« 食べれますん 大岡昇平・塚本晋也 『野火』 | Main | モンスター・チルドレン 細田守 『バケモノの子』 »

August 31, 2015

トムのミッションには不可能という文字がない クリストファー・マッカリー 『ミッション・インポッシブル:ローグ・ネイション』

Mirn2_2
夏休み大作洋画もこれでコンプリートかな~ おなじみトム・クルーズがおなじみのあのヒーローを演じる人気シリーズ第5弾。『ミッション・インポッシブル:ローグ・ネイション』ご紹介します。

世界各国で破壊活動を行っている謎の組織「ローグ・ネイション(ならず者国家)。数々の難事件を解決してきたIMFのエージェント、イーサン・ハントはようやく彼らの手掛かりをつかむが、その矢先IMFはCIAの横やりにより解体。ローグ・ネイションの存在もハントの誤認ということにされてしまう。納得のいかないハントは政府に逆らい、国際指名手配をかけられながらも単独で「ならず者国家」を追いつめようとする。

毎回監督の違う『ミッション・インポッシブル』シリーズ。今回の監督はクリストファー・マッカリーというどちらかといえば脚本の作品の方が多い方。彼がこの前に撮った『アウトロー』も観てみましたが。これがいい意味で地味で渋くて西部劇でもそのまんまいけるような映画でして。5作目の監督に決まったと聞いて「今度の『ミッション~』はぐっと大人の雰囲気になりそうだな」と予想してたらその通りでした。前作『ゴースト・プロトコル』にはほとんどなかったお色気要素も加味されてましたしね(特に太もも)。
あと今回の目新しい点としてはCIAが前面に出てきたところでしょうか。仕事がかぶってて、その上いつも派手な活躍をするIMFみたいな組織があったら、CIAとしてはさぞ面白くないだろうな~と思っていたらやっぱりムカついてたみたいです。ローグネイションの攻撃をかわしつつ、CIAの足引っ張りにも気を配らなきゃいけないんだからハントさん御一行もまことにご苦労なことです。

そんな風に若干カラーの異なるところはありますが、このシリーズもようやく統一性が出てきたというか、ハントのキャラもブレがなくなってきたように感じられます。おそらく3作目からずっとJJエイブラムスが関わっているせいでしょう。ではそのハント君、どんなキャラかというと、「なんとなく坊ちゃんくさい」とでも申しましょうか。きっと育ちがいいんでしょうね。人を信じやすい、よくいえば純真、悪くいえばだまされやすい、そんなキャラです(それってスパイとしては致命的では…)。あと女性に対しても常に距離を取っているというか奥手な様子がうかがえます。
ただそんな人柄が慕われやすいのか、MIFの同僚たちはこぞって「あ~ん、ハントハントheart04」とすり寄ってきます。それこそ失職や命の危険も顧みずに。あまりこういうことは言いたくありませんが、まさに「ハント総受け」状態であります。
統一性が感じられるのはサイモン・ペグ演じるベンジーの存在も大きいですね。シリアスな場面でもユーモラスなセリフで和ませてくれる彼のポジションは、シリーズの中でもかなり重要なものになってきました。
MIFのレギュラーではもう一人一作目から出てるルーサーさんがおられるんですが、どうもキャラ立ちがいまひとつなせいか、ツイッターでもほとんど言及されてるつぶやきを目にしません。ここらで一皮むける必要があるかと思われます。

さて、作品の特色というのは比較対象や表があるとわかりやすいもの。というわけでこしらえてみました。「有名スパイ比較表」。一応ボンドはダニエル・クレイグ版、ハントは3作目以降の、ボーンは記憶を失ってからの…ということでご了承ください。
 
Ag2
昼休みに5分くらいでこしらえたものなんで細かいツッコミはどうぞご遠慮ください。

なんか最近米国ではスパイ映画が流行っているようで、秋には(遅れてですが)『キングスマン』、『コードネーム U.N.C.L.E.』、冬には本家?『007/スペクター』と公開が続きます。ジェイソン・ステイサムがぽっちゃりおばちゃんとコンビを組む『S.P.Y』 も 大変面白そうですが、こちらは日本公開未定。なんとかしてください。
Mirn1_2『ボーン』シリーズも第5作がそろそろ撮影開始とのこと。そして『ミッション・インポッシブル』もこの度のヒットを受けて早くも第6作の製作が決定しました。トムよ、なぜそう生き急ぐ!


|

« 食べれますん 大岡昇平・塚本晋也 『野火』 | Main | モンスター・チルドレン 細田守 『バケモノの子』 »

Comments

SGAさん こんばんは!

