« 最も危険な飛行遊戯 『フライト・ゲーム』 ジャウマ・コレット=セラ | Main | ワルのいる町に生まれ クリント・イーストウッド 『ジャージー・ボーイズ』 »

October 30, 2014

新劇場版エテモンゴリオン マット・リーブス 『猿の惑星 新世紀』

Img00790♪残酷なモンキーのように 少年よチンパンジーになれ~
あの「猿映画なのに泣ける!」と大評判だった『猿の惑星 創世記』から3年、リブート版?『猿の惑星』が帰ってまいりました。『猿の惑星 新世紀』ご紹介します。

シーザーが育ての親であるウィルと袂をわかち、仲間と森に隠れすむようになった直後、世界各地で新種のウィルスによる疫病が猛威を奮い始める。犠牲者は天文学的な数字に上り、暴動の頻発も手伝って文明社会は崩壊した。それから10年が経った。
かつてのNYに集まった生存者たちは、電力を取り戻すべく山の水力発電所を修理しようと試みる。だがその山はシーザーたちが縄張りとする山でもあった。人間の代表の一人であるマルコムは平和裏にことをすすめるため、自分たちに敵意がないことを必死にシーザーに伝えようとするのだが…

このマルコム氏が前作のウィルに負けず劣らずいい人でして、人種はもちろん猿ですら差別しない人なんです。だからなんとかうまくシーザーたちと共存していければいいなあ…と思うのですが、彼の交渉がとんとん拍子で進んだら映画は1時間ともたずに終わってしまうのでね… 当然そうは参りません。対立する二つの集団がある場合、どちらにも必ず平和を望むひとたちがいると思うのです。ただ、必ず頭に血が上りやすい人や空気を読めない人、恨みを捨てきれない人も確実にいます。そういう人たちのせいでことがどんどんこじれていく…という歴史のよくあるひとコマが巧みに再現されていました。

今回もややネタバレ気味でcoldsweats01

まず今回の「猿惑」、前作以上に「創世記」っぽい…というか「失楽園」っぽい内容だと思いました。罪を知らず、楽園で平和に暮らしていたシーザーたちが罪を犯してしまったがゆえに楽園を追われ、苦難の道を歩むことになる…という流れが。
あとこの「シーザー」という猿、オリジナルのシリーズにも出てくる由緒正しき猿キャラなんですが、名の由来はローマ帝国の初代皇帝ジュリアス・シーザーから来ていることは明らかです。
人間のシーザーもいたずらに戦争を愛する男ではなかったと思うのですが、ローマを維持させるためにあえてそれまで支持していた共和制を滅ぼす戦いに赴きます。苦悩しながらも守るべきもののために、戦いの決意をするあたりが「シーザー」してるなあと。前後しますが信頼していた側近に裏切られるあたりもシーザーっぽいですね。

この映画は「互いをどこまで信頼できるか?」というお話でもあります。空気を読まない仲間から足をひっぱられたせいもあって、さんざんシーザーから疑われ続けてきたマルコムさんですが、誠心誠意を尽くして努力し続けた結果とうとうシーザーから「友よ」と言われるまでになります。ただ二人…というか一人と一匹の間には確かな友情が築けたにも関わらず互いが属する集団は全面戦争に突入してしまうという… これが泣かずにおられましょうかcryingcryingcrying

思いっきり続編につながりそうな形で幕を降ろした『猿の惑星 新世紀』ですが、人類と猿類の間に平和共存はかなうのか、はやくも次の結末が気になります。というかこれが第1作につながるのであれば、人間側の全面降伏は免れないところですけどね。どうかつながりませんように。

Sws2ちなみにわたしこの作品も例の4DX見たのですが、アクションシーンでこそドカチャカ椅子が動き出しますが、けっこう静止してる時間が多かったですね(^_^; あと森の場面では葉っぱの匂いが流れていた気がします。
『猿の惑星 新世紀』は明日で終わってしまうところも多いようです。観たかったのに観そびれいる方は今月中に(急でごめんなさい)


|

« 最も危険な飛行遊戯 『フライト・ゲーム』 ジャウマ・コレット=セラ | Main | ワルのいる町に生まれ クリント・イーストウッド 『ジャージー・ボーイズ』 »

Comments

伍一くん☆こちらにも
うわー、4Dで観たのね??すごい~~
葉っぱの匂いでよかったね。獣くさくなくて・・・
雨とか降ってくるのかしら?
中盤は椅子もじっとしているの?最後の落下シーンは凄そうね☆

Posted by: ノルウェーまだ~む | November 01, 2014 at 12:35 PM

>ノルウェーまだ~むさん

4DXはマジで雨のシーンは雨が降ってくるんですよ… パラパラ程度ですが
落下シーンもすごかったですけど、特に猿同士が格闘してるシーンは効果満点でした
ところで下のイラスト、ジョジョのシーザーのつもりだったんですけどわかっていただけたでしょうか…

Posted by: SGA屋伍一 | November 02, 2014 at 08:53 PM

こんばんワイン

>誠心誠意を尽くして努力し続けた結果

そういや人間側のメガネの人も、最終的に体張って鉄塔壊したから、すごい人道主義者ですよね(^_^;)
ヒューマニズムって人間以外の動物は人間の幸せのために資源的に利用しちゃうって割り切っちゃう考えだから・・・

私は「さるインフル」がなんか『モンモンモン』ぽくて笑えましたw

Posted by: ゴーダイ | November 04, 2014 at 10:47 PM

>ゴーダイさん

何気にお坊ちゃまくんなあいさつ!
あのメガネさん、けっこうこの映画を深いものにしてると思うのですよ。同族には無私の犠牲を払う人が、敵対するグループや他の種族には鬼のような仕打ちをするってままあることですからねえ
ゲイリー・オールドマンの優しそうな風貌とあいまってよけい世の中の理不尽さを際立たせていたと思います

モンモンモン… つの丸先生だっけ? ちなみにうちの猫の名はモンちゃんといいます

Posted by: SGA屋伍一 | November 06, 2014 at 10:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/60562261

Listed below are links to weblogs that reference 新劇場版エテモンゴリオン マット・リーブス 『猿の惑星 新世紀』:

» 「猿の惑星 新世紀(ライジング)」☆シーザーの男前度 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ようやっと観れたーっ!! かなり評判良かったので、ちょっと期待して行ってもいいかな♪と思ったら、2Dでも十分伝わる3D感(3Dや4Dならさぞ見事だったことでしょう)もさることながら、戦うことなしには生きられない動物の悲しい性が、その先に続く未来の希望と不安を掻き立てて、見どころも十分で満足まんぞく。... [Read More]

Tracked on November 01, 2014 at 12:30 PM

» 猿の惑星: 新世紀 [HEAVEN INSITE's Blog]
 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆」  エイプは全てにおいて人間に勝ると思っていた。だが我々も人間と同じだ。  前作はマイクル・クライトンの『NEXT』か!?と勘違いしてしまう [Read More]

Tracked on November 04, 2014 at 10:47 PM

» 猿の惑星 新世紀(ライジング) [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
猿の惑星 新世紀(ライジング) 14:米 ◆原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES ◆監督:マット・リーヴス「モールス」 ◆出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、...... [Read More]

Tracked on November 08, 2014 at 10:42 PM

« 最も危険な飛行遊戯 『フライト・ゲーム』 ジャウマ・コレット=セラ | Main | ワルのいる町に生まれ クリント・イーストウッド 『ジャージー・ボーイズ』 »