« ビフォア親離れ リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで』 | Main | アマレス地獄変 ベネット・ミラー 『フォックスキャッチャー』 »

April 25, 2015

ハリウッドVSブロードウェイ アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 

Bdm1本年度アカデミー賞作品賞受賞作は、『バベル』のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥが手がけた一風どころか百風くらい変わった長回し映画。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、ご紹介します。

リーガン・トムソンはかつて『バードマン』というヒーロー映画で大人気を博した俳優だったが、その後はヒット作にめぐまれず鬱々とした日々を送っていた。再び脚光を浴びたいと願った彼は、俳優を目指すきっかけとなったレイモンド・カーヴァーの小説を舞台化し、ブロードウェイでの公演にこぎつける。
そしていよいよプレミア公演が始まるが、成功への不安、実力はあるが何をやらかすかわからない共演者、ぎこちない娘との関係、絶えず耳元でささやいてくる謎の声などの様々なストレスから、リーガンは著しく消耗していく。

はっきり言って難しい映画です(笑)。現実的な話かと思いきやリーガンが超能力を使ったりするし、特殊な撮影方法で最初から最後までほぼ長回しが続いてるように見せたり、深遠なテーマがあるかと思えばベタベタなギャグがあったり。
とりあえずわたしは「自己の存在の消失に抗おうとする」話だと感じました。リーガンは自分という人間が過去に演じた「バードマン」というキャラクターに覆いつくされているのでは、と怯えています。そして彼が演じる舞台の登場人物も、「わたしは存在しない」と嘆きます。

で、いま影が非常に薄くなりつつあるメディアというと「舞台」がそれにあたるかと思います。かつては舞台って娯楽の王道だったのだと思います。人が演じる物語を見たければそれしかなかったから。
しかし映画・テレビが発明されると、人々はもっともっと多くの場所で自由に「芝居」を見られるようになりました。舞台ではとても不可能な広大な場所や、超自然的な現象まで再現できるようになりました。舞台が娯楽の主流でなくなったのも仕方なきことでしょう。
そこで舞台は「芸術」として生き残ろうとします。知性と資産のある都市部の人のみが楽しめる高級な楽しみとして。ですがそうなるとどんどん庶民の大多数には縁もゆかりもないどうでもいいものとなっていきます。
そして舞台を観に来てる人たちがみな芸術的感性に優れている人かというとそうでもなく、この作品の中で「その後のディナーのことばかり考えてるジジババばかり」なんて言われたりして。
さらに舞台から娯楽の王道の座を奪った新作映画ですら、スマホさえあればいつでもどこでもサクッと楽しめる「ネット配信」やSNSにその座を追われようとしています。
そんなジリ貧の状況ので演劇が活路を見出すにはどうしたらいいか。そりゃ、やっぱり生身の役者がハイテンションでがんばるしかないんじゃないでしょうか。やっぱり舞台の強みというのはすごそこで本物の人間が動いて喋ってるところにあるわけですから。血を流すくらいの本気を出せば、スクリーンには出せない迫力というのも生まれてくると思います。また、映画と違ってカットもできませんから息を呑むような緊張感も漂ってきます。この映画がずっと長回し風なのは、舞台の「カットできない」連続性を表していると考えます。
そうした熱演や緊張感が、もしかしたら世間の予想を超えた「奇跡」を生むこともあるかもしれない… この映画にはそんなイニャリトゥ監督の切ないイニャリ、じゃなくて祈りが込められているような気がしました。

で、なんでその仮想敵にアメコミ映画が選ばれたのかといえば、そら、いま映画でアメコミものが最も勢いがあるからでしょうね… 「最近の映画はアメコミばっかし」という評者がいます。確かに10年前と比べたら本数は多くなってますけど、「それだけ」ということはないでしょう。エンターテイメントだけでも古代劇、西部劇、SF、ファンタジー、ガンアクション、カーアクション、サスペンス…他のジャンルだって色々作られてます。ただ興行収入が特に多く、なぜかアカデミー賞を取るような名優たちがこぞって参加してるのがアメコミものなので、他と比べると著しく目立っている、というのはあると思います。
不遇の時代からずっと観ているものとしては嬉しい反面、ここ数年の躍進ぶりには首をひねるばかりです。たぶんこの隆盛ももう少ししたら終わるのでは。だからアート指向の方々がやっかまれるのもわかりますが、せめていまくらいは楽しませてもらってもいいじゃないですか!!! ハアハア… 話が横道にそれました。