スパイ比較表,とっても面白くって膝を打ちながら爆笑してしまいました。
もっとも私は最後のオースティン・パワーズってあまり知りませんが・・・・
そうよね、単身のボンドやボーンと比べたらハントはチームで動くよね。チームリーダーとしての協調性や指導力があるんでしょうね。
ヒロインは出てくるけどハントとの絡みはないしね・・・・ボンドとはえらい違いだわ。どっちも好きだけど。
007も冬に次作が公開されるから楽しみです!しかし,ダニエル・クレイグはトムよりずっと年下なんですよね・・・彼のほうがとっくに50を超えてるのかと思ってた・・・・

Posted by: なな | September 01, 2015 at 09:03 PM

伍一くん☆
スパイ比較表、なかなかなものですね!
オースティンは確か同僚が誰か良く判らないけれど、誰かにいつも助けてもらっているような??
ボーンて精神年齢10代だったのね・・・・

Posted by: ノルウェーまだ~む | September 02, 2015 at 10:51 PM

>ななさん

こんばんは。オースティン・パワーズは全3作作られてますが、かなりくだらない映画なので観なくても大丈夫です。とくに下ネタが嫌いな人にはむかないかと(^_^;

大変な仕事は無理に一人で気張ってやらずに、みんなで手分けしてやった方が成功率もあがると思うのです。まあスパイはあまり大人数でやると目立って仕事がしづらい、というのもありますが…

クレイグがトムより年下とは知らなかった。だって、クレイグはもうやめたがってるのに、トムはまだまだやるって言ってるしw

Posted by: SGA屋伍一 | September 02, 2015 at 11:18 PM

>ノルウェーまだ~むさん

おほめにあずかり恐縮です。オースティンももうちょっとなつかしい映画になっちゃいましたね。細かいところはもうかなり忘れてます(^_^;
ボーン君は汚れを知らない少年のように純真でしたからね。記憶を失うとそうなっちゃうという例は実際にもあるそうです

Posted by: SGA屋伍一 | September 02, 2015 at 11:27 PM

スパイの比較表,バカうけでした。(≧∇≦*)
しかもするどい。最高ですね。(*^_^*)

52歳か~。ジャッキー・チェンと同じく
どんどん派手なアクションで自分を追い込んでいっちゃうんだろうな~。有言実行でそれだけ努力もするだろうから若さも体力も保ってるのだろうけれども。すごいのが見たい反面で「もうやめて~」っていう無茶ぶりに別の意味でハラハラいたします・・・。

MIシリーズっていちおうチーム戦なんだと思うんですが
今回は仲間みんな、まきこまれ系でちょっとしか活躍できなくて
サイモンペッグだけがかなり振り回されてましたけど
オレ様感MAXだった気がしました。それでも女スパイに食われてる。・・・これだけ派手にあれこれやったのに何年かたったら
イルサの顔しか思い出せない映画になったりとかするのよね・・・(わわわわわ)

Posted by: Ageha | September 03, 2015 at 10:47 AM

SGAやんのM:iの並び順はいかがですかー?
オースティン・パワーズ見なくていいなんて…ヒドい、酷すぎる…
オースティン・パワーズはイギリスの誇る大傑作コメディだと思いますっ(キリッ

ちなみに、オースティン・パワーズって吹替で見るとさらにおもしろいんですよ。
ラップの部分とか、超頑張って日本語にしていて最高だったな〜
あと、オースティン・パワーズは出てくる女優さんがみんな綺麗なんですよね!
M:iのイルサは素晴らしかったし、007はボンドガールなんて呼ばれて、毎回綺麗な人が出演しますが、
私の好みはオースティンに出てくる女優さん!1番好きです!

Posted by: とらねこ | September 03, 2015 at 05:26 PM

>Agehaさん

若いころからアクションやってた人が、いい年になってもがんばってる…という例はよくありますが、若いころはどちらかといえばドラマ中心だったのに、年食ってからアクション一辺倒になってしまった…という例はトム・クルーズとリーアム・ニーソンくらいだと思いますw
うん、本当にやるにしても怪我に気をつけつつがんばってほしいですね…
イルサ様、お強かったですよね。イルサといえば確かナチの女刑務所モノでよく所長を務めてたキャラがそんな名前だったような。名前に違わぬ女傑ぶりでした! あとMI6の上司と地味なスタイルで密会してるシーンに個人的に萌えました!

