« カントク故郷に帰る 原恵一 『はじまりのみち』 | Main | 丸・三角・記憶 ジョセフ・コシンスキー 『オブリビオン』 »

June 27, 2013

まぶたの父と松林 デレク・シアンフランス 『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』

Pbp1a「天は二物を与えず」とはいいますが、最近イケメンかつ演技力もあるということで人気を博しているのが(むかつくなあああ!)ライアン・ゴズリングとブラッドリー・クーパー。本日はその二人が共演した、骨太かつ叙情性ある人間ドラマを紹介します。『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』、まずはあらすじから。

サーカスと共に町から町を渡り歩く曲芸ライダー・ルーク。彼は久しぶりに訪れたNY州スケネクタディで、かつて一夜を共にした女性・ロミーナが自分の子供を産んでいたことを知る。彼女と子供のために生きることを決意したルークはサーカスをやめてスケネクタディに留まるが、すでに新しい恋人がいるロミーナはそれを歓迎しなかった。どうしたら自分は「父」として認められるのか… 悩んだルークは大金を得るために銀行強盗に手を染める。

序盤のストーリーはこんなところですが、この映画全体的に三部構成となっております。1部はルークが、二部は彼と対峙することになる警官が、三部はルークの子供がお話をひっぱっていきます。ただ作品中もっとも強烈な輝きを放っているのはゴズリング演じるルーク。寡黙で謎めいていて、運転技術は半端ないところなどは昨年の『ドライヴ』に登場した「ドライヴァー」と似ています。
ただゴズリングが「『ドライヴ』はファンタジーなのに比べ、『プレイス~』は地に足の着いた作品」と述べているように、ルークはドライヴァーほど無敵ではないし、超然ともしていません。失敗もしますし、思うようにことが運ばないと激しく苛立ちます。そしてドライヴァーが母子のために無私の愛を示したのに、ルークは「自分のことを愛して欲しい」という思いがあります。そんな彼の激しい気性と切ない愛情が悲劇へとつながっていきます。

恐らく行く先々の町で女をとっかえひっかえしてたであろう「ハンサム」ルークが、家庭的なパパになろうと決意するあたりはいささか唐突に感じられました。ただまあ、彼は彼で旅の生活にむなしさを感じていて、ずっと自分の留まれる場所を探していたのかもしれません。そんなところへ自分の息子の存在を知り、「ここだ!」と思い定めてしまったのでしょう。『俺たちに明日はない』『ヒート』『ザ・タウン』など、銀行強盗映画の主人公は「どこか遠くへ行きたいなあ」と願っていることが多いですが、逆に「ここにいたいねん」と思っている例は珍しいですね。

そんな風にルークがスケネクタディに居ついてしまったことが、何人かの運命を大きく変えていきます。そのうちの1人がブラッドリー・クーパー演じるクロス。ルークの息子のジェイソンもそうです。面白いことに彼ら3人はそれぞれほんのちょっとずつしか顔を合わせていないのに、その出会いが互いの人生にとって大きな転機となります。実にドラマチックでありますが、狭い町の中で強烈な個性が暴れまわってると、そういうことも現実にあるんじゃないか…という気がしてきます。
スケネクタディというのはモホーク族の言葉でまさに「松林の向こう」という意味なんだそうです。これは松林の中のある窪みに他所から水流が流れ込んで、ひとしきりぐるぐると淀みを作ったのちに、出口を見つけてまた新たな場所へ流れていく・・・ そんなお話なのかもしれません。すいません、なに言ってんだかよくわかんないですね!

