« ぼくの伯父さんのサーカス 「ジャック・タチ映画祭」『乱暴者を求む』『パラード』 | Main | シロクマは出てこない レオス・カラックス 『ポーラX』 »

May 30, 2014

世界が終わるまでは酒を断つこともない エドガー・ライト 『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!』

Wded1これでようやくゴールデン・ウィーク中に観た映画の感想も終了! 『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ』につづく「スリー・フレーバー・コルネット三部作」完結編。鬼才エドガー・ライトの最新作『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』、ご紹介します。

高校時代校内の注目を集めていながら、いまはすっかり落ちぶれた中年男のゲイリー。彼は昔の勢いを取り戻すべく、かつての仲間たちと果たせなかった「パブクロール」をやりとげようともちかける。パブクロールとは町にある12件のパブで、それぞれ1パイントのビールを飲み干すという恐るべきハシゴ酒ラリーのことであった。
しかしなんだかんだ言いながら、かつての悪ガキ仲間たちは全員集まってくる。ゲイリーの傍若無人ぶりにメンバーは辟易しながらも、順調に進んでいくパブクロール。だが彼らは酔っ払った頭の中で、次第に町の人々の様子がおかしいことに気づき始める。

『ショーン~』ではゾンビもの、『ホット・ファズ』では刑事アクションをパロディ化してきたエドガー・ライト&サイモン・ペグ&ニック・フロスト。彼らが今回挑むのは「侵略SF」です。最近あまり見かけないですけど、ごく平凡な田舎町が、いつの間にか宇宙人にのっとられていた…!というジャンルがSF(映画)にはあります。しかしそこは一筋縄ではいかない3人組。爆笑必至の奇抜なスタイルでこのジャンルに挑みます。
それはこれが侵略SFであると同時に、酔っ払いの再生のお話でもあるということ。普通町が宇宙人に支配されてると知ったら矢も立てもたまらずその場所から逃げ出すと思います。しかしゲイリーはなんのかんの理屈をつけながら意地でもパブクロールをやりとげようと躍起になります。アホだ… だが男だ! いつしか観ている側も彼の悲願を成就させてやりたいとビール片手に応援するようになります(たぶん)。
まあ、日ごろ休肝日ももうけず毎晩酔っ払ってる身としては、ゲイリーのことが他人事とも思えなかったりしてね… あそこまで重症じゃないですけど。
自分の手に負えないような大ピンチに陥ったとき、人はどうするでしょうか。立派な人は懸命に努力してその壁を乗り越えようとします。しかしダメ人間はとりあえずお酒を飲みます。何の解決にもならないけれど、とりあえず癒される! 気持ちがいい! 何とかなるような気がする! A○KA容疑者もそんな気持ちでドラッグの深みにはまっていったのではないでしょうか。恐ろしい… お酒もほどほどにしないとな… ぷはーっ ゴキュゴキュbeer ウメーッッ!!

話を映画に戻します。割とおとなしめな役の多いサイモン・ペグ氏。今回は彼のキャリアの中でも特に突き抜けた、言ってみれば「らしからぬ」暴れん坊なキャラを演じています。まるでのび太君がパンクスにでもなったような面白さがありました。
一方相棒のニック・フロストはホモのようにペグのあとについていくキャラが定番ですけど、この度はある事情でことあるごとにペグとぶつかり合います。「ふふ… 成長したな」と思いつつも、やっぱり普段仲良しの二人がケンカばっかりしてるのはなんかさびしいですね。
この二人にいまや英国を代表する人気俳優マーティン・フリーマンと、激渋な『思秋期』という作品で監督としても注目を集めているパディ・コンシダインが脇を固めます。そしてもう一人おっさんがいたのですが、すいません、もうどんな人だったのか忘れちゃいました。

あとこの映画面白いことにメイン劇場の渋谷シネクイント周辺で、「実際にパブクロールをやってみよう!」という恐ろしい企画が行われていました。幸いなことにワタクシもツイッターのフォロワーさんに誘っていただいてチャレンジして参りました。あえなく3件目で轟沈しましたが… なさけなや。
記念に行ったお店の名前と印象を記しておきます。

HUB渋谷店
とりあえずシネクイントに一番近いあたり。パブの中でもかなり安いお店らしく、とにかく混んでて活気がありました。
ホブゴブリン渋谷店
こちらは先のHUBに比べるとゆったりした印象。おつまみもオサレでした。あと日本人より外国人のお客さんが多くてその辺もオサレでした
カタラタス
世界一周したというご夫婦がやってるということで、ビールだけでなく世界各地の変ったお酒がおいてあります。お店の方がとてもフレンドリーで好印象でした