「奇跡」といえばこんな素っ頓狂で面白い題材の映画ができたことがまず奇跡であります。そしてその主演がかつて『バットマン』でスターとなったマイケル・キートンだというのも奇跡。いや… ふつうやらんでしょう(笑) でもプライドも何も投げ捨ててやっちゃうところが凡百の俳優とは違うな…と思いました。ちなみにティム・バートンは大方の反対を押し切ってキートンをバットマンに選んだ理由について「そんなの目を見ればわかるでしょ! あいつ明らかにいかれてるもん!」と答えられたそうです。
そして彼がアカデミー主演男優賞こそ逃したものの、ノミネートされて十分に張り合い、再び評価されつつあるのもまさしく奇跡であります。リーガンの結末は煙にまくような、あまり明るい希望はもてなさそうなものでありましたが、キートン氏にはますますの活躍が期待できそうです。アメコミの関係あるなしに。
Bdm2というわけで『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は現在全国の映画館で上映中です。万人受けする作品じゃないかもしれませんが、個性的で実験的な映画が好きな方はぜひごらんください。少なくともここ十年のオスカー作品賞では、もっともへんてこな一本です。


|

« ビフォア親離れ リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで』 | Main | アマレス地獄変 ベネット・ミラー 『フォックスキャッチャー』 »

Comments

ふと、これが日本だったらマイケル・キートンは落語の高座に登ったりしてなんて考えてしまった。あ、そうするとノートンの出番がなくなってしまう。出囃子を演奏する三味線だけど、自分の演奏に勃起して出囃子なのに30分くらいソロ演奏しちゃう奴とかか。

Posted by: ふじき78 | May 05, 2015 at 07:44 AM

>ふじき78さん

いや… 普通に歌舞伎でやればいいんじゃないでしょうか(^_^;
まあ落語バージョンってのも面白そうですが。演奏に勃起して~ってのはむしろ『セッション』ですね

Posted by: SGA屋伍一 | May 07, 2015 at 10:32 PM

伍一くん☆
本当へんてこりんな映画だったね。
私はそんなところが好きだけど~~

バードマン、そっちかい!?(爆)
ちなみに私は「パーマン」の「どんじゃら」持ってました。

Posted by: ノルウェーまだ~む | May 10, 2015 at 10:40 PM

>ノルウェーまだ~むさん

ツイッター上ではなぜか『セッション』がすごい人気なんですけど、わたしはこっちの方が好きです。リーガンがなんか憎めなくてね~
パーマン名作ですよね! これこそハリウッドリメイクしてほしい!

Posted by: SGA屋伍一 | May 13, 2015 at 09:20 PM

こんにちは。お久しぶりです。
ティム・バートンのバットマンの好きな私が来ましたよ。
オスカーノミネート作品関連はなんだかんだ追いかけてますが、そのどれもが面白いのだけれど
こちらの作品賞は納得でした。

>不遇の時代からずっと観ているものとしては嬉しい反面、ここ数年の躍進ぶりには首をひねるばかりです。たぶんこの隆盛ももう少ししたら終わるのでは。
いつまでも終わらないから、こういう思いが出てくるんでしょうね〜。
早く終わらせるためにこれを作ったのだろうな。

Posted by: とらねこ | May 18, 2015 at 03:30 PM

>とらねこどん

こんにちは。リアルでは最近お見かけしたような…
「『セッション』の方がすごい」という意見もちらほらみますが、わたしはこっちの方が好きですなー まあ今年のオスカー関連はなかなか粒ぞろいだったと思います。去年は「有力候補!」と言われつつノミネートされなかった作品の方が面白かったけど

>いつまでも終わらないから、こういう思いが出てくるんでしょうね〜

永遠に続くんじゃないかな!(笑) とりあえず今後の映画シーンをなまぬるく見守っていこうとおもいます

Posted by: SGA屋伍一 | May 20, 2015 at 06:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/61485993

Listed below are links to weblogs that reference ハリウッドVSブロードウェイ アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 :

» 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は二兎を追う [映画のブログ]
 グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であることに気づいている人も多い。しかし、それはなかなか手に入らない。だからこそ奇跡なのだ。  そ...... [Read More]

Tracked on May 01, 2015 at 12:49 AM

» 『バードマン』をトーホーシネマズ六本木7で観て、変なのでも悪くないけどそう好きでもないふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★これにアカデミー作品賞と監督賞を与えるのは先鋭的だが頭でっかちな老人がアカデミー会員に多いという事だろう】   全くもって悪くはないし、飽きる事も ... [Read More]

