« 2013年 この映画がアレだ!! 幕内編 | Main | やられたらハエ返し S.S.ラージャマウリ 『マッキー』 »

January 07, 2014

なんてったってマタドール パブロ・ベルヘル 『ブランカニエベス』

Scan正月休みも先日終わりましたんで、ブログの方もぼちぼち始めたいと思います。新年明けましての一発目は、スペインからやってきた風変わりな白雪姫映画。『ブランカニエベス』参ります。

おそらく20世紀初めごろ。スペインで名前を轟かせていた人気闘牛士のアントニオは、不慮の事故により半身不随の身となる。身重の妻はショックで亡くなってしまうが、子供は無事に生まれた。カルメンシータと名づけられたその娘は、財産目当てでアントニオの後妻に納まったエンカルナにより父親から遠ざけられてしまう。屋敷の下働きとして虐げられるカルメンシータ。だが彼女には父親から受け継がれた勇気ある闘牛士の血が流れていたのだった。

まず白雪姫と闘牛をミックスしてしまうという大胆な発想に驚かされます。そんな無茶なお話にした理由としては単に製作国がスペインだからというのと、闘牛の持つ華やかで残酷な要素がヨーロッパの童話とよくマッチしているからかもしれません。
「白雪姫」をモチーフとした映画としては一昨年も『スノーホワイト』と『白雪姫と鏡の女王』がありましたが、それらと比べると『ブランカニエベス』はかなり残酷面が目立つというか、毒の強いお話でした。白雪姫はご存知のように継母からネチネチといじめられるわけですが、その辺のくだりがとにかくしつこい(^^; 
そういえばスペインの映画というのは子供が悲惨な目に会う作品が目立ちますね。『パンズ・ラビリンス』に『アザーズ』に『永遠のこどもたち』に『ブラックブレッド』。古くは『汚れなき悪戯』というのもありました。『ペーパーバード』は悲惨というほどではなかったけれど、決して幸せな映画ではなかったし。これらに比べるとフランスや東欧の子供映画はもう少しあっけらかんとしたものが多い気がします。

もうひとつ印象に残ったのは「王子様の不在」ということ。童話においては王子様はさっそうと現れてお姫様のピンチを助けるものですが、最近のお姫様映画では王子様は役に立たないか場違いか最初からいないか、という感じです。例としては『魔法にかけられて』『メリダと恐ろしの森』『かぐや姫の物語』など。それだけ現在は「王子様」というものに幻想を抱きにくい時代ということなんでしょうか。お姫様の映画はコンスタントに作られてるのにね~ 今年公開の『アナと雪の女王』もきっとそんな感じだと思われます。
ちなみに直球白雪姫映画だった『スノーホワイト』で、王子様ポジションだったのは毛深い男やもめの肉体労働者でした。夢も希望もありません。
『ブランカニエベス』でもギリギリ王子様ポジションと言えなくもないキャラが出てきます。ところがこれがやっぱり「王子様」とは程遠いような野郎でして。この辺のテイストがまた残酷であります。わたしのような非モテの立場からするとかえって慰められる気もしないでもないですが。

あと『ブランカニエベス』の大きな特徴はなんと言っても「モノクロ・サイレント」というところです。サイレント映画では少し前に『アーティスト』がありましたが、『ブランカニエベス』はよく知る童話だからか、字幕の効果が絶妙だったからか『アーティスト』よりもわかりやすい話になっていたと思います。白黒の画面もお話の効果をよく盛り上げておりました。だだっぴろい闘牛場の砂の白さやエンカルナの衣装のどす黒さが目に焼きついております。もちろん「白雪姫」の肌の白さもね。
配給のエスパース・サロウさんは『メアリー&マックス』や『動くな、死ね、甦れ!』、ボリス・バルネットの特集上映など白黒作品の発掘にも力を入れておられるようで。フルカラーが当たり前のこの時代にあえてそういった不遇のジャンルに挑戦し続ける姿勢に拍手を送りたいと思います。

Img00474『ブランカニエベス』は現在東京は新宿武蔵野館をメインに上映中ですが、そちらではぼちぼち終了かな… 他の劇場でも順次巡回予定ということですので、詳しくは公式サイトをごらんください。


|

« 2013年 この映画がアレだ!! 幕内編 | Main | やられたらハエ返し S.S.ラージャマウリ 『マッキー』 »

Comments

スペインだから闘牛士って、日本だから相撲みたいな理屈ですよね。いや、ちょっと相撲の白雪姫みたい気もするけど(ポッチャリちゃん不可)

Posted by: ふじき78 | January 12, 2014 at 08:23 AM

>ふじき78さん

今流行のマシュマロ系女子ってやつですかね… 日本版はフグ毒を盛られそうな気がします

Posted by: SGA屋伍一 | January 12, 2014 at 09:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/58903331

Listed below are links to weblogs that reference なんてったってマタドール パブロ・ベルヘル 『ブランカニエベス』:

» 『ブランカニエベス』を新宿武蔵野館3で観て、やだいやだいふじき★★★(ネタバレ的) [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★やだいやだいあれはやだい(察してください)】 ネタバレあります カルメンシータの第一形態(幼女)、第二形態(少女)、第三形態(闘牛士) かあいいな ... [Read More]

Tracked on January 12, 2014 at 08:25 AM

» 白黒サイレントで見せる闘牛士な白雪姫 [笑う社会人の生活]
29日のことですが、映画「ブランカニエベス」を鑑賞しました。 人気闘牛士の娘カルメンシータは継母にひどい目に遭わされながら育てられ、危うく殺されかける 「こびと闘牛士団」の小人たちによって助けられたカルメンシータは女性闘牛士として才能を開花させていくが・...... [Read More]

Tracked on April 05, 2014 at 06:31 PM

» ブランカニエベス [いやいやえん]
【概略】 天才闘牛士の娘・カルメンは、邪悪な継母に虐げられて幼少期を過ごす。ある日、継母に命を奪われそうになった彼女は小人たちに救われ、見世物巡業の旅に出る。 ダーク・ファンタジー タイトルの「ブランカニエベス」とはスペイン語で「白雪姫」。そう、この作品は「白雪姫」を題材にしたモノクロ無声映画で、スペインの闘牛とフラメンコ音楽とが融合した、かつて見たこともない世界観が描かれているのでした。 ギターと手拍子で刻まれるリズムが、台詞なしでも情感たっぷりに物語を紡ぎだしていきます。 ... [Read More]

Tracked on September 08, 2014 at 07:57 AM

» ブランカ二エベス [映画に耽溺]
いやあ~~~別にホラー、ファンタジー好きの友人に勧められたって訳でもないのにDVDパッケージの妖しいオーラにやられて手にとったのが運の尽き これ、これ、まさしく「トラウマレベル」の作品だわよ~~~~!!!! 「ブランカ二エベス」はスペイン語で「白雪姫」って…... [Read More]

Tracked on March 18, 2015 at 03:58 PM

» 「ブランカニエベス」 [或る日の出来事]
白雪姫っていう意味か~。 [Read More]

Tracked on November 22, 2016 at 07:38 AM

« 2013年 この映画がアレだ!! 幕内編 | Main | やられたらハエ返し S.S.ラージャマウリ 『マッキー』 »