« 汝の敵(ライバル)を愛せよ ロン・ハワード 『ラッシュ/プライドと友情』 | Main | オープン・ザ・プライス&ドア ジュゼッペ・トルナトーレ 『鑑定士と顔のない依頼人』 »

March 11, 2014

まだ逝かぬカウボーイ ジャン=マルク・ヴァレ 『ダラス・バイヤーズ・クラブ』

090116_183005早いモンで第86回アカデミー賞もさくさくっと終わってしまいました。その中で作品賞には届かなかったものの、主演男優賞と助演男優賞をかっさらっていったのがこの映画。『ダラス・バイヤーズ・クラブ』、ご紹介します。

80年代アメリカ。きままで放縦な生活を送っていた電気技師のロンは作業中事故にあい、病院に担ぎ込まれる。そこでロンは医師から、彼が既にエイズに感染していて余命一ヶ月しかないという衝撃の宣告を受ける。激しく動揺し、必死で生き延びる方法を探すロン。彼はメキシコで会った闇医者から、製薬会社の処方する薬品より裏で出回っている無許可の薬の方が免疫を高めるという情報を得る。その効果を身をもって味わったロンは独自のルートでそうした薬品を大量に仕入れ、エイズ患者に売りさばくことを思いつく。

冒頭で行われるロデオのシーンが象徴的であります。当時エイズに見舞われた人は遠からぬ死を待つほかない。ならばあっさりあきらめるか? それとも暴れ馬にしがみつくように、わずかでも生きる時間を延ばし続けるか… そんなロンの生き様を表していたのだな、とあとで気がつきました。
自分は「あと一ヶ月の命」なんて言われたら彼のようにあがけるかな、とふと考えてしまいました。それこそ重病ともたず馬から振り落とされてしまいそうな気がしてなりません。

ロンは「カウボーイ」であることにこだわり続けます。たぶん南部の男にとってはカウボーイこそが「男の中の男」ってやつだからなんでしょう。イギリスでいうところの紳士、日本でいうところのサムライみたいなもんでしょうか。
ただ最初のころの彼はやることなすことヘナチョコで、差別意識丸出しのカッコだけのカウボーイに過ぎません。ですが死の瀬戸際に立たされ、弱い人たちを思いやれるようになって真のカウボーイへと成長を遂げます。それを促したのが不治の病だというのがなんとも皮肉というか悲しいことですが…

あとこの映画は「オカマのすばらしさ」を描いた映画でもあります。ロンが変わるきっかけとなったのが病院で知り合ったオカマのレーヨンなのですが、このレーヨンがなんともいいヤツなのであります。
そういえば前に観た『レミントンとオカマゾンビの呪い』というフィリピン映画で、「オカマは陽気でオシャレで世の中を明るくするひとたち」と讃えられていましたが、レーヨンもそんなオカマの一人であります。ただ彼ら?が陽気で誰にでも優しいのは、差別を受けたり生きることの悲しさを人一倍知ってるからかもな…と映画を観ながら思いました。

『ダラス・バイヤーズ・クラブ』はアカデミー効果もあって上映館も増え、まだ当分公開してるものと思われます。
最後に主演のマシュー・マコノヒーについても少し触れておきます。わたしが彼の名を覚えたのは1997年の『コンタクト』。そのころは映画雑誌などで「さわやかなハンサムでキャーキャー」なんて書かれてたのですが、数年後の『サラマンダー』でいきなりこんな風になっててたまげました。
Bhymxyscaaa1kekツイッターでどなたかが「これで『サラマンダー』は二人のアカデミー男優賞受賞者が出演したすごい作品になった」とおっしゃってましたが、ここらで再評価の波が高まるとよいですね。
近日中にこちらではやはりマコノヒーが出演した『MUD』という映画が公開されるので、こちらも楽しみでありんす。


|

« 汝の敵(ライバル)を愛せよ ロン・ハワード 『ラッシュ/プライドと友情』 | Main | オープン・ザ・プライス&ドア ジュゼッペ・トルナトーレ 『鑑定士と顔のない依頼人』 »

Comments

伍一くん☆
いろんな姿に変身するマコノヒーの最後の写真、ウケました。
本当に7変化どころじゃないですね。
そんな私はこのところシャーリーズ・セロン主演映画DVDを見て、その変貌振りに「マコノヒーもびっくりじゃん!」と驚いているところです。

Posted by: ノルウェーまだ~む | March 12, 2014 at 12:00 AM

お久しぶり。
マコとりましたー
知ってるとおもうけど
いよいよ翔がデビューです。
宜しくね

Posted by: mig | March 12, 2014 at 01:36 AM

>ノルウェーまだ~むさん

さっそくありがとうございました。
マコノヒーさんもすごいけど、ジャレッド・レト氏も『ミスター・ノーバディ』では青年から老人までこなしていて感服いたしました
シャリーズさんも割りと仕事を選ばない人ですよねw 『レインディア・ゲーム』でのビッチ役が好きです

