« 花とポエムと巨大ロボ 永野護 『花の詩女 ゴティックメード』 | Main | 魔女っ子地獄変 新房昭之 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語』 »

February 04, 2013

相棒はテディベア セス・マクファーレン 『Ted』

20130112_132455_2ジョンは内気な友だちのいない子だった。そんなジョンに両親はテディベアをプレゼントする。たちまち夢中になるジョン。だがしょせんはテディベア。話すことは出来ない。「君と話せたらいいのに」そんな純粋な少年の願いが奇跡を呼んだ。テディベアに魂が宿って本当に動き出し、話し出したのだ。
それから二十年ほどのち。「テッド」とジョンは相変わらず無二の親友だった。しかし問題はテッドがアル中でシャブ中のエロエロクマ親父に成長?してしまったことだった・・・

「洋物コメディは日本ではうけない」という常識を覆して大ヒット中の『Ted』。ヒットの要因はやはり奇抜なアイデアとキャラクターによるものかと。
この映画にはもうひとつ特徴があります。それは80年代を中心とした様々なサブカルネタがつめこまれているということ。なんかこういうの・・・マネしたくなりますよね?
というわけで今回は「もし『Ted』を日本で完全リメイクしたとしたらどうなるか?」ということをダラダラ考察いたします。完全ネタバレ・観た人向けです。ご了承ください。

beer
beer
beer
beer

☆「テッド」 日本でテディベアと同じくらい親しまれている可愛い系・猛獣系のキャラといったらなんでしょう。やはりガチ○ピンが最も最適かと思われます。本物より幾分小さめのサイズで。フ○テレビから許可が降りるか、という壁がありますが金さえ積めばなんとかなるでしょう。本編には「ガチャピ○みたいだろ」というセリフがありましたが、そこは「○チャピンだからな」となります。

☆「フラッシュ・ゴードン」 ジョンとテッドが憧れる正義のヒーロー。仮面ライダー1号&藤岡弘でもいいような気がしますが、80年代・宇宙ヒーローということでここはあえて「宇宙刑事ギャバン」で。中の人は当然大葉健二さんです。

☆「テッドが出演するテレビ番組」 『徹子の部屋』以外何があるでしょう。

☆「テッドとジョンがスターウォーズ・エピソード1にコスプレして並ぶシーン」 ちょっと時代がずれますが『エヴァ序』あたりが一番しっくりくる気がします。ジョンは碇ゲンドウ、テッドというか小ガ○ャピンはペンペンで

☆「トム・スケリット」 ジョンの上司の知り合いで『トップガン』の教官役。山下真司さんかな・・・ 『スクール☆ウォーズ』の指導者像から。

☆「携帯の着信音」 テッド→ジョンは『ナイトライダー』でした。ぐっと最近になっちゃいますが『相棒』のテーマがわかりやすいかと思います。彼女→ジョンは「ダースベイダー」にテーマでしたが、そっちはドロンジョ様の歌なんかいいんじゃないでしょうか。

☆「007/オクトパシー」 ジョンと彼女の思い出の曲。日本で長寿シリーズで主題歌がオシャレというと、やはり『ガ○ダム』かなあ。『F91』の「ETERNAL WIND」(森口博子)とかいいと思います。

☆「○○○○みたいだろ?」 原語では中にはポリスアクション・ドラマのタイトルが入るそうです。『西部警察』一択で。

☆「ホテルですねて『タンタン』を読んでるジョン」 大の大人がこういうマンガを読んでるところがおかしいわけで。日本だったら『ドラえもん』でしょう。

☆「お前なんかよりクマモンの方が良かった!」 ガチャ○ンが最も屈辱を感じる相手とはなんでしょう。そうです。ム○クです。

☆「インディのテーマと共に耳を拾うテッド」 鬼太郎のテーマと共に目玉を拾ってほしいです。

☆「誰かが星一徹にならないと」 ここは殴られたガキんちょに「ぶったね? 父さんにも殴られたことないのに!」と叫んでほしい。

☆「クライマックスで真っ二つになるテッド」 本編では「『エイリアン2』のビショップみたいだ」と言ってましたが、ここは「『ジョジョの奇妙な冒険』のツェぺリさんみたい」で。「キャメルクラッチを食らったブロッケンマンみたいだ」でもいいです。

Ted2_3あ~~~ また何の役にも立たないくだらない記事を書いてしまった・・・ しかもこれ不具合でいっぺん消えてしまったので、いつもの倍の時間がかかってます。

ちなみに「願ったらテディベアに命が宿った」という話は川原泉先生の名作マンガ『笑う大天使』にもあります。そっちはシモネタがいっさいない、物悲しい~いお話でしたけどね。


|

« 花とポエムと巨大ロボ 永野護 『花の詩女 ゴティックメード』 | Main | 魔女っ子地獄変 新房昭之 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語』 »

Comments

伍一くん☆
雪すごいねーそちらはどう?

それにしても、その映画ではまんまオタク映画になってるけど・・・?
ガチャ○ンとム○クは賛成!それはいいねー

そういう意味から言っても、幅広く世界中の人にウケるようなネタで大成功を収めたこの映画は本当によく練られているってことだねぇ。(笑)

Posted by: ノルウェーまだ~む | February 06, 2013 at 10:23 AM

>ノルウェーまだ~むさん

こんばんは~ いや~、こっちは全然降りませんでした。肩透かし

>その映画ではまんまオタク映画になってるけど・・・?

そこがいいんじゃないですか! ガッチャマンとムンクに賛成いただいてどうもありがとうございます!
「子供とおもちゃ」というテーマでは先に『トイストーリー』『ザ・マペッツ』もヒットしてるので、その辺も呼び水になってると思われます

Posted by: SGA屋伍一 | February 06, 2013 at 11:11 PM

こんばんは!(^_^)
楽しく読ませていただきました。面白かったですよ〜。
それで、つい頭をよぎってしまったのですが・・・
>日本でテディベアと同じくらい親しまれている可愛い系・猛獣系のキャラ!
それは、やはり日本が世界に誇るリンゴ3個大の体重キャラ、
キティちゃんです!!!
キティちゃんが、ホステスくずれの相棒とホストクラブで
ドンチャンするイケナイ中年になっていたら
かなり怖いですねーーー\(>_<)/

Posted by: ルナ | February 11, 2013 at 12:55 AM

リラックマが良いのではないかと思ったのですが、アレは中はオヤジが入っているらしいのでダメですね。

ご存知ないと行けないので書いておきますが、リラックマは後ろにファスナーがあり脱げるようになっています。
時々キイロイトリが洗濯して干してます。

Posted by: サワ | February 11, 2013 at 08:08 PM

>ルナさん

おお、ナイスアイデア。ただフ○テレビは金を積めばなんとかなりそうな気もしますが、サン○オはそれこそ会社を買収でもしない限り許可が降りないかも・・・ 最近「キティちゃんも仕事を選ばなくなってきた」とよく聞きますが
ともあれそんな女の子バージョンの『TED』もぜひ観てみたいです

Posted by: SGA屋伍一 | February 12, 2013 at 10:50 PM

>サワさん

リラックマも考えましたがまだまだキャリアが浅いということで却下いたしました
ていうか背中にファスナーついてるんだ・・・ ショックだw
マンガ『すごいよ! マサルさん』にもそんなかわいいけど得体の知れないキャラがいましたね。確かメソとか言ったような

Posted by: SGA屋伍一 | February 12, 2013 at 11:10 PM

こんちは。私も読みながらキティちゃんかなと思ってました。
ガーターベルトの脚線美にあえて成長させたキティちゃんが見たい。

あとガンダムは映画見ながら同じ事考えてた。

Posted by: ふじき78 | February 14, 2013 at 01:14 AM

>ふじきさん

ガーターベルトに脚線美、そして顔だけがやたらでかいキティちゃん・・・ 
アリかもw
ヤマトも考えたんですがヤマトはやはり歌が泥臭いというか。マクロスでもよかったかもしれません

Posted by: SGA屋伍一 | February 14, 2013 at 10:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/56698788

Listed below are links to weblogs that reference 相棒はテディベア セス・マクファーレン 『Ted』:

» 「ted」エロキュート♪ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
映画通ならより楽しめる。 映画のパロディなどが盛りだくさんで、大物俳優もチラリと出てくるのに、もうエロくまの魅力には誰も勝てない。 下品でしょうもない話が満載だけど、ホロリとさせてもくれる。 思わず自分のぬいぐるみに願いをかけちゃうね☆... [Read More]

Tracked on February 06, 2013 at 10:24 AM

» 『テッド』 『フラッシュ・ゴードン』を継ぐ者 [映画のブログ]
 「サム・ジョーンズがウチに来てるぞ!」  その電話に私は耳を疑った。スクリーンの中でも主人公ジョンが目を丸くしている。  電話の向こうでテッドがまくし立てた。「早く来いよ。サム・ジョーンズは俺...... [Read More]

Tracked on February 09, 2013 at 09:41 AM

» ted/テッド [ルナのシネマ缶]
見た目は可愛いテディ・ベアなのに 中身は、ヤク中で下品な中年オヤジ! 有名な子役が、間違った大人に 成長した感じとちょっと似てる気が しないでもないですが・・・(^^;) あの2頭身の愛らしいピコピコ動きは ちょっと反則だよね。 下品な下ネタも許せちゃう気がするもんね〜。 友達のいない孤独な少年ジョンは、クリスマスプレゼントの テディベアをテッドと名付け、友人になれるように祈る。 ところが奇跡がおこり、テディベアに魂が宿って、 ジョンにとって唯一無二の親友となる。 それか... [Read More]

Tracked on February 11, 2013 at 12:56 AM

» テッド / TED [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 米で人気のコメディアニメ「ファミリー・ガイ」 の原作/脚本家で、数人のキャラの声優も努める セス・マクファーレンが監督、テディの吹替担当。(2013年 アカデミー賞ノミネート発表でホスト) 動いて...... [Read More]

Tracked on February 14, 2013 at 12:29 AM

» 『テッド』を日比谷スカラ座で観て、面白いけど引っかかる男ふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★前評判がよく、普通に面白い】 前評判がいい。 そして、その評判に応えるいい出来である。 けれど、ちょっと評判が良すぎる感じがして、 四つ星を付けるの ... [Read More]

Tracked on February 14, 2013 at 01:17 AM

» 『テッド』 [シネクリシェ2.0]
 まさに抱腹絶倒のコメディ。テディベアが下品なセリフをまきちらすという前評判は聞いていましたが、これほどまでに全編に亘りエロネタ、シモネタが満載の映画とは予想していませんでした。  今年最大級のコメディになりそうです。...... [Read More]

Tracked on February 17, 2013 at 10:04 AM

» テッド [いやいやえん]
うーん?特に可愛いとは思わなかったなあ。そもそもテディベアに興味がないんだな、私。 8歳の男の子ジョンは、両親からテディベアのぬいぐるみをプレゼントされるのだが、何とそのぬいぐるみ・テッドに命が宿りしゃべりかけてきた。こうして、ジョンとテッドは、いつまでも仲良く一緒に暮らしたのだった…だとファンタジーなお話ですが、本作はここからがスタート。 27年の歳月が流れ、35歳になったジョン、可愛い外見とは裏腹に中身はおっさんなテッド、そしてジョンの恋人ロリー。テッドと一緒に自堕落な生活を送るジョ... [Read More]

Tracked on July 29, 2013 at 09:31 AM

» 『テッド』 [シネクリシェ2.0]
 まさに抱腹絶倒のコメディ。テディベアが下品なセリフをまきちらすという前評判は聞いていましたが、これほどまでに全編に亘りエロネタ、シモネタが満載の映画とは予想していませんでした。  今年最大級のコメディになりそうです。...... [Read More]

Tracked on July 29, 2013 at 08:47 PM

» テッド [映画に耽溺]
「テッド」。 あのさ観る前にすっげ~~~期待値が上がりすぎちゃってて いざ実際に観たら「・・・・・」って残念な気持ちに・・・ ってこと・・・ありません??? わたくしにとってテッドがまさしくそれで あ~~~あまりにも観る前の期待値が高すぎた。 バカバカバ…... [Read More]

Tracked on December 22, 2014 at 05:15 PM

» テッド (Ted) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 セス・マクファーレン 主演 マーク・ウォールバーグ 2012年 アメリカ映画 106分 コメディ 採点★★★★ 映画に音楽にゲームといった娯楽だけじゃなく、食べ物から飲み物、女性の趣味に至る好きなものほぼほぼ全てが子供の頃から変わっていない私。好きなスポ…... [Read More]

Tracked on March 11, 2015 at 09:39 PM

« 花とポエムと巨大ロボ 永野護 『花の詩女 ゴティックメード』 | Main | 魔女っ子地獄変 新房昭之 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語』 »