Tracked on May 05, 2015 at 07:41 AM

» 『バードマン』もういっちょ(ネタバレ) [ふじき78の死屍累々映画日記]
『バードマン』について、風呂に入りながらちょっと気付きがあったので、 一つ記事を加えて書き添えておく。 ネタバレ注意 冒頭、マイケル・キートンの空中浮遊で始まり、 ラ ... [Read More]

Tracked on May 05, 2015 at 07:42 AM

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」☆映像に釘付け [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
男性版「ブラック・スワン」というべきか。 常に極限に居ることを強いられる人たちにとって、一部の癒しもないヒリヒリした日常から、遂に到達した念願の高みと究極の安らぎの世界。 「ブラック・スワン」はハッピーエンドと感じた私がやや戸惑うラストも、もしかすると役者が望む最高のエンディングを自ら歴史に刻んだという意味でハッピーエンドなのかもしれない。... [Read More]

Tracked on May 10, 2015 at 10:42 PM

» 映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』感想 ザ・ドラム・ムービー [映画を観たからイラスト描いた]
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance2014年/アメリカ/120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン/ ... [Read More]

Tracked on May 13, 2015 at 09:48 PM

» バードマン あるいは(無知がもたらす予知せぬ奇跡)見に行った〜。(;´∀`) [ペパーミントの魔術師]
いつもはサブタイトルを何かつけるんだけど、タイトル長すぎ〜。(^_^;)・・・ってそれはどうでもいい。 アカデミー賞の授賞式を見ていた時に妙に印象に残ってしまったのは、 司会をやってたひとがこの映画をパロって、ブリーフ一丁で舞台に出てくるのを通路から撮ってた...... [Read More]

Tracked on May 15, 2015 at 03:02 PM

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [ここなつ映画レビュー]
芝居を観るのは体力がいる。昔からずっと感じていた事である。LIVE感というのか、生身の人間のパッションがそのまま迫ってきて、こちらの魂が吸い取られていくような。真剣勝負だ、相討ちだ、と、喉元に刃を突きつけられているような。だから、日常生活の他の場面で体力を最大限に使わなければならなかった私は久しく芝居の世界から遠ざかっていた。もうひとつ、LIVEなので終演時間が読めない、という点が、帰宅時間に制約のある身としては厳しい。だからと言ってきっちり時間通りに終る芝居なんて本末転倒で、時間に制約のある私にと... [Read More]

Tracked on May 15, 2015 at 05:02 PM

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [或る日の出来事]
ユニークだなあ! [Read More]

Tracked on May 20, 2015 at 07:30 PM

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [銀幕大帝α]
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年 アメリカ 120分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/10) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演: マイケ...... [Read More]

Tracked on September 04, 2015 at 02:54 PM

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [いやいやえん]
【概略】 映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロードウェイの舞台に立とうとしていた。ところが大ケガをした共演者の代役として現れた実力派俳優のマイクに脅かされ、アシスタントに付けた娘のサムとは溝が深まるばかり。しかも決別したはずの“バードマン”が現れ、彼を責め立てる。果たしてリーガンは、再び成功を手... [Read More]

Tracked on September 11, 2015 at 07:23 AM

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [象のロケット]
シリーズ終了から20年経った今でも、世界中で大人気のスーパーヒーロー映画“バードマン”。 だがバードマン役で大スターになった男リーガンは、仕事も家庭も失い失意のどん底にいた。 リーガンは再起をかけ、自身の脚色・演出・主演でブロードウェイの舞台に立つことを決意する。 ところが俳優の一人が降板。 代役として現れたマイクは実力派だが、とんでもないトラブルメーカーだった…。 ブラック・コメディ。... [Read More]

Tracked on September 17, 2015 at 12:06 AM

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 主演 マイケル・キートン 2014年 アメリカ映画 119分 ドラマ 採点★★★ 平均寿命から考えると、人生の折り返しってのをとっくに過ぎてしまったミドルエイジ真っ盛りな私。ただまぁ、下の子がまだ小さいってのもあってか、さ…... [Read More]

Tracked on October 08, 2015 at 04:43 PM

« ビフォア親離れ リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで』 | Main | アマレス地獄変 ベネット・ミラー 『フォックスキャッチャー』 »