« ビター・グループ・ホーム デスティン・ダニエル・クレットン 『ショートターム』 | Main | エジプト大脱出 リドリー・スコット 『エクソダス 神と王』 »

February 24, 2015

カミカメつくよ! ジョナサン・リーベスマン 『ミュータント・タートルズ』

Tnmt1アメコミ映画の隆盛にのっかって、90年代に人気を博したあのキャラクターまで大復活。『ミュータント・タートルズ』ご紹介します。NYを暗躍する犯罪者集団・フット団。熱意溢れる若きジャーナリスト・エイプリルは、フット団を追っていた最中、彼らと戦う謎のヒーローに遭遇する。そのヒーローとはまだ十代のミュータント化した四匹の亀たちだった…

この辺でひく人はおおよそひいてしまうと思います(^_^;
近年のアメコミ映画は『ダークナイト』に代表される「深刻系」と、『アイアンマン』『スパイダーマン』に代表される「エンジョイ系」に大別されます。この『ミュータント・タートルズ』はエンジョイ系の最極北といえましょう。
大別されるといえば、アメコミはDC・マーベルの2大巨頭と、それよりやや小規模の「ダークホース」がほとんどのシェアを占めています。残りのわずかな隙間の中にたくさんのインディ系がひしめいているわけですが、その中から映画化にまで上りつめるのは至難の業といえます。ミュータント・タートルズはそんな不可能を可能ににした作品といえるでしょう。

しかしまあこのタートルズ、なんと妙ちきりんなやつらでしょう。人間型に進化した亀… そこまでなら百歩譲って受け入れられないこともないです。ですがその上ティーンエイジャーで忍者で、師匠はネズミ人間で名前はルネサンスの芸術家でピザが大好物で… キャラを立たせるには突飛な設定がそれなりに必要かとは思いますが、いくらなんでもこりゃ盛りすぎだろうと思いました(^_^;
けれどそんなキャラが全世界で大ブームを巻き起こしたわけですから、世の中わかりません。そういえば90年代初めは大爆死したものの『スーパーマリオ』も映画化されていました。前世紀末は下水道と亀が脚光を浴びた極めて奇妙な時代といえます。下水道といえばタートルズのもともとの発想はNYの下水道で捨てられたワニが徘徊していた…という例の都市伝説からきているような気がします。

ちなみにタートルズ、日本ではブームが終息した後も3~5年毎に新作アニメが作られていたようです。ですから向こうではそれなりに定番キャラであり、この度の再映画化も当然の流れだったのかもしれませんが、まさか日本でも『ベイマックス』に肉薄するほどのヒットになるとはこりゃまたビックリでした。
ヒットの要因はやっぱり昔のアニメ・映画を懐かしむ層が意外にけっこういた、ということでしょうか。あとベイマックスもそうですが最近のゆるキャラやキモ系キャラのブームにうまくのっかった気がします。映画版タートルズはベイマックスに比べるとかなり生々しいというか不気味ですが、そんなキモイとカワイイの境界線上のデザインがかえって差別化になってよかったのかもしれません。

…とここまで書いて映画のストーリーについてほとんど触れてませんね。というか特にあまり書くことがないんです(笑) ただひたすら亀が暴れてドカーンバキーンと楽しい!そんな映画です(一応ほめてます)。
製作は『トランスフォーマー』のマイケル・ベイで監督は『世界侵略:ロサンゼルス決戦』のジョナサン・リーベスマン。とにかく火薬と爆発を盛りまくるベイ監督作品に比べると、『タートルズ』はやや盛りが少なく感じられます。それを物足りないと思うか、ちょうどいいと感じるかでこの映画の評価が分かれると思います。

P11『ミュータント・タートルズ』はそんなわけで現在全国で大ヒット上映中。観たらピザが食べたくなること間違いなしなので、ダイエット中の方にはおすすめできません!


|

« ビター・グループ・ホーム デスティン・ダニエル・クレットン 『ショートターム』 | Main | エジプト大脱出 リドリー・スコット 『エクソダス 神と王』 »

Comments

伍一くん☆
お久しぶり~
タートルズそんなにヒットしているのね?ラジーに候補上がっていたけど(笑)
きもキャラは、実は最近に始まったことではなくて、なんかアメリカの人気キャラクターって、キャベツ人形にしても何にしても、子供向けなのに妙にリアルだったり、キモかったりするよね☆
新生児人形なんて、シワっぽくてハゲてて泣き顔だったり・・・
うちにもタートルズフィギア1体あったけど、誰かにあげちゃった。
だって可愛くないもーん。

Posted by: ノルウェーまだ~む | February 25, 2015 at 12:09 AM

SGAさんこんばんわ♪

今のアメコミ作品って言ったらバットマンとかスパイダーマン、それとアベンジャーズといったメジャー勢が有名でもあるでしょうから、ガチマッチョな亀の忍者というのはかなり異質ですよね^^;自分も小さい頃ファミコンゲームとかでこの作品に触れていなければキモいを連呼してたかもしれませんねぇ?(汗

ただそんな見た目はともかくとして、アクションはやはりベイ印だから派手で凄かったです♪あと、重要な局面においてもユーモアとノリを欠かさない彼らのやり取りも自分は割と面白かったですね。エレベーターのラップとかイミフ過ぎますけど、なんか笑ってしまいましたw

Posted by: メビウス | February 25, 2015 at 09:08 PM

>ノルウェーまだ~むさん

一週目の興行収入はベイマックスを超えて一位だったそうですよー(一週しかもちませんでしたが) ラジーは先輩筋のトランスフォーマーにはかなわなかったようですね
アメリカのきもい玩具というとスポーンを思い出しますなあ。あれは子供向けというより青年のファッションとして流行っていた気がしますが、まあグログロでした
きもい系のフィギュアがおうちの中からでてきたら喜んでひきとりますのでご連絡くださいw

Posted by: SGA屋伍一 | February 26, 2015 at 10:25 PM

>メビウスさん

考えてみたら人間以外の生き物がヒーロー、という例がかなり珍しいですよね。スーパーマンは正確には宇宙人ですがいちおう姿形は人間だし
ファミコンから入った…という話はよく聞きます。たぶんゲームの方はもっと漫画っぽいかわいらしいデザインだったんじゃないでしょうかw
アクションに関してはもっと亀らしい手足をひっこめるアクションが見たかった気がしますが、例の雪山や下水道を滑り降りるシーンは大興奮で観てました!

Posted by: SGA屋伍一 | February 26, 2015 at 10:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/61188623

Listed below are links to weblogs that reference カミカメつくよ! ジョナサン・リーベスマン 『ミュータント・タートルズ』:

» 「ミュータント・タートルズ」☆目が回る迫力 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
小さい頃に子供たちがよく見ていたアニメ。 そういえば、ロンドンのハムレーズにフィギアが売っていたけれど、さすがに買わなかった記憶が。 まさか実写でどうなの?と思っていたら、結構評判いいみたいね?... [Read More]

Tracked on February 24, 2015 at 11:59 PM

» ミュータント・タートルズ [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ジョナサン・リーベスマン 【出演】ミーガン・フォックス/ウィル・アーネット/ウィリアム・フィクトナー/アラン・リッチソン/ノエル・フィッシャー/ピート・プロゼック/ジェレミー・ハワード/ウーピー・ゴールドバーグ 【公開日】2015年2月7日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 犯罪組織フット軍団が日に日に勢力を拡大するニューヨーク。チャンネル6のTVレポーター、エ...... [Read More]

Tracked on February 25, 2015 at 09:08 PM

» ミュータント・タートルズ [いやいやえん]
【概略】 悪の犯罪組織フット軍団が暗躍するNY。ある日特ダネを狙うTVレポーターのエイプリルは、何者かがフット軍団の犯罪を阻止している姿を目撃する。その正体はニンジャの風貌をした4人のカメ=タートルズで…。 SFアクション 暴れん坊のラファエロが好きだった記憶がある、うっすら。昔のTVアニメシリーズはたまにしか見てなくて、アニメのX-MENはビデオ撮って見てたというね…。だからか愛着があんまない、タートルズ。 マイケル・ベイと聞いて、なおさら別にまあどうでもいい亀、とポップコーン... [Read More]

Tracked on June 15, 2015 at 02:25 PM

» 「ミュータント・タートルズ」 [或る日の出来事]
やけに乗りのいい亀たちだと思ったら、ティーンエイジャーなんだね。 [Read More]

Tracked on November 14, 2015 at 11:07 AM

« ビター・グループ・ホーム デスティン・ダニエル・クレットン 『ショートターム』 | Main | エジプト大脱出 リドリー・スコット 『エクソダス 神と王』 »