« なんてったってマタドール パブロ・ベルヘル 『ブランカニエベス』 | Main | ひこう少年ダスティ クレイ・ホール 『プレーンズ』 »

January 14, 2014

やられたらハエ返し S.S.ラージャマウリ 『マッキー』

B01938_1恥ずかしい話ですが、正月ボケがいまだに抜けきらず、更新もなかなかはかどりません(^^; そんなわけでようやく昨年観た最後の映画の感想をアップです。快進撃を続けるマサラムービーの中でも、かなり風変わりな一本『マッキー』をご紹介しましょう。

主人公は見るからにボンクラの青年ジャニ。彼は二年以上ボランティアに熱心な美女・ビンドゥにアタックを試みていた。そしてとうとうその思いが報われる時が来た。だが彼は恋敵であるマフィアのボスに目をつけられてしまい、文字通り闇から闇に葬られてしまう。しかし彼は驚くことにハエに転生してこの世に舞い戻ってきた…

不慮の死を遂げた青年が恋人が心配でこの世にとどまる話といえば、名作『ゴースト ニューヨークの幻』や昨年の『R.I.P.D』などがありました。彼らは彼らでなかなか苦労してましたが、それでもまだ人間の姿をキープしてただけマシかもしれません。このジャニ君なんてハエですから、ハエ。ちなみに「マッキー」とはインドの言葉でそのまんま「ハエ」を意味する語であります。
まあ教会では死んだら天国か地獄に行くと言われいていますが、また別の何か(人間とは限らない)に生まれ変わるといわれているのがヒンズー教。まことに東洋らしい考えと言えるかもしれません。
でもそれだったらもう少しまともなものに生まれ変われなかったものでしょうか。犬とかネズミとかトカゲとか… 大体人間の時には手も足も出なかった相手に、ハエになって復讐できるかといったらまず不可能ではないでしょうか。ですがそこは脚本の妙か強引なストーリーのゆえか、マッキー君は素早い身のこなしと天才的ないたずらセンスで仇を追い詰めていきます。

で、そのマッキー君の復讐がなかなかにねちっこい(笑)。体が小さい分だけ復讐を果たすにも時間がかかるということなのかもしれませんが、見ていて悪者のことが気の毒になるくらいです。この悪者の俳優さん、苦味走ったけっこうなイケメンなのに、こんな映画に出てしまったばっかりに全裸で走り回ったりその他色々本当にお疲れ様でした。
最近の欧米や日本の映画で「復讐」を扱うと、その空しさや代償について描かれることが多い気がします。しかしこの『マッキー』ではまったくそんなことはありません。「悪者なんだから報いを受けるのは当然」とばかりに、極めてハッピーなムードで復讐を描きます。そういや日本でも『半沢直樹』が大ヒットしましたけど、やっぱりみんなうわべではきれいごとを言ってても、心の奥底では「あんにゃろめに復讐してすかっとして~~~」と思ってるものなんでしょうかね…

あとインド映画を観ていてよく感じるのがヒロインの高飛車ぶり。『マッキー』では中盤以降こそしおらしくなるものの、ビンドゥーがジャニを振り回すくだりなどは非モテ系としてははらわた煮えくりかえるものがありました。マフィアのボスなんかよりこっちの方が断然性質が悪い気がします(わたし基準で)。
そういや昨年はなんかヒロインがむかつく映画が多かったな… この場を借りて「ヒロインがむかついた映画」ベスト(ワースト?)5を発表させてもらうと 

1位・華麗なるギャツビー 2位・アンナ・カレーニナ 3位・パパの木 4位・プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 5位・マッキー

というところでしょうか。純な男の恋心をもてあそぶなんてひどいわ! バカ!

…話がそれました。昆虫好きとしてはハエ視点で進んでいく映像なども楽しませてもらいました。これを観ちゃうとハエに感情移入してしまって、今後テーブルの上を飛んでいてもたたきつぶすのがためらわれるかもしれません。

Photo『マッキー』はまだ栃木・三重などで上映予定がありますが、さすがに大体終わってしまった模様。早くも4月にはDVDが出ますので見逃したかたはそちらでどうぞ。大きなスクリーンでハエを見るというのも乙なものですが、そういう話なんでテレビサイズで見てもあまり支障ないかも(^^;


|

« なんてったってマタドール パブロ・ベルヘル 『ブランカニエベス』 | Main | ひこう少年ダスティ クレイ・ホール 『プレーンズ』 »

Comments

伍一くん☆
そっちー??!(笑)
主人公に感情移入してマフィアのボスに復讐してすっきりするのかと思ったら、ヒロインに復讐したりして??
前に振り回されたいタイプだって、言っていた様な・・・?(勝手な思い込み?)

でも確かにヒロインむかつく1位はギャツビーですな。
昔のことはともかく、男性を振り回してはいけませんね☆

Posted by: ノルウェーまだ~む | January 18, 2014 at 03:14 PM

>ノルウェーまだ~むさん

こっちー!!(笑)

>前に振り回されたいタイプだって、言っていた様な・・・?

あ、そういえば前にそんなことも言ってたな(いい加減だなあ)
現実では楽しめるのに映画だとむかつくんですね。なんででしょうね。不思議ですね

男性を振り回す女性はいけませんが、女性を振り回す男性もまたけしからん。異性を振り回すのはフィギュアスケートだけにしてほしいものです

Posted by: SGA屋伍一 | January 19, 2014 at 09:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/58947012

Listed below are links to weblogs that reference やられたらハエ返し S.S.ラージャマウリ 『マッキー』:

» 「マッキー」☆ハエに輪廻転生の陽気な復讐劇 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ハエに生まれ変わったからと言って、いったいどんな復讐をすることができるというの!? いえいえ、それが出来るんです~~くぅ~~~っ!! まさかの奇想天外な展開に、思わず会場一体感でクラッカーを鳴らしたり、イエィ~~イ!と声援を飛ばしたり。 下コメのラストを飾る特別招待作品は、インド映画の「マッキー」をマサラ方式で。... [Read More]

Tracked on January 18, 2014 at 03:08 PM

« なんてったってマタドール パブロ・ベルヘル 『ブランカニエベス』 | Main | ひこう少年ダスティ クレイ・ホール 『プレーンズ』 »