親子二代に渡る因縁話ということでは、スティーブン・ハンターの『ダーティ・ホワイト・ボーイズ』と『ブラック・ライト』を思い出したりしました。それぞれ第一作『極第射程』が映画化された「ボブ・リー・スワガー・シリーズ」の番外編・第2作にあたります(むかしこんなレビューを書いたこともありました)。『プレイス~』と同じく、親というのはたとえこの世を去ったとしても、子供の歩む道に大きく関わってくるものなのだなあ・・・ということをしみじみ感じさせる二作(まあみんなフィクションですけど…)。『プレイス~』のムードが気に入った方に強く推奨いたします。まだ普通に入手できるといいのですが(扶桑社ミステリー文庫刊)。

Pbp2『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』は残念ながら東北・九州を除いてぼちぼち公開が終了。わたしが観た小田原でも明日までです(言うのがおせーよ)。そ、そのうちDVDが出るかと…
四輪、二輪と来たゴズリング君。恐らく次は一輪車の達人の役だと思います。


|

« カントク故郷に帰る 原恵一 『はじまりのみち』 | Main | 丸・三角・記憶 ジョセフ・コシンスキー 『オブリビオン』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/57678828

Listed below are links to weblogs that reference まぶたの父と松林 デレク・シアンフランス 『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』:

» プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 (試写会) [風に吹かれて]
息子よ公式サイト http://finefilms.co.jp/pines5月25日公開上映時間141分監督: デレク・シアンフランス  「ブルーバレンタイン」移動遊園地で曲芸バイクショーをしながら各 [Read More]

Tracked on June 28, 2013 at 03:11 PM

» 『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 これはパスティーシュ? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  公開前に何度も予告編を観ていたけれど、予告編はわざと劇中の時系列をぼかしていたので、てっきり銀行強盗と警察官が対決する話だと思ってしまった。まずは物語の構造が判らないように予告編を編集してくれたことに感謝したい。『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』は構造こそが一番面白いところだから。  ここではアッサリ書いてしまうが、本作は親子二世代の歴史を描いた年代...... [Read More]

Tracked on January 05, 2014 at 05:10 PM

» プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 [あーうぃ だにぇっと]
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命@ヒューマントラストシネマ有楽町 [Read More]

Tracked on January 05, 2014 at 09:49 PM

» プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 [いやいやえん]
ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデス、デイン・デハーン共演。「ブルーバレンタイン」の監督さん。 逃れられない「宿命」に取り込まれていくような、親の罪が子の世代にまで引き継がれるという血の因果を巡る運命の物語。 バイクスタントの男と一人の警官、そして彼らの息子たち。父親たちのドラマのほうが濃密だからこそ、歳月を経た息子たちの運命がまた活きてくるんですね。 ルークのパートがやっぱり凄く良かったな。正直映画としても前半部分でぐっとこないと、そのあとだらけちゃうもんね... [Read More]

Tracked on January 13, 2014 at 09:23 AM

» 「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」 [ここなつ映画レビュー]
ライアン・コズリングを観たくて鑑賞。私の中でライアン・コズリングは「君に読む物語」の人ではなくて、「ドライヴ」で強烈な犯罪者役者としてのデビューを飾り、「L.A.ギャングストーリー」でそのポジションを不動のものとした、とにかくイケてる犯罪者。そして女を守る男。色んな意味で女好き。車やバイクを手足のように操り乗り回し、華麗なガン捌き。とまあ、色んなものが混じってる訳ですが。 でも今回のライアン・コズリングは、相変わらずカッコ良くて、バイクをぶんぶん乗り回し、挙句に銀行強盗にも手を染める役なん... [Read More]

Tracked on February 24, 2014 at 01:44 PM

» プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 (The Place Beyond the Pines) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 デレク・シアンフランス 主演 ライアン・ゴズリング 2012年 アメリカ映画 140分 ドラマ 採点★★★ そんな所が特に目に付いてしまうだけなんでしょうけど、子供ってのはホント似て欲しくない所ばかり似てきますよねぇ。似て欲しい所はさっぱり似ない。自分を…... [Read More]

Tracked on April 22, 2016 at 03:09 PM

« カントク故郷に帰る 原恵一 『はじまりのみち』 | Main | 丸・三角・記憶 ジョセフ・コシンスキー 『オブリビオン』 »