« アンドロイドでも大丈夫じゃない アレックス・ガーランド 『エクス・マキナ』 | Main | チェコアニメ泥酔編 ヤロスラフ・ハシェク イジー・トルンカ 「兵士シュヴェイク」シリーズ »

June 27, 2016

クローバー畑で捕まえられて ダン・トラクテンバーグ 『10クローバーフィールド・レーン』

20090910184612みなさん2008年の『クローバーフィールド』という映画を覚えているでしょうか。当時は謎が謎を呼ぶ宣伝形式がそれなりに話題になったりしていました。怪獣映画であるにも関わらず、最初から最後までいわゆるPOV形式だったのも印象的でした。画像は劇中でチラチラ断片しか映らなかった主役の怪獣です。その『クローバーフィールド』から8年。抜き打ちのようにしてあいつが帰ってきた…のかな? 『10クローバーフィールド・レーン』、ご紹介します。

恋人と別れて車で疾走していたミシェルは事故に合い気を失う。彼女が目覚めるとそこは見知らぬ一室で片足は鎖でつながれていた。やがて部屋に一人の男(演ジョン・グッドマン)が入ってきた。おびえるミシェルに男は周囲は毒ガスで汚染されてしまったので、しばらくこのシェルターに避難するよう告げるのだが…

前作?の感想はこちらなんですが、久しぶりに読んでみたらなかなかひどい文章でわけのわからないこと書いてたので、あえて読まないようお願いします。
この続編?、実に変わった形で世に出てきました。普通メジャー洋画の続編というものは2年くらい前から企画が発表されて期待をあおるものです。ところが『10クローバーフィールド・レーン』の製作が明かされたのはわずか半年前。「実はこっそりこんなもの作ってました!」的な発表で世界中の映画ファンの度肝を抜きました。
ただ2014年ごろ、J.J.エイブラムスらが『ザ・セルラー』という映画を製作することが発表されていたのですが、この『ザ・セルラー』のキャストやあらすじが『10クローバー~』と全く一緒なんです。つまりまったく独立した映画を作ってるように見せかけて、実は『クローバーフィールド』とつながったお話をこしらえていたわけですね。やってくれたなJJエイブ! くわしくはこちらの杉山すぴ豊さんの記事をごらんください。

さて、そうなるとどうしても期待してしまいますよね。怪獣を。ではさぞや怪獣が大暴れするかというとこれが … … … よくも悪くも怪獣よりもジョン・グッドマンの方が目立っていたと言わざるを得ません。
一言で言うとこれは「ジョン・グッドマンをどこまで信じられるか?」という映画です。
ジョンさんてちょっとでっぷりしてるけど優しそうだし笑顔もさわやかだし、いい人の役をいっぱいやってるのでこの映画でもいい人だと信じたいんです。なんせ名前も「グッドマン」ってくらいだし。たとえ見ず知らずの女性をいきなり手錠でつないだりしたとしても。
実際彼が演じるハワードは多少情緒不安定だったり挙動不審だったりはしますが、それなりに懐も大きそうだしミシェルを心配してるようにも見える。微妙に怪しげでも彼の「周囲に怪しいものがうろついている」という言葉も本当なのでは…と思えてきます。だってそうじゃないと『クローバーフィールド』とつながらないし。そんな風にハワード=グッドマンの一言一言、一挙手一投足に心が揺れ続ける約100分でした(怪獣は?)。

シェルターの中にはもう一人エメットという若い男がおります。この男も最初いかにもちゃらくて胡散臭げなのですが、彼の背景がわかってくるとだんだん親しみがわいてくるし、わりかしきれいな顔をしてることに気づきます。演じるジョン・ギャラガーJr.は少し前の『ショート・ターム』でも似たような印象でした。

ちなみにこの『10クローバーフィールド・レーン』、ハリウッド映画としてはけっこう低予算の部類に入ります。製作費1500万$だそうなので。比較しますと前作が2500万、『スカイライン』が1000万、『モンスターズ/地球外生命体』が50万、今度やる『インデぺンデンス・デイ:リサージェンス』が2億です(^_^; SF映画の予算もめちゃくちゃはばがありますねい。その低予算が功を奏したのか、本国では中ヒットながらもすでに世界で製作費の十倍近くを稼いでいる模様。JJがまたなんか変わったアイデアを思いついたら、「クローバーフィールド」の世界の別のお話が観られるかもしれません。観たいな!

