるか超えて、そして最後に一粒の涙がポロリ。... [Read More]

Tracked on July 16, 2016 at 05:37 PM

» 『ヒメアノ〜ル』を東宝シネマズ日本橋1で観て、吉田恵輔らしい順当な仕上がりだけど過度には褒めないぞふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
▲公式HPからひったくってきた「私の好きな人岡田さんです」の佐津川愛美ちゃん。ジャニーズ・ガードが固くて画像少ないんだよね。 五つ星評価で【★★★吉田恵輔らしくキッ ... [Read More]

Tracked on August 05, 2016 at 08:40 AM

» ヒメアノ~ル [銀幕大帝α]
2015年 日本 99分 サスペンス/コメディ R15+ 劇場公開(2016/05/28) 監督: 吉田恵輔 『純喫茶磯辺』 原作: 古谷実 脚本: 吉田恵輔 出演: 森田剛:森田正一 濱田岳:岡田進 佐津川愛美:阿部ユカ ムロツヨシ:安藤勇次 <ストーリー> ビル清掃会社のパ...... [Read More]

Tracked on November 19, 2016 at 03:06 PM

« チェコアニメ泥酔編 ヤロスラフ・ハシェク イジー・トルンカ 「兵士シュヴェイク」シリーズ | Main | タイムハザードⅡ(?) ジェームズ・ボビン 『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』 »