« 京都は燃えているか 和月伸宏・大友啓史 『るろうに剣心 京都大火編』 | Main | カエルのヒーロー、かえる ジェームズ・ボビン 『ザ・マペッツ2 ワールドツアー』 »

September 23, 2014

あらしの中で輝いて スティーヴン・クォーレ 『イントゥ・ザ・ストーム』

Figkai3100「なんか『ツイスター』みたいな話だなあ」と、当初はま~ったく興味なかったんですが、「ごついメカが出てくる」「4DX効果がすごい」という噂を聞いて観てまいりました(4DXについては後ほど説明します)。『イントゥ・ザ・ストーム』、ご紹介しましょう。

舞台はアメリカの田舎町シルバートン。父親との間にわだかまりを抱えた高校生のドニーは、25年後の自分に向けたビデオメッセージを作っていた。折りしも町は急激な悪天候に見舞われる。竜巻の撮影を専門としているピートたちは、今までにない巨大竜巻がシルバートンに現れると予測。現地へ急行する。

以上のように「ドニーの一家」「ピートたちのチーム」そして「ジャッカスのように無茶な映像を作って喜んでいるおバカたち」の3チームが合流したりすれちがったりしてお話は進んでいきます。
このうちのおバカチームは本当に馬鹿でイライラさせられます。そういえばわが町でも台風の日に海でチャプチャプやってるバカどもをよく見かけるよな… まあ災害時の反面教師として役立てることができるかもしれません。

しかしまあ彼らはあくまで添え物。中心となるのは他の二組であります。
主人公といってもいいドニー君はビデオで「25年後の君はどうしてるかな?」と問いかけます。この出だしがなんとも皮肉であります。なにごともない日々を送っていると、いつしか10年後、20年後も人生は続いてるんだろうなあ…と考えがちですが、命というのは突然明日終わったとしてもなんら不思議ではないのです。『イントゥ・ザ・ストーム』は竜巻という大災害を通して、それをわたしたちに教えてくれます。日本でも3年前未曾有の大災害があったばかりですから、その点を痛感させられました。
一方でたとえ計り知れない天災に見舞われたとしても、人は最期まで生きる努力をしなければいけない… そのこともこの映画は教えてくれます。先日の『GOZILLA』でもそうでした。安西先生じゃありませんが、「諦めたらそこで人生終了」なのです。

まじめな話はこれくらいにして。
冒頭で述べたメカ描写、全体としてはちょっぴり浮いてましたが十分期待に応えてくれました。竜巻観測チームが使用する特殊車両「タイタス」がそれです。「どんな竜巻にも吹き飛ばされない」ということを想定してつくられたため、とにかくごつい。そしてどんな状況にも対応できるように様々なギミックが盛り込まれております。このマシンでもって馬鹿でかい風の渦につっこんでいくシーンは、男子ならばテンションが上がらないはずはありません。…と書くと自分も先のおバカさんチームとあまり変らないような(^_^;
そしてそのテンションをさらに上げてくれるのが、現在一部のコロナワールドやサンシャインシネマ平和島にて導入されている「4DX」形式です。
『イントゥ・ザ・ストーム』は立体映像ではないんですけど、そんなことはまったく気にならないくらいこの映画にマッチしてました。とにかく映像に合わせてイスがガクンガクン動く。稲妻が光る。突風は吹く。スモークは立つ。極めつけは(適量の)雨が降ってくるという(笑) 実は先に『パシフィック・リム』のリバイバルでも体感してたんですが、ちょっと前まで「子供だましだろ~」と馬鹿にしてたのとは裏腹に、すっかり4DXの虜になってしまいました。

そしてその効果で最も感動したのがクライマックスのシーン。以下ネタバレで

typhoon
typhoon
typhoon
typhoon

「吹き飛ばされない」というのがウリだったのに、想定外の風力で天高く飛ばされてしまうタイタス。ただ一人搭乗していたピートは、晴れ渡った竜巻の中心でえもいわれぬ美しい風景を見ます。しかし感動したのもつかの間。車は当然はるか下の地面に向かって真っ逆さまに落ちていきます。まさに天国から地獄。イスの絶妙な動きもあって「あああああああああ!!」と思わず叫んでしまいました。ちょっとちびったかもしれません。
このシーンだけでも、4DXで観て本当によかったです。

