« そこに希望はアルカディア 荒牧伸志 『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』 | Main | ズッコケ超能力三人組 ジョシュ・トランク 『クロニクル』 »

October 16, 2013

天国でなぜ悪い ニール・ブロムカンプ 『エリジウム』

Fax_2驚くべきことに一日に二回目の更新です! まあ前の記事は昨日ほとんど仕上がってたからなんですが…
エビと人間の友情を描いた『第9地区』で、全世界を感動に包んだニール・ブロムカンプ監督の第二作。『エビジウム』… じゃなかった『エリジウム』、紹介いたします。

近未来、地球は人口増加のため荒廃の一途をたどっていた。富裕層は人工衛星エリジウムに移り住み、快適な環境や行き届いた医療の恩恵に浴していたが、人類の大部分は貧困と病気と犯罪に苦しむ日々を送っていた。
ロサンゼルスに住む元窃盗犯のマックスは地道に働こうと努力していたが、ある時工場の事故で大量の放射線を浴び余命5日と診断されてしまう。
彼が生き延びる道はエリジウムへ行き、どんな病気も治せるという医療ポッドの中へ入ること。マックスは裏社会を仕切る「スパイダー」の手を借り、天空の聖域へたどりつく術を探し求める。

本当は『第9地区』のことは忘れて、この作品はこの作品でわけて評価してあげるのが公平ってもんなんでしょうね… だけどどうしても観てると『第9地区』のあれやこれやが思い出されてしまってw それだけあの作品が面白かったってことなんですけど。というわけでもう開き直って「ここが『第9地区』と似てた!」ということをネチネチとあげつらっていきたいと思います。

☆格差社会
っていうかはっきり言ってアパルトヘイトですね。ハリウッドに行ってもこのあたりを主なテーマに据えてくるあたり、ブロムカンプ監督にとってまだまだ語り足りない問題だったのでしょう。

☆パワードスーツ
パワードスーツとはなんぞや。まあ普通に強化服とか作業用マニピュレーターのことですね。人体にぴったりフィットしたものと、車くらいのサイズで操縦者の顔が見えてるものに分けられます。車以上のサイズで操縦者の顔が隠れてるものは、それはもう「ロボ」と呼ぶべきでしょう。あれ? 第9地区のアレも顔が隠れてたっけ? …まあいいや(おーい)
前作ではちょびっとしか活躍しなかった強化スーツですが、今回はお話の8割くらいで大活躍です。ただあまりにも見かけが貧弱というか、はっきり言って大リーグ養成ギブスなので見ていて涙を誘われます。しかもアイアンマンみたくするっと着脱できるわけではなく、脊髄かどこかにボルトを打ち込んで装着するので風呂に入るのも大変そうです。でもまあこの貧弱な人口外骨格がこの映画の一番の見所かもしれません。まさにこの映画でしか見られないアイテムですからね。
ブロムカンプ監督がパワードスーツにこだわるのは、恐らく彼が『エイリアン2』の大大大ファンだからであると思われます。あの映画のクライマックスでジャキーン!と登場するパワーローダーに強い憧れがあるんでしょうね~

☆変質していく肉体への恐怖
『第9地区』ではエビになっていく恐怖が描かれていましたが、こちらでは放射線でボロボロに朽ちていく体への焦燥が主人公を駆り立てます。ゲロを吐いたり血がじくじく染み出てくる描写も好きみたいですね、ブロムカンプさん。この辺はジェームズ・キャメロンというよりデビッド・クローネンバーグのスタイルに近いものがあるような。脳内に仕込まれたデータをめぐっての攻防という要素もサイバーパンクでクローネンっぽかったです。

さらにあげるなら
☆シャールト・コプリー
☆人体爆散描写
☆逃亡劇
☆自分のことばかり考えていた主人公がやがて…

というところも共通しています。なんとも性質のはっきりした監督さんですね。でもわたしはそういうクリエイターの方が好みです。
あと『第9地区』で画面のあちこちでエビさんがわきわき動いていたように、『エリジウム』では無愛想なロボさんたちがたくさんコキコキ働いてます。わたしどっちかといえばエビ人間よりロボの方が好きなので、彼らを眺めているだけでとても幸せな気分になれました。

Topb13d01うーん。今回はろくなこと書いてないなw (いつもそうじゃねえか)
マックスが大暴れして金持ちどもに一泡ふかせるお話は非常に楽しかったんですが、終盤での展開では「またこれか…」と思ってしまったりもして。映画いっぱい観すぎなのがよくないんでしょうね、きっと。二十年前のわたしだったらもっと純粋に感動したと思います。
あと、「戦争その他で地球は住みにくい星になりました」で始まる映画、今年もうかれこれ5,6本目ですね(笑) みんなどうしてそうネガティブなの!? もっと明るく行こうよ! 明るくさあ!
そんな『エリジウム』は公開があと1,2週というところでしょうか。ロボ・メカの好きな人は観ておいて損はない…というか大変お得ですので、ぜひごらんください。

|

« そこに希望はアルカディア 荒牧伸志 『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』 | Main | ズッコケ超能力三人組 ジョシュ・トランク 『クロニクル』 »

Comments

>映画いっぱい観すぎなのがよくないんでしょうね、きっと。二十年前のわたしだったらもっと純粋に感動したと思います。

これすごいわかります・・・自分なんかもオリジナリティのあるお話を作るために、あえて名作は見ないようにしてたりします。とはいえ、とうとう黒澤明見ちゃいますけど(^_^;)
ハインラインやHGウェルズは老後のお楽しみかなあ・・・(^_^;)

Posted by: 田代剛大 | October 16, 2013 at 10:44 PM

>田代剛大さん

映画だけじゃないや… 漫画やアニメもそうでしたw
だからこそ元ネタがあってもそうと気づかせない上手なアレンジをしてる作品はひいきしたくなりますね
『エリジウム』の終盤はややその辺が安直でしたw

