« 藤島、「ぶっ殺す」言ってたってよ 深町秋生・中島哲也 『渇き。』 | Main | 装甲騎兵ボトムクルーズ 桜坂洋 ダグ・リーマン 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 »

July 29, 2014

ローマ風呂は一日にして成らず ヤマザキ・マリ 武内英樹 『テルマエ・ロマエⅡ』

Tr21_2更新がずいぶん空いてしまいました。理由はけっこう遊ぶのに忙しかったからなんですが… そんな風に遊びにかまけているうちに、これはもう公開終わっちゃってるな… スルーするつもりだったんですけど誘われちゃったので今月初めに観て来ました。『テルマエ・ロマエⅡ』、ご紹介します。一作目の記事はコチラ。

風呂を通じて、古代ローマから現代日本へ転移する能力を持つ男、ルシウス。彼は21世紀の日本の風呂文化を巧みにパク…流用し、ローマで随一の風呂技師として知られていた。折りしもローマは軍備増強が進み、コロッセウムでも残酷な出し物がもてはやされていた。世の中が暴力的な傾向に進んでいくのを憂うルシウス。そんな彼に、剣闘士用の風呂を作れとの命令がくだる。あれこれ悩んでいるうちに、ルシウスはやっぱり現代へタイムスリップしてしまうのだった…

今回は観る前に「これは相当つまらん! ダメだ!」という噂を聞いてまして、戦地に赴く覚悟で鑑賞に臨みました。で、どうだったかというと… あれ? そんなに悪くないよ? ていうか普通に面白いよ?(あくまで「普通」レベルですが) 映画館で怒りのあまり血をはかなくて済んで本当によかったです。
わたしが楽しめた理由の一つは、原作がけっこう好きだから、というのがあります。前作もそうですが、冒頭と終盤以外はただただ原作のエピソードをオムニバス的に羅列しているだけなので、「ああ、こんな話もあった」と無邪気に楽しんでおりました。特にわたしが好きだった山賊が更正する話とウォータースライダーの話も映像化されてましたし。
逆に思い入れのない人は「前作とまったくやってることが一緒じゃないか!」「儲けたからって安易に二匹目のドジョウを狙いやがって!」と腹立たしかったのかもしれません。でもねえ、原作も前半はひたすらこういう定型のパターンを踏んでいく漫画なので。

ただ、前作と決定的に違うところもありました。『Ⅰ』はルシウスの作った風呂で兵士たちが元気になり、周辺国家の戦争に勝ってますますローマは拡大していった…という結末でした。でもそれだと国の右傾化、軍備増強を肯定的に描いたように思えなくもありません。
スタッフも反省したのでしょう。いまの日本もなんとなくそんな方向に傾いていってますし。だから今回はひたすら「平和平和平和! 戦争はよくない! 戦うのではなく愛と平和を!」ということがくどくどと語られています。そう、たとえ国や環境が違っていても、お互い裸一貫になって風呂の中で語り合えば、体も心もほぐれていって仲良くなれると思うんですけどね… 永田町のみなさん、この「お風呂外交」、真剣に考えてみるのはどうでしょう。

あとひとつこの映画の見所をあげるとするなら、それは阿部寛氏のお尻でしょうかね。今回もバックから執拗にスクリーンに映し出されます。まさにお好きな人にはたまらない。ただわたし、男の尻はそんなに好きじゃないのでねえ… おまけに数日後に観た『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でも男の尻がバーンと出てくるシーンがあったので、なんだかやり場のない怒りがふつふつと沸いてきたのでした。

Tr22_2というわけで『テルマエ・ロマエⅡ』ですがもうほぼ劇場での公開が終了しました。観そびれた方はDVDをお待ちください。
ただわたしがこちらよりも勧めたいのは、ヤマザキ・マリ先生ととり・みき先生がタッグを組んで発表された新感覚歴史漫画『プリニウス』です。ローマに興味がある人はこちらもぜひ。『ポンペイ』と噴火の様子がまるで違うのが笑えますw


|

« 藤島、「ぶっ殺す」言ってたってよ 深町秋生・中島哲也 『渇き。』 | Main | 装甲騎兵ボトムクルーズ 桜坂洋 ダグ・リーマン 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 »

