« ブレイク・ザ・ブロック フィル・ロード クリストファー・ミラー 『LEGO® ムービー』 | Main | アイスを溶かすのは愛っす クリス・バック ジェニファー・リー 『アナと雪の女王』 »

April 07, 2014

ブラックボディに染められてるんだが、俺はもうロボかもしれない ジョゼ・パジーリャ 『ロボコップ』

Rbc180年代に人気を博したあの異色ヒーローが満を持して復活! 色々事情で遅れたものの、まずは無事完成・公開されたことを喜びましょう。『ロボコップ』(2014)、ご紹介します。

近未来、米国政府は紛争地帯の治安維持のため、ロボット兵器を投入。成功に気を良くした米国の右派勢力は、今度は国内の犯罪抑止に向け、その兵器を配備しようとする。だが世論は得体の知れない「ロボット」が警察となることに反発。軍とロボットを開発したオムニ社は、人々にロボットが受け入れられるように、人間とロボットのハイブリッドとなる刑事を生み出すことを決定。その白羽の矢が立てられたのは犯罪組織との戦いで重傷を負ったアレックス・マーフィー巡査部長だった。

オリジナル第一作は「悪趣味の大家」ポール・バーホーベンが監督だったゆえに、隠し味程度の風刺はあったものの、そんなに深いテーマはなかったように思えます。しかし今回はベルリン金熊賞をも受賞した社会派のジョゼ・パジーリャがメガホンを取ったせいか、国や大企業への批判が満ち満ちた作品となっています。
まず人命尊重というよりも、自分たちの権力を広げるために強引に兵器を導入しようとする政治勢力。そして彼らに協力する大企業。その代表者たちはマーフィーのことを実験材料くらいにしか思ってません。貴重な例として扱ってはいますが、保身のためならあっさり廃棄処分にしようとします。
そんなブラック企業の恐ろしさと並行して、「人を人たらしめているものとは何か」「いったいどこからどこまでが人なのか」ということも語られます。なんせ新ロボコップは頭部・心臓・片腕以外は全て機械です。全体の6割は失われているような状態。そんな風にただでさえアイデンティティが危うい状態なのに、ブラック企業はさらにマーフィーを洗脳して機械のように従わせようとします。加えて捜査のためにサーバーから大量の情報が彼の脳になだれ込んで来ます。心も体もじわじわ侵食されていくなかで、マーフィーは果たして自分の「個」を保てるのか? 保てるとすればその力となるのは何なのか? このあたりは『寄生獣』で「既にミギーにのっとられてるんじゃないのか?」と怯えるシンイチ君の姿とも重なるものがあります。

で、そこで重要となってくるのが「家族との絆」であります。この辺は旧作ではあまりなかった要素ですね。異形の体になっても家族を守ろうとするマーフィー。しかしもう彼はかつての彼ではありません。ほぼ全身金属のボディで自分の家に戻り妻子と会話するシーンは、こっけいでもあり、きまずくもあり、悲しくもなる忘れがたい場面でした。

そんな風に痛快さやカタルシスの代わりに重苦しさの方が印象に残ってしまう今作。時々悶絶するほどかっこいいシーンもあるのですが、それが「燃え」や興奮に微妙につながらないというか。
単純にスカッとする映画を作りたいのであれば、ラスボスはもっと滅茶苦茶に悪くてべらぼうに強い存在にすべきです。そうであればあるほど、倒されたときの快感は深いものになります。
しかしクライマックスでマーフィーと対峙するオムニ社社長は確かに悪人ではありますが、「ぶち殺して~」というほどの極悪人でもありません。戦闘能力にいたっては皆無に等しい。そんなやつを倒したところでなんかこう、釈然としません。もしかするとパジーリャ監督はあえてそういうわかりやすいカタルシスを避けたのかもしれません。

話は変りまして。今回改めて思ったことのひとつは、やはり欧米人にとって「ロボット」は怪物の一種であるということです。これはもうその名が作られたカレル・チャペックの戯曲『R.U.R』からしてロボットが人類を征服するという話なので仕方ないのです。日本では友達とか機械・乗り物の延長くらいにしか思われてない「ロボット」ですが、白人社会の人たちは自律して勝手に動く機械というものに、得体の知れない薄気味悪さを感じるようです。古い映画だと『2001年宇宙の旅』や『ウエストワールド』なんかにそれがよく現れていますね。もっとも『トランスフォーマー』や『アイアンジャイアント』のように愛すべきモンスターとして描かれている作品もありますが。

Rbc2新生『ロボコップ』は現在全国の映画館で上映中です。が…興行的にはちょっと厳しい模様。既に一日の上映回数が一回になってしまってるところもあります… がんばれ、ロボコップ!
ちなみにパジーリャ監督はあるインタビューで「子供たちはみんなヒーローになりたいと思うものだけど、ロボコップになりたい子なんていないだろ? そこがいいんだ!」と語っておられました。いや! 俺はなりた… やっぱいいかな。うんcoldsweats01


|

« ブレイク・ザ・ブロック フィル・ロード クリストファー・ミラー 『LEGO® ムービー』 | Main | アイスを溶かすのは愛っす クリス・バック ジェニファー・リー 『アナと雪の女王』 »