Itts2こんだけ誉めといてなんですが、この『イントゥ・ザ・ストーム』の4DX、どうも先週で終了してしまったようです。どうもすみません。どうしても味わいたくなった人はコロナワールドにリバイバル・リクエストをばんばん出してください。
まあこの映画は通常版でも十分面白いと思いますよ!(白々しいなあ)。それも恐らく今週いっぱいでしょうか。気になってる方はおはやめに!


|

« 京都は燃えているか 和月伸宏・大友啓史 『るろうに剣心 京都大火編』 | Main | カエルのヒーロー、かえる ジェームズ・ボビン 『ザ・マペッツ2 ワールドツアー』 »

Comments

これを4DXで観たら凄まじいでしょうね。
4DXなんて映画を鑑賞する上では邪道だ、ケッと思っていましたが、いまやとっても羨ましいです。
「あああああああああ!!」と叫んでみたい!

Posted by: ナドレック | September 27, 2014 at 07:44 PM

>ナドレックさん

そんなあなたに朗報です!
今度木更津のUSシネマにも4DXが導入されるそうですが、11上旬から『イントゥ・ザ・ストーム』もリバイバルされるそうです。いける範囲であればぜひ!

Posted by: SGA屋伍一 | September 29, 2014 at 09:29 PM

私これ2回観ました。
よかったねー。大好きですこれ。
いいドラマだと思いません??
最後の、竜巻の目の景色とか最高~

Posted by: rose_chocolat | October 04, 2014 at 07:20 AM

>rose_chocolatさん

こんばんはー
竜巻の目の景色、すごかったですね。あんな風景が見られたら直後に墜落死しても惜しくはな… いや、やっぱり惜しい(^_^;
人間ドラマ部分もとてもしっかりしてましたよね

Posted by: SGA屋伍一 | October 04, 2014 at 11:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/60356904

Listed below are links to weblogs that reference あらしの中で輝いて スティーヴン・クォーレ 『イントゥ・ザ・ストーム』:

» 『イントゥ・ザ・ストーム』 息継ぎに気をつけろ! [映画のブログ]
 鑑賞中に一斉に息をする音が聞こえる映画は珍しい。  『イントゥ・ザ・ストーム』はそんな稀有な一本だ。  映画が佳境に差し掛かると、我知らず息を止めてしまう。まったく自覚はない。  危険が去ってはじめて息を呑んでたことに気付き、ようやく息を吐き出す。それが場内一斉だから、あちこちからハ~ッというため息が聞こえてくる。  このとき、しっかり深呼吸することが大切だ。危険が迫るとまた息...... [Read More]

Tracked on September 27, 2014 at 07:39 PM

» イントゥ・ザ・ストーム (試写会) [風に吹かれて]
ナイフは便利な道具です 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/intothestorm8月22日公開 監督: スティーブン・クォーレ  「ファイナル・デッドブリッジ」 [Read More]

Tracked on September 28, 2014 at 11:35 AM

» 『イントゥ・ザ・ストーム』 (2014) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: Into the Storm 監督: スティーブン・クォーレ 出演: リチャード・アーミテージ 、サラ・ウェイン・キャリーズ 、マット・ウォルシュ 、アリシア・デブナム・ケアリー 、アーレン・エスカーペタ 公式サイトはこちら。 観測のため荒れ狂う竜巻に立ち向...... [Read More]

Tracked on October 04, 2014 at 07:01 AM

» 「イントゥ・ザ・ストーム」 [或る日の出来事]
これ、映画館で観るべきだったんだろうなあ。 [Read More]

Tracked on August 02, 2015 at 10:06 PM

« 京都は燃えているか 和月伸宏・大友啓史 『るろうに剣心 京都大火編』 | Main | カエルのヒーロー、かえる ジェームズ・ボビン 『ザ・マペッツ2 ワールドツアー』 »