Posted by: SGA屋伍一 | October 17, 2013 at 10:25 PM

伍一くん☆こちらにも
やっぱり皆さん、「第9地区」に似てる~と言いますねぇ。
私はもうこの監督の譲れないその部分が好きですわ。
これからもずっとこれを隠しテーマ(隠してないか・・・)にしてがんばっていってほしいものです。

あと映画いっぱい観すぎて、楽しめる部分が少なくなっちゃっているのは、実際私もそうですけど残念ですよね。
たまーに観て、「面白かったー♪」と言っている友人をみて、はっとさせられる事もあります。

Posted by: ノルウェーまだ~む | October 19, 2013 at 10:55 PM

>ノルウェーまだ~むさん

こちらも速攻でお返事します
ブロムカンプ監督の次回作は「チャッピー」というロボットの話になると聞きました。きっとロボットがこき使われて差別されるとかそんな内容かと思われます。しかしチャッピーって名前かわいいな…
あとまたシャールト・コプリーが出るそうですw

>たまーに観て、「面白かったー♪」と言っている友人をみて、はっとさせられる事もあります。

見習いたいですね… でも正直「愛する女のために笑顔で死んでいく」パターンと、「異次元に爆弾放り込んで逃げてくる」パターンはしばらく打ち止めにしてほしいなあ。「地球は戦争その他で住みにくい星になりました」という話も(^^;

Posted by: SGA屋伍一 | October 19, 2013 at 11:04 PM

> 地球は戦争その他で住みにくい星になりました

でも、その中でも健気に生きる少女が
監督次回作「エリジウム2 in おしん」というのはどうでしょう。

Posted by: ふじき78 | October 23, 2013 at 09:17 AM

>ふじき78さん

けなげな女の子が「この医療ポッドでおっかあを治してくだせえ! おねげえするっす!」とがんばるわけですね
あるいはロボット製造工場で酷使されるとか

Posted by: SGA屋伍一 | October 24, 2013 at 10:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/58398753

Listed below are links to weblogs that reference 天国でなぜ悪い ニール・ブロムカンプ 『エリジウム』:

» 『エリジウム』 本当はどちらの味方? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  これはマット・デイモンが取り組むべき映画だ。 --- プロデューサーに会い、この映画の話を聞いた瞬間に「やりたい!」って思ったんだ。「この映画に関わるにはどうすればいい?」って感じだ。 ---  映画『エリジウム』の主演をオファーされたときのことを、マット・デイモンはこう語る。  観客もまた、マット・デイモンこそが本作の主演に相応しいと思うだろう。いま現...... [Read More]

Tracked on October 16, 2013 at 11:08 PM

» 「エリジウム」☆根底にあるもの [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
低予算なのに突如表れて話題をかっさらっていった「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督の第2弾作品。 この監督だからとか、この俳優だからという映画の見方は余り好きじゃないし、たいてい予算がいっぱいつくと、どういうわけか作品が陳腐になってしまったりするもの。 見るからに何処かで見たような話の設定なのでほとんど期待せずに観てきたら・・・・・... [Read More]

Tracked on October 19, 2013 at 10:56 PM

» 映画「エリジウム」B級テイストをアカデミー俳優が格上げ [soramove]
映画「エリジウム」★★★☆マット・デイモン、ジョディ・フォスター、 シャールト・コプリー出演 ニール・ブロムカンプ監督、 109分、2013年9月20日より全国公開 2013,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (原題/原作:エリジウム ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 全米では初登場首位 6週ベストテンに食い込ん... [Read More]

Tracked on October 23, 2013 at 07:59 AM

» 『エリジウム』を109シネマズ木場4で観てハゲとヒゲが宇宙で大ゲンカだわはははははは大笑いふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★わはははははは、ハゲの強さに説得力がないけどそんな事はどうでもいいぞ】 『いじりM』というから、どんないやらしい話かと思ったら。 すまん、そん ... [Read More]

Tracked on October 23, 2013 at 07:00 PM

» エリジウム [風に吹かれて]
生まれたのには意味があるのよ マックス坊や公式サイト http://www.elysium-movie.jp監督: ニール・ブロムカンプ  「第9地区」2154年。貧困層は環境破壊で荒廃が進む地球で暮 [Read More]

Tracked on October 30, 2013 at 03:00 PM

» エリジウム [銀幕大帝α]
ELYSIUM 2013年 アメリカ 109分 SF/ドラマ/アクション PG12 劇場公開(2013/09/20) 監督: ニール・ブロムカンプ 『第9地区』 製作: ニール・ブロムカンプ 脚本: ニール・ブロムカンプ 出演: マット・デイモン:マックス・ダ・コスタ ジョディ・フォス...... [Read More]

Tracked on February 12, 2014 at 11:58 PM

» エリジウム [いやいやえん]
「第9地区」は独創性に溢れた面白い作品だったけれど、これはごくふつーのSFだった。 なんで大リーグ養成ギブスがでてくんの。箱庭感満載で、地球規模のSFに感じられない。富裕層のコロニーと、地球のスラム、それしかでてこない。スペースコロニーの設定はガンダムのほうがまだ上。 それと主人公の自己犠牲による弱者救済ラスト。「エリジウム」というスペースコロニーがタイトルになっているのに、その肝心のエリジウムが殆ど描写されない。 しつこい悪役に徹したシャールト・コプリーさんはまあまあ良かったけど、な... [Read More]

Tracked on February 19, 2014 at 08:49 AM

« そこに希望はアルカディア 荒牧伸志 『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』 | Main | ズッコケ超能力三人組 ジョシュ・トランク 『クロニクル』 »