Comments

伍一君☆
先日はお疲れさまでしたー
私あれから咳風邪を引いてしまい、まだ咳と戦っております。とほほ・・・
すっかりこの映画も内容を忘れつつあり・・・
あべちゃんのお尻を愛でる映画であったことは確か。
トムちん映画のむっちりお知りはいただけませんね。

Posted by: ノルウェーまだ~む | August 03, 2014 at 11:24 AM

>ノルウェーまだ~むさん

先日はまだ~むさんもお疲れ様でした。夏風邪、はやくなおるといいですね
まあ違う意見の人もいるでしょうけど、お尻を眺めるのであれば男より女性の方がいいですね。いま熱海の海岸ではそんなピチピチのお尻のギャルが闊歩していていい感じです(あ、映画の話してない)

Posted by: SGA屋伍一 | August 04, 2014 at 10:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/60040211

Listed below are links to weblogs that reference ローマ風呂は一日にして成らず ヤマザキ・マリ 武内英樹 『テルマエ・ロマエⅡ』:

» 『テルマエ・ロマエII』を世界に広めよう! [映画のブログ]
 「人生の目的とは、自分を魂として昇華させること。  私にとって映画は芸術だ、ビジネスである前に。」  映画史上の傑作『エル・トポ』を撮ったアレハンドロ・ホドロフスキーにそう云われては、映画はビジネスじゃなく芸術であるべきだと思ってしまう。  しかし、この言葉はホドロフスキーのしたたかさの表れでもあるだろう。  押井守監督は、作った映画の評判が良くなかったとしても、自分で「失敗し...... [Read More]

Tracked on August 01, 2014 at 07:52 PM

» 「テルマエ・ロマエⅡ」☆漫画原作の落とし穴 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
まあ、面白い。普通に面白い。 前日に「テルマエ・ロマエ」の1作目が放送されたこともあって満席の会場も、和やかに笑ってはいるものの爆笑ほどではなかった。 ぐっと原作に近い(と思われる)マンガちっくな仕上がりは、本来のこのお話の良さを忘れかけていて・・・・... [Read More]

Tracked on August 03, 2014 at 11:25 AM

» テルマエ・ロマエII [いやいやえん]
【概略】 斬新なテルマエ(浴場)を作り、一躍人気者になったルシウス。しかし、新たなテルマエの建設を命じられた彼は、再び現代日本へタイムスリップしてしまう。 ドラマ・コメディ 世紀のSF(すごい風呂)超大作! ! 全世界が沸いた――。 ↑このキャッチ可笑しい(笑) 前作でローマに斬新な浴場(テルマエ)を作った事で、今度はグラディエイターを癒すテルマエ建設を命じられ、またまたアイディアに悩みまくり、再び現代日本へタイムスリップしてしまうルシウス。平たい顔族の代表・真美とも再会するも... [Read More]

Tracked on November 27, 2014 at 09:42 AM

» テルマエ・ロマエ II [銀幕大帝α]
2014年 日本 112分 コメディ 劇場公開(2014/04/26) 監督: 武内英樹 原作: ヤマザキマリ 出演: 阿部寛:ルシウス 上戸彩:山越真実 北村一輝:ケイオニウス 竹内力:館野 宍戸開:アントニヌス 笹野高史:山越修造 市村正親:ハドリアヌス キムラ緑子:山越...... [Read More]

Tracked on December 01, 2014 at 08:33 PM

» (患者を生きる:2991)がん 心のケア:2 思いを聞いてくれた先生(朝日新聞デジタル) [日々のニュースで感じたこと]
http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/life/asahik/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTYwMjE3LTAwMDAwMDEyLWFzYWhpay1saWZl 2009年夏、夫(当時60)を突然失った埼玉県飯能市の女性(61)は、告別式の準備や夫の勤務先とのやりとりに追われた。 3年前に患った乳がんの定期検査を受けたのは、夫の死から半年後の10年1月だった。検査の結果、... [Read More]

Tracked on February 17, 2016 at 06:08 PM

« 藤島、「ぶっ殺す」言ってたってよ 深町秋生・中島哲也 『渇き。』 | Main | 装甲騎兵ボトムクルーズ 桜坂洋 ダグ・リーマン 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 »