« ジャウム・コレット=セラによる「かわいそうなニーソン」三部作を語る 『ラン・オールナイト』ほか | Main | 異端者トーマス ジェームズ・ダシュナー ウェス・ボール 『メイズ・ランナー』 »

June 15, 2015

そんなスミスにだまされて グレン・フィカーラ&ジョン・クレア 『フォーカス』

Thumb1一時期えらい羽振りがよかったものの、最近少しおとなしめのウィル・スミス。そのウィルさんの最新作は、宇宙人とか出てこないえらいスタイリッシュな「だましあい」映画。『フォーカス』、ご紹介します。

スーパーボウル開催が近づいて華やぐ町。駆け出しの詐欺師ジェスはホテルで目についた男ニッキーをひっかけようとするが、あっさりたくらみを見抜かれてしまう。実はニッキーはその道では何年も経験を積んでいる一流のプロだったのだ。だがニッキーはジェスのきっぷが気に入ったのか、彼女を自分のチームに引き入れ、詐欺のテクニックを次々と手ほどきしていく。何から何までスマートなニッキーに教えられていくうちに、ジェスは次第に彼にひかれていく。

「詐欺師」というとせこいというかこすっからいというか、あまりかっこいいイメージのない職業?ですが、この映画はすべてが「おしゃれ」で埋め尽くされております。ファッションも音楽もセリフも背景も完璧なまでにおしゃれ。おしゃれカースト的にはかなり下の方にいるわたしとしてはあまりに自分と縁のない世界で、おいてけぼりをくいそうになった感もなきにしもあらずでしたが、作品のいたるところに遊びめいた仕掛けが施されていてなんとか楽しむことができました。
その「遊びめいた仕掛け」の一つは独特なカメラワーク。人物ではなく、狙われた財布に焦点をあてて次から次へと人手に渡っていく様子を巧妙に追って行ったりとか。あと突然さもないわき役が画面の中心になって、えんえんと長回しが始まってどこにつながっていくのかと思ったら、ちょっとしたサプライズが待っていたりとか。
映像だけでなくストーリーや脚本にもいろいろ仕掛けが練りこまれておりました。なんせ詐欺師が主題の映画なんで、その道のプロであるニッキーが何を考えているのかさっぱりわかりません。セリフも感情も本心なのか演技なのかまるで雲をつかむようです。またニッキーが序盤で話す「父と祖父の話」が伏線となっていて、忘れたころにひょこっと再登場したりします。

監督のグレン・フィカーラ&ジョン・クレアのコンビは『フィリップ、君を愛してる』でも実在の天才詐欺師を題材にした作品を撮っております。また二作目の『ラブ・アゲイン』では「どうやったら女子のハートを虜にできるか」ということがテーマのひとつになっています。そういった「人の心を操る術」というものに深い興味を抱いているようですね。『フィリップ~』と『ラブ・アゲイン』はどっちかというとバカバカしいムードに包まれていて、わたしとしては監督コンビのそういうところが好きだったんですけど、先も述べましたように『フォーカス』はめっちゃシャレオツなムードに様変わりして少々面喰いました。MIBではベタなギャグを連発してるウィル・スミスもほとんどシリアスなことしか言わないしね… まあたまにはこういう映画も観て「わたしもたまにはおしゃれしなきゃ!」と発奮した方がいいのかもしれません。いまトランクスいっちょでうちわで煽ぎながらこの記事書いてますけど。

C552b8211a5394afffabbd6bf340ef3c400そんな『フォーカス』は先ほど公式観たらもうほとんど上映が終わってました(^_^; まー、内容的にも宣伝的にも地味だったしね… 興味抱かれた方は二番館を探すか、DVDを待つかしてみてください。
フィカーラ&クレアさんちの次回作はタリバンを題材にした実話となる模様。これまたえらい深刻なネタを選びましたね…
スミスとジェスを演じたマーゴット・ロビーさんは悪役をメインに据えたDCコミックスの『スーサイド・スカッド』でまた共演することが決まってます。やっぱりウィルさんはそういうボンクラっぽい映画の方が本道だと思います!

|

« ジャウム・コレット=セラによる「かわいそうなニーソン」三部作を語る 『ラン・オールナイト』ほか | Main | 異端者トーマス ジェームズ・ダシュナー ウェス・ボール 『メイズ・ランナー』 »

Comments

こちら、割と評価が低かったですね〜。
ただし、うちのtwitterでは割と好意的な人も居ましたよ。
フィリップとラブ・アゲインが傑作でしたもんね。それに比べちゃうとちょっと落ちるのはありますか。
へえ、次はタリバンネタなんですね。その題材でまさかのコメディ映画なのかな?
期待しちゃいますね。

Posted by: とらねこ | June 27, 2015 at 02:31 PM

>とらねこさん

「タネがあっさりわかった」という意見が多かったね~ わたしゃあっさりだまされましたが。みんな頭いいんだなあ
まあ確かに『フィリップ~』に比べるとインパクトは弱いかな。あれのクライマックスには度肝を抜かれた上に爆笑させられたから…
次のタリバン映画にはキャスリン・ビグローやイーストウッドとはまた違った視点を期待しております

Posted by: SGA屋伍一 | June 29, 2015 at 10:24 PM

わたしはけっこう好きだよ。これ。
ウィル好きだし♪
評判よくないの?
そんなことなかったけどね〜。
マーゴッドロビーは目を付けてたんだ★可愛い。
今後も楽しみー

Posted by: | July 02, 2015 at 12:41 AM

お名前がないけど、TB飛んでる先から考えてmigさんかな?
コメントありがとうございます(^_^;
わたしももっと評価されてもいいと思うんだけど、観ている人自体が少ないというか影が薄くなっちゃったというか
マーゴット・ロビーは女版ジョーカー「ハーレクイン」に扮してる画像がもうけっこう出回ってるけど、すごく似合ってて期待大!

Posted by: SGA屋伍一 | July 02, 2015 at 10:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/61748024

Listed below are links to weblogs that reference そんなスミスにだまされて グレン・フィカーラ&ジョン・クレア 『フォーカス』:

» フォーカス/FOCUS [我想一個人映画美的女人blog]
「フィリップ、きみを愛してる!」「ラブ・アゲイン」の監督脚本、グレン・フィカーラ最新作。 大好きウィルtimes;「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」で目を付けた(笑)マーゴット・ロビー共演 しかも、ロドリゴ・サントロまで共演ときたら観ないわけに...... [Read More]

Tracked on July 02, 2015 at 12:42 AM

« ジャウム・コレット=セラによる「かわいそうなニーソン」三部作を語る 『ラン・オールナイト』ほか | Main | 異端者トーマス ジェームズ・ダシュナー ウェス・ボール 『メイズ・ランナー』 »