Posted by: SGA屋伍一 | September 03, 2015 at 10:42 PM

>とらねこさん

わたしはブラッド・バードの『ゴースト・プロトコル』をトップにあげたいところだけど、やっぱり1が一番好きだのう… あの淡い恋と裏切りの甘酸っぱい雰囲気がなんとも言えなくて(書いてて恥ずかしいぞ!)
というわけで 1>4>5>3>2 です
3も悪くはないのだけど観たはしから内容を忘れてしまう(^_^;

オースティン・パワーズは確か吹替えはおなじみの山寺宏一氏だよねw 出演女優でとりわけ印象的だったのは2作目のヘザー・グラハム。演技派かと思ってたら意外と仕事選ばないのね…みたいな。1作目のエリザベス・ハーレイが2作目冒頭であんなことになっちゃったのもなかなかひどかったw

Posted by: SGA屋伍一 | September 03, 2015 at 11:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/62191639

Listed below are links to weblogs that reference トムのミッションには不可能という文字がない クリストファー・マッカリー 『ミッション・インポッシブル:ローグ・ネイション』:

» ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション/MISSION IMPOSSIBLE ROGUE NATION [我想一個人映画美的女人blog]
ミッションシリーズにハズレなし トムちんが不可能なミッションに挑む「ミッション インポッシブル」シリーズ第5弾 今回メガホンをとったのは「アウトロー」で監督、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「ワルキューレ」 「ユージュアル・サスペクツ」脚本で、ト...... [Read More]

Tracked on September 01, 2015 at 03:16 PM

» ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション [虎猫の気まぐれシネマ日記]
どこまで続くのかこのシリーズ,そしてどこまでエスカレートするのか,50代になってもなお限界に挑戦し続ける天晴れなトムの命知らずのアクション・・・・絶対に絶対に劇場で鑑賞したいこのシリーズの作品,夏休みの時期に公開してくれて嬉しい限り。 あらすじ:正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追... [Read More]

Tracked on September 01, 2015 at 09:04 PM

» 「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」☆本物の迫力 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
話題の飛行機や、失踪するバイクのトムちん本人の、口あんぐりアクションの凄さも予想以上で~~もう最高!! 「スタントなしの本物のアクション」をウリにするだけのことはあって、トムちんの身の安全を考えたら本当にヒヤヒヤもの。 反面スパイものにありがちなややこしいあれやこれやが、そのアクションの勢いを削いでしまって、改めてイーサン・ハントがスパイであったことを思い出させる作品になっていたwa... [Read More]

Tracked on September 02, 2015 at 10:51 PM

» 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 温故知新とはこのことだ [映画のブログ]
 チャッチャッチャーラッ、チャッチャッチャーラッ…  劇場から出る多くの人がテーマ曲を口ずさんでいた。みんな大満足で、この音楽を口にせずにはいられなかったのだろう。  シリーズも五作目になれば息切れしたり変質したりするものだが、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の面白さはどうだ。毎回監督を替え、趣向を変えながら、イーサン・ハント(トム・クルーズ)を中心とするエキスパー...... [Read More]

Tracked on September 03, 2015 at 07:32 AM

» なんだかルパンみたいだったよ〜?(^_^;)〜「ミッション:インポッシブル ローグネイション」〜 [ペパーミントの魔術師]
予告でさんざん見たアレが本編とまったく関係なくいきなりでてきて、こんなの序の口やでってかましてくる。 つかみはOKってか?・・・冒頭から命はりすぎでしょ。Σ(゚д゚lll) 007と違って、も少しチーム戦だと思ってたんですよ、内心。 だもんだから今回はあれれれれ...... [Read More]

Tracked on September 03, 2015 at 10:47 AM

» 「ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション」 [ここなつ映画レビュー]
期待を裏切らず、期待以上に。「娯楽したい!」との欲望に余すところなく応えてくれる。もうその点では凄いとしか言いようがない。CMやニュースで度々取り上げられる、トム・クルーズのスタント無しでジェット機にぶら下がるシーン…あのシーンが前段に過ぎないのだから、何という贅沢!いや、凄いよね、ホンットに。トム・クルーズ。年齢や身長の事はもはや誰も問わないのであろう。このまま永遠にローグ・ネイションのトップを走ってくれる事を願うばかりだ。物語はCIAの主導によってイーサン・ハント(トム・クルーズ)が属するIMF... [Read More]

Tracked on September 29, 2015 at 01:46 PM

» ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション [銀幕大帝α]
MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION 2015年 アメリカ 131分 アクション/サスペンス 劇場公開(2015/08/07) 監督: クリストファー・マッカリー 『アウトロー』 製作: トム・クルーズ J・J・エイブラムス 原案: クリストファー・マッカリー 脚本: クリス...... [Read More]

Tracked on December 22, 2015 at 02:57 PM

« 食べれますん 大岡昇平・塚本晋也 『野火』 | Main | モンスター・チルドレン 細田守 『バケモノの子』 »