Comments

伍一くん☆
あー、これあまりパッとしない評判みたいだったから、観る気まんまんが薄れてきていたところ。
伍一くんのを読んだら案外面白そうな気がしてきましたよ。

Posted by: ノルウェーまだ~む | April 08, 2014 at 12:52 AM

>ノルウェーまだ~むさん

そうですねい。夫婦の危機を愛で乗り越えていく話…ととらえればまだ~むさんにも十分楽しめるかと思います
ただわたしとしてはこっちよりも『レゴ(R)ムービー』の方が断然お勧めだったりするのですが…

Posted by: SGA屋伍一 | April 08, 2014 at 10:25 PM

SGAさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

自分は公開前から結構楽しみにしてて実際あんまり損は無かった作品だったのですが、世間の評判はやはり厳しいですね。地元のホームグラウンドももはや22時の上映1回だけ。そしてそんな夜に誰がブラック企業のゴタゴタ物語を観るのだろうとも思っちゃったり・・^^;(汗

でも確かにロボコップの悪役が極悪人でもなければ凄い強い存在でもなかっただけに、自分もなんかスカッ!という気分は薄かった気がしますね。家族との絆を盛り込んで機械と人との間で苦悩するドラマも悪くは無かったのですが、アクションとドラマ半々にも見えて中途半端ぽいのも正直否めなかったかもしれませんね(汗

Posted by: メビウス | April 21, 2014 at 09:31 PM

今回は黒いロボコップが白いロボコップになる話でした。
次回は女刑事がロボ化して紅いロボコップが作られて、紅白になってめでたいな、という話になると思います。

Posted by: ふじき78 | April 22, 2014 at 09:36 PM

>メビウスさん

こんばんは。やはりアナ雪とかぶってしまったのが痛かった…というわけでもないか。客層ぜんぜん違いそうですしね。今の日本がロボコップを求めていないということなのか? タイミングをみはからってまた再挑戦してほしいものです
ラスボスはできればサミュエル・L・ジャクソンにしてほしかったですね~ あの人なら強そうですし、この映画ではかなり憎たらしい感じでしたし(笑)

Posted by: SGA屋伍一」 | April 23, 2014 at 09:58 AM

>ふじき78さん

赤いロボって警察というより消防にむいてるんじゃないですかね~ ロボレスキュー?

Posted by: SGA屋伍一 | April 23, 2014 at 10:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/59427397

Listed below are links to weblogs that reference ブラックボディに染められてるんだが、俺はもうロボかもしれない ジョゼ・パジーリャ 『ロボコップ』:

» 「ロボコップ2014」現代に蘇ってもローテクっぽいのが御愛嬌 [soramove]
「ロボコップ2014」★★★★ ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、 マイケル・キートン、サミュエル・L・ジャクソン、 アビー・コーニッシュ、ジャッキー・アール・ヘイリー出演 ジョゼ・パジーリャ監督、 117分 2014年3月14日公開 2013,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ (原題/原作:ROBOCOP) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なの... [Read More]

Tracked on April 20, 2014 at 05:50 PM

» ロボコップ [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ジョゼ・パジーリャ 【出演】ジョエル・キナマン/ゲイリー・オールドマン/サミュエル・L・ジャクソン/マイケル・キートン/アビー・コーニッシュ 【公開日】2014年 3月14日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 2028年、世界各地の軍備はロボット化が進む一方、アメリカでは法律によってロボットの配備は禁止されていた。市場独占を目論む巨大企業オムニコープは、メディア...... [Read More]

Tracked on April 21, 2014 at 09:30 PM

» 『ロボコップ』をトーホーシネマズ府中6で観て、マヌケなりにグッジョブふじき★★★(ネタバレ) [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★オリジナルへの敬意があって割といい】    リブート前のオリジナルへの敬意も見えつつ、 新しい試みは試みで加えられているのがとっても可愛らしくて好感 ... [Read More]

Tracked on April 22, 2014 at 09:37 PM

» ロボコップ(2014) [いやいやえん]
「ロボコップ」がリブートされました。設定なんかもちょこちょこ変わってて、一番「えっ」と思ったのは、序盤にすんなり家族の元に戻る事だったりします。 まるでパワードスーツを着ているかのようなスタイリッシュなデザインになっていてカッコいいのですが、私はやっぱり旧オリジナル作品のほうが好きですね。人間でもありロボットでもある苦悩や悲しみ、哀愁も足りなかった。とくにユーモアと残虐性が足りないと思ってしまったのは、やはりオリジナルを知っているからなのでしょうか。 とはいえオリジナルに敬意をもったつく... [Read More]

Tracked on July 05, 2014 at 08:55 AM

» ロボコップ(2014) [銀幕大帝α]
ROBOCOP 2014年 アメリカ 117分 SF/アクション 劇場公開(2014/03/14) 監督: ジョゼ・パヂーリャ 出演: ジョエル・キナマン:アレックス・マーフィ ゲイリー・オールドマン:デネット・ノートン博士 マイケル・キートン:レイモンド・セラーズ アビー・コ...... [Read More]

Tracked on July 24, 2014 at 04:00 AM

« ブレイク・ザ・ブロック フィル・ロード クリストファー・ミラー 『LEGO® ムービー』 | Main | アイスを溶かすのは愛っす クリス・バック ジェニファー・リー 『アナと雪の女王』 »