Posted by: SGA屋伍一 | March 12, 2014 at 10:17 PM

>migちゃん

ご無沙汰しててごめんー
ディカプリオはかわいそうだったけど仕方ないか…
『1/11』はがんばって観にいく予定。最寄の劇場はいまんとこ平塚かな

Posted by: SGA屋伍一 | March 12, 2014 at 10:20 PM

デカプリオさんには次のアカデミーまでにガリガリに痩せてもらうか、ハゲでマッチョで「サラマンです!」な役を演じてもらう事にしましょう。それがアカデミー賞を手に入れるものに与えられた試練です。

Posted by: ふじき78 | March 21, 2014 at 02:35 AM

>ふじき78さん

やせたり太ったりが賞の評価につながるって、なんか釈然としないものがあります。それだったら公平にアカデミー賞にもバンタム級とかフライ級とか設けないと

Posted by: SGA屋伍一 | March 24, 2014 at 11:11 PM

伍一さん、

ほんと、マシュー・マコノヒーに尽きる映画でしたね。後一ヶ月の命って言われたら、、、、こういう風に生きる可能性もあるのかな?そうなって、真のカーボーイになったってむなしいけど。

Posted by: まみっし | March 25, 2014 at 05:04 PM

>まみっしさん

よく「細く長く生きるか、太く短く生きるか」なんて言われますけど、自分はやっぱり細々とでいいので長生きしたいですね…
ただこの映画、てっきり一ヶ月で死んじゃう話かと思っていたので、中盤からの展開は意外で嬉しい驚きでした

Posted by: SGA屋伍一 | March 26, 2014 at 10:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/59277234

Listed below are links to weblogs that reference まだ逝かぬカウボーイ ジャン=マルク・ヴァレ 『ダラス・バイヤーズ・クラブ』:

» 「ダラス・バイヤーズクラブ」☆生き抜けっ! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ひどく太るのとひどく痩せるのと、どちらが大変かというのは別としても、こちらに軍配が上がるのは当然のことでしょう。 ただただその人の特異な人生をたどるだけの実話モノも多い中で、お涙頂戴にならずに、じわりと感動し、じわりと胸に響く。 いつまでも余韻に浸ることのできる映画は、本当にいい映画なのだ。... [Read More]

Tracked on March 12, 2014 at 12:01 AM

» 『ダラス・バイヤーズクラブ』をHTC有楽町1で観て、ちょっと時間たっちったふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★思った方向ではなかった】    エイズを発症し、ガリガリに痩せた余命30日の男が、 アメリカ政府と戦いながら生き抜いていく話と言うのは知ってたけど、 「 ... [Read More]

Tracked on March 21, 2014 at 10:06 AM

» 『ダラス・バイヤーズクラブ』のキーワードはこれだ! [映画のブログ]
 油断も隙もありゃしない。  『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。  難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。  とんでもなかった。  実話に材を取った本作は、学もなければ地位も金もない男が、社会を揺るがす映画だった。  主人公は電気技師のロン・ウッドルーフ。堅気の仕事に就いてるものの、...... [Read More]

Tracked on April 12, 2014 at 06:02 PM

» ダラス・バイヤーズクラブ [LIFE ‘O’ THE PARTY]
今回はかなり内容に触れているのであらかじめご了承くださいまし [Read More]

Tracked on April 19, 2014 at 12:27 PM

» 「ダラス・バイヤーズクラブ」 [ここなつ映画レビュー]
マシュー・マコノヒーが圧倒的な存在感で第86回アカデミー賞主演男優賞を獲得したこの作品であるが、賞獲得が決定する前に見た劇場予告編で既に鑑賞意欲は高まっていた。だから、ダメ〜な感じを最後まで貫いてのマシュー・マコノヒーかと思っていたら、そんな事は全然なくて、むしろ社会問題を提起するような作品。こちらの勝手だけれど、ダメ〜う〜んダメダメ〜(チャラいという意味ではないよ)、というのを期待していたのでその点は肩透かし。でも、アメリカのクスリ社会、医療、同性愛の問題点を、鋭くえぐった作品として観れば、たいし... [Read More]

Tracked on May 26, 2014 at 02:31 PM

» Blu-ray:ダラス・バイヤーズクラブ Dallas Buyers Club 命を賭けた闘いの男儀ぶりに降参! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
評判は聞いていたが、エイズ物ということで つい尻込みしてしまい、Blu-rayで。 エイズになってしまった主人公は、余命30日との宣告を受ける。 フツーだったら、そのまま落ち込んで、棺桶までまっしぐらに? ところが主人公はロデオ乗り。 男の中の男、が売りで...... [Read More]

Tracked on September 09, 2014 at 06:24 AM

« 汝の敵(ライバル)を愛せよ ロン・ハワード 『ラッシュ/プライドと友情』 | Main | オープン・ザ・プライス&ドア ジュゼッペ・トルナトーレ 『鑑定士と顔のない依頼人』 »