« 真夜中のマヤ キャスリン・ビグロー 『ゼロ・ダーク・サーティー』 | Main | ヒューゴの不思議な熱演 ウォシャウスキー姉弟 トム・ティクバ 『クラウドアトラス』 »

April 02, 2013

新・マカロニ用心棒 クエンティン・タランティーノ 『ジャンゴ 繋がれざる者』

Django1個性的な血みどろ映画で多くの熱心なファンを有するクエンティン・タランティーノ。その最新作は彼が初めて手がける西部劇。もちろん曲者のタランティーノのこと、普通の西部劇で収まるわけがなく・・・ ともかくご紹介しましょう。『ジャンゴ 繋がれざる者』です。

舞台は南北戦争に近い時代のアメリカ。無慈悲な商人に連れられて雪山を歩いていた奴隷ジャンゴは、突然現れた風変わりな賞金稼ぎシュルツの手によって自由を得る。標的の顔を知っているということでジャンゴを買い入れたシュルツだったが、腕っ節も射撃も達者なジャンゴにほれ込み、やがて彼に仕事のパートナーを任せるようになる。そしてどこかへ売り飛ばされたジャンゴの妻の救出まで買って出るのだが・・・

わたしもそんなに詳しいわけではないのですが、西部劇にも大きくわけてわりかし上品な「本家米国系」と、血みどろグジャグジャドロドロな「マカロニ系」とがあるようです。
「マカロニ系」とは60年代から70年代にかけてイタリアで作られた一連のウェスタンのこと。イーストウッドの出世作『荒野の用心棒』を初め、『続・荒野の用心棒』『続・夕陽のガンマン』『殺しが静かにやって来る』などの名作が作られました。マカロニ・ウェスタンの特色といえばなんといっても暴力描写が情け容赦ないこと(たまたま観た『荒野の1ドル銀貨』はそれほどでもなかったけど)。そういえば『カリギュラ』『ソドムの市』『食人族』もこのころのイタリア映画でしたっけ。どうして一昔前のイタリアってこう・・・ まあそれはともかく、この度の『ジャンゴ』はまさしくマカロニ・ウェスタンにオマージュを捧げた作品であります。そもそも「ジャンゴ」というのは『続・荒野の用心棒』初めマカロニ・ウェスタンで何度か用いられてきた主人公の名前だったりします。
そしてスイカがカチ割れたようにバシャッと四散する血しぶきも、明らかに本家アメリカン西部劇とは違うノリでありました。
しかし何から何まで旧作のコピーではなく、タランティーノ独自のアレンジも十分に利かせられています。まず目を引くのは当時奴隷だった黒人が主人公であるということ。このジャンゴの目を通して、当時アメリカでまかりとおっていたであろう残酷な奴隷への虐待がこれでもかというくらい語られます。
あと序盤はガンガンテンポよく進んでいくんですが、中盤になると彼お得意の長い会話シーンが多くなり、人によっては「ちょっとたるいなあ」と思われるかも。しかしまあこれが彼の個性といえば個性。ちょっとスイッチを切り替えて、イヤミタラタラのディカプリオの怪演ぶりを楽しみましょう。ディカプリオといえばこの映画のプレミアで来日したとき環境保護について熱く語っていたそうですが、そういうこと言うの役のイメージが崩れるんでやめてほしいと思いました。

そのディカプリオもよかったですが、わたしがとりわけ「面白え」と思ったのがジャンゴの師であり友ともなるシュルツ医師。もともと歯科医だったのに賞金稼ぎとなり、当時蔑まれていた黒人にさえも敬意をもって接するという実に興味深いキャラクター。彼を主人公にしたスピンオフを作ったら相当面白いものができると思うんですが。
たぶん作中で監督に一番近い存在がこのシュルツなんだと思います。ドンパチや黒人スターが大好きで、ひょうひょうとしていて、自分の欲望に忠実。というか、我慢が苦手w そんなところがよく似てます。
まあ米国とは無関係なわたしなんかは無邪気に楽しめるわけですが、こういう自国のもろ人種問題にふみこんでいる(そして表向きはエンターテイメントでもある)作品を観て、アメリカの皆さんはどんな気持ちになったのだろう・・・とそこが少し気になりました。今のところどっかの劇場で暴動が起きた、という話は聞いてませんが。