C10rただこの映画、日本では初登場で10位以内に入らなかったので早めに終わりそうな予感。興味おありの方は急ぎましょう。夏には直球の怪獣映画(だといいなあ)の『シン・ゴジラ』も公開されますので見比べてみるのも一興かと。


|

« アンドロイドでも大丈夫じゃない アレックス・ガーランド 『エクス・マキナ』 | Main | チェコアニメ泥酔編 ヤロスラフ・ハシェク イジー・トルンカ 「兵士シュヴェイク」シリーズ »

Comments

おもしろかった!
優しげなグッドマンだけど、キレたらバッドマンなんでしょうね。

Posted by: ボー | June 28, 2016 at 11:22 PM

>ボーさん

宇宙人が侵略してきたとしてもグッドマンでいたいものですね!

Posted by: SGA屋伍一 | June 29, 2016 at 10:01 PM

伍一くん☆
グッドマンがgoodマンじゃなかったですねー
前作見てないからなのか、この不穏な映画がとっても面白かったわ。
別の映画を撮り振りをして、こっそり撮っていたのね??

Posted by: ノルウェーまだ~む | July 16, 2016 at 05:30 PM

>ノルウェーまだ~むさん

そういうことです。JJにしてやられました
前作もおもしろいんですが、画面揺れで酔う人にはあんまりおすすめできないんですよね

Posted by: SGA屋伍一 | July 16, 2016 at 10:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/63835538

Listed below are links to weblogs that reference クローバー畑で捕まえられて ダン・トラクテンバーグ 『10クローバーフィールド・レーン』:

» 「10 クローバーフィールド・レーン」 [或る日の出来事]
不穏な雰囲気が途切れず、とても面白かった! [Read More]

Tracked on June 28, 2016 at 11:16 PM

» 「10クローバーフィールドレーン」☆八方塞がりな恐怖 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
結局どこにいても最悪。 主人公と共に観客も、何処へ逃げても最悪の事態であることに、薄々気づきながらも、いちるの望みを持って最後まで観てしまう。 この一体感がたまらない~~ [Read More]

Tracked on July 16, 2016 at 05:30 PM

» クローバーフィールドという繋がりは [笑う社会人の生活]
5日のことですが、 映画「10 クローバーフィールド・レーン」を鑑賞しました。 恋人と別れた女性ミシェルは車を運転中に事故に遭い 気を失う 見知らぬシェルターの中で目を覚まし、そこには見知らぬ男がいた 男ハワードはシェルターの外の世界はすでに滅びたと主張し、...... [Read More]

Tracked on August 26, 2016 at 05:25 AM

» 10 クローバーフィールド・レーン [銀幕大帝α]
10 CLOVERFIELD LANE 2016年 アメリカ 103分 サスペンス/SF/ミステリー 劇場公開(2016/06/17) 監督: ダン・トラクテンバーグ 製作: J・J・エイブラムス 出演: ジョン・グッドマン:ハワード メアリー・エリザベス・ウィンステッド:ミシェル ジョン...... [Read More]

Tracked on October 24, 2016 at 08:54 PM

« アンドロイドでも大丈夫じゃない アレックス・ガーランド 『エクス・マキナ』 | Main | チェコアニメ泥酔編 ヤロスラフ・ハシェク イジー・トルンカ 「兵士シュヴェイク」シリーズ »