T02200220_0225022511425001368いやあ、パブって奥が深い… そしてお酒って本当にいいものですね! もう一杯飲みたくなってきました!(ダメじゃん!)
『ワールズ・エンド』は七割方上映終わってしまいましたが、まだ残ってるところもあるので気になる方は公式サイトをごらんください。


|

« ぼくの伯父さんのサーカス 「ジャック・タチ映画祭」『乱暴者を求む』『パラード』 | Main | シロクマは出てこない レオス・カラックス 『ポーラX』 »

Comments

伍一くん☆
パブめぐり行ったのね!?
あまり飲んだくれるイメージは伍一君にはないのだけど、ビールばっかりどんどん飲んで全部で12パイントなんて、なかなかムリな?(普通無理かー)
ちなみにパパンはビールだけだと4パイントまでが最高だそう。

Posted by: ノルウェーまだ~む | May 31, 2014 at 12:52 PM

>ノルウェーまだ~むさん

行ってまいりました~
まあみんなで飲んでるときはあまり乱れないよう気をつけてますので(^_^; 家ではけっこうぐでんぐでん…かな?
ところで「パイント」って具体的にどれくらいなのかわかりづらい単位ですよね。まるでビールのためにあるような単位だ!

Posted by: SGA屋伍一 | May 31, 2014 at 10:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/59729691

Listed below are links to weblogs that reference 世界が終わるまでは酒を断つこともない エドガー・ライト 『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!』:

» 「ワールズ・エンド酔っ払いが世界を救う」☆再起可能 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
やっぱり面白かったーっ!! 映画「○○」のチームが送る・・・・というキャッチフレーズがキライな私だけど、こと彼らに関しては、「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」のエドガー・ライト監督と、その主演のサイモン・ペック&ニック・フロストのトリオと聞いたら、わくわくしない訳がない! ハズレなしのこのチームの映画、やっぱり観てよかったwa♪... [Read More]

Tracked on May 31, 2014 at 12:54 PM

» ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!/THE WORLDS END [我想一個人映画美的女人blog]
タランティーノ、ピーター・ジャクソン、ギレルモ・デルトロ、 ロバート・ダウニーJr.、ベン・スティラーなどなど、ハリウッド大物たちがこぞって大絶賛 ま、タラちゃんはいつもエドガー・ライト作品お気に入りだけど 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット...... [Read More]

Tracked on June 17, 2014 at 04:05 PM

» ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! [銀幕大帝α]
THE WORLDS END 2013年 イギリス 109分 SF/コメディ/パニック PG12 劇場公開(2014/04/12) 監督: エドガー・ライト 『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』 製作総指揮: エドガー・ライト サイモン・ペッグ ニック・フロスト 脚本: サイ...... [Read More]

Tracked on October 10, 2014 at 12:30 AM

» ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [いやいやえん]
【概略】 学生時代に達成できなかった“ひと晩に5人で12軒のハシゴ酒”をするべくイギリス郊外の街に戻って来たアラフォー男たち。だが、街の人々は何者かに操られており…。 SFコメディ 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「HOT FUZZ/ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!」に続く、爆笑三部作、笑激の完結編。 サイモン・ペッグにニック・フロスト、エドガー・ライト監督のトリオはやっぱり面白いわ。 学生時代に成し遂げられなかった「1晩に12軒のハシゴ酒」にリベンジする為、ニュー... [Read More]

Tracked on October 16, 2014 at 08:35 AM

» それでも俺は飲みたいねん!ヾ(・∀・;)オイオイ〜「ワールズ・エンド/酔っ払いが世界を救う」〜 [ペパーミントの魔術師]
ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [DVD]NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2014-10-08by G-Tools 公開時に見に行けなかった1本。やっとレンタルで鑑賞。(^-^) 高校を卒業する時はまだ、何でもできる気がした、夢に満ち溢れてた。 じゃあおっさ...... [Read More]

Tracked on November 11, 2014 at 05:38 PM

» ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! (The World's End) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 エドガー・ライト 主演 サイモン・ペッグ 2013年 イギリス/アメリカ/日本映画 109分 コメディ 採点★★★ 都心部のほうはイマイチよく分からないんですけど、ここらの地方のお店ってのはほぼほぼフランチャイズで埋め尽くされてるんですよねぇ。日々の買物…... [Read More]

Tracked on February 05, 2015 at 02:31 PM

« ぼくの伯父さんのサーカス 「ジャック・タチ映画祭」『乱暴者を求む』『パラード』 | Main | シロクマは出てこない レオス・カラックス 『ポーラX』 »