Django2『ジャンゴ 繋がれざる者』は関東あたりではそろそろ終わりそうな雰囲気なんですが、東北や北陸、九州・四国ではこれから本格的に公開されるようです。
『ランゴ』『カウボーイ&エイリアン』と変り種が続く西部劇。さらに予想の斜め上をいくような新作を期待してます。


|

« 真夜中のマヤ キャスリン・ビグロー 『ゼロ・ダーク・サーティー』 | Main | ヒューゴの不思議な熱演 ウォシャウスキー姉弟 トム・ティクバ 『クラウドアトラス』 »

Comments

伍一くん☆こちらにも
「ジャンゴ~」面白かったねー
さすがタランティーノだったわ。
シュルツさんは本当に何処で見てもいい味を出しているよね。
スピンオフも色々話を膨らませられそう~♪

それにしても映画の内容はともかく、映画と関係ないことを宣伝に来て熱く語るのって、どうなんでしょう??
ほんと、そういうのガッカリしちゃうね。

Posted by: ノルウェーまだ~む | April 03, 2013 at 12:43 PM

>ノルウェーまだ~むさん

こちらにもありがとうございます。最近まだ~むに支えられてる当ブログであります(^^;
ぶっちゃけジャンゴよりもシュルツさんの方が俄然キャラ立ちしてますよね。この一作だけで終わらせてしまうのはあまりにも惜しいです
ところでシュルツと言えば思い出すのはスヌーピーの作者。もしかしてなにかつながりが・・・!?(ないない)
まあプリオ君は来てくれただけでよしとすべきかもしれません。これ、ネタとして書いたんで本気で不満たれてるわけじゃないんですよ(賛同してくれたのに申し訳ありません・・・m(_ _;)m

Posted by: SGA屋伍一 | April 04, 2013 at 10:43 PM

伍一☆
タラの作品はどれをみたかなー??
今回は本人の愛する西部劇をやっととれたけど
自己満足に終わらない所がやっぱりすごいなと。

そのレオの舞台挨拶みたんだけど
環境問題のことは公の場では語ってないよ☆
インタビュアーに語ったのだと思う。
エコに熱心だから仕方ないかもね〜
やっぱりヴァルツさんとサミュエルはタラお気に入りだからおいしいとこもってったね♪

Posted by: mig | April 08, 2013 at 11:03 AM

>migちゃん

こんばんばん。えらそうに書いてるけど実はタラさんの作品は未だに『イングロリアス・バスターズ』しか観てないというね・・・ 出演作なら『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』もある

うん、エコに熱心なのは素晴らしいんだけどそのインタビューが観ている間もひっかかって、幾らヤなヤツを演じていても「でも本当は感心な人なんだよね~」という思いがぬぐえずw まあ京都太秦にも「悪役を演じる人ほど根は善人」ということわざ?があるらしいけど
ヴァルツさんはやっぱりタラさんが撮ると輝いてるね。『三銃士』『グリーンホーネット』ではこういう輝きはなかった・・・

Posted by: SGA屋伍一 | April 08, 2013 at 10:50 PM

マカロニウェスタンなのに、黒人とドイツ人の元歯科医ってトコが
なんともタラちゃんぽくって面白かったです。
特に、シュルツさんは良かったですよね〜。
私もシュルツさんが、歯科医から賞金稼ぎになったくだりの
スピンオフがぜひ見たいです!
あのユラユラの歯型の金庫の馬車も最高でした!

Posted by: ルナ | April 09, 2013 at 12:37 AM

>ルナさん

こちらにもお返しどうもー
製作はアメリカでヴァルツさん&ディカプリオはドイツ系、監督はイタリア&アイルランド系・・・ マカロニというか多国籍(無国籍?)ウェスタンでしたね
シュルツさんはきっと歯医者にむいてなかったんだと思います(笑) なんか彼に虫歯の治療してもらったらすごく痛そうな気がする・・・
そうそう、ツイッターで「スピンオフを作るならタイトルは『シュルツ 敗れざるハイシャ』で」とつぶやいたらそれなりにウケました

Posted by: SGA屋伍一 | April 09, 2013 at 11:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/57092868

Listed below are links to weblogs that reference 新・マカロニ用心棒 クエンティン・タランティーノ 『ジャンゴ 繋がれざる者』:

» 「ジャンゴ 繋がれざる者」お見事タランティーノ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ジャンゴと言えば「B級イメージの「スキヤキウエスタンジャンゴ」が思い出されて、最初はどうしても何でアカデミー賞にノミネートされたの?と納得いかない気分だった。 しかーし!明らかに違う! カメラワークといい、緩急つけた緊張感といい、さすがお見事タランティーノ監督☆なのだ。... [Read More]

Tracked on April 03, 2013 at 12:43 PM

» ジャンゴ 繋がれざる者 /Django Unchained [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 待ってたよ タランティーノの新作 有楽町丸の内ピカデリーにて行われた レオナルド・ディカプリオ舞台挨拶にいってきました〜 お誘いありがとう マカロニウェスタン大好きなタラが10年越しの構想でついに...... [Read More]

Tracked on April 05, 2013 at 12:08 AM

» ジャンゴ 繋がれざる者 [風に吹かれて]
奴隷制度を描いたマカロニウエスタン公式サイト http://www.django-movie.jp監督: クエンティン・タランティーノ1858年、賞金稼ぎのドイツ人歯科医キング・シュルツ(クリストフ・ [Read More]

Tracked on April 05, 2013 at 12:07 PM

» ジャンゴ 繋がれざる者 : 待たされた甲斐なし [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 日本での公開が3月1日の本作。広島では、4月6日が公開初日。広島は、日本なんだけど…。そんなことはさて置き、本日紹介する映画は待ちに待ったこちらの作品です。 【題 [Read More]

Tracked on April 07, 2013 at 08:34 PM

» ジャンゴ 繋がれざる者 [ルナのシネマ缶]
黒人とドイツ人の元歯科医という 異色の組み合わせの マカロニウェスタンってトコが なんともタラちゃんぽい作品です。 165分は、結構長いかな〜って 思っていたけど、そんなに長さは 感じませんでした。 南北戦争前のアメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、 賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の 手助けをする約束で自由の身となる。 やがて2人はコンビを組み、次々とお尋ね者たちを殺害していく。 しかしジャンゴには、奴隷市場で別々に売られた妻を捜す... [Read More]

Tracked on April 09, 2013 at 12:38 AM

» ジャンゴ 繋がれざる者 やっぱ鬼才や、タランティーノは!映画じゃ〜っ! [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=23 うち今年の試写会3】 4日間の奄美の旅からの帰り道、ずっと晩ご飯何食べようか考えていた、買い物に行くのは面倒なので冷蔵庫にどんな材料があったか、何が食べたいのか・・・。 結局「カレー鍋」に決定、旅の間に不足しがちな野菜を大量摂取したいのと、ターメリッ...... [Read More]

Tracked on April 16, 2013 at 02:57 PM

» ジャンゴ 繋がれざる者 [いやいやえん]
ストーリーは概略の通り。いつもの長尺のタラちゃん映画、ただし西部劇です。西部劇ってところであんまり見る気がしなかったんですけれど、ブロガーさんの評価が割りと高いのでみることにしました。 正統な西部劇ではないので、見やすかったと思います。タラ節も勿論ありで、いらない部分は思いっきり割愛するところが潔いと思います。グロ描写もありで、無駄に飛沫してます。 ジェイミー・フォックスとクリストフ・ヴァルツさんが主人公側で、ディカプリオとサミュエル奴隷頭が悪役って配役も面白いよね。 黒人奴隷制を扱っ... [Read More]

Tracked on August 21, 2013 at 09:34 AM

» 「ジャンゴー繋がれざる者」 [ここなつ映画レビュー]
好き嫌いが分かれる作品だと思う。でも私は好き。虐げられた運命にある者が、偶然と必然に翻弄されながら、己れの道を切り開いていく。それも又運命。逆襲に満ちた異色の西部劇、といったところか。 冒頭、鎖に繋がれて行軍するジャンゴ(ジェイミー・フォックス)のシーンから始まる。ジャンゴは奴隷として生涯を送る定めにあり、その時も奴隷主から別の奴隷主に転売されて行く所だった。ところが道中、キング・シュルツと名乗るドイツ人(クリストフ・ヴァルツ、この作品で第85回アカデミー賞助演男優賞を受賞)が現れ、ジャン... [Read More]

Tracked on January 16, 2014 at 02:19 PM

« 真夜中のマヤ キャスリン・ビグロー 『ゼロ・ダーク・サーティー』 | Main | ヒューゴの不思議な熱演 ウォシャウスキー姉弟 トム・ティクバ 『クラウドアトラス』 »