« 第十一回SGA屋漫画文化賞 | Main | 2014年 この映画がアレだ! 幕下編 »

December 29, 2014

オタクとオークと追憶と J・R・R・トールキン ピーター・ジャクソン 『ホビット 決戦のゆくえ』

Hbky1本年度最後の映画感想は、おそらく「指輪サーガ」最終作となるであろうスペクタクルファンタジー。『ホビット 決戦のゆくえ』ご紹介します。一作目『思いがけない冒険』の感想はコチラ。二作目『竜に奪われた王国』の感想はコチラ

目的地エレボールに着き安堵したのもつかの間、ドワーフたちとホビットのビルボは黄金を守ろうとする巨竜スマウグに見つかり、彼を怒らせてしまう。容赦なく城の近くの村を焼き払うスマウグ。焦土と化したその地に、さらに闇の軍勢が迫りつつあった。そんな中、リーダー・トーリンの胸中に黒い影が忍び寄っていく…

今回は半バレくらいの感想で(^_^;
わたくしてっきり『ホビット』最大のヤマ場は冒頭から登場してた怪獣スマウグとの決戦になるんだろうな…と思い込んでいたのですが、今回割りとあっさりスマウグさんが退場してしまいます。
じゃあめでたしめでたしじゃん! あともうやることないよ! と思いますが、このあとなかなかに意外な展開が待ち受けております。その鍵を握るのが主人公チームのリーダー、トーリン・オーケンシールド。
ここが指輪世界の独特というか面白いとこなんですが、普通神話というものは絶対善と絶対悪との戦いが描かれるもの。どこまでも正しく強い神様の軍団が、限りなく悪い悪魔や怪獣たちを最後にはやっつける、というのが定番です。
しかし指輪世界には絶対悪は存在するのですが、万能の神様というものは登場しません。ゆえに悪に立ち向かうのは善悪の狭間でふらついている人間たち(ホビット、エルフ、ドワーフ含む)。そして神様は助けてくれないので基本的に自分たちだけで力を合わせて悪魔と戦わねばなりません。しかもその弱者連合がなかなか団結しなかったり、闇落ちしそうになったりするので観ていてすごくハラハラします。
そんなジリ貧の状況にあって光をもたらすのが、建前の大仰な正義ではなくて、「誰かを本当に思いやる心」であるのが指輪世界の素敵なところです。あとホビットが特に有している無垢・無欲の心も重要な局面で大事な働きをします。
『決戦のゆくえ』終盤で特にズキュウウウンと来たのが「みんなが黄金より我が家を愛するなら、世界はもっと住みよい場所になるだろう」(うろおぼえ)というセリフです。その通りです。みんな金や権力を求めることをやめ。オタクになればいいんです。まあオタクにもそれなりの物欲はありますが、その欲求で誰かが傷ついたり命が失われたりすることはほとんどない…はず。

話が変な方向に行きましたがホビット全編を観終えての感想もついでに。1作目を観たのがついこないだの出来事のようですが、本当に「ちょっと遠くまでピクニックに行ってくるよ~」というくらいのんきに始まったこのお話が、こんなに壮絶で切ない流れになろうとはねえ… それでもLOTRよりはまだ「のほほん」部分が長かったので、『ホビット』はわたしにとっては前3作より性にあう話でした。
そしてLOTRではフロドを困らせてばかりの「ろくでもないじじい」だったビルボさんが、若かりしころはこんなに勇敢で楽しくて気のいいヤツだったとはねえ… 時の流れはまことに悲しいものです。

このあと中つ国はさらに大きな災厄に飲み込まれることになるわけですが、そう考えると本作品のラスト前後というのは、指輪サーガにおいてもっとも幸せな部分ではないだろうか…と思うのでした。

あー、なんか、めっちゃさびしいですね… このさびしさはやはり指輪の後継といわれるスターウォーズで埋めるしかないのか。それともデ○ズニーに権利を買ってもらってオリジナルの後日談を… いえ、なんでもありません。ちなみにさらに前日談の『シルマリルの物語』は、日本の国産み神話のようにかなりもやもやっとした内容らしいです。

Hbky2ふー、なんとか年内にすべて書ききった… 明日は今年観た映画の中でも比較的下位の作品をまとめて振り返ります。


|

« 第十一回SGA屋漫画文化賞 | Main | 2014年 この映画がアレだ! 幕下編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/60885881

Listed below are links to weblogs that reference オタクとオークと追憶と J・R・R・トールキン ピーター・ジャクソン 『ホビット 決戦のゆくえ』:

» ホビット 決戦のゆくえ/そしてLOTRへと冒険譚は続く [MOVIE BOYS]
J・R・R・トールキン原作の『ホビットの冒険』を映画化した三部作の最終章。古の竜スマウグが目覚め湖の町を襲う寸前で終わった前作の続きで、今回はドワーフの国を取り戻したトーリンたちを中心に話は進む。監督はもちろんLOTRからこの物語を作り続けているピーター・ジャクソン。イアン・マッケランやマーティン・フリーマン、オーランド・ブルーム、ケイト・ブランシェットらお馴染みの面々がスクリーンで躍動する。... [Read More]

Tracked on December 29, 2014 at 11:35 PM

» ホビット 決戦のゆくえ (試写会) [風に吹かれて]
金より愛です 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitbattleofthefivearmies12月13日公開 監督: ピーター・ジャクソン 竜に奪わ [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 11:51 AM

» ホビット 決戦のゆくえ (試写会) [風に吹かれて]
金より愛です 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitbattleofthefivearmies12月13日公開 監督: ピーター・ジャクソン 竜に奪わ [Read More]

Tracked on January 12, 2015 at 03:21 PM

» ホビット 決戦のゆくえ [いやいやえん]
【概略】 火炎を吐く竜の凄まじい襲撃、財宝の奪還によって生じた仲間たちの対立、その裏側に忍び寄るさらに巨大な敵の存在――ついに明らかにされる冥王サウロンの邪悪な企み!押し寄せる敵の大群に、破滅の足音が近づいてくる。団結か全滅か。大地を二分する壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる! ファンタジー ついに終わるホビット…しかし前作の後半からグダグダしちゃったので(私はね)まったくテンションあがらなかったなあ。やっぱりLOTRのほうが面白いや、と言う結論でいいな。映画「ホビット3部作」に... [Read More]

Tracked on April 22, 2015 at 09:49 AM

« 第十一回SGA屋漫画文化賞 | Main | 2014年 この映画がアレだ! 幕下編 »