« 魔女っ子涅槃変 新房昭之 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語』 | Main | ガラスの能面 首藤瓜於・瀧本智行 『脳男』 »

February 24, 2013

帰ってきたバイクオバケ マーク・ネヴェルダイン&ブライアン・テイラー 『ゴーストライダー2』

Hedycみなさん、2007年に公開された『ゴーストライダー』って映画覚えてます? え? 覚えてない? そうですよね。はははは・・・ ともかくそんな不遇のヒーロー映画の続編が5年ぶりに作られ、さらに日本では1年遅れて公開となりました。『ゴーストライダー2』紹介します。ちなみに一作目のレビューはコチラ。原作コミックの簡単な解説はココです。

悪魔メフィストと契約し、内に「復讐の精霊」ゴーストライダーを宿してしまったバイクレーサー、ジョニー・ブレイズ。自分の中で暴れるゴーストライダーをもてあました彼は、周囲に迷惑を及ぼさぬようあてのない旅を続けていた。
一方そのころはメフィストはダニーという少年を追いかけていた。ダニーはメフィストが次の自分の「入れ物」として用意した少年だった。メフィストがダニーと一体化すれば彼の力は現世において比類なきものとなる。事情を知る修道士モローはそれを防ぐべく、ジョニーの助けを請う。

前作ラストで「これからも正義のために戦うぞ!」と張り切ってたジョニーさんですが、今回冒頭からかなり消耗しております。まあ決意するのは簡単ですけど、継続していくのはかなり難しいものです。まして体の中でめっちゃハイテンションの悪魔と同居しなくちゃならないわけですから、グロッキーになってしまってもそりゃ無理ないでしょう。
ではジョニーさんの内面の葛藤が深刻に描かれるのかというと、その辺はかなりあっさり風味で流しております。というか、「苦しい苦しい」と言いながら、ジョニーさんけっこう楽しんでないか?と言う気がしてなりません。それは恐らくジョニーを演じているのがアメコミ大好き俳優ニコラス・ケイジだからでしょう。最近は普通これだけ間が空くとすんなりリブートされてしまうものですが、一応続き物として製作されたのはニコちゃんが「ゴーストライダーは絶対ボクがやるんだああああ!」とゴネまくったからに違いありません。

前作は人間ドラマやラブコメも手がけているマーク・スティーブ・ジョンソン監督だったせいか、要らん恋愛模様などもちょこっと入ってましたが、今回はとにかくアクション!ニコラス!アクション!ニコラス!という感じで本当に無駄がありません。それもそのはず、今回の監督はマーク・ネヴェルダイン&ブライアン・テイラー。「ワンアイデアで一本押し切りました!」系の名作『アドレナリン』、で有名になったコンビです。あとこのコンビは「低予算でもそれなりのクオリティで仕上げてくる」という点で定評があります。だから?今回の予算は前作の半分、アベンジャーズ系作品の1/4~1/3です。おじさんはなんだか目頭が熱くなってまいりました。

そんな彼らの尽力か、あまり低予算を気にさせないビジュアルにはなっていました。ゴーストライダーことゴーちゃんの燃えっぷりも相変わらず派手でしたし。この度の『2』ではバイクのみならず、彼が触れた乗り物は自動車だろうと重機だろうとすべて火だるまになるという能力が明らかになりました。この浮気者! 乗り物が火だるまになったらガソリンに引火して爆発するんじゃないか?というツッコミはこの際こらえましょう。

アメコミファンとしての注目ポイントは、まずジョニーが守る少年の名が「ダニー」であったこと。いやでも二代目ゴーストライダー「ダニエル・ケッチ」の名を思い出さずにはいられません。あと邦訳版にも登場した悪役「ブラックアウト」が登場していたこと。設定は少々変わっていましたが、こんなマイナーなキャラをスクリーンで観られたことに感動しました。

まあ決して「本年度ナンバー1!」とか「全世界が感動した!」という作品ではないのですが、アメコミファンであればやはりチェックしておかねばなりますまい。4,5箇所ほど鳥肌の立つようなシーンもありましたしね。わたしとしてはそれだけでお金を出した価値がありました。・・・あれ? これためたポイントで観賞したんだっけ?
Gr23『ゴーストライダー2』は現在全国の劇場で辛うじて上映中です。ちなみに現時点での世界での成績は製作費 $57,000,000に対して興行収入$132,563,930。低予算が幸いして一応儲けにはなったようです。スタッフは三作目も目論んでいるようですが果たして。


|

« 魔女っ子涅槃変 新房昭之 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語』 | Main | ガラスの能面 首藤瓜於・瀧本智行 『脳男』 »

Comments

札幌いったりで遅くなっちゃった
コメありがと。

おはよう~
ニコのセリフなら ボクがやるんだー!じゃなくて俺にやらせろ!だけどね☆

少年が今回絡んでたり、敵のビジュアルもまあまあで話も前回より面白かったわ〜
けど、続編はもうやらなくてよい!
ところで
ごいちてきにはどこでワクワク見る価値あったシーン?

Posted by: mig | March 09, 2013 at 08:56 AM

>migちゃん

遅れたけどおかえんなさい~
こちらにもどうも

ニコちゃん最近もピラミッド買ったとか暴走してるよね・・・ 借金もまだまだ残ってると思うんだけど、相変わらず攻め気だなあ。男子として見習わねばw

わたしが燃えたのはまずばかでかいショベルカーみたいのが火だるまになってたシーン。あれはスクリーンばえするビジュアルだったなあと
あと車のボンネットからワキを走るバイクにジャンプして飛び乗るシーンも鳥肌立った。こういう感覚女子にはわかるかな・・・

Posted by: SGA屋伍一 | March 09, 2013 at 09:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/56834094

Listed below are links to weblogs that reference 帰ってきたバイクオバケ マーク・ネヴェルダイン&ブライアン・テイラー 『ゴーストライダー2』:

» ゴーストライダー2 /GHOST RIDER:SPIRIT OF VENGEANCE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ニコラス・ケイジが、大好きなアメコミヒーローに念願叶って出演した マーベルコミックの、このアメコミの映画化。 前作公開は2007年。 レビュー  ゴーストライダー 当時のレビューには 続編はやらなく...... [Read More]

Tracked on March 03, 2013 at 11:42 PM

» ゴーストライダー2 [銀幕大帝α]
GHOST RIDER: SPIRIT OF VENGEANCE 2011年 アメリカ 95分 アクション/アドベンチャー/ファンタジー 劇場公開(2013/02/08) 監督: ネヴェルダイン テイラー『アドレナリン2 ハイ・ボルテージ』 出演: ニコラス・ケイジ:ゴーストライダー(ジョニー・ブレ...... [Read More]

Tracked on September 07, 2013 at 03:00 AM

» ゴーストライダー2 [いやいやえん]
正式な続編なのに前作と設定が違ってる。メフィスト役の方も違う。 アメコミのダーク・ヒーローを演じたニコケイでしたが、トレードマークのバイク以外にもゴーストライダーが操るマシンは全部業火に包まれて強くなるなんて設定があったのか。(むちゃくちゃな設定がむしろアメコミっぽいけど) 冒頭のアニメ風「これまでのあらすじ」はなかなか良く出来ているものの、罪人の魂だけとはいえ罪を犯した事のない人間を探すほうが珍しい。そうして苦しむジョニーに破戒僧モローが取引を持ち出すんですね。 悪魔ものにありがちの... [Read More]

Tracked on September 09, 2013 at 07:26 AM

« 魔女っ子涅槃変 新房昭之 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語』 | Main | ガラスの能面 首藤瓜於・瀧本智行 『脳男』 »