« ひこう少年ダスティ クレイ・ホール 『プレーンズ』 | Main | 零戦もやもや 山崎貴 『永遠の0』 »

January 20, 2014

吸いたいヤクも吸えないこんな世の中じゃ ジョニー・トー 『ドラッグ・ウォー 毒戦』

9559c97d地方に住んでおりますと「名前はよく目にするけれど、作品を映画館で観たことがない」という監督がけっこういます。中国映画の雄ジョニー・トーもそのひとり。『エグザイル 絆』とか本当に観たかったんですけど、そういうときに限ってなかなか遠出できなかったりして。
そのジョニー・トー作品がとうとう最寄のコロナO田原で上映される!と知り、喜び勇んで初日に観にいってまいりました。『ドラッグ・ウォー 毒戦』、紹介いたします。

麻薬組織壊滅のために日夜奔走し続ける中国公安警察。麻薬の製造に深く関わっていたマフィアの幹部テンミンは、工場の爆発がきっかけで鬼警部ジャンに捕らえられる。なんとか極刑を免れたいテンミンは、警察に協力する見返りとして減刑を願い求めるが…

おそらく今世界で最も麻薬に厳しい国は中国でしょう。かの国における麻薬の密輸は重罪で、見つかったらよくて無期懲役、悪くて死刑らしいです。そりゃいけないことだとは思いますが、「○キロ持ってたら死刑確実」って、それもまた極端ではないかと思います。
それでもまー、やっちゃう人はやっちゃうんようで… 貧困が彼らを追い詰めていくのか、単にバカなのか。ともかくどんなに政府が脅しても、お薬に手を出す人は一定数おられるようです。

メインとなるキャラクターは二人。まずマフィアのテンミン。麻薬を作って売りさばいてたくらいなので当然悪人です。でもその悪人ぶりがいちいち中途半端なんですよね。組織の仲間を裏切ることに負い目を感じていたり、自分を虐げる警部のことをちょいちょい助けてやったり。でもいざ自分の命が危ないとなると、なりふり構わず保身に徹する。そんなところがなんとも情けなく、かつ共感してしまう男です。あと無駄にイケメンでした。

そんなテンミンと対照的なのがいささか怪物的なジャン警部。普段は無口で無表情ですが、マフィアを陥れるためには突然饒舌になってゲラゲラ笑い出したりもする。で、演技する必要がなくなったらまたすっと仏頂面に戻る。彼の非人間性と比べると『踊る大捜査線』の青島刑事などはあまりの隔たりぶりに、本当に同じ刑事なのかと疑りたくなるくらいです。
テンミンだけではなく、彼の後に従う捜査官たちもみんなこんな感じです。軽口をたたくこともなく、ただ黙々と侵食を削って密輸組織を追いかけていきます。たまに疲れた同僚を気遣っている描写などに、辛うじて人間らしさが垣間見えるくらいです。事件を解決してもスポットライトを浴びるでもなく、絶えず命の危険にもさらされているというのに、何が楽しくてこんな仕事に情熱を注いでいるのでしょう。特に警部の右腕存在的な女性刑事がこんなハードな職業にはもったいないくらいの美人で、「なんであんたは刑事なんてやってるんだ! モデルか女優でもやっててくださいよ!」と思わずにはいられませんでした。

以下、ネタバレ気味で

impact
impact
impact
impact

この『毒戦』、ストーリーのほとんどは警察がマフィアをつぶすべくあれやこれやと罠をはりめぐらせる部分に費やされています。「そこまでまわりくどいことをせずとも、目の前のそいつをとっとと捕まえちゃえばいいのに」と自分のような素人は思います。でもまあもっとでっかい獲物を、ねっこから粉砕すべく一生懸命忍耐してるんでしょうね。
ところがそんだけ労を費やした作戦が、ちょっとした見落とし?から大崩壊してしまう。この辺に頭を抱えてしまうか、スカッとカタルシスを感じるかでこの映画の評価が別れると思います。
20代の映画ファンにはこういうニヒリズムや突き放した感性が好きな人が多いみたいですね。でも自分は年のせいか、最近破滅に向かってひた走っていく作品はなんだか観ていてぐったりしてしまうのでした。まあ世の中確かに非情で残酷なもんかもしれないけれど、あたしは嘘でもいいから夢が見たいのよ! やさしさが欲しいのよ!

Bdgyezecyaasd8oというわけで楽しみにしてたわりに疲労感に包まれてしまった『毒戦』ですが、パワフルでエキサイティングな話であることには間違いありません。息詰まるデッドヒートがお好きな人におススメします。

ちなみに今回の画像、わたしが描いたものではもちろんなく、とあるまとめサイトから引っ張ってきたものです。なかなか笑えて教訓になるのでよかったらご覧ください


|

« ひこう少年ダスティ クレイ・ホール 『プレーンズ』 | Main | 零戦もやもや 山崎貴 『永遠の0』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/58981225

Listed below are links to weblogs that reference 吸いたいヤクも吸えないこんな世の中じゃ ジョニー・トー 『ドラッグ・ウォー 毒戦』:

» 「ドラッグ・ウォー 毒戦」 [ここなつ映画レビュー]
観終わってエンドロールの時に、両手が痺れていた事に気付いた。ラストの銃撃戦だけでなく、余りにも緊張感溢れる展開に息もつけず、両手を固く握りしめていたから。文字通り「痺れた」。又してもジョニー・トー最高傑作がここに誕生。これまでのどんなジョニー・トー作品とも異なる、しかも中国大陸で製作したというジョニー・トーにとっても新たなチャレンジであるこの作品。大陸で製作した事、しかもメインキャストの役どころが中国公安だという事で、かなり検閲が厳しく、ジョニー・トーにしては「人を殺さず」、「銃撃戦も最小限に」した... [Read More]

Tracked on May 08, 2014 at 12:50 PM

» ドラッグ・ウォー 毒戦 [銀幕大帝α]
毒戰/DRUG WAR 2013年 香港/中国 106分 アクション/サスペンス/犯罪 PG12 劇場公開(2014/01/11) 監督: ジョニー・トー 『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』 製作: ジョニー・トー 出演: スン・ホンレイ:ジャン警部 ルイス・クー:テンミン ホァン・イー...... [Read More]

Tracked on February 13, 2015 at 02:00 PM

« ひこう少年ダスティ クレイ・ホール 『プレーンズ』 | Main | 零戦もやもや 山崎貴 『永遠の0』 »