« 大霊界2016 宮藤官九郎 『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』 | Main | サカナはあぶれたタコでいい アンドリュー・スタントン 『ファインディング・ドリー』 »

July 24, 2016

20年目の独立やり直し ローランド・エメリッヒ 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

Calendarnewsima42016720年前世界的なヒットを飛ばしたアホバカSF大作が、満を持して帰ってきました。監督はローランド・エメリッヒそのままの『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』、ご紹介します。

1996年、かつて経験したことのない宇宙人の大侵略を辛うじて退けた人類は、国家の枠を越え協力し合い、次なる襲来にそなえていた。だがそんな努力をあざ笑うかのごとく、月の前線基地に突如として前回をはるかに上回る巨大円盤が出現する。またしても訪れた絶体絶命の危機に、かつて地球を救った英雄たちと、その子供たちが立ち向かう。

前作『インデペンデンス・デイ』(以下ID4)はかなり思い入れの深い映画です。何度か書いてますがそれ以前は「映画なんてたけーよ、そうそう1800円も払っていられっかよ」という人間でしたが、ID4を観てからは「やっぱりでっかいものはでっかいスクリーンで観なくてはいけないんだな…」ということに気づき、それから映画館通いがはじまってしまいました。いまは別にでっかいものが出てこなくても気になったら映画館で観るようになってしまいましたが、とにかくID4はわたしにとってそんな恩人のような沼の入り口のようなそんな映画です。そのID4が20年の時を経て帰ってくるというんですから、こりゃあ張り切らないわけにはいきません。

で、結論から申しますと今回も面白かったです。ウリはまず前回よりさらにスケールアップした巨大円盤ですかね。「とにかくでかけりゃいいんだよ」というエメリッヒ監督の高笑いが聞こえてくるようです。ほかにも宇宙人の技術を取り入れた新型メカとか、敵のボス的存在であるクイーン・エイリアン(のようなもの)、ビッグサイズのポケモンボールみたいな謎の物体など、一生懸命新要素を取り入れて楽しませてくれます。

ただ前作と比べてしまうと、大幅にパワーダウンしてしまったのは否めませんかね(^_^; 基本的にやってることは1作目とおんなじなんですけど、なんというか微妙に燃えるポイントをはずしてしまったというか。たとえば前作は立場の違う三人の男が奇妙な偶然で邂逅し、一致団結して綱渡りのようなミッションに挑むところがよかった。そして彼らとは別にみんなからバカにされてたじいさんが、本当にいいところをもっていって華々しく散るところが泣けました。そして難攻不落だった巨大円盤が作戦の甲斐あってド派手に爆発するところにスカッとしたわけです。
ところが今回はこういう燃えポイントがことごとくないか薄味でした。まああの月くらいはあろうかという円盤は、落としちゃったら巨大隕石衝突くらいの大惨事になりかねないので、落とすに落とせないという事情もわかるんですけどね。

あとエメリッヒ監督はこの映画の公開直前に「スーパーヒーロー映画なんか全然面白くない」という挑発的な発言をされてました。それにむかついたわけじゃありませんけど、いまどきヒーロー映画でさえ「本当の正義とはなんなのか? 正義というのはそれぞれの主観でしかないのでは?」というテーマに挑んでいるわけです。現実に各国の正義を巡って世界ではテロ事件も起きてるわけですからね。そういうことを考えると、わたしも二十年前と比べるとさすがにちょっと分別臭くなったせいか、この映画の「異物は片っ端からぶっ殺せ! ぶったおしたら次は攻め込んじゃれ!」というノリにはややついていき難かったりして。

Pokemon4300x350あれ… 気が付いたら愚痴が多くなっちゃったな(^_^; 取り繕うようですが今回も楽しめたのは確かですし、なによりわたしの映画道の原点であるID4の続編ときたら、応援しないわけにはいかないのです。そうだ、もうひとついいところありました。てっきり「続編につづく」と終わるのかと思ったら、一応リサージェンスはリサージェンスで切りよく終わってくれたことです。えらいぞ!
エメリッヒ監督はこの映画に登場した若い世代が宇宙へ飛び出していく第三作も製作希望とのこと。大宇宙だったらどんなでかい円盤破壊してもあまり支障ないですしね! そんな監督の次回作はいまのところ月が地球に激突しそうになる話だそうです。んっとーにこの人もかわんねーな~~~ 好き!


|

« 大霊界2016 宮藤官九郎 『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』 | Main | サカナはあぶれたタコでいい アンドリュー・スタントン 『ファインディング・ドリー』 »

Comments

次回作は地球に月落下ですかww

まあ、もともと月は地球の一部が集まって出来たらしいから、元に戻るってことなのかなあ(^_^;)
スーパーヒーロー映画に対するエメ監督の批判はなんとなくわかるなあ。多分シビルウォーといい頭でっかちすぎると思ってるんですよ。映画はもっと頭悪くていいだろ!みたいなw
実際頭の悪い映画でしたけど、なんかジェフさんを見せてくれただけでオールドジュラシックパークファンには大満足でした。

Posted by: ゴーダイ | July 24, 2016 at 11:00 PM

>ゴーダイさん

まあいろいろ文句言っちゃったけど、月が地球にぶつかる映画よりはID4の3作目が観たいですね
エメリッヒの言いたいこともわかるんだけど、それだったら1作目並みのカタルシスを感じさせてほしかったなあ。頭悪くてももっと楽しませてほしい。木久扇師匠みたいに(あっ)
しかしあなたは本当にゴールドブラムが好きねえ

Posted by: SGA屋伍一 | July 26, 2016 at 09:47 PM

(๑≧౪≦)てへぺろ

Posted by: ゴーダイ | July 27, 2016 at 05:50 PM

>ゴーダイさん

大概遅レスだが「てへぺろ」が許されるのは十代の女子だけだ!!

Posted by: SGA屋伍一 | August 04, 2016 at 10:55 PM

地球が月に落下するほうがいい。

Posted by: ボー | August 06, 2016 at 05:41 AM

>ボーさん

あー………
コロンブスの卵みたいな?

Posted by: SGA屋伍一 | August 08, 2016 at 08:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/63962006

Listed below are links to weblogs that reference 20年目の独立やり直し ローランド・エメリッヒ 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』:

» 「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」 [或る日の出来事]
観た後の満足感、皆無。 [Read More]

Tracked on July 28, 2016 at 10:40 PM

« 大霊界2016 宮藤官九郎 『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』 | Main | サカナはあぶれたタコでいい アンドリュー・スタントン 『ファインディング・ドリー』 »