« 異端者トーマス ジェームズ・ダシュナー ウェス・ボール 『メイズ・ランナー』 | Main | 探偵はBARを去る ローレンス・ブロック スコット・フランク 『誘拐の掟』 »

June 22, 2015

あしたのジョージ ブラッド・バード 『トゥモローランド』

Photoマイ・オールタイム・フェイバリット・ディレクターの一人ブラッド・バード。またしてもSF魂あふれる神秘的な予告編を観て、「今回もまちがいない!」と期待に胸をときめかせていたんですがその結果は… ディズニーが送る『トゥモローランド』ご紹介します。

1964年、NY万国博。空を飛べるランドセル「ジェットパック」をかついで、意気揚々と発明コンテストにやってきた少年がいた。彼の発明は審査で落とされてしまうが、一部始終を見ていた謎の少女アテナに誘われて、少年は驚愕すべき世界へと導かれる。
時は流れ近未来。NASAの宇宙施設解体を妨害していた血気盛んな少女ケイシーは、補導された先の警察署で奇妙なバッジを拾う。彼女がそれに触れると世界は一変し、あたり一面の麦畑と、遠くにそびえる塔のビジョンをケイシーは見る。彼女が拾ったそのバッジは、数十年前万国博で配られ、少年が身に着けたものと同じデザインだった…

今回はほぼネタバレ、観た人向けで(^_^;

まず最初に異世界に渡った少年が、ジェットパックでぐいーんと空を飛ぶところ。ここですごくテンションが上がります。さらに舞台が変わって、ケイシーがバッジの謎を探って不思議な映像を見たり、不気味な集団と激しいチェイスを繰り広げるくだり。この辺も不可思議なストーリーにひきずられてハラハラドキドキのしっぱなしでした。ブラッドさんお得意のへんてこなガジェットも次から次へと登場します。
そして意外な方法でもって再び異世界に突入するあたりで、テンションは再び最高潮に達します。
ところがさらに盛り上げてくれるであろうと期待したクライマックスの部分で、お話はやや迷走を始めます。そうなると面白かった時には気づかなかったアラや強引な部分が気になり始めます。
「ブラッドなら、きっと最後には壮大なカタルシスを用意してくれてるさ!」と自分に言い聞かせて観てましたが、結局は若干もやもやしたまま終了。
ものすごいひどいというわけではないんです。ちょっぴりホロリとさせてくれる部分さえある。ですが、あの『Mr.インクレディブル』や『アイアン・ジャイアント』のブラッド・バードだから…と胸パンパンに膨らませた期待に応えてくれたかというと、残念ながらそうではありませんでした。
娯楽映画とは難しいものです。途中までがどんなによくても、着地に失敗してしまうとなんだか微妙な印象が残ってしまう。これ、多少アレンジしてでももし最初のパートを最後に持ってきたなら、評価はかなり上がったと思うのです。「さすがはやっぱりブラッド・バード!」と。 しかしブラッドさんといえど人の子。これまでほぼ傑作しか撮ってきませんでしたが、彼とてこけることもあるということでしょうか。

で、テンションを下げてくれるもののひとつが、終盤で語られるある社会的なメッセージ。「このままじゃ遠からず地球は滅亡する」ということをある登場人物が語ります。ついでにディザスタームービーも叩かれます。この映画、タイトルが似てるからってわけじゃないのですが、アルフォンソ・キュアロンの『トゥモローワールド』と似たところがありました。破滅に向かう世界の中で、かすかな希望を求めて奮闘するというストーリーが。一方で『デイ・アフター・トゥモロー』みたいなわかりやすい災害映画はけちょんけちょんに言われてました(^_^;
もともとバード監督は、映画の中でそんなに深刻なメッセージ訴えるタイプではありません。「自分のものなりたいものになれ」とか、「家族を尊重し大切に扱え」とか、ごくシンプルで普遍的な教訓しかこめない人。『ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル』にいたってはメッセージなどなにひとつありませんでした(面白いからいいんですが)。しかしブラッドさんもさすがにいいおっさんになられ、「おれ、そろそろもっと社会の役に立つ、問題提起をするような映画も作らなきゃいかんな~」と思われたのでしょうか。だとしたらそれはあんまりむいてないんじゃないかな、という気がしますw

まあ、それでもわたしはブラッドさんが大好きなので、これからもがんばっていただきたいです。そしてこの映画も肩スカッシュな部分もあるとはいえ、やっぱり好きな方であります。
ツイッターでもちょこちょこ言われてましたが、この映画手塚治虫っぽいテイストがあちこちにあふれてるんですよね。特にわたしが思い出したのは美少女のロボットが出てくる『メトロポリス』。あれは2001年のアニメ映画版もよかった… 観るとすげえ切ない気分になるので、あんまり観かえしたくない一本です(笑)

Photo_2『トゥモローランド』は現在全国の映画館で公開中。ディズニー人気ゆえか、日本でも一週目で一位を取ったのには驚きました。ただこの映画、そんなにディズニーランド関係ないんですよね…


|

« 異端者トーマス ジェームズ・ダシュナー ウェス・ボール 『メイズ・ランナー』 | Main | 探偵はBARを去る ローレンス・ブロック スコット・フランク 『誘拐の掟』 »

Comments

初恋の相手を忘れられないのだけど、同窓会で会ったらハゲでデブになってて大ショック。
みたいなレビューだ。

Posted by: ふじき78 | July 09, 2015 at 10:37 PM

>ふじき78さん

少年はそうやって成長していくのです。わたしもう40代ですが

Posted by: SGA屋伍一 | July 10, 2015 at 11:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/61779560

Listed below are links to weblogs that reference あしたのジョージ ブラッド・バード 『トゥモローランド』:

» 『トゥモローランド』(2015) [【徒然なるままに・・・】]
ディズニーにとっては『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』に次ぐ今年のサマーシーズンの期待作…のハズだったのが、いざ蓋を開けてみたら大コケだった?!というハナシ。わが国でも「大ヒット上映中」との声は聞こえてこないけれど、そもそも認知度はかなり低かったろうし、出てる俳優も名のあるのはジョージ・クルーニーただ一人。そのクルーニーにしたって決して集客力のあるスターじゃないから、仕方ないっちゃあ仕方ないだろうなあ。お話の方も「なんじゃこりゃ?」で、意味がさっぱりワカラン。結局あっちの世界は誰が何の目的... [Read More]

Tracked on June 22, 2015 at 11:17 PM

» トゥモローランド [映画的・絵画的・音楽的]
 『トゥモローランド』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)ジョージ・クルーニー(注1)が主演で、評判が良さそうなので(注2)、見に行ってきました。  本作(注3)の冒頭では、フランク(ジョージ・クルーニー)が、「調子はどう?これまでに起こったことをお話します...... [Read More]

Tracked on June 26, 2015 at 06:26 AM

» 『トゥモローランド』とは何だったのか? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  「誰も作ってくれないから、僕が作った。」  なんと凛々しく潔い言葉だろう。冒頭の少年のセリフに、私は感極まった。ここに映画の作り手たちの思いが集約されていよう。  『トゥモローランド』はすべての子供たちに、かつて子供だった人たちに、ぜひとも観て欲しい映画なのだ。  それにしても、よりによってトゥモローランドが題材とは!  ウォルト・ディズニー・カン...... [Read More]

Tracked on June 27, 2015 at 08:56 AM

» 夢の国にするために [笑う社会人の生活]
20日のことですが、映画「トゥモローランド」を鑑賞しました。 17歳のケイシーは見覚えのないピンバッジに触るとテクノロジーの発達した未知の世界「トゥモローランド」に迷い込むんでしまう。 バッテリー切れで現実の世界に戻ってきた彼女の前に不思議な少女アテナが現...... [Read More]

Tracked on July 08, 2015 at 09:53 PM

» 映画「トゥモローランド(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『トゥモローランド(日本語字幕版)』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 17歳のケイシー・ニュートン(ブリット・ロバートソン)は、ある日、荷物に見慣れぬピンバッジを見つけ、ふとそれに触れた瞬間にテクノロジーが発達した未知なる世界へ入...... [Read More]

Tracked on July 09, 2015 at 06:37 AM

» 『トゥモローランド』を新宿ピカデリー1で観て、ブラッド・バードちょっとしくったなふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★次から次へと事件が起こるから面白いけど本質的に薄いと思う】 そう言えば発券の時「トゥモローワールド1枚」と言った気がする。 ジョージ・クルーニー ... [Read More]

Tracked on July 09, 2015 at 10:41 PM

» 映画:トゥモローランド 自分にまだ「ピーターパン」が残っているかを確認する、リトマス試験紙的1本(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
何と! ディズニーランドのパークの未来形を形づくる 「トゥモローランド」を映画化。 そもそも 「トゥモローランド」って、ウォルト・ディズニーの理想形のひとつ。 その拡大版「エプコット・センター」で、その理想形を実際に現実化している。 それは、オーラン...... [Read More]

Tracked on July 11, 2015 at 06:58 PM

» トゥモローランド [いやいやえん]
【概略】 すべてが可能になる世界“トゥモローランドへの招待状となる不思議なピンバッジを手に入れた少女・ケイシーは、中年男・フランク、謎の美少女・アテナと共に冒険の旅に出る。 SF 美少女ロボットのアテナ(ラフィー・キャシディちゃん)に尽きる。 ディズニーだから安心のファミリークォリティだと思っていたら、ぎょっとするでしょう。かなり観客を選ぶ作品。 説明不足、ご都合性、テーマの説教くささなどの問題は確かにあります。 結局の所は簡素に、ディズニーランドにいって「トゥ... [Read More]

Tracked on October 10, 2015 at 08:59 AM

» トゥモローランド [銀幕大帝α]
TOMORROWLAND 2015年 アメリカ 130分 ミステリー/アドベンチャー/SF 劇場公開(2015/06/06) 監督: ブラッド・バード 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』 製作: ブラッド・バード 原案: ブラッド・バード 脚本: ブラッド・バード ...... [Read More]

Tracked on October 23, 2015 at 10:17 PM

« 異端者トーマス ジェームズ・ダシュナー ウェス・ボール 『メイズ・ランナー』 | Main | 探偵はBARを去る ローレンス・ブロック スコット・フランク 『誘拐の掟』 »