« スタンド・バイ・ミギー 岩明均 山崎貴 『寄生獣』(映画版) | Main | 第十一回SGA屋漫画文化賞 »

December 26, 2014

その柔らかさ、無限大 ドン・ホール クリス・ウィリアムズ 『ベイマックス』

Bigherosiximgついさっき気づいたんですがね… 20日でブログ開始から丸10年経ってました… あはは… こんなくだらないブログをもう十年ねえ。まことに年月は矢のように過ぎていきます。
それとはあんまり関係ありませんが、本日はディズニーアニメーションスタジオがはじめてマーベルユニバースにがっつり挑んだ『ベイマックス』、紹介いたします。

サンフランソウキョウに住むヒロとタダシの兄弟は、まだ学生でありながら、工学に対し類まれな才能を持っていた。タダシは無鉄砲なヒロをいつも気にかけ、その才能を自分が通う大学で生かすよう励ます。そこで尊敬している学者に出会ったヒロは発奮し、見事に発明「マイクロボット」で入学の権利を得る。喜びもつかの間、突然起きた事故によりタダシは帰らぬ人になる。深く悲しむヒロの前に現われたのは、タダシが懸命に開発していたフワフワの介護用ロボット「ベイマックス」だった。

この作品、原題を『BG HERO6』と言います。原作はちょっと前に発行されていた同名のコミック。X-MENにも誘われていた「サンファイア」というミュータントが、日本政府の要請を受けて結成したヒーローチームの話でした。その中にヒロとベイマックスもおりましたが、おそらくチームの中心いうよりマスコット的な存在だったと思われます。そしてベイマックスは映画版とは似ても似つかぬ怪獣型のロボットでした。
その後サンファイアの脱退と共に、BIG HERO6はよりポップなジャパニメーション風のチームへとイメージチェンジします。しかし人気は得られず廃刊。忘れられていたところへディズニーさんがアニメにちょうどいい原作を…と発掘したのでした。

というわけで、キャラの名前と「日本っぽい」という以外はほとんど別物。ディズニーの「俺色に染めてやるぜ~~~」感が強烈であまり企画に好感がもてなかったのですが、いざ観てみるともう原作との違いとかどうでもよくなりました(笑) もうね~ とにかくフワフワのベイマックスが良い。良すぎる。
実は観終わった直後は「うん。なかなかよかった」くらいのテンションだったのですが、ベイマックスのあんなモコモコシーンやこんなポワポワシーンを思い出すにつけ「あ~ も~ ベイマックスたまらん!!」状態でありました。
そもそもロボットというものは硬いものと相場が決まっております。「やわらかいロボット」というのはすごい発想の転換ではないでしょうか。

あと、少年とパートナーを組むロボットというのは、大体「こんな家族がいたら」という願いを反映しているように思われます。鉄人28号は強くたくましい父親を、ドラえもんは頼りになるけどちょっと抜けてるお兄さんを、アイアン・ジャイアントは一緒に遊んでくれる素直な弟を、エヴァンゲリオンはわが子を必死に守ろうとする鬼子母神のような母親を、それぞれ表していると思っています。
で、ベイマックスはエヴァとはだいぶ違いますが、思春期の息子を優しく見守る母親のような存在だと思っています。息子のヤンチャは広いふところで大抵は受け止めますが、本当に非行に走りそうな時は頑としてそれを押しとどめます。また、どんくさいようで意外にしっかりしていて、子供がピンチの時には一生懸命守ろうとします。深く傷ついていたヒロが、次第にゆるゆるなベイマックスのペース合わされて朗らかになっていく様子は心温まるものがありました。そしてベイマックスの無限の優しさと強さに、ただハラハラと涙したのでありました。

ただ悲しいことに、アニメにおける少年とロボットのコンビというのは、「悲しい別れ」が待っている場合が多いんですよね… 果たして『ベイマックス』ではどうだったかというと… な・い・しょ♪

『ベイマックス』の魅力はこれだけにとどまりません。東京とサンフランシスコをミックスさせた「サンフランソウキョウ」のアナーキーな風景とか。わたしは『鉄コン筋クリート』「宝町」を思い出しました。
ヒロとベイマックスを支える「BIG HERO6」のメンバーもいちいち面白い。ゴス風のヒロイン「ゴーゴー」(スピード担当)、プリキュアのような不思議ちゃん「ハニーレモン」(化学攻撃担当)、堅物でやや小心な「ワサビ」(剣術担当)、コメディリリーフのフレッド(こいつだけ実名)… キャラ、風景、アクション、ギャグ、本当に次から次へとこれだけ面白いことを思いつく才能に脱帽です。この輝きはまさしく初期のピクサー作品にあったものです。

Bmxこれを機にまたディズニー風のヒーローアニメが作られていくとしたら、なかなかワクワクいたします。『パワーパック』なんか「子供が主人公」「忘れられてる」という点でちょうどいい題材かと。
『ベイマックス』の第二弾もぜひ観たいです。五つのメカが合体して巨大ロボット「ベイマックスマックス」になる展開などいいんじゃないでしょうか。
『妖怪ウォッチ』の影に隠れがちではありますが、『ベイマックス』も現在かなりのヒットを記録しております。今年の冬の一押しはコレでやんすよ!


|

« スタンド・バイ・ミギー 岩明均 山崎貴 『寄生獣』(映画版) | Main | 第十一回SGA屋漫画文化賞 »

Comments

トラコメどうもでした。

う~ん、初期のピクサーかなあ・・・?w
どこかのブログがうまいこと言ってて、この映画はジョン・ラセター監督が初めて試みる「部活もの」だと。
だから、敵を倒してめでたし、はい解散。で終わらない。
敵との戦いを求めて常にヒーローであり続けなければならない・・・そう言った意味で「正義の味方」というものに幼い頃から懐疑的だった私には生理的に厳しいものがありました。
部活感覚でこういう暴力を私的に執行していいのかっていう。

実際にいるじゃないですか、思想信条がどうこうじゃなくて、常に叩く相手を虎視眈々と狙っているような人が(^_^;)
憎んでいた相手への「許し」が中核的なテーマにしたいならもっと演出できるところはあったと思うんですけど、きっとあのラストから逆算しているからああなったったんでしょうね。
このモヤモヤは、何かに似てるなって思ったんですけど、あれだw
『ヒックとドラゴン』だw
許すなら許せ、叩くなら叩いて欲しいですwお前の立場はどっちやねんって(^_^;)(C)キルケゴール

Posted by: ゴーダイ | January 13, 2015 at 11:12 PM

伍一くん☆
うっかり見落としていたわ~
ブログ10周年おめでとう!!
いつも見事な文章で楽しませてもらってマス

ベイマックス全く同感!
私も観終わってすぐは、なーんだヒーローものだったわ・・・という気持ちの方がやや勝っていたけど、あとからどんどんベイマックスのふわふわが膨らんでいって、頭と心をいっぱいにしちゃってるかんじデス
へー?廃刊になったコミックのキャラだったのね。
クローズアップされて良かったね~

Posted by: ノルウェーまだ~む | January 14, 2015 at 12:08 AM

>ゴーダイさん

ご来訪ありがとうございます~
あ、その記事はわたしも読みました。う~ん、わたしは彼らがそんなに暴力的には見えなかったんですよね。もっぱら戦ってたのは例のマイクロボットだったし、直接ぶんなぐる描写もなかったと思うし。6対1で戦ってる時点でいじめに見えてしまう、というのはあるかと思いますが
ただ事件は解決したわけだし悪者も逮捕されたんだから、あのあともヒーロー活動を続ける意味はまったくないですよね。その辺はちょっと強引だと思いましたw

Posted by: SGA屋伍一 | January 14, 2015 at 10:21 PM

>ノルウェーまだ~むさん

ご来訪ありがとうございます~
そしてお祝いの言葉もありがとうございます(^_^; 本当にいつまで続けられるんだろう、これ…

わたしベイマックスって手塚治虫の『火の鳥』に出てきた「ロビタ」に似てると思うんですよね。ご存知でしょうか
ちなみに監督が「これをやってもいいかな?」とマーベルの担当者に相談したとき、彼らは完全に「BIG HERO 6」の存在を忘れていたそうです。ひどい話ですねw しかし今回の映画化で見事な一発逆転を果たしたといえるでしょう

Posted by: SGA屋伍一 | January 14, 2015 at 10:26 PM

母親というより、逆らえないんだけど、向こうも愛情持って接してくれる親戚のおばさんくらいかな。母親ほどベッタリな愛情を感じなかった。だから、キャスおばさんと同列……キャスおばさんはお母さんでよかったんじゃないかな(元はそういう設定だったらしいし)。

Posted by: ふじき78 | January 29, 2015 at 08:23 AM

>ふじき78さん

なるほど。一理ありますが親戚のおばさんはあそこまで親身になって気にかけてはくれないと思います… ってキャスおばさんがそうだけど。「親代わりのおばさん」というのはマーベルの大先輩?メイおばさんを意識したのかもですね

Posted by: SGA屋伍一 | January 30, 2015 at 10:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/60867940

Listed below are links to weblogs that reference その柔らかさ、無限大 ドン・ホール クリス・ウィリアムズ 『ベイマックス』:

» 『ベイマックス』 期待される日本 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  年末に配られた冊子に、面白い一覧が載っていた。  読売新聞の購読者に配られる読売家庭版2015年1月号のディズニー映画特集だ。「時代を超えて愛され続けるディズニー長編アニメーション」と題して、長編映画第1作目の『白雪姫』から最新の54作目『ベイマックス』までがズラリと掲載されているように見えた。  だが、記事本文には「『ベイマックス』まで入れて54作品。心...... [Read More]

Tracked on January 03, 2015 at 11:39 AM

» 「ベイマックス」 [或る日の出来事]
日本風味の風景がよかったかな。 [Read More]

Tracked on January 07, 2015 at 07:33 AM

» 映画「ベイマックス(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『ベイマックス(2D・日本語吹替版)』 (公式)を昨日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 3歳で両親を亡くした14歳の天才発明少年ヒロは、唯一の理解者で最愛の存在の兄タダシを突然の事故で失い、失意のどん底で深く心を閉ざしてしまう。そんなある時、ヒロの前...... [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 08:33 AM

» ベイマックス [風に吹かれて]
ロボットを兵器にしないでね 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/baymax サンフランソウキョウに住む14歳の天才少年ヒロは、幼い頃に両親を亡くし、母親が代わりの [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 11:51 AM

» 「ベイマックス」☆ふわぽよ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
すっかりUPが年末押し迫った今頃になってしまったけど、クリスマスに「ベイマックス」を観てきたyo [Read More]

Tracked on January 14, 2015 at 12:08 AM

» ベイマックス [映画的・絵画的・音楽的]
 『ベイマックス』(2D日本語吹替版)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ディズニーのアニメながら、評判がいいので映画館に行ってきました。  平日の昼間でしたが冬休み中ということで、映画館は子供たちで満席状態でした。  本作(注1)の初めでは、都市の上空か...... [Read More]

Tracked on January 16, 2015 at 06:37 AM

» 『ベイマックス』をトーホーシネマズ六本木7で観て、そら、これはええやろふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★安定】 観た人は分かってるだろう。 観てない人はまあ早く観に行ってください。 つまり、話題になってる宣伝。 間違ってはいないが、あれが全てではない ... [Read More]

Tracked on January 29, 2015 at 10:06 AM

» プニプニは心を癒すのね〜。(*^_^*)〜「ベイマックス・2D字幕版」〜 [ペパーミントの魔術師]
むっちゃ突然ですが、ちょい前にものすごい雪がよそで降ったときに(わたしんとこはチラチラ程度でした) Twitterにあがってきた雪だるまの本気に感動してました。 ・・・1時間半もかけてつくったベイマックスのリアリティと根性。(いっしょに写ってるオラフも ちゃ...... [Read More]

Tracked on February 01, 2015 at 04:10 PM

» [映画][☆☆☆☆★]「ベイマックス」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 日本人ヒーローチームの活躍を描いたマーベルコミックのアメコミ作品「ビッグ・ヒーロー・シックス」を、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズが長編CGアニメ映画化。 ちなみに、ドラゴンに変形しちゃうバリバリ戦闘ロボなベイマックスをはじめ、原作とは... [Read More]

Tracked on February 04, 2015 at 07:07 PM

» ベイマックス [銀幕大帝α]
BIG HERO 6 2014年 アメリカ 102分 アドベンチャー/コメディ/ファミリー 劇場公開(2014/12/20) 監督: ドン・ホール クリス・ウィリアムズ 製作総指揮: ジョン・ラセター 声の出演: スコット・アツィット:ベイマックス ライアン・ポッター:ヒロ T・J...... [Read More]

Tracked on April 26, 2015 at 03:21 PM

» ベイマックス [いやいやえん]
【概略】 幼い頃に両親を亡くし、謎の大爆発で兄を失ってしまった少年・ヒロの前に突然、ロボットの“ベイマックス”が現れる。 アニメ かけがえのない大切な人を失った時、ぽっかりと胸にあいた穴はどう治せばよいのだろうか…最愛の兄タダシを失い心に深い傷を負った14歳のヒロの前に現れたのは、何があっても彼を守ろうとする一途な“ケア・ロボットベイマックスだった…。架空都市サンフランソウキョウを舞台に、壮大なスケールで描かれるふたりの絆の物語。 最初はベイマックスがミシュランに見え... [Read More]

Tracked on April 27, 2015 at 03:30 PM

» 映画『ベイマックス』感想 正しく導くヒーローへの道 [映画を観たからイラスト描いた]
『ベイマックス』Big Hero 62014年/アメリカ/102分監督:ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ声の出演:ライアン・ポッター/スコット・アツィット/ダニエル・ヘニー/ジェームズ・ ... [Read More]

Tracked on May 10, 2015 at 09:48 AM

» ベイマックス (Big Hero 6) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ 主演 スコット・アツィット(声) 2014年 アメリカ映画 102分 アニメ 採点★★★ ブログタイトルの脇に「“泣ける”イコール“いい映画”なの?」なんてのを掲げちゃってるせいか、泣ける映画を全否定してると思われがち…... [Read More]

Tracked on September 04, 2015 at 08:10 PM

« スタンド・バイ・ミギー 岩明均 山崎貴 『寄生獣』(映画版) | Main | 第十一回SGA屋